Androidアプリストア Amazonファミリー 風間杜夫の朗読でハリー・ポッターシリーズ Amazon Cloud Drive nav_flyout_lp Amazon MasterCard nav_flyout_biss DVD Blu-ray Bargain 2016winter ファッションセール Fire HD 8 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick バレンタイン特集 2017 年末年始ダイエット特集 大型家具・家電おまかせサービス Kindle Amazon MP3 ウィンタースポーツストア ドキュメンタル

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5
52
5つ星のうち4.5
価格:¥8,149+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2016年6月3日
ソニーの実売2,000円程度のイヤホンを使用していました。
そのイヤホンはボーカルの発音が不明瞭なのと、通勤中使用では地下鉄の音が入ってきて聞こえにくくなるので、少しいいイヤホンが欲しくていろいろ比較検討しました。
全くオーディオのことを知らない素人の感想だという前提でお読みください。
SHURE SE535(約6万円)、ZEROカルロバッソ(約4,000円)、本製品(約10,000円)で聞き比べしてみました。
高い物はそれなりに良く、音の広がりもよくボーカルもくっきり聞こえるようになります。ただ、Shure SE535の音を10点とすると
SHURE SE535:10点
本製品:9点
ZEROカルロバッソ:6点
ソニーの2,000円:1点
と感じました。もしかしたら音源の力不足かもしれませんが、私には1万円と6万円の価値の差はあまり感じられず、よほどのマニアでなければこのぐらいの価格帯(10,000円)までで十分だと思います。
0コメント| 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年1月2日
デュアルダイナミックイヤホンは他に8種使っています。
「KEF M200」「Radius W n°2 HP-TWF22」「TOSHIBA RZE-S70-N」
「オーテク ATH-IM50 」「JVC HA-FXZ100」「Brainwavz R3/R1」「ME EP-DD53P」
を使っていますが、そのどれとも違う音作りです。

<音>
大きなボディ内部で、高音と低音を混ぜて鳴らしている感じで「擬似サラウンド」な音作りです。
ヅケヅケと鼓膜に直接聴かせるのではなく、間接的な音を聴く感覚です。
ドライバーが鼓膜から遠いのか、一般的なイヤホンより少し遠くから音が聴こえてくる感覚があります。
サラウンド3Dな音は面白いですが、反対に言えば「定位が悪い/甘い」とも言えます。
好みが分かれる所です。

大体のデュアルダイナミックのイヤホンは、
低域と高域の分離に癖があり、デュアルドライバーなのがわかりすいですが、
このイヤホンは低音〜高音の繋がりが、より自然になっています。
音の一体感を重視した音作りに感じます。

<一定以上の音量が必要>
正直、小音量では悪い部分ばかり目立ってしまいます。
高音はがやたらシャリつきますし、低音も奥の方でもそもそ...。
なんともバランスの悪い音色になってしまっています。
ですが音量を大きめにすると、これが一気に変化します。
空間を十分に満たすと、混ざり合った音がなんとも華やかな表現に変わります。
低域のもこもこ感も無くなり、柔らかく全体に広がる表現に変わります。
混ぜ合わせて初めて良い音になります。

<デザイン>
重そうな見た目ですが、実際とても軽量です。
ケーブルは他シリーズで使われているのと同じ物で、
細く、滑らかで、癖がつきにくい。タッチノイズも少さい良いケーブルです◎。

付属品はサイズ交換用イヤーピースと。
収納用の布袋のみです。
0コメント| 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年1月7日
当方は、オーディオ機器に特にこだわりのない素人ですが、その点どうぞご容赦ください。

一万円未満で買えるお手頃なイヤホンということで、こちらを購入いたしました。
エイジングなどもしておりませんが、それでも驚くほど幅広い音をよく鳴らしてくれていると感じます。
ロック、クラブミュージック、クラシック、ジャズ、ワールドミュージックなど一通りきいてみましたが、どのようなジャンルでもけっこうな臨場感があり、満足です。
高音やヴォーカル曲は思っていた以上にのびやかで良いです。低音はマイルドな仕上がりで、バキバキのドンシャリ系が苦手な自分にはちょうど良いくらいです。
音に関しては値段以上の価値があるのではないかと思うので、星5つにしたいところなのですが、
コード部分の作りが値段のわりに安っぽく、すぐに断線してしまうのではないかと不安になる程なので、その点で星-1としております。(コードを触った質感はぺにょぺにょとしており、かなり頼りないです)

また、パッケージに商品がギチギチとつめられており、取り出す際に丁寧に扱わないとコードが傷つきそうになりましたので、そこがちょっぴり手間だったことも付記しておきます。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年12月22日
小生Audio歴50年位になります。自宅にいる時はJBLのラージスピーカシステムでガンガン色々なジャンルの音楽を聴いています。
色々なジャンルと書きましたが自分の音楽に対する考えは「音楽とは読んで字の如く 音を楽しむことと思っています。」でも一番多く聞くジャンルはジャズが多いです。
前置きが長くなってしまいすいません。
イヤースピーカは時々外出する際、PCタブレットに記録したWAVファイルをメデュアプレーヤーで楽しんでいますが、昔のコンデンサー型
ヘッドフォンでは如何せんかっこ悪いので何かおしゃれなイヤースピーカをと探していたところ、みなさんの口コミをたよりにCARBO BASSOにたどり着き、一年ほど前に購入し聞いたところ「重低音のすばらしさ、コスパのよさ」ビックリで大満足でした。
私は、先にも書きましたが昔からAudioに凝っていた関係で断然アナロク派です。先日部屋を片付けていたら昔懐かしいソニーのウォークマンDD(カセットテープ)を発見し、CARBO BASSOで聞いてみたところそれなりの素晴らしい音でしたが、高音域の伸びが足りない感じがしたので、再度ネットで口コミを調べたら、ハイレゾ対応DUOZAに行きつきました。ZERO AUDIOさんの製品ならきっと間違いないと早速購入をクリックしてしまいました。
DUOZAのすばらしさ。
聞いてみてまた「ビックリ」です。エージングなどなしでも素晴らしい音がでました。低音域はタンデム方式云々とありますが、まったく違和感なくZEROAUDIOさんの音に対するコンセプトがしっかり引き継がれている感じでした。
さらに、高音域の艶のある伸びやか響、決して耳障りでなくしかもしっかりとした音です。
全体として、各楽器の音像がハッキリとしていて臨場感あふれるたいへん素晴らしい製品です。
一点、梱包がしっかりしすぎて取り出すのに時間がかかってしまいました。それとコードがきつくバインドしてあったのでコードがカール(コードに癖がついた)してしまったのが残念です。4つ星の理由です。
最後までお読みいただきありがとうございました。
0コメント| 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ZERO AUDIOのイヤホンはバッソやテノーレとやってきましたが、味付けの方向性がとても明快で、そしてそれぞれ狙いが違うのに堅実な音作りであったという印象をこれまでもってきました。 今回はちょっと凝った構造を入れてきたので大丈夫かなと思ったのですが、これはちょっと嬉しかった。 特別低域が強いとか高域の解像度が秀でているとか、妙に目立ったところを強調するでもないのですが、非常に音楽性のある味付けで、完璧にフラットという方向でもないのですが、ドンシャリにしているわけでもなく、モニター用途ではなくあくまで音楽を楽しむためにチューニングされた素敵な味付けです。 とにかく第一印象が「わぁ、、これ音が艶々してて豪華なのに繊細、だな」というもので、この価格帯では私はケチを付けるところがありませんでした。 そうした全体の音の分布がとても気に入ったのですが、その後すぐに解像度もかなり出ているのが分かりますし音場も広く、低域もクドくないのにしっかり出てる。 

 インピーダンスは20Ωとちょっとだけ高めなのもあって、普段16Ωで使っている場合すこし大きめのボリュームにしないと存分にならないと思いますが、インピーダンス以上に感度は低め(同じパワーで音は小さく聞こえる)。 プレイヤーの出力が弱いと、とたんにプレイヤー側の弱点が露見していしまう。恐らくそうした環境ですと高域がシャリついたように感じられたり(というより低域側がドライブしきっていない感じ)するので大きめのボリュームでどうぞ。 できれば小容量でもいいのでポタアンを入れるか、パワーが比較的あるプレイヤーでの再生をおススメします。 本体側に余裕があれば別段変にボリュームを上げずとも小さい目の音でも分布が怪しくなる事もないはずです。 私は高域が別段ササるとは感じませんでした。

 最近の1万円付近の製品では相当に自分としてはヒットです。 恐らく試聴ジャンルで合う、合わないも出にくい音域分布で、どんな曲でもうけつけるという印象。 もう1本いってしまおうかと思ってしまう久しぶりの1本となりました。 もし試聴できなくてもこれはいきなり買ってもハズしたと思う人はとても少ないのではないでしょうか。 試聴したらかなりの率で欲しくてたまらなくなると思います。 あまりこう書かないのですが、これはおススメです。
0コメント| 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年1月2日
各メーカーのイヤホンを何種類も視聴しました。値段も3000~50000円程の様々なイヤホンを聴きましたがこれは本当に良いです
正直、国内メーカーのハイエンドに引けを取らないどころか、むしろ良かったり。
ぶっちゃけ今の国内メーカーの5000~20000円位の機種を購入するなら中華イヤホンの安いやつ(3000円くらい)を購入した方が120%良いです。
そんな少し残念な国内メーカーで輝いているのがZEROオーディオだと思います。(もちろん国内メーカーにも安くて良いものを作るメーカーはありますよ。サトレックスとか。)
どのモデルもZEROオーディオは良い。

その中でもこのモデルは国内ダイナミック型イヤホンのトップと言って良いと思います。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月16日
音については他のレビュアーの方が触れていますので、
装着と音についてですが、購入して一番初めに行う必要があるのは
耳に合うイヤーピースのサイズにイヤーピースを変更することです。
耳にピッタリ合わないと、高音がシャリつきチグハグな音になります。

個人的には、イヤーピースを低反発ポリウレタン(他社)製にすると、
フィット感が良く、ダブルドライバーの立体的な音が楽しめました。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月27日
ソニーのNW-A-20に挿して使ってます。
主に聞くのは映画のサウンドトラック、次いで80年代とかのJロック、アニソン、次いでクラシック。
多分ここに書き込んでいるヒトはマニアな方々だと思うので、それと合わせて素人の戯言と思ってください。

買ったばっかの時は低音がズンズンしててちょっとうるさいと感じました。
低音うるさいんだけど、中音域とか高音域もはっきり聴こえていいなぁってぐらいの印象です。
ちょっと失敗したかもしれないとこのときは思いました。

50時間ぐらい、途中休ませながら流してみたあとの印象。
低音のトゲがかなり抜けました、だけどディティールは残っている感じ。
元々中音、高音はとても解像感があったので、それと相まって聴きやすくなりました。
あと、他の方も書いていますけど、立体音響っていうのかな、サラウンド感があって気持ちいいです。
これはいままで使ってきたどのイヤホンでも感じなかったので面白いです。
NW-A-20の付属のハイレゾ対応のソニーイヤホンでも不満はそんなになかったけど、これと比べるとかなり違います。

一つ注意点というか気になった点として、耳の入れ具合がどうにも落ち着きません。
シェア掛けって俗に呼ばれてる奴だと、ちょっとブツがでかくて落ち着かないし、普通に入れてもハンマー形状でいうところの柄の部分が
邪魔して奥まで入りません、この点についてはみなさんどうしているのか気になります・・・
そんなところでしょうか、参考になりましたら幸いです。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト500レビュアー2016年2月29日
音の響きがかなり独特です。SONYやゼンハイザー、SHUREには無い音質傾向です。
2基のダイナミックドライバーを直列に配置した独特のタンデム式で奥行・広がりを表現する、
音の響きに優れたデュアルダイナミック型のイヤフォンです。
ありふれたダイナミック型やBA型とは一線を画する音響で
美しい、瑞々しい音質・音場と言えばいいのでしょうか、つややかです。
当方のたくさん所持しているダイナミック型イヤフォンの中でも
音の広がり感は何万円もする高級機種に近いと思います。素晴らしく個性的な音場です。
密閉型ですがセミオープン型とも違う、
音圧が抜ける感覚はありませんが音場がとても広いのが特徴的です。
価格を超えた解像度の高い上品な音色が、価格を超えた音場で耳に響き渡ります。

この独特な音場(音響)の感覚はハイレゾ音源(FLAC音源など)で顕著になる傾向です。
通常の圧縮音源では音場の特徴が薄まり、差を感じにくくなる印象です。
その他、スマホ直差しで他のイヤフォンと比べた場合も、
高音域で音場の広がりの差を強く感じることができました。

独特な音場が特徴的ですが高音域、中音域、低音域など各音域の音質に
強調されたものはなくフラット・・・ほんの少し低音が効いている音質です。
音のひとつひとつが上品でクリアに鳴っている印象です。

ドライバーを直列に配置しているため、本体が筒状で長い形状になっていますが、
軽く、自重で外れ落ちる感覚はありません。
ほぼイヤーピースのみのホールドにも関わらず普通に固定されます(個人差はあります)
遮音性もかなりいい方です。
アルミボディ部分が耳に当たるため装着感はひんやりと冷たいです。
コードの質感は良いです。この価格帯の中ではかなり細い方ですが、
意外と絡まりにくいと思います。

このイヤフォンのブランド『ZERO AUDIO』は
【協和ハーモネット株式会社】という電線業者さんが数年前に立ち上げた、
新しいオーディオブランドです。
どこの家電量販店でも取り扱っているような大手メーカーのイヤフォンではありませんが
独特な音響と音場は、『ZERO AUDIO』を一躍有名オーディオブランドへと昇華させる
実力を持っている素晴らしいイヤフォンだと思います。
10000円以下で買えるハイレゾ対応イヤフォンとしては
間違いなくコストパフォーマンス最高評価です。
0コメント| 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年7月9日
雑誌にて同メーカーのバッソが非常に評判が良いので、早速大手販売店に試聴に行く。正直バッソもテノールもお好みではなかったが、隣に置いてあったDUOZAを聴いてみたら惹きつけられてしまいました。音がとてもクリアで、その上変に着色されておらずクセがないのです。
しかもとても瑞々しい感じで、サイドのアコギがダンゴにならず綺麗に聴こえてくるのですよ。
断然購入モードになったので、マジで他の有名どころも試聴してみたけど、価格も含めて考えると、コレはかなり良い線いってると思いますよ。
私の耳には、モニター用として使えるんじゃないかと思えるほど原音を忠実に再現しているように思えます。
弱点らしき所は皆さんもご指摘しているように、断線が心配ですね。
本当はDOPPIOも試聴したかったけど、片耳の音が出ないし、プラグのつけ根がちぎれかかっていたので、やっぱり弱そうかな。
もう8年くらい使っているShureはまだまだ元気一杯で、切れる心配は未だ微塵もないので、DUOZAにもこれから良き相棒としてガンバッテ欲しいものである。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)