Androidアプリストア Amazonファミリー 157回芥川賞直木賞 Amazon Cloud Drive 8000 Amazon MasterCard 洗車グッズ特集 DVD ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV stick 福島県フェア 暑さ対策アイテム特集  Summer Sale 第2弾 家電 Kindle Amazon MP3 アウトドア HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル シーズン3



レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2017年6月6日
待望の16年ぶりのリニューアル。100-400とも焦点距離の被る70-300mm F4-5.6Lのライバルは格安のTAMRON 70-300mm A005という惨状でNikonからは先発として80-400mmが登場し売れに売れているという状況。
そんな中、Canonがこの焦点域のズームレンズで中途半端な製品を出せるはずもありません。
そして、Canon公式の極めつけの謳い文句はあの「EF70-200mm F2.8L IS II USMと同等の高画質」
トップメーカーの意地の見せ所、まさに渾身の一本だったと思います。

これまで初代70-200mm F2.8L USMに1.4倍、2倍のエクステンダーを使って撮影していましたがそれまであったストレスが100-400mmを使うことで一切なくなりました。そのストレスとは具体的には下記になります。

「目に見てわかる開放での描写の劣化」「エクステンダー使用によるAF速度の低下」「逆光耐性のなさ」「エクステンダーを持ち歩く不便さ」

まず、エクステンダーを使用して開放で撮影すると起こっていた画質の劣化に対する不満が解決しました。このレンズは開放で撮っても隅々まで凝視しない限り特に気になるような描写ではありません。もちろん1段くらい絞った方が画質はさらによくなります。
次にエクステンダー使用によるAF速度の低下を気にすることがなくなりました。エクステンダー使用だとAIサーボAFなど目まぐるしく動く被写体に合焦がとても間に合わないので使いものになりませんでしたがこのレンズならAIサーボAFも余裕で使えます。逆光耐性もこれはエクステンダーというよりマスターレンズが古すぎたという問題が大きいですが100-400mm IIは当然デジタル対応で最新の技術が採用されている分、劇的に改善したと言えます。以前は逆光だとすぐコントラストが下がり全体的に白っぽくなっていたのがよくなりました。最後にエクステンダーを持ち歩く不便さですが、意外とエクステンダーも重くカメラバッグの場所を取り状況によって1.4倍と2倍を使い分けていたのでそれを考える手間も省けエクステンダーを装着すると全長も100-400mm以上に長くなっていたので今は一本で全て収まりとても快適です。

レンズ自体の性能は、旧100-400mmは「使うなら300mmまでのズームレンズ」と度々揶揄されていましたが本レンズは400mmテレ端までしっかり描写してくれます。古いズームレンズや安いズームレンズを使っているとテレ端でモヤッとした描写になるということがよくありますがこのレンズはさすが最新の技術なだけあって全域で高画質です。また、AF速度はもちろん、絞り4段分の手ぶれ補正、逆光耐性、最短撮影距離0.98m、防塵防滴構造などプロユースに期待以上にばっちり応えています。
それに加え「ズームのトルク調整機能」「レンズフードの偏光フィルター用開閉窓」「三脚座の三脚受けパーツの取り外し」
正直なければないでそこまで困ることはない3点ですが付加価値を高めるおまけとしては非常に気が利いています。
ズームのトルク調整は最大までズームの回転を固くすることで実質ズームロックとして使用でき、自重対策になるので持ち運びの際に重宝します。

前作から16年かかったことを考えると数年で簡単にこのレンズをCanonがリニューアルすることはないと思いますし、”必要”と感じた時が買い時だと思います。
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年7月27日
いままでシグマの50-500を使ってました。
これはこれでとても便利なんですけど、500mmではどうにもキリッとした絵にならない。
僕が下手なのかもしれませんが・・・
腕が足りない分は道具でカバーしようとこちらを買ってみました。

!すごいキレッキレの絵が出て来て大満足です。
シグマの500mmの絵と、こちらを同じ画角にトリミングしたものを比べても、まったく違うレベル。
手ぶれ補正もガツンときくし、RAWで撮ってDLOかければよりキリッとするし。

やっぱりレンズは純正だな〜などと思いました。
勢いで24-70 f4Lも注文しちゃいました(笑)
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年12月5日
発売当初より気になっていたこのレンズ、遂に購入することが出来ました。
鉄道、飛行機を撮影する目的ではなく主に風景、花(マクロ的な使い方エクステンションチューブ等使用)をするために購入しました。
カメラは7D、5Dを持っていますが、M2、M3、M5カメラで使いたいです。
回転式ズームリングの重さ調整が出来るのも購入決め手の一つです。
以前EF70-200f4L ISを使用していましたがこのレンズのボケ味も良かったです。
100-400のボケ味も良好でサンニッパにはかないませんが400mm(APSC-560mm)で手持ち撮影できるのが助かります。
23年前に購入したサンニッパも所有していますがこの数年湿度ケースに入れたまま稼働なし!
理由は非ISのため手持ち撮影が出来ない事でしょう。
レンズ本体が3k超え、それに三脚となると・・・・使いたくなくなります。
100-400レンズ三脚座の小ささも取り上げられますが私は丁度よい大きさだと感じています。
取り外しができるのもいいですね!
三脚座リングを回し、座を上にするとM5に付けた時バランスがよく、座の部分が持ちやすいです。
キレ、ボケ、ヌケこの三拍子そろったレンズが20万円チョイで買えるのが安いと思うか高いと思うかは使う人の判断ですが
私はこのレンズを購入して正解だったと思います。
まずは量販店のデモレンズで試し撮りしてみてください。
review image
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年1月2日
画質に定評のあるEF70-200mm F2.8L IS II USMと同等の高画質を獲得、とカタログ・HPに書かれているだけあり、納得の高画質です。
あの高画質が、400mmの超望遠ズームとして手に入るとは、とても素晴らしいです。

現在、ボディはEOS 7D、レンズはEF70-200mm F2.8L IS II USM + EF2X III(2倍エクステンダー)です。
エクステンダーによる画質の低下と、オートフォーカスの遅さが不満でしたが、このレンズで解決です。

F2.8の明るさが必要な場面は多いので、EF70-200mm F2.8L IS II USM と、このEF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM の2本があれば、望遠域はほぼ完璧だと思います。
0コメント| 71人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年8月10日
手持ちのレンズ複数を全部下取りにして、ついに憧れの白レンズを手に!
ほぼ素人の自分が白を持つのは、宝の持ち腐れな気がして、躊躇してましたが、本体5D4に代替えと同時に白へジャンプ!

特に動画において、市販ビデオカメラとは一線をかくす、息を飲むような立体映像が撮れ、もう手放せません
白レンズがなんたるかを少しわかった気になってます( '∀`)
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年12月30日
旧型は、望遠端の400mmでの写りがイマイチだったのが、見事に改善。単焦点のシゴロより明らかに写りは上になった。AFも早く、ISの効きも良い。400mmで、SS 1/30secの手持ちも可能になった。直進ズームから回転ズームになったのも問題にする方も居るが、実際に使えばわかるが、AFが遅くなったわけでは全くなく、明らかに旧型よりAF性能も向上している。

200mm前後の写りは、EF 70-200mm F2.8L IS Ⅱ USMと同等以上であり、このレンズ1本でかなりの焦点域を任せることが可能で、最高に利便性が高くなった。フィールドで比較してみたが、Tamron 150-600mmなんかとは、次元が違うレンズなのは確か。サンニッパを持ち運ぶ必要がなくなった。ズームでこれより写りの良いレンズは、x1.4付きの200-400 F4Lしか現在は、存在しないと思う。
review image
0コメント| 177人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年12月14日
2016年末に発売のノンL版70-300mmが高評価とのウワサを聞き、手持ちの70-300mmLの中古価格が値崩れするかもしれないという思いにも後押しされ、もろもろ断舎離して購入。自分的には望遠はこの1本だけ持っていれば他に要らない。確かに高額だが、持ってみれば性能の高さと信頼性で、適正価格と感じるようになった。

戦闘機のコックピットをアップで狙うなどの特殊な撮り方をしなければ、望遠が必要なあらゆるシーンで万能に使えて、単焦点レンズに迫る画質で撮れる強力な1本。テレ端でもワイド端でも開放からシャープで全域が使える画質。ボケの大きさは期待できないが、クセが無くふんわりしたイイ感じにボケるし、APS-Cなら640mmまでカバーできる。またボディ内レンズ補正で画質向上が見込める。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年4月29日
レンズの機能は申し分無いですが カメラを首に下げて歩くと ズームが伸びて来ます 撮影時のズームを軽くする為だとは思いますが もう少し折合いをつけて欲しい!
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年4月3日
早速使ってみましたが、手持ちでも十分使用できる超望遠レンズであり、凄く気に入りました。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年1月4日
先代モデルで感じたテレ端での解像度低下は大きく改善されました。テレ端だけに限らずすべての焦点域で非常にクリアで解像度の高さを感じます。発色も良く、絞り開放時のボケも思った以上によかったので、(心境は複雑ですが)200-400mm F4L IS USM EXT 1.4Xの出番が随分と減ってしまいそうです。操作感では最も気になっていた先代モデルの「直進ズーム」から「回転式ズーム」への変更について、「直進ズーム」にすっかり馴染んでいたため非常に便利に感じていましたので、今後はこの回転式に慣れるしかありませんが、難を言えばズームリングが若干重く感じます。せっかく調整機能があるので、もう少し軽め(緩め)に設定できるようになっていたらもっと良かったと思います。レンズ自体の重量も数字以上に重く感じます。先代に比べて先端(前)部側に重心が寄ったためと思いますが、1DXやバッテリーグリップを装着した7DMk2などの重量級カメラに取り付ければバランスは悪くないのでしょうが、手首に掛かる負担が大きく長時間の連続使用では若干しんどいかなと思います。そのほかには、C−PLフィルターを取り付けた時のフィルター効き調整がフードを外さなくてもよくなったこと、三脚座が工具無しで容易に取り外せるようになったことなどメーカー開発担当者のこのレンズへの想いが強く感じられ、非常に良いレンズになったと思います。
0コメント| 65人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)