Androidアプリストア Amazonファミリー 講談社タイトル配信開始 Amazon Cloud Drive 2017手帳ストア Amazon MasterCard Drive_Recorder nav_flyout_videogame Amazon_meets_LAST ファッション Fire HD 8 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト秋のスイーツ コンディショニングサポートストア コーヒーストア Kindle Amazon MP3 ゴルフ初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
49
5つ星のうち4.2
サイズ: Core i3-5010U|スタイル名: 2.5インチHDD/SSD、M.2|色: LGA1150|変更
価格:¥31,161+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年4月5日
Haswell版NUC「D54250WYKH」も所有していましたが、それとの比較です。

① 若干コンパクトになっている。並べると結構違いを感じます。

② 低発熱、ほぼ無音。両機種とももともと低発熱なので、UEFIでクーラーの回転数を30%に落として使用しています。(デフォルト40%)
  Haswell版は若干音が聞こえますが、Broadwell版はほぼ無音。アイドル時の温度はどちらも40度前半。
  高負荷時も明らかにBroadwell版が静かです。

③ パフォーマンスはほぼ同じ。ベンチスコアでの比較ですが、ほとんど変わりません。

④ DDR1866対応。商品説明には「DDR1600対応」とありますが、実際はDDR1866まで対応しています。
  ※BroadwellそのものがDDR1866をサポートしています。もちろん、1.35vのDDR3LでないとNGです。
  Haswell版はDDR1600以上のメモリを挿すと起動すらしませんでしたが、Broadwell版はすんなり認識してくれます。

⑤ 4K/60Hz対応。miniDisplayPort限定ですが、4K/60Hzに対応しています。HDMIは1.4aなので4K/30Hzまでしか対応していません。

⑥ PCIe 2.0 x4/M.2 SSD対応。対応SSDの選択肢が少ないですが、このコンパクトさで高速なストレージが使えるのは良いです。

⑦ WiFi内蔵。Haswell版はWiFiカードを別途購入しなければなりませんでしたが、Broadwell版は11ac/866Mbps対応の
  Intel Dual Band Wireless-AC7265がオンボードで付いています。アンテナケーブルも配線済みで、初心者には敷居が一気に低くなりました。
  (その代り、ユーザー自身で好みのWiFiカードを選択することができなくなりましたが)

⑧ 底面カバーのチープさがなくなった。Haswell版の底面カバーはチープなプラスチック製でしたが、Broadwell版は2.5インチベイと
  M.2 SSDのヒートシンクを兼ねた金属製に変わっています。また、Haswell版の2.5インチベイは中蓋のような構造で扱い辛いものでしたが、
  Broadwell版はそれに比べて組みやすくなっています。

⑨ 電源ボタンがアルミ製に変わった。これもHaswell版はチープなプラスチック製でしたが、今回はアルミ製で高級感あるボタンに変わりました。

以上、購入時の参考になれば幸いです。

-------------------------------------------

2015/9/17追記:

その後、上位モデルの NUC5I7RYH に買い換えました。
内部構造は同じなので参考までに写真をアップします。

パーツは全てKingstonのHyperXシリーズで揃えてみました。

OS用SSD: HyperX Predator PCIex4 M.2 SSD 240GB
メモリ: HyperX Impact DDR3L 1866 CL10 16GB (8GBx2)
データ用SSD: HyperX Savage SATA 2.5inch SSD 240GB
review image
0コメント| 79人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年6月14日
メモリとSSDをはめ、DSP版Windows8.1をUSB接続のドライブからインストールするとところまでは、ほぼスムーズに行ったのですが、ネットにつなぐ段で、無線LANはおろか、有線でもつながらず焦ってしまいました。タブレットで調べて、intelのサイトから、ドライバーセットをダウンロードして、インストールすればいいことがわかって、あとはスムーズにセットアップすることができました。言い換えれば、ネットにつながるもう1台のパソコンとUSBメモリーは必須です。こういうところが、完成品のセットアップではなく、自作の範疇に入る所以でしょうか?
完成後は、3年前に購入してSSDに換装したi5マシンよりも、起動、終了ともに圧倒的に速く、本当にあっという間です。
私は、HDMIでテレビにつないで、nasneを見るマシンとして購入しましたが、クラウドサービスやNASを前提にするなら、普段は光学ドライブをつながなくても、メインのマシンとして、十分に使えるのではと感じました。
ただし、セットアップには、intelのドライバーセットをダウンロードしたUSBメモリが必須ですので、注意してください。
0コメント| 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年8月2日
筐体や搭載しているCPUファンはi5版「NUC5i5RYH」と変わりません。
これに TDP28W の Core i7-5557U を載っけたもんだから熱いです。
熱い=ファンが反応しまくるので、i5版と比べて音も結構うるさいです。
アイドル時は嘘のように穏やかなマシンですが・・・
(実際にNUC5i5RYHも購入した上での比較です)

しかし、それを補うほどのパフォーマンスは備えています。
この小ささでベンチマークでは数年前のハイエンドクアッドコアCPU
「Core 2 Extreme QX9650」を超えました。

グラフィックスは4K/60Hzに対応。但し miniDisplayPort限定です。
HDMIは1.4aなので4K/30Hzまでしか対応していません。

PCIe x4のSSDで組んでいますが、小型で最強PCを組みたい方にはおすすめです。

2015/9/17追記:

内部写真をアップします。
KingstonのHyperXシリーズで揃えてみました。

OS用SSD: HyperX Predator PCIex4 M.2 SSD 240GB
メモリ: HyperX Impact DDR3L 1866 CL10 16GB (8GBx2)
データ用SSD: HyperX Savage SATA 2.5inch SSD 240GB
review image
0コメント| 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月20日
Amazonでの購入ではないですが、1月末にNUC6i5SYHを購入してLinux (CentOS 7)を動かそうとしたのですが、kernelクラッシュの連発に悩まされていました。Windows 10もインストールしましたが、ログインから30分前後でブルースクリーンとなり全く安定していませんでした。

3月20日に最新のBIOS (0039)がIntelより公開され、Linux/Windows 10とも、やっと安定して動作するようになりました。

Skylake版のNUCに関して、メモリーとの相性を改善するためにIntelから以下に示す設計変更の通知が出ています。
NUC6i5SYH/ NUC6i5SYKのProduct Change Notification : PCN 114478-00
NUC6i3SYH/ NUC6i3SYKのProduct Change Notification : PCN 114477-00
変更内容:The capacitors at locations SC181, SC190, and SC282 will be changed from 22uF to 47uF to improve memory compatibility

私が購入したNUC6i5SYHのバージョンはH87090-502ですが、設計変更でH87090-503になります。これからNUC6iを買う方は設計変更後のバージョンになってから購入された方がよいと思います。加えて、Intelが公開しているメモリーの互換性テスト (System Memory for Intel® NUC Kits NUC6i3SY/NUC6i5SY Article ID: 000016245) のリストに載っているメモリーとセットで購入するのがよいと思います。私はリストに載っていないメモリーを購入してしまったので冒頭の問題に悩まされました。

NUCのサポートフォーラムでは、Kingston Hyper X(上記のリストには載っていないのですが)では安定動作した事例が上がっていました。

NUC自体fは非常にコンパクトで魅力的なPCなのですが(Haswell版を2台すでに所有しており、Linuxで安定稼働していました)、今回は思いっきりはまりました。30年以上PCを使っていますが、ここまでの地雷は正直初めてでした。

最初Linux kernelが頻繁にクラッシするので、ひょっとしてSkylakeにはまだドライバーが対応していないのかと思い、最新の4.xカーネルを入れたりUbuntuを試したりと試行錯誤をしていたのですが、冒頭のBIOS更新と回避策の適用で、私の環境ではCentOS 7デフォルトのkernel 3.10.0で安定動作するようになりました(サーバー用途で使用しているため、X-Window/Desktopは使っていませんので、SkylakeのGPU対応がどこまで進んでいるかはわかりません)。Linuxを使う場合は、新しい物に飛びつかず、枯れたハードを使うのが鉄則かもしれません。

------- 4/23 update ------
4月22日にIntelから、Windowsで発生していたWHEA UNCORRECTABLE ERROR問題の調査結果がNUC support forumに投稿されました。Intelによるとボルテージ・レギュレーターの初期化が不適切であっため過電圧が発生してハードエラーを引き起こしていたとのこと。BIOS 0042でこの問題が修正されています。当初、forumの投稿では、メモリー種別によって問題が出たり出なかったりしていたことから、メモリーとの相性問題が議論されていましたが、原因は別のところにあったということです。

私の環境でも、BIOS 0039以降は(GUIなしのLinux環境で)24H連続運用のサーバーとして安定稼働しています。メモリーとの互換性を改善したH87090-503以降ならもう買っても大丈夫かなと思います。
0コメント| 58人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
※2016年1月末現在では、日本での発売が未定とのことでアメリカから輸入しました。

Skylake世代のi5-6260U(2コア4スレッド、1.8GHz/TB2.9GHz、TDP15W、Intel Iris Graphics 540)搭載のNUCです。
末尾がSYHのモデルのため、ストレージがM.2 SSD(PCIeストレージ/SATA両対応)+
2.5インチSSD/HDD(7mm/9.5mm厚)の両方使えます。もちろん、どちらからでもOSのブートは可能です。

[サイズ]
ほぼ四方11cm、厚み4.8cmと小型です。

[拡張性・機能・I/F]
・Broadwellのころから搭載できましたが、今回は公式でメモリ容量が
最大32GBまでサポートされました。この大きさでこの容量は魅力的です。
メモリがDDR4になったのが注意点です。
・先述した通りストレージは2系統、さらにSDカードリーダーがつきました。
通常のSDカードだと途中ではみ出してしまいますが、取り出しやすいとも言えます。
・USBは4ポート、すべて3.0対応。内側にも特殊なピンヘッダ経由で2ポート備えていますが、
現実的には使わなさそう。
前面の黄色いポートは、UEFI設定にて充電専用にもできます。
・映像出力はHDMI(1.4b)とMiniDPで、HDMIが通常サイズのため使い勝手は良好です。
2.0だったらと思いますが、4K/60HzはDP側を使えばよいでしょう。

・ネットワーク周りは有線GbE・無線LANは11ac(2×2)、BT4.1となっています。

[電源]
小型のACアダプタ(19V/3.25A)がついています。長さ8cmほどと小型なため
邪魔にはなりにくいでしょう。プラグは交換式です。

[騒音]
UEFIでもファンの動作音は制御できますが、アイドル時は当然静かです。
ファン設定を『Silent』にし、OCCTを使って最大負荷状態にしてみましたが
あまりファン音は変わらず、想像以上に静かでした。
テスト時期が1月ということで、夏場など暑い環境だと変わってくる可能性はありますが
最大負荷で動かし続けるような使い方をする機械ではないと思うので、問題はないでしょう。

[消費電力]
以下の構成にて、アイドル時12~13W、OCCT最大負荷時で38W前後となりました。
多少構成を強化しても、まだ余裕はあるなと思います。

メモリ: Crucial DDR4-2133 SODIMM 4GB×2
SSD: トランセンド MTS400 256GB(SATA M.2 SSD)+サムスン 850EVO 500GB
その他: On-Lap 1101H 外付けディスプレイの電源をUSB経由で接続

[まとめ]
コストを抑えた構成でオフィス用途に使うなり、メモリを限界まで積み、高めのSSDを奢って
メイン環境として使うなり、柔軟な使い方に応えられる余裕のあるマシンだと思います。
review image review image review image review image review image review image review image review image
0コメント| 64人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年6月19日
4kディスプレイへの出力が可能な、小型PCを考えていたところ、こちらをみつけて購入しました。既に、モニタ、キーボード、マウス等は手持ちがありましたので、購入したものは、NUCとメモリ16GB、SSD128GBにWindowsで、¥9万強。組み立ては非常に容易で、ドライバがあればOKです。大変コンパクトな筐体ですが、安っぽい感じはありません。4k出力は、何の問題も無く、最初からOKでした。動作も速く、ストレスは少ないです。当初Mac miniも考えましたが、4k出力ができないこと、メモリを増やしてSSDを載せると価格が跳ね上がる事もあり、こちらの方がCPは高いと感じました。拡張性はありませんが、音も静かですし、良い買い物でした。Corei3の方でも、良かったかな、とは思いました。

追記です。
その後、Windows10にアップデートされましたが、動作には問題ありません。
0コメント| 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年3月29日
i3モデルとi5モデルのどちらにするか悩みましたが、CPUの価格差がたったの34USドルしかない(i3-5010uの$281に対してi5-5250uは$315)のに、本体の価格差が12000円以上もあるということで、i3モデルの方がお買い得と判断しました。
CFD-PanramのメモリとCrucialのM2 SSDをセットしてBIOSを最新版にアップデート後に CentOS 7.0 をインストールしてみましたが、DN2820FYK のようにインストーラの起動に失敗するようなトラブルもなく、あっさり成功しました。また、インストール時は内臓のWifiが認識されませんでしたが、後日、Intel Wireless-AC 7265用ドライバ(iwl7265-firmware)を追加インストールしたら利用可能になりました。
OSの起動もまあまあ高速で今のところ性能面でのストレスはありません。
0コメント| 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年7月8日
 CドライブにM.2 SSDを入れたこともあってか、ともかく速い。
 起動なんか10秒程度。
 LenovoのCore i5のデスクトップを使っていたが、比べ物にならない。
 心配した発熱も、普通に使っている分にはほとんど気にならない程度。熱くなってもノーパソ程度。
 それにとても静か。キーボード前においているが、ほとんど音がしない。
 性能的には予想以上で満足している。
 この機種からは無線LANとBluetoothは最初から入っているので、キーボード、マウスをワイヤレスにすれば、ケーブルはHDMIと電源のみ、すっきりしている。
 また付属のプレートとねじを使うと、モニターの後ろにあるアーム取り付け部分に、設置することができる。こうすると、モニターとの一体型パソコンになる。ただ、この機種はHDD搭載型なので、HDDまでつけるとそこそこ重量もあるし、形もその分少し大きくなっている。だが、NUC5i5RYKのシリーズだと、HDDがつかない代わりにもっと薄型になるので、モニター裏につけるなら、そちらの方がおすすめだろう。ただ、HDDがつけられないためM.2 SSDにある程度の要領が必要になる。
 私としてはモニターの後ろに手を伸ばすのがかえって面倒なので、すぐ手の届く、机の上に置いている。それでも小さくて場所をとらず、静音設計だから、音も気にならない。
 今までのパソコンの概念を一変させてくれる商品と言っても過言ではないだろう。

 もちろんこれは、半完成品であるから、この他にモニター、ミニHDMI→HDMIケーブル、マウス、キーボード、メモリー、ストレージ、OSは、別途購入しなければならない。これを全部買いそろえたら、少なくとも8万円台にはなるので、おそらく普通のノートパソコンが買える値段になるだろう。
 従って、初めてパソコンを買う人や、ノーパソのメモリーを増設するのに、お店の人にやってもらわないとできな人などは、おすすめできない。
 しかし、メモリー交換くらいの経験はあり、実は部品とかをいじってみたい気持ちがあり、わからないことはネット検索で自力で調べようという意欲のある人なら、十分に手の届く範囲にある。自作PC初心者にもお勧めできると思う。
 実際、私は初めての自作で、十分構築できた。インテルのサポートは意外と親切だったし、マイクロソフトはOSのインストールくらいなら無償でサポートしてくれるので利用したらいいと思う。部品の選び方なども、丹念にネットを検索すれば結構情報がある。動画配信などを探すと、組み上げ課程を映したものがあるので、参考にできると思う。
 デスクトップの性能と、ノーパソ以上のすっきりした机周りを目指すなら是非おすすめの一品。

追記
持ち歩きの必要が出たので試してみたところ、本体、電源、キーボード、マウスで、A4ノーパソより全然軽い。後はモニターだが、行き先にデジタルテレビが使えればそれで代用可能。もし持って行くなら、小型モニターがいる。ただ最近物色してみたところ、7インチ辺りならかなり簡素なものがあり、重量も軽いので、結局ノーパソもって歩くより軽いかも知れない。(Raspberry Pi関連で探すと液晶と基板だけと言うのまで売っている。そこまで行かなくても、非常に簡素な作りのものがあるので、それだと軽いと思う。工作が得意な人なら、本体と上手く組み合わせて作れるかも知れない。確かNUCのHPにNUCの天板を外して、小型モニターと組み合わせ実例があった気がする)
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年6月26日
5年前のHPのインテルCorei5デスクトップ HP Pavilion Desktop PC HPE-280jp/CT(夏モデル)ダブル地デジモデルメモリ14G から乗り換えです。

今回組んだ構成

DSP版 Windows8.1 64bit   
9,980円 (税込)

TOSHIBA MQ01ABD100 (1TB/SATA/2.5インチ
6,264円

A-DATA SO-DIMM DDR3L-1600 PC3L-12800 8GB×2 (計16GB) ADDS1600W8G11-2
14,980円

6,264+9,980+14,980
+51,000

=82,224円+miniHDMI変換800円弱

とこのような構成で問題無く動いてます。
今季モデルは電源ケーブルは付いてますがminiHDMIの変換を一緒に買い忘れないよう注意。

外観は2012マックミニより高さこそ1センチほど高いもののさらに一回り小さくなりました。写真は家族のマックミニと比較。
見た目がもうちょっと格好良いといいんだけどなと思います。

ベアボーンなら安くなるとどんぶり勘定で買って組んでみたら個人的には思ったほど安くならなかった気がします。特にWindows8付きパソコンが割安な分Windows8単独購入が実質割高なのが大きな要因ですね。

省電力設計がために夏場でファンが全開で回るとUSBとBluetoothが電力不足で正常に機能しないことが多くなります。
この問題はBluetoothの応答不具合も含めUSBの省電力設定なるものがありそれをオフにすると電力不足を解消できるらしいのですが当方パソコンぬるヲタでWindows8 からそれを発見できませんでした。

CPUパワー的には前もインテルコアi5なのでそれほど違いを感じにくいです。
ただマルチタスクアプリケーションや複数のアプリケーションの同時稼働などでの安定感はあります。ただこれがWindows7と8.1の違いによるのか前とこのCPUによる差かは不明です。

熱に関しては前のマシンより発熱しにくく前のパソコンで夏場に頻繁に熱によるハングアップをしてた環境でこの製品は一度もハングアップしません。

Corei7モデルも出たみたいですがCorei7自体が割高すぎて評判が良くないようでi5の方が総合的に良いようですね。

コスパの話にもどりますがノートパソコンがスペック辺りの値段が昔よりデスクトップに近づきつつあり必然的にデスクトップの割安感が薄らいでいます。
なんせWindows8 付きインテルコアi5クラスのレノボが50000円からででているくらいです。
またこのNUCと同じCPUグラボ構成でマックブックが10万円ほどで買えます。

そもそもスマホとタブレットで必要なことは全て済む人も少なくないはず。

ど玄人ユーザーで無い人はここまでで比較して外出先で使わないと割り切れた上で買った方が良いですね。
review image
0コメント| 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年3月12日
小型PCを物色していたときに、おすすめから見つけたものです。
スペック等は掲示してあるとおりです。

HDMIで4Kのテレビにつないでいますが、4K解像度の表示もできています。

これから購入する方へ注意!
1 ミッキーケーブル(コンセント直付けにならないようにアダプタへ延長するため?)ですが、アマゾンの表示に合わせて購入おすすめに出ても買ってはいけません。(私は買いましたが・・・)。このモデルからアダプタのプラグ形状がミッキーではなくなっています! 面白くないですが、仕方なくアダプタをコンセントへさしています。
2 外箱を開けたときのインテル音がなくなりました。Webなどで評判になっていたので期待していたのですが・・・。
3 M.2にカードをさして、ふたをするときに、2.5ベイへ向かうケーブルがM.2カードの上に来てしまい、ふたがしにくいです。無理して締めてしまうと、ケーブルがカードを押し込んでしまい精神衛生上よろしくありません。組立時は、そのケーブルがM.2カードの横にうまく収まるように工夫しながら締めてください。

細かな点ですが、それ以外は期待以上かも。温度もそんなに気にするレベルではありませんでした。
0コメント| 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告