Androidアプリストア Amazonファミリー nav_flyout_booksbusiness psm ポイントアップチャンス 事前にエントリー summer_Bike nav_flyout_Music ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV 熊本県フェア 年末年始ダイエット特集 大型家具・家電おまかせサービス Echo Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 バチェラー シーズン2



2016年6月15日
Intel 120GBの容量が淋しくなってきたので、他社の商品や250GBクラスも考えたのですが、先の事も考えてこちらの500GBにしました。
ただ、同時購入したSeagateのHDDも含め入荷待ち状態だったので、手元に届くまでに数日待つ事になりました。
届いて早速「EaseUS Todo Backup Free 9.1」というソフトを使いクローン化をし、このSSDに付け替えました。
とても簡単で、直ぐに交換が出来ました。
SSD→SSDなので速度は気持~ち早くなった感じがする程度ですが、クローン化はかなり早いです。
CrystalDiskMarkのベンチマークの測定値も良い感じなんじゃないでしょうか。
約1ヶ月使用しましたが、不具合もなく安定しています。このまま良い感じで使って行けるのなら、今後SSDの追加や他のPCのSSD交換があればまたこちらの製品を買ってみようかと思います。
まだ使い始めなので耐久性も分からないので☆は5に近い4としておきます。
review image
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2016年5月28日
古いノートパソコンをWindows 10にアップデートしたので、なんとなく回転音が大きくなってきたHDDを換装しました。

結果は、起動までの時間が以前の30%に短縮され大満足です。これで、またしばらく使い続けられそうです。

が、True Image HD で、多少問題がありました。マザーボードが古いことなども影響しているかもしれません。

1.換装後、他の方からも報告があったように、起動後数分でフリーズします。キーボード、マウスは動作していますが、シャットダウンもできません。これは、起動直後に Acronis をアンインストールして解決しました。

2.自動でクローニングしたのですが、パーティションサイズは、ディスクが大きくなったのと比例して増やされると思っていたのですが、元のHDDのパーティションサイズから変わらず、余ったディスクスペースは使用できないパーティションとなってしまいました。こちらは、Acronisではなく、別のユーティリティでいったん使用できなパーティションを削除後、システムのあるパーティションを拡大して活用できるようにしました。

MX200には大満足していますが、Acronis True Image で問題があったため、星一つ減らしました。
換装前に、アマゾンのレビューを読んでおいて助かりました。
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2016年10月31日
価格 速度 耐久性 耐久年数(1日100GB書き込み)
SLC  高い    高速      10万回 1370年
MLC  中間    中速      1万回 137年
TLC 安価 低速    1000回 13.5年
※一般的に言われているスペックですが、その前にコケてしまうこともあります。SSD 突然死。

今回、複数台のPC全てをSSD化するため、現在の価格情勢などから256GBを2台と512GBを1台購入しました。
まぁ、気分なのですが、トライセンドのものと、Crucialのものを購入。いずれも上記を調べた上でMLCに決定。
格安SSDはTLCが多いのですが、MLCでもちょっとプラスアルファする値段で買えるのでコスパが一番良いと思います。

今回のレビューでは速度などは他の方も随分アップしていますし、大きな違いはあまり見受けられませんので割愛します。

基本的な使い方はPC(デスクトップ、ノート有り)の起動ドライブとして利用です。ノートPCのもたつきの原因(ボトルネック)がHDDの遅さ、メモリーが4Gに満たない場合はメモリー容量の場合が多いです。エンコードなど特殊な作業をする場合はCPUやGPUの場合もありますが、私の場合、交換前のボトルネックはHDDでしたので、値段もこなれてきたので全台交換を決意!

いずれも、HDDと比べ立ち上がり速度などどれを購入しても満足できるとは思うので、基本的にはコスパ重視かと思います。
仕事で使うこともあり、2世代前のPCを利用しているのでSATAの規格でSLCを購入してもスペックは活かせ切れませんし、MLCとTLCで検討。

最新スペックのPCを利用中の方はTLCは候補から外したほうが良いかもしれませんが、一世代前のPCをスペックアップしたい場合などはTLCでも十分だとは思います。また、大量にデータを書き込む用途ならMLCにしてください。普通に安価にSSDを楽しむ程度なら全然TLCでも構いませんが、価格差そんなにないですし、MLCがおすすめかなぁ。ということでMLC決め打ちで購入に至りました。

SSD利用から半年~1年たちましたので、実際にメーカーの違いによる使用感なども書きます。

トライセンド(TS256GSSD370S)Crucia(MX200)共に3年保障です(購入時の納品書などプリントして保管しましょう)。
トライセンドは3.5インチドライブへ取付可能なブラケットが付属しており、デスクトップが1台ありましたのでブラケットがほしかったので標準でついてくるのが良かったです。Crucialはクリーンインストールしましたので使用しませんでしたがデータ移行ソフトもダウンロードできます。

3台トライセンドで購入し、1台をCrucialです。特に台数の振り分けに意味はありません。気分です。

トライセンドは3台中1台が突然死発生。なんの前触れもなくご臨終でした。HDDの故障と違い、ホント前触れもなく。
トライセンドジャパンに連絡し、SSDを送ったところ新品のSSDを交換品として送ってくれました(海外から取り寄せで少し時間がかかりました)ので特にサポートには問題なし。故障率に関しては単純にレビューからも当たり外れの差だと考えています。
(1台しかPCがないと厳しいですね。一応取り外したHDD等は保管しておくのがベストと思います。)
他、レビュー等で調べてみたメーカーについて
※SanDisk:トライセンドとCrucialともに検討しましたが、ブラケットとお引っ越しソフトの付属品に目がくらみ今回は購入しませんでした。
※Kingston:以前「V300」シリーズでやらかしたので信頼なく検討外。
※Samsung:パクリ技術のみのメーカーをそもそも信頼していません。

最後にSSDの使い方(データ保管)についてです。

写真データなどはSSDは一時保管的に割り切り、保管はせず外付けHDDとしています。
先に書きました突然死でデータさよならコースがありますので、是非バックアップを検討して下さい。
HDDでもダメになるときは来ますが、CrystalDiskInfoなどで定期的にドライブの健康状態を見たり、アクセスでひっかかり、もたつき、異音など初期症状がでることがほとんどですので、今までHDDが故障してきてもなんとかデータに致命傷を与えず切り抜けてきました。大切なデータはDropboxやGoogle Drive、外付けHDD(できれば2台でバックアップを完全に!)などを利用し保護していくことをおすすめします。
|0コメント|違反を報告
VINEメンバー2016年10月29日
これまでHDDを使用していましたが、SSDもようやく値段が落ち着いてきだしたので
SSDにOSを移しました。
HDDはストレージ(Dドライブ)として使用しています。

Windows8を使用していましたが、OSのドライブ移行もCloneツールで特にライセンス周りも問題なく行きました。
特に再インストール投の必要も無しでした。
「windows ssd 移行」とかで検索すればすぐ出てくると思いますので割愛します。

刻々とプライスダウンは進んでいくのでしょうが、おそらく購入当時は
転送速度、ストレージ容量加味してこのあたりが一番良かったのでこれを選択しました。

これから購入される方は、同メーカーでも次々に新モデルが出されていますので
転送速度、ストレージ容量をよく見て比較検討し購入されることをおすすめします。

以上総合して満足いくものでしたので星4つとさせていただきました。
|0コメント|違反を報告
2016年12月6日
hdd採用のノートPCをssdに換装しました
早いし、電池持ちも良くなったし良いことだらけですよ!
あとpc本体が結構軽くなった、ssd自体は本当に中身入っているのか?
っていうくらい軽いので、持ち運び派としては結構嬉しいところです

容量は控えめですが私のように書類書いたりwebブラウズしたり…
あとはプログラム書く用途なら容量不足には陥りませんしこれくらいが
ちょうどいい

ssdはやはり持久力の観点からhddにとどまる方がまだ結構いらっしゃいます
私もそのうちの一人でしたがよく考えるとssdでも結構寿命ながいし
大事なデータは個別に分けてクラウドストレージに投げるなどすれば
安心ですし問題はありません
MVNOの復旧により外出中でも気楽にクラウドへアクセスできる時代ですしね
個人的にはもうhddである必要性は無いと感じましたのでお勧めですね!
|0コメント|違反を報告
2016年4月4日
性能的には、全く不満無し。
ただし、Acronis True Image で本品に旧ディスクのクローン後、つなぎ変えて起動すると
数分経つと必ずフリーズします。
原因はAcronis True Imageをインストールしている事でした。
Acronis True Imageをアンインストール後は何も無かったかのように正常に動作しています。
他の方も書かれていますが、クローン後はAcronis True Imageのアンインストールが必須です。
本品のSSDとしての性能には満足ですが、付属の移行ソフトの問題で☆一つ減点です。
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2018年2月12日
自作のマイクロデスクトップで、HDDの遅さが気になっていたのでSSDの購入を決めました。もう1年以上経つと思います。それまで使っていたHDDは、Dドライブとしてデータ保存用に使ってます。このSSDは、Cドライブでシステム(Windows10や、その他アプリ)を入れて使ってます。立ち上がりは、HDDの比ではありません。ただ、使い始めて結構経つので、ウイルスチェックする時の時間が、初めに比べて2倍くらい掛かってます。それでも、HDD仕様のPCでは、約9分かかるものが3分弱で済んでいます。自分にとっては、良い買い物したなぁと思います。
|0コメント|違反を報告
2018年2月14日
Windows8.1のNECの新品ノートパソコンのHDDをSSDに換装するべく購入。暴挙です。
入れ替えてディスクでセットアップすれば簡単だし、と思いきや、今のパソコンってディスクないのね。
さて困った。どうしよう。

とにかくいろいろと調べて、手探りでどうにかこうにか起動できました。

XP時代ののHDDに辟易していたころに比べると、8.1なのかSSDなのか、どちらの恩恵かわかりませんが、とにかく早い。なにもストレスを感じません。

ただひとつ気になることは、実質232GBで、以下のようになったこと。

953MB 正常(回復パーティション)
260MB 正常(EFIシステムパーティション)
147.76GB NTFS Windows8_OS(C:) 正常(ブート、ページファイル、プライマリパーティション)
83.82GB NTFS 正常(プライマリパーティション)

83GB、一体どうした?
Cドライブにくっつけられるのかね?

もしわかる方、やり方教えていただけると助かります。
|0コメント|違反を報告
2016年8月30日
DynabookのHDDをクローン化してSSDに換えて使っているが、立ち上がり(実際に電源をONしてEdgeでWEBアクセスができるまでの時間)の速さは、10秒以内で出来ているので最近は寝るときにPCをOFFしている。時々元のHDDにこのSSDをクローン化してバックアップしているので、SSDに何かあったらHDDを戻せば、最大でも1週間前には戻れる。便利で安い。後は耐久性だが、これは使ってみないと何とも言えない。今のところ星5個だ。
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2016年8月27日
SSDが手ごろになってきたので、5年使ったノートパソコンに換装しました。機種はレッツノートのCF-S9です。元々500GBのHDDを使っていたので、お金を渋らず同じ容量を購入。移行や換装作業に多少手間取りましたが、不器用な私でも問題なく出来ました。動作は良好です。立ち上がりやシャットダウンが爆速になりました。250GBであればHDDと同じ、もしくは安いかもしれません。動作に不満があるならSSDに換装するだけでもスピードが変わります。お勧めです。
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)