Androidアプリストア Amazonファミリー 2017年本屋大賞 Amazon Cloud Drive Amazon MasterCard summer_Bike TradeIn ファッション Fire HD 8 Fire TV stick 母の日ギフト特集 2017 DIY・ガーデニング タネ・苗ストア Kindle Amazon MP3 アウトドア HITOSHI MATSUMOTO ドキュメンタル シーズン2

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
63
5つ星のうち4.3
サイズ: Core i3-5010U|スタイル名: 2.5インチHDD/SSD、M.2|色: LGA1150|変更
価格:¥31,161+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年4月5日
Haswell版NUC「D54250WYKH」も所有していましたが、それとの比較です。

① 若干コンパクトになっている。並べると結構違いを感じます。

② 低発熱、ほぼ無音。両機種とももともと低発熱なので、UEFIでクーラーの回転数を30%に落として使用しています。(デフォルト40%)
  Haswell版は若干音が聞こえますが、Broadwell版はほぼ無音。アイドル時の温度はどちらも40度前半。
  高負荷時も明らかにBroadwell版が静かです。

③ パフォーマンスはほぼ同じ。ベンチスコアでの比較ですが、ほとんど変わりません。

④ DDR1866対応。商品説明には「DDR1600対応」とありますが、実際はDDR1866まで対応しています。
  ※BroadwellそのものがDDR1866をサポートしています。もちろん、1.35vのDDR3LでないとNGです。
  Haswell版はDDR1600以上のメモリを挿すと起動すらしませんでしたが、Broadwell版はすんなり認識してくれます。

⑤ 4K/60Hz対応。miniDisplayPort限定ですが、4K/60Hzに対応しています。HDMIは1.4aなので4K/30Hzまでしか対応していません。

⑥ PCIe 2.0 x4/M.2 SSD対応。対応SSDの選択肢が少ないですが、このコンパクトさで高速なストレージが使えるのは良いです。

⑦ WiFi内蔵。Haswell版はWiFiカードを別途購入しなければなりませんでしたが、Broadwell版は11ac/866Mbps対応の
  Intel Dual Band Wireless-AC7265がオンボードで付いています。アンテナケーブルも配線済みで、初心者には敷居が一気に低くなりました。
  (その代り、ユーザー自身で好みのWiFiカードを選択することができなくなりましたが)

⑧ 底面カバーのチープさがなくなった。Haswell版の底面カバーはチープなプラスチック製でしたが、Broadwell版は2.5インチベイと
  M.2 SSDのヒートシンクを兼ねた金属製に変わっています。また、Haswell版の2.5インチベイは中蓋のような構造で扱い辛いものでしたが、
  Broadwell版はそれに比べて組みやすくなっています。

⑨ 電源ボタンがアルミ製に変わった。これもHaswell版はチープなプラスチック製でしたが、今回はアルミ製で高級感あるボタンに変わりました。

以上、購入時の参考になれば幸いです。

-------------------------------------------

2015/9/17追記:

その後、上位モデルの NUC5I7RYH に買い換えました。
内部構造は同じなので参考までに写真をアップします。

パーツは全てKingstonのHyperXシリーズで揃えてみました。

OS用SSD: HyperX Predator PCIex4 M.2 SSD 240GB
メモリ: HyperX Impact DDR3L 1866 CL10 16GB (8GBx2)
データ用SSD: HyperX Savage SATA 2.5inch SSD 240GB
review image
1コメント1件| 101人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年12月17日
Corei7 2600Kで自作PCを組んで以来、久しぶりの自作PC?を新調したので色々試してみました。

まずこれ以外に用意したパーツは以下の通りです。

M.2 SSD:Crucial CT275MX300SSD4
メモリ:Crucial D4N2400BMS-16G
電源ケーブル:BUFFALO BSACC0820BKA
OS:Windows10 Pro 64bit

ベアボーンなので用意するパーツが少なくて済みますが、なぜ電源ケーブルが別売りなのか不思議なところ。
用途に合わせて長さを選べるメリットとでも言うのでしょうか。
メガネ型電源ケーブルならともかく、ミッキー型の電源ケーブルはそうそう余ってないので不親切な感じがします。

パーツを用意したら組み立てですが、自作経験があれば特に迷うことなく組み立てられると思います。
自作が初めてでも裏蓋を開けてメモリとM.2 SSDを差し込むだけなので静電気にさえ気を付ければ難しいことはないです。

本体の設置ですが、モニターの後ろに取り付けられるマウントが付属品で付いているのでスタンドでしようしている場合はモニターの後ろに取り付けられるのでスッキリ収納できます。
私はアームでモニターを使っているのでちょっと工夫して余っていたモニターアームに取り付けました。
最初はマウントを利用して壁にでも取り付けようと思っていましたが、壁と本体との隙間がほとんど無いので急遽変更しました。
理由は発熱。
排気口から出る風がかなり熱々なのでモニターの後ろに取り付けるのも無駄に熱を持ちそうで怖い感じ。

思いつきで取り付けてみましたが、モニターアームに取り付けるとコード類の取り回しが楽になりますし、本体を見せつつ使い勝手も良くなるので結構お勧めです。
なお、正しい方向で設置するとコード類が上から出る形になるので正直みっともないです。
なので本体を90度回して縦向きの状態で設置しています。

注意したいのは金物の差し込み方向が横向きになってしますので不意な動作でスライドして落下しないようストッパーかなにかで対策する必要があります(スライド金具が結構固めなのでそのままでも落ちることはないですが、念のため対策はしたほうが良いかも)

事前に調べた情報によるとLANドライバなどがWindows10の初期状態では入っていないので別途用意する必要があるとあったのでOSのインストール前に用意していたのですが、現段階のWindows10では不明なデバイスは初期状態でも一つもありませんでした。
無論、そのままの状態でインターネットにも接続出来ました。
なのでインストール後やることと言えばインテルが用意しているアップデートツールを使って最新の状態にするくらいです。

取り敢えず簡単なベンチマークをしてみました(結果は写真を参考にしてください)

消費電力はアイドルで25W前後、ベンチマーク時が80W前後でした。
温度は室温20度で48度から50度くらい。
ベンチマーク時は80度を超えることがありましたので夏場が心配ですね。

正直、普段使いだとこんなスペックは必要なかったのですが、Corei7 2600Kからの乗り換えだったことと4K 60Hzと2560x1440 144Hzのモニターに接続したかったのでちょっと奮発してみました。
まあフルサイズのデスクトップPCを組めば同じ予算でももう少し上のスペックが狙えていたのですが、スペースと消費電力を抑えたかったので。

ちなみに2560x1440 144Hzでの動作は事前に調べたところでは情報が無かったのでダメ元でしたが、特に問題なく2560x1440 144Hzで動作しました。
4K 60Hzと2560x1440 144Hzの同時出力も問題なしでした。
今までは4K60Hzの為だけにGTX960を使っていたのでちょっと驚きました。
※あくまで144Hzのヌルヌル感が気に入っているだけでゲームはしていません。

今のところ特に不具合も無く使えていますが、温度だけが気になる感じです。
とはいえ、Corei7 2600Kとさほど違いの無いスペックがこのサイズで収まっているのには驚かされます。
Corei7 2600KはGTX960を積んでいたとはいえ、アイドルで100W前後あったの省エネ効果はかなりありそうです。

まあ、投資分を回収できるまで相当掛かることは置いておきましょう。
review image review image review image
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年6月14日
メモリとSSDをはめ、DSP版Windows8.1をUSB接続のドライブからインストールするとところまでは、ほぼスムーズに行ったのですが、ネットにつなぐ段で、無線LANはおろか、有線でもつながらず焦ってしまいました。タブレットで調べて、intelのサイトから、ドライバーセットをダウンロードして、インストールすればいいことがわかって、あとはスムーズにセットアップすることができました。言い換えれば、ネットにつながるもう1台のパソコンとUSBメモリーは必須です。こういうところが、完成品のセットアップではなく、自作の範疇に入る所以でしょうか?
完成後は、3年前に購入してSSDに換装したi5マシンよりも、起動、終了ともに圧倒的に速く、本当にあっという間です。
私は、HDMIでテレビにつないで、nasneを見るマシンとして購入しましたが、クラウドサービスやNASを前提にするなら、普段は光学ドライブをつながなくても、メインのマシンとして、十分に使えるのではと感じました。
ただし、セットアップには、intelのドライバーセットをダウンロードしたUSBメモリが必須ですので、注意してください。
0コメント| 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年1月5日
簡単な測定したので画像を貼付けておきます。
構成はメモリ16GB、M.2 PCI-Ex4 は 東芝XG3(システム)とインテル600p(データ)
外付M.2 SATAはCrucial Micron MX300をトランセンドのUSB3.1Type-Cケースに入れて使用。
・画像1~4はWin10 Pro 64bitのエクスペリエンス・インデックス
・画像5~7は東芝、インテル、Crucialの順。
速すぎてWindows起動画面を拝めませんw
review image review image review image review image review image review image review image
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年3月13日
esxi6.5のisoをusbブート出来るように作って、起動するとインストール終わります。しかしながら、データストアに使用する純正ドライバとM.2 SATAの相性が悪くてデータストアのパフォーマンスが酷いことになります(書き込みが絶望的)。対応としては純正ドライバのを無効にして、6.0で使ってた追加ドライバで動かす必要があります。

当方で確認したのは6.5のカスタムディスクをsataドライバ追加の状態で作成して、インストール後に純正ドライバを止めました。6.5のisoから単にインストールして、純正ドライバを無効にすると、データストアがマウントされません。無効にする前に6.0のドライバを手動インストールしたら、もしかしたらokかも(未確認)。

2.5インチhddは問題なかった(ssdを諦めれば一応使えた)ですが、インターネットでssdが駄目と見かけるので、ssd限定の問題みたいです。無効にする方法も書いてあります(ただし6.0のドライバを入れるのは常識なのか、どこにも明示された情報を見かけなかった)。
バージョンは6.5aでも直ってません。

なおウチの構成は、8G+8Gメモリ、512G M.2 SATASSD(2260サイズ)、1T 7200rpm HDD、32Gのインストール用USBメモリです。

一応手元にあった、1GのUSB-NICもドライバ追加で使えました(NICのチップセットはドライバの仕様を確認してください)。

なお、pci-exのM.2モジュールは持ってないので使えるかは分かりません。ちなみに、固定用ネジ受けを移動する必要があった為、組んでみて2280サイズ(この位置がデフォルト)が楽だったなと思いました。

あとhdmiがフルサイズではないので、手持ちになかったら変換コネクタとか同時発注しないと泣く事になりますよ(地元で買ったら超高かった)。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年11月24日
ノートPCより、少しファンが五月蠅く感じますが、良いです。
なぜか苦労した点だけ。
1.DDR4-2400が最初認識されませんでした。自動的にクロックダウンして起動してくれるかと思いましたが、ダメでした。相性かもしれません。
 追加でDDR4-2133を購入して、BIOS(UEFI)アップデートして設定変更したら、DDR4-2400も利用出来るようになりました。
2.HDMI-HDMIでHDCPが通りませんでした。なぜかDP-DPなら映るようになりました。
変わったのが欲しい人には、お勧めします。
1コメント1件| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年11月26日
裏側からねじを4つ外し、分解する構成となっているのですが…
ねじ受けのプラスチック部分が、割れています。
(当初購入した際は、プラスチック部分が割れていることで、ねじ受け本体の金属部分が引っこ抜けました)

NUCって、大体こんなものなのでしょうか?
1コメント1件| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年7月8日
 CドライブにM.2 SSDを入れたこともあってか、ともかく速い。
 起動なんか10秒程度。
 LenovoのCore i5のデスクトップを使っていたが、比べ物にならない。
 心配した発熱も、普通に使っている分にはほとんど気にならない程度。熱くなってもノーパソ程度。
 それにとても静か。キーボード前においているが、ほとんど音がしない。
 性能的には予想以上で満足している。
 この機種からは無線LANとBluetoothは最初から入っているので、キーボード、マウスをワイヤレスにすれば、ケーブルはHDMIと電源のみ、すっきりしている。
 また付属のプレートとねじを使うと、モニターの後ろにあるアーム取り付け部分に、設置することができる。こうすると、モニターとの一体型パソコンになる。ただ、この機種はHDD搭載型なので、HDDまでつけるとそこそこ重量もあるし、形もその分少し大きくなっている。だが、NUC5i5RYKのシリーズだと、HDDがつかない代わりにもっと薄型になるので、モニター裏につけるなら、そちらの方がおすすめだろう。ただ、HDDがつけられないためM.2 SSDにある程度の要領が必要になる。
 私としてはモニターの後ろに手を伸ばすのがかえって面倒なので、すぐ手の届く、机の上に置いている。それでも小さくて場所をとらず、静音設計だから、音も気にならない。
 今までのパソコンの概念を一変させてくれる商品と言っても過言ではないだろう。

 もちろんこれは、半完成品であるから、この他にモニター、ミニHDMI→HDMIケーブル、マウス、キーボード、メモリー、ストレージ、OSは、別途購入しなければならない。これを全部買いそろえたら、少なくとも8万円台にはなるので、おそらく普通のノートパソコンが買える値段になるだろう。
 従って、初めてパソコンを買う人や、ノーパソのメモリーを増設するのに、お店の人にやってもらわないとできな人などは、おすすめできない。
 しかし、メモリー交換くらいの経験はあり、実は部品とかをいじってみたい気持ちがあり、わからないことはネット検索で自力で調べようという意欲のある人なら、十分に手の届く範囲にある。自作PC初心者にもお勧めできると思う。
 実際、私は初めての自作で、十分構築できた。インテルのサポートは意外と親切だったし、マイクロソフトはOSのインストールくらいなら無償でサポートしてくれるので利用したらいいと思う。部品の選び方なども、丹念にネットを検索すれば結構情報がある。動画配信などを探すと、組み上げ課程を映したものがあるので、参考にできると思う。
 デスクトップの性能と、ノーパソ以上のすっきりした机周りを目指すなら是非おすすめの一品。

追記
持ち歩きの必要が出たので試してみたところ、本体、電源、キーボード、マウスで、A4ノーパソより全然軽い。後はモニターだが、行き先にデジタルテレビが使えればそれで代用可能。もし持って行くなら、小型モニターがいる。ただ最近物色してみたところ、7インチ辺りならかなり簡素なものがあり、重量も軽いので、結局ノーパソもって歩くより軽いかも知れない。(Raspberry Pi関連で探すと液晶と基板だけと言うのまで売っている。そこまで行かなくても、非常に簡素な作りのものがあるので、それだと軽いと思う。工作が得意な人なら、本体と上手く組み合わせて作れるかも知れない。確かNUCのHPにNUCの天板を外して、小型モニターと組み合わせ実例があった気がする)

追記
2016年になって、内部のBluetooth端子に異常がでて、使えなくなる。インテルのサポートに電話したところ、丁寧に指示が出て、指示通りに本体のみを梱包し送る。付属の電源やACアダプターなどは送らないように支持され、本体のみを送る。後日代替品を送ってくれる。サポートは迅速で丁寧で良かった。現品交換なので、修理より早い。
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年1月18日
INTEL NUC 6i5SYH 

(購入時価格)
 48,777円

(購入目的)
 ・高速処理ができる、格安PCが欲しいと思ったから
 ・業務で使用する。たまに私的にも使用する

(使用感)
INTEL NUC 6i5SYH 購入時価格:48,777円
Crucial [Micron製] DDR4 ノート用メモリー 16GB x2 CT2K16G4SFD8213  購入時価格:15,082円
Crucial 内蔵SSD 2.5インチ MX300 275GB 購入時価格:7,268円

で、すべてAmazonで購入しました。

消費税込みで71,127円という価格で、この環境は、最高でした(OSとOfficeソフトは、既にあるモノを使用)
ディスプレイは、USBハブを使用して4台接続しています。
持ち運びも難なくできます。
ACも小さく各国のコンセントのアダプタもついてくるので、既にUSと中国に持っていきました。

何ひとつ問題なく、この価格で、この環境には、本当に最高以外なにもありません。

(今後に期待)
既にこれを記入時に次モデルが出ましたが、機器の色合いは、こちらのシルバーの方が良く、仕様も特段優先順位が高い内容がないので、この機種を選んでよかったです。このまま、良くなるんでしょうけど、唯一、付録程度ですが天板にQiでもついてくれればいいぐらいです。

(その他)
仕事は、経営です。
エンジニアリング、プログラミング、Web、マーケティング、動画編集、デザインの全部署の事を、今は補助的ですが、経営以外にもすべて行い、当たり前ですが、現場にも出るので、あらゆるソフトを使用しています。
また、機器開発、設計などの図面なども閲覧作成します。その様なものも複数同時に対処しますので、各ソフトが乱立して立ち上がっていても、いずれも軽快です。

これまで最大の悩みは、今までうまく適合するPCが、高いものではありましたが、この価格では全くありませんでした。だから、最高に感じます。

高くて良いのは当たり前。安くて最高なのが、このPCだと思います。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年3月27日
やはり小さいこととスペックで満足しています。
CPU回す作業をするとかなり熱くなります。気になる人は対策した方がよいかもです。あとファンの音は
それなりにするので静音マシンではありません。

それにしてもIntelのドライバダウンロードに関してはやはりめんどくさいですね。日本語表記もしっかり訳されて
いない箇所があり、この辺コンシューマに対するサポート体制が甘いのかも。

とはいえ、特にトラブルなく稼働しています。960evo x2 と Crucial のメモリ32Gを刺していますがまったく快調。
速い!
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)