Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞直木賞特集 Amazon Cloud Drive SOS0816 Amazon MasterCard nav_flyout_biss Trade-in ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 敬老の日 真夏の健康アイテム特集 防災・防犯ストア Kindle Amazon MP3

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.6
174
5つ星のうち3.6
スタイル名: Windows 8.1搭載|変更
価格:¥46,800+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年1月28日
追記2015/8/24
この機種はクリーンインストールしたWindows10でも快適に動作します。
そのためにも一度は8.1からアップグレードする必要がありますが、エラーが発生して10をインストールできない方もいらっしゃると思いますのでその解決方法の一例を紹介します。
使用中の環境でそのままWindows10にアップグレードする方法が個人設定もアプリも引き継ぐ標準のアップグレード方法ですが、その方法では失敗する場合もあります。それは使用中の環境・設定が影響しています。

【個人設定も追加したアプリケーションソフトも白紙に戻すことになりますが確実に10に移行する方法】
いったんPCを初期状態(工場出荷状態)に戻します。
MicrosoftのWindows10のダウンロードサイトから「今すぐダウンロード(32ビットバージョン)」ボタンをクリックしてMediaCreationTool.exeをダウンロードして実行します。それだけです。
電源に接続したままMicroSDカードも外付けHDDも外しますのでバッテリー切れの心配もありません。
使用中の環境の設定、アプリ、ディスク残容量、外付けUSB-HDD、MicroSDカードなどが影響してアップグレードに失敗する可能性が高まります。シンプルに素の状態にすればアップグレードは必ず成功します。

【バックアップ方法】
この機種のAtomCPU、32bitUEFI環境でブータブル可能なディスク丸ごとバックアップできるアプリケーションソフトはほとんどありません。
8種類試してみて唯一USBフラッシュメモリから起動してバックアップ・復元できたのはParagon製だけでした。
8.1のシステムイメージバック機能では過去のOS環境に戻せませんのでやはり丸ごとバックアップツールはあると便利ですね。

2015/8/24追記はここまで

現時点(2015年1月)ではLTE通信可能なSIMフリーの10型以上のWindowsタブレットはYoga Tablet 2-1051L だけです。
ちょっと重くて記憶域容量少ないけど、"セカンダリーデバイス"として本デバイスは最高傑作と思う。
個人的にお出かけ用デバイスは「基本的に通信機能は内蔵しておくべき」と考えているので、実用的でとても便利です。
(価格を度外視すれば機能的には実質SIMフリーのLet's note RZ4がセカンダリーとしてNO.1でしょうが、ACアダプター不要でmicroUSB端子からモバイルバッテリーで充電できることはLet's note RZ4以上に携帯性・利便性が高いです)

追記2015/7/1:surface 3がSIMフリー限定で出ましたね。タブレットで試行錯誤していたMicrosoftさん、モバイルデバイスに必要な構成要素がわかっていますね。価格もRZ4の半値で一式12万円なのでセカンダリーとしてNO.1になりましたね。
しかしプライマリーデバイスが他にあるならば、外出先でCPUパフォーマンスは一般にそれほど必要ありませんし、バッテリー交換の出来ないデバイスは使い捨てになるのであまり高価なデバイスはもったいないと思うのです。その点SIMなしでよければマウスコンピューターの 8.9型 タブレットPC「WN891」は3万円以下、キーボード込みでRZ4と同じ重さ。その圧倒的なコストパフォーマンスは素晴らしいです。その軽さに惹かれて買ってしまいました。追記ここまで。

本デバイス固有の問題点は「あんおえ現象」だけですね。
(個体差あって、当方はそれも発生していないので完璧なデバイスです)
当方もSIMカードはドコモ系のMVNOを利用していますが全くスムーズに接続できます。
「自動的にローミングする」設定は不要です。
「自動的に接続する」の設定手順をいろいろ変えてやってみてください。
そうするとwindows8.1側で覚えてくれますよ。(手順の順番だけです)
モバイルブロードバンドをオンにすると接続先を探しにいきます。
LTE設定の場合、始めはJP DOCOMO(HSDPA)で接続しようとしますが、次にJP DOCOMO(LTE)に接続成功します。
Windows8.1によるWWANモバイル通信の歴史が浅いので大勢の方が戸惑っているようですが、本デバイスの問題ではありませんよ。
WiFi環境無くともLTE通信でテザリングしながらYOGA TABLET(android)をサブディスプレイにして使っています。
問題点を指摘するよりも、使いこなして楽しんだほうがお得かもしれません。

※追伸
環境に由来する問題点とデバイス固有の問題点を切り分けていらっしゃらない方がネット上にあまりにも大勢いらっしゃるので投稿しました。
そのためにAmazonで一時「問題ありで調査中商品」にまでなってしまいました。
WindowsOSにおけるWiFi以外の通信ノウハウが蓄積していない現状では致し方ありませんが、通常は解決できることばかりです。
安心してこの名デバイスを活用しませんか。

※追伸2
音の出だしが数百ミリ秒カットされる「あんおえ現象」は修正デバイスドライバが提供されましたので解消できます。
「YOGA Tablet 2 with Windows (1051) - Lenovo Support」で検索して
Wolfson オーディオ ドライバー Windows 8.1 (32bit) - 2/15/2015版をダウンロードしてそのまま実行するだけです。
後、BCM WIFI ドライバー Windows 8.1 (32bit) - 2/12/2015版も適用した方がよいでしょう。
その他は更新する必要はありませんが気になる方は適用されても問題ありません。
1/2/2015版はアップデートの必要はありません。製品にすでに適用されています。
(BIOSアップデートは更新版が出ない限り、危険なのでやめておきましょう)

スタンドの金属丸出し部分には「GRiPhone Narrow ベタつかないすべり止めクッションシート」貼るといいでしょう。

コントロールパネル>ファイル履歴>システムイメージバックアップをこまめに実行しておくことをおすすめします。
不具合が生じた場合は簡単・確実に正常動作時点に復元できます。
Windows8.1に限りませんがそもそも「OS」とは不完全なものです。
ソフトウェアに完全はありません。それに比べればハードウェアはだいぶましです。
このYoga Tablet 2 10も相対的にタブレットPCとして秀逸な出来ではないでしょうか。

個人的事柄で恐縮ですが当方、IBM時代からのプライマリーデバイスとしてThinkPadを中心に15台以上利用してきましたが、
やはり重いので、セカンダリーデバイスとしてのYoga Tablet 2 10はその携帯性とダイレクトモバイル通信が可能なため、
大変重宝しております。
LTE通信で事務所のThnkPadにリモートコントロールソフトでアクセスすれば重いPCを持たなくてすみます。
かつタブレットとして情報の消費面としてはiOSやandroid端末には及ばないもののそれなりに重宝します。

個人的な事例にすぎませんがお役立てればと思います。
0コメント| 364人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年7月30日
自己責任ですが
YOGA Tablet 2 with WindowsをWindows10に無償アップグレード出来ました
他のYOGA Tablet シリーズでも同様に可能だと思います(自分は8型旧モデルでやりました)

用意するもの
・MediaCreationTool (32bit版)
・USBハブ(ACASIS H027など)と外付けUSB HDDもしくはMicroSDカード

MediaCreationToolを起動
このPCを今すぐアップグレードするを選択
空き容量チェック後ファイル展開先を聞かれるので外付けHDDを指定

あとは待つだけ
2時間程で無事Windows10になりました

YOGA Tablet2 8インチ旧モデルではアップグレードするとタッチパネルの画面端の反応が悪いのが治ります
それだけでもアップグレードする価値はありました。

ストレージの回復パーティションは5.48GBから449MBにコンパクト化されるのでアップグレードすると5GB程空き容量が増えます
review image review image review image review image review image review image
1コメント1件| 67人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年1月26日
Android搭載機ではSIMフリーLTE端末もいくつか選べるようになってきましたが、
Windows搭載機でSIMフリーLTE端末の唯一の選択肢が本製品です。(2014年12月時点)

私の目的は、単体で常時LTE接続可能な環境を軽量なWindows搭載機で実現することでしたが、
本機種はその目的を十分に達成してくれています。

しかしながら、デフォルトの状態で何の苦も無くそれを実現することはできず、設定には非常に苦労しました。
Windows8.1でそれを実現する機種自体が本機種しかない以上、仕方ないことかもしれませんが・・・。
そのあたりの作り込みがまだまだ甘いと感じますが、設定さえうまくいけば、本機種自体は非常に使いやすく、良いものだと思います。
(なお、Android搭載機では当たり前に可能だと思いますが、Windows8.1ではその当たり前なことに非常に苦労しました)

ネットでの情報量も少ないため、同じように苦労されている方もおられるかもしれません。
参考までに、私が苦労した点について、ここで報告させていただきます。

苦労した点は、全て無線関係でした。
具体的には、bluetoothとWiFi、そしてWAN(LTE)の設定です。

1.bluetoothキーボード関係
本機種を選ぶ方は、付属のキーボードを積極的に利用する方が大半だと思いますが、
まず、付属キーボードを「普通に」使うためには、設定変更と注意点があります。

まず、注意点として、「キーボード充電中はキーボードを使用できない」ことです。
これに気付かないうちは、突然使えなくなった上に復帰もできず、非常に困りました。
ただ、気付いてさえしまえば、これは特に問題にはなりません。
キーボードの電池の持ちは非常に優秀で、私の使い方では、一度充電すれば
数週間は普通に使うことができます。

次に、デバイスマネージャーから呼び出せる「Bluetooth無線のプロパティ」の「電源の管理」において、
「電力の節約のために、コンピューターでこのデバイスの電源をオフできるようにする」
という項目のチェックは必ず外さなければなりません。
これがオンになっていると、頻繁にキーボードとの接続が切れてしまい、使い物になりません。
(これはデフォルトでオフにするべき項目だと感じます)

この2点に注意すれば、キーボードはとりあえず「普通に」使うことができるようになると思います。
(それでも復帰時に数秒かかることがありますが、これは我慢できる範囲です)

2.WiFi関係
ネットでよく見かける、WiFiが「制限あり」となる問題が、私にも発生しました。
これが発生するのはIPアドレスの自動取得がうまくいっていないということでしたので、
無線アクセスポイント側の設定を見直しました。
私の環境は、モデム→有線ルーター→無線アクセスポイント(Planex MZK-MF300N)であり、
無線アクセスポイントのDHCP設定は「有効、無効、自動」の3つから選べるのですが、
これを「自動」から「無効」に変更することで改善しました。

これは、上記の構成では本来「無効」にされるべきですが、Android機、Windows7機では「自動」でも正常に動作していました。
しかしながら、Windows8.1では、この機能が正常に動作せず、その結果、Windows8.1機のみ接続できない状態になっていたようです。
他のWindows8.1機でも同様に「制限あり」となったので、おそらくこのアクセスポイントの「自動」機能が8.1に対応していない
ということなのだと思います。
(Windows8.1の問題ともいえるし、アクセスポイントの問題ともいえる)

3.WAN(LTE)関係
SIMカードはドコモ系のMVNOを利用していますが、この場合、デフォルトでMopera U(Xi)に設定されます。
そこで、APN設定としては「カスタム」を選択し、接続先情報を入力するわけですが、この設定がクセモノで、
ことあるごとにデフォルトのMopera Uに「無断で」戻ろうとします。
そして、こうなると、カスタム設定で保存した情報のうち、「パスワード」だけがなぜか削除されてしまうのです。
(保存しても何度も消えました・・・・)
当然、Mopera Uのままでは接続できないし、かといって「カスタム」に再設定しただけでは、
パスワード情報が消えているので、やはり接続できません。
こうなった場合は、タスクトレイのアイコンからネットワーク設定を表示させ、「接続設定の表示」→「JP DOCOMO」と進み、
接続先のカスタム設定を編集しパスワードを再入力してから再接続しなければなりません。
さらに、「接続」ボタンを押すときに表示されるオプションである、「自動的に接続する」「自動的にローミングする」は、
必ず両方ともチェックを入れなければなりません。
これにチェックを入れないと、頻繁にMopera Uに戻ってしまい、そのたびに再入力、再接続を余儀なくされます。
おそらく、「自動的にローミングする」とは、APN設定を「カスタム」で使うことと何か関係があるのだと思います。
なお、これらにチェックを入れれば、Mopera Uに戻ってしまう頻度は激減しましたが、
再起動時にはどうしても戻ってしまうようです。
したがって、再起動を頻繁に行うような使い方では、不便に感じるかも知れません。
ただ、本機種はバッテリー持ちも良く、不使用時はキーボードを閉じてスリープさせるだけで良いので、
私の使い方ではそれほど問題とはなっていません。

以上、長々と説明しましたが、これで本機種を「普通に」使うための注意点の多さが伝われば幸いです。
本機種では、bluetooth、WiFi、WANのどれかで不具合が起きると、それにつられて他も不具合が起きるが多かったように思います。
そのため、問題の切り分けができず、非常に苦労した印象が残ります。
しかしながら、これらの問題はWindows8.1によるところが大きいので、今後アップデートで改善されること期待します。

なお、確実に本機種固有の不具合だと思われるのは、「あんおえ現象」です。
(内蔵スピーカーの出だしが切れる問題)
これは私の端末でも確認できました。
「艦これ」はやっていませんので、私としては特に問題ではないのですが、
これもアップデート等で改善されることを期待します。

まとめると、設定さえきちんとできれば非常に快適に「常時LTE接続軽量Windows」環境を実現できる機種ですので、
私と同じ目的を持つ方であれば、(苦労するかもしれませんが)お勧めできる製品だと思います。
1コメント1件| 395人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2016年2月13日
Windowsしか動かないソフトを使うことやパワポ、エクセルが使える事を考えて購入。
一方、所有のiPadやAndroid(Nexus7)のような使い勝手は全然無く、タブレットとしては不便な印象です(これは期待が大きくハズレ)
それもあり用途的には仕事用が90%という感じです
ただ、コンパクトに持ち運びでき、そこそこな性能で動く、そしてMicrosoftOfficeが搭載されている等、この価格から見るとかなり満足できます。
もうほとつ、バッテリーの持ちは、この独特な形状を補う程魅力です。(でも慣れると、この形状も悪く無いです)
バッテリーは1日使っても切れたことが無く、バッテリーを気にせず使える、これだけでも魅力大きいです

ディスプレイは解像度もあり綺麗です。ただ、やや明るさが不足な感じ
端子はmicroUSBが1個しかないのは残念。microUSBで充電もするので、充電時にはUSBメモリ等が使えなくなります。
通信は、格安SIMのIIJMIOを使ってます。モバイルルータ等別に用意しなくて済むのは魅力です
また、microSDカードが使えるので、データストレージとして使っています
GPSの精度は比較的良いと思います
付属のキーボードも使いやすいです。本体との一体感もあるので、マグネットでくっつけるとノートPCと変わらない感じで使えます
付属キーボードのバッテリーの持ちも良いと思います(途中で切れたことはないです)
サウンドは売りのようですが、まずまずな感じです
内蔵カメラは使用してないですので、評価はありません

Windowsタブレットは使い勝手は他のタイプと比べると、格段に落ちますが、Windowsソフトを使いたい、という目的であれば、かなりコストパフォーマンスが良いマシンだと思います。また、バッテリーの持ちの良さは予想以上に魅力に感じました。購入してとても満足しています
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月23日
ISPのMVNO-SIMが一枚契約したまま眠っていたので、これを活用できるWindowsタブを探していました。
キーボード付きでこの値段は即買いでした。
iPadとXperiaZ2Tabも持っていますが、外出先はこれ一台になりましたね。

2016年3月21日追記
購入から約4か月経過後の使用感をちょっと書きたいと思います。
・キーボード
  付属のキーボードを使用していますが、本体とのペアリングはトラブルもなく
  本体起動とほぼ同時に使用できています。
  また、この手のキーボードにありがちな、キータッチフィーリングも私的には
  打ちやすく気に入ってます。
・8.1ProからWin10へのアップグレード。
  Win10IPで使っていますが、アップグレード時も特に問題は発生せず。
  Win10環境でも問題なく使用できています。
・バッテリーについて。
  キーボードバッテリーについては、12月に購入して1回か2回くらいしか
  充電していませんが、そろそろ切れる頃だろうと思ってもまだ使用可能。
  ただ、本体のバッテリーはシャットダウンしているにも関わらず、
  2~3日放っておくと切れてしまいます。
  家用にA4ノートがあり、自宅ではそちらがメインになるので、充電をわすれると
  出先でバッテリー切れ・・・なんてことが2回ほどあったので、この点はちょっとマイナス点かも。
・タブレットPCとして
  本機以外に、iPadとXperiaZ2Tabをモバイルルーター経由で使用していますが、
  行き帰りの通勤時にちょっとした調べものをする場合に使うことがあるのですが、
  吊革につかまって使うにはちょっと重いかもしれません。
  重いというより、バッテリー位置のせいなのか、重量バランスが悪いかもしれません。
  この辺は、iPadとXperiaZ2Tabの方に分がありますね。

・総括
 仕事柄、情報収集で外部サイトを利用する頻度が多いのですが、会社のネットワーク制限で、
 サイトによっては警告がでたり閲覧自体NGなところもあり、会社では外部アクセス用の
 サブ機として使っています。
 ・キーボード付きノートPCとして使える
 ・キーボードを外してタブレットPCとしても使える
 ・LTE内蔵なので通信に困ることはそうそう無い
 ・MS officeもついている
 これで、5万弱なら安い買い物ではないかと思います。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年8月25日
3月初めに量販店で購入しましたが、他の方の報告にもあるキー入力が暴走する不具合があまりにも頻発します。
例えば、「n」を入力したタイミングでそれが発生すると「nnnnnnnnn...」となってしまい、Bluetoothをオフにしてもとまりません。
(キーを離しても入力が継続される為、チャタリングではありません。)
その際、正常な手順で再起動やシャットダウンを行おうにも、シャットダウンのページを開くまでの間にも入力の割り込みが行われてしまうので強制終了する以外に対処方法がなくなります。
特に、バックスペースやエンターキーを押した際にそれが発生すると手もつけられません。
デスクトップ上でエンターキーの連打が行われ、それによりアプリケーションが多重に起動されメモリ不足になり、その間も入力が継続する為最終的にブルースクリーンで異常終了する事態にまで陥りました。

また、操作する上で致命的な不具合ではないですが、
・本体の裏蓋がベコベコする
・SIMトレイ内ネジ止め箇所反対側の液晶部分に、ネジで圧迫されたようなシミがある
など、製品の質に関わる部分もずさんな状態でした。

レノボのリペアセンターに送っても
「キーボードの暴走に関する症状は報告されていないし、検証を行った結果何も不良箇所はない」
「その他の症状(画面シミ、裏蓋の緩み)に関しても、不良ではなく正常である」
と送り返されてきました。
勿論、キーの入力暴走は依然発生しております。
Amazonのレビューにも同様の報告がたくさん書き込まれているのに「症状が報告されていない」とは、明らかに嘘だと思うのですが…

ちなみに、修理センターへ発送する際にかかる費用は全てこちら持ちです。
故障が認められずに送り返されている為、もう一度修理に出そうにもまた不具合が認められない場合、無駄な出費がどんどん嵩んで行きます。

この件で思い知りました。二度とレノボの商品は買いません。
皆様もこの商品に限らず、レノボの商品は絶対に買わない方がよろしいかと。
何か不具合が起きた際、必ず後悔します。
2コメント2件| 61人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年1月30日
当方初タブレット、家族で使用、プライベートと仕事で9:1くらいで兼用、使用1か月での感想です。
仕事兼用を考えるとWin機という選択が外せなかったのが購入理由の一つでした。

バッテリー
持ちがいいのはずぼらな当方にはもってこいです。毎日3〜4時間使用で3日持つのは最高ですね。

処理速度
さすがに仕事で使用している手持ちのCore-i7搭載機の処理性能と比較するとだいぶ遅さを感じますが、あくまでタブレット。ここは家族使用や価格を考えれば十分満足できるレベル。動画視聴は問題ありませんでした。

携帯性
こんなもんだろ、という印象。他の方の重いという評価も気になってましたが、特別そうは感じませんでした。ここは初タブレットということもあるかと思います。

付属キーボード
一度外してしまうと日常家族で使用している際はほとんど使わない。画面キーボードで十分でした。でもあれば便利。画面保護にもなる。
本体とキーボードは磁石で接続され脱着自由です。

スタンド
当方が思う本機のデザインで一番良いところです。lenovowwww中華機wwwというレッテルを貼っていた当方でしたが、「デザイン」が生活を便利で多様にする事を体現していると思います。大袈裟な表現と思われる方は一度店頭で見て触れて確かめてはいかがでしょうか。

悪い点
さんざん持ち上げましたがバランス取るためにこれはどうなのよ、という不満点をここで一つだけ。
ディスプレイの下部3mmくらい「タッチが反応しないエリア」があります。そのような仕様なのでしょうか?
修理に出すレベルなのか判断がつきませんが、Youtube等の動画を最大化表示した際に操作がしづらかったので気づきました。
まったく操作できなかった訳ではなかったのですが、評価をここで★1つ減らします。

その他
Win8対応アプリが他のOSに比べて少ないのは本機のせいではないのですがそこがもっと充実していればなあという感じ。幼児向けアプリが少なかった。
あと最近のタブレットってマイクロHDMI端子が付いてるんですね。本機も付いてるのでプレゼンで使ってみようと思います。
2015年はSIMフリー元年と言われておるようですので、今後吟味していいサービスを探そうと思います。

ホントはiPadやSurface欲しいけど、ブランドでかっこつける必要も無く、それほどハイスペック機じゃない安いのでよくて、家使用メインだけど仕事もちょっとだけ。。なんて方におすすめできる商品です。
2コメント2件| 155人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月29日
Amazonのクーポンは既に利用できないので、他の通販から購入。37000を切っていましたので、3年保証(価格の5%)を加えても、Amazonよりは安価でゲットできました。10インチのタブなのに、オフィス(Home % Business 2013)もついていていいな、と思っていますがこちらはまだ導入していないままです。
e-bookの利用権も2000円程度ついていました。なかなかコストパフォーマンスとしては良いですよね。

Windows8は最初から利用するつもりがなかったので、即Windows 10へアップグレードしました。
ここを見ていたので、USB HUB付けて、マウスとかキーボードとか使えるようにしていたのですが、実際に何事も障害もなくあっさりとWindows 10 Homeで利用できる状態になりましたので、拍子抜けでした。
一応、Lenovoのページからドライバ関連を適用して、デバイスマネージャー上ですべてが認識されている状態にしてあります。
Win10なので、アンチウィルス系もDefenderがあるし。一通りのツールを入れて完了です。

Bluetoothのキーボード兼ケースカバーは一度認識しちゃえば認識されていますし、そんなには悩む部分はありませんでした。
個人的には、Bluetoothのワイヤレスマウスを買っていたので、これとペアリングして導入等作業は進めました。

SIMフリー対応だったので、手元にあるスマホから取り外して認識させてみました。
IIJmioですが、一般的な設定でAPNを準備して、「接続」で終わり。

その他の部分で個人的な感想を以下の書きます。
・画面は映り込みが激しくてどうにかしたい(まだフィルムなどつけていないので、指紋汚れも気になる)
・充電は、キーボードとタブの両方で必要。タブ側の充電するアダプタは機種を選ぶみたいで、この辺りにあったIOデータのものではダメだった
(付属のものに買えたら充電が開始された)
・USBは1つしかないので、充電している間は、USBハブなどを準備しないと利用できない。USBはもうちょい欲しいな、と。
・モニターは解像度も明るさもいい感じ。HDMI連携はとりあえず後で試すつもり。
・音は、人がいうほど良いという感じではなかった(期待しすぎた?)
・スタンドの金属の感触が気持ちが悪い。もうちょいどうにかできなかったのだろうかと思ってしまう
・キーボードとの接続部分も金属の感触がどうにも残念な感じ(我慢するけど)
・電池の減り具合は、皆さんの評価とは違って、一日使っても十分大丈夫って感じには思えなかった。
(でも十分消費される電力やらバッテリー容量に問題があるということではありません。これも期待しすぎだったのかも)
・発熱はほぼしないので、安心

こんな感じでしょうか。
Windows10へのアップグレードは、マイクロソフトのアップグレードページ
https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-10-upgrade
から今すぐアップグレードな選択で入れたケースでの更新によります。
何かしている合間合間で先に進めて、気付いたら終わっていた…という感じで更新できました。
容量を確保したかったので、ちゃっちゃと、Windows 8.1のイメージは消去してしまいました。
30GBしかないディスクの半分は空き状態に確保できています。(Office入れていないまま)
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年8月25日
ipad を使っていますが、仕事(ワード)とかで使いたかったので購入。
キーボードもついていて、他の電気屋さんより安かったのでラッキーな買い物です。
電気屋さんはキーボードなしでした。
(でも、レノボの公式サイトのほうが若干安かった)
音はipadよりも良い。
使い勝手は、PCと同じなので覚えることはないかな?
でも、まだまだアプリが少ないです。それが惜しいかな。

追記1
windows10にしてみました。
さらにかっこよくなりました。

ちょっと使ってみて…動作が鈍く反応が遅くなりました。
家族も買ったのですが、同じようにアップグレードしたら動作が鈍く、反応が遅くなったので
ダウングレードしました。(windows 8)
(1か月以内だったらダウングレードができるので感謝です。)
この動作が鈍く、反応が遅いというものは、半端なかったです。
これでストレスになるくらい。
何分かかかるって感じでした。

追記2
アップグレード→ダウングレードしたせいなのか?
アプリ自体が悪かったか、この本体が外れだったのか?
分かりませんが、
1つのアプリがアンインストールできず、タップしても開かないようになり困りました。
いろいろな対処法を試しましたが、改善ならず。
リフレッシュすると改善し良い状態に戻るということだったので試してみました。
最初は、問題のアプリもアンインストール→再インストールすることができラッキーと思っていました。
が、…
電源が落ちたまま起動できない状態になってしまいました。
電源ボタン長押し30秒
電源ボタン長押し+ボリュームボタン(下)長押し30秒
コンセントにつなぐ
いろいろしましたが、ちょっと無理っぽ?
残念…涙
1コメント1件| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月1日
まず何といっても、単体でLTE接続できる快適さは抜群。
主に仕事で(Excel,OneNote)を使用しております。
自宅PCで作成した後、ちょっとした修正を出先で行ったり
プロジェクタに接続してのプレゼンなど、非常に大活躍しております。

また、コンパクトでモバイルバッテリによる充電も可能ですので、
出先でのバッテリー切れの心配もありません。

キーボードやLTEの接続が断続的になる事がありましたが、
一度リカバリし各種ドライバを最新へ更新した後はかなり快適になりました。
たまに切断されても、Bluetooth「OFF→ON」ですぐに回復します。

スペック的な不安は無論ありますが、価格や販売時期を考えても
傑作である事は間違いないと、個人的には感じています。

ただ、Lenovo製品は3機種所有しておりますが、当たり外れみたいな個体差はあると思います。
どこのメーカーでも、生産工程での初期不良は可能性としてあると思いますが・・・。
その後の対応に完璧を求めるのであれば、購入しない方が良いかと思います。

後継機が公開されましたが、今後はandroid機種のみの方針のようですね。
シェアとか云々で会社として、Win機種は現状考えてない。という記事を見ました。

私の使い方で不満があるとすれば、
タッチペンが実用上で使えないと言う事です。
一応、静電式に対応したタッチペンでは反応しますが
文字を書いたり、絵を書いたりする事はできませんでした。
当然、指でなぞると綺麗に文字も書けますし、性格に反応しますので、
相性の良いタッチペンがあるのかもしれません。
色々と調べて試しましたが、この点だけは改善できませんでした。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告