Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞直木賞特集 Amazon Cloud Drive SOS0816 Amazon MasterCard nav_flyout_biss Importsale ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 出前半額キャンペーン 真夏の健康アイテム特集 防災・防犯ストア Kindle Amazon MP3

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
100
5つ星のうち4.3
価格:¥10,000+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年1月15日
FMラジオの受信周波数が76.0MHz〜99.0MHzとなっていますのでFM補完放送も受信できるようです。関東地方では2015年9月からTBS、文化放送、ニッポン放送がFMで聞くことができるようになるようです。

2000年式レガシー ブリッツェンに取り付けました。

本体、「エーモン 2070 アンテナ延長コード」、「エーモン 2213 オーディオハーネス スバル車用(14P)」、「1DIN 2段 ドリンクホルダー フリーボックス 小物入れ」を同時注文して取り付けました。交換はとても簡単でした。気になった点は車両側のアンテナケーブルがオス端子のものとメス端子のものの2本あり、純正は2本とも刺さっていましたがこれの場合はオス端子しか接続できませんでした。ただ、ラジオを聞いている感じでは特に感度が悪くなった様子もないので問題ないのかもしれません。

使用しての感想ですが、最近のものはイルミネーションの色を変更できるものが多いのでてっきりそうだと思い込んでいましたがこの機種は写真の赤固定で夜間はちょっと目につきます。
音質には余りこだわる方ではありませんが純正に比べて低音が弱いように感じました。

注意点としてはUSBメモリーが16GBまでしか認識しないようです。32GB以上のものしか持っていなかったこともあり、最初はどれを入れても認識しないしマニュアルを見てもそれらしき記述が見つからなかったので不良品かと思ってしまいました。
1コメント1件| 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2014年12月5日
カロッツェリアの1DINのメインユニットでも一番安価なモデル。
価格と外見をトータルして判る通り「CDドライブすら無い」という割り切った作りで、入力は大きく分けるとラジオ/AUX/USBの3系統。ユニット自体、本体の奥行きは10cm足らずで、つまりはCD1枚よりも小さいです(奥行きなので取り付けてしまえばあまり関係のない部分ですが)。
でも、CDやBluetoothは不要、音楽はUSBメモリやiPhoneで聞ければよしという方なら、これで済んでしまいます。むしろ、考え方にもよりますが、CDドライブなどのモーター部品が内部に存在しないというのは、より故障しにくいというメリットがあり、選択の際の要素の一つとなります。
USBのスロットの挿抜は少し固めですが、USBのメモリやケーブルの突発的な脱落の危険を考えた場合、むしろこれ位で良いのではないかと思います。「USBメモリが出っ張るのが嫌」ならば、USBメモリの方でSilicon PowerのTouch Series T01あたりをチョイスしておけば目立ちません。そもそも「USBのメモリやケーブルを使いたいけど正面から見えるのが嫌」となると、カロッツェリアの場合、MVH-3100ではなく上位機種のMVH-790辺りを選ぶ必要がありますが。

各種設定の方法はオーソドックスなもので、日本語表記の設定画面が表示できないものの常としてとっつきにくいことは事実ですが、カーオーディオの中では簡便な方です。別売りリモコンがあると設定の為の操作は楽になります。機械の常として、設定画面の意味がぱっと見で理解できない時は、必ず説明書を見ながら設定しましょう。
音質については接続されるスピーカー次第という一面があります。カーオーディオというものは上を見てしまうと際限の無い世界なので、価格なり・グレードなりという一面はありますが、比較的最近のものなら軽自動車の純正スピーカーでもMVH-3100との組み合わせでそこそこ良い音を出してくれます。むしろ、純正品のメインユニットよりもMVH-3100の方が細かい設定が出来る事で、単純に音質が向上するケースは多いと思います(自分が取り付けた車が実際そうでした)。このメインユニットの設定さえきちんとしておけばこれで必要十分という方は多いでしょう。
もちろん、パワーアンプを介してスピーカーに接続させると音はぐっと良くなります。

CDやBluetoothも不要という使い方なら、十分に検討の範囲に入れていいものです。自分も購入を検討した時点で他の機種と色々比較して試算しましたが、ことコストパフォーマンスという意味では、リモコンやグローブボックスを別途購入する事を考えても最高の1台です。
なお、別売りリモコンはあると便利というタイプのアイテムですが、操作のために本体まで手を伸ばさずに済むというのは姿勢の上で楽です。ついでで買っておいて損はないです。
0コメント| 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年5月7日
以前からカーオーディオはラジオを聴くかFMトランスミッターでiPodの音楽を飛ばす様な用途だけでした。
純正オーディオにCDは付いてるけど使わない、オートスキャンが無くてラジオの選局が不便、等の理由から安価なこのデッキに交換してみました。
ラジオについてはAM1、AM2、FM1、FM2にそれぞれ6つのプリセットを記録出来るので居住地と良く行く場所とか使い分けが出来ます。オートスキャンも精度が良く文句無しです。
USBでのiPod有線接続ではFMトランスミッターを使っていた時よりもずっと音質が良くなりました。
デッキ側からiPodを検索すると日本語のプレイリスト、曲名は空欄になってしまうのでiPodからの操作をメインにした方が便利です。
イルミネーションが明る過ぎるとの指摘をネットで見かけましたが、指定した時間帯に輝度を落とす設定項目があるので夜間暗くなるよう設定すれば特にまぶしいと感じませんでした。
取り付けは内張り外しとプラスドライバーの#1、#2、各メーカー対応のコネクタ変換ハーネスがあれば誰でも出来ると思います。
内装の取り外し手順はよほどマイナーな車種でもない限りネットで検索すればすぐ出てきます。
ちゃんと説明書を読んで作業をすればプラモデルを組むよりもずっと簡単に作業できます。
どうしても不安な場合は整備業者に任せて作業してください。
review image
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年11月1日
USBとラジオさえ使えれば良かったので非常に満足しています。
シンプルながら純正品より音も機能も見た目も良いですし、CDやBt使わなければ本機で十分かなと思ってます。
ただ一点残念なことは、チューナーを使っていなくても電源ON時は常にオートアンテナが伸びてしまうこと。
ガラス内臓タイプのアンテナだと気にすることもないんですが、オートアンテナ車の場合はUSBやAUXでも常時伸びっぱなし。
収納するには電源OFFが本機の仕様のようです。
個人的には上記のマイナス点はありましたが、価格や音質、機能等考えれば十分満足できる商品だと思います。
0コメント| 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月14日
CDプレーヤーに外部接続のCDカセットを接続するためのケーブルがあり(確か3,000円位)、これを利用するとスマホの出力を標準装備のオーディオに入力して音楽を聴くことができるので始めはこのケーブル購入を検討していました。

ケーブルを設置するには標準装備のオーディオ装置を外さなくてはならず、設置してうまく動作するかもわかりません。 カーオーディオをネットで調べると、価格が5~6千円で手頃で、評価も良かったこの商品を見つけました。どうせ装置を外さなくてはならないのであれば2~3千円の差であり、USBメモリーのMP3音楽を聴くことができるこの商品を購入することに決めました。

買って大正解でした。 ラジオの音からして標準装備のオーディオとは別物の感じがありました。 同じ曲でもMP3で聞けば標準装備のCDの音とは歴然の差がありました。

音は出力に余裕があるため、現在は貧弱な標準装備のスピーカーで聞いていますが、これでも十分聞くことができるレベルです。 スピーカーを良質のものに交換すればさらにランクアップすること間違いないでしょう。

AUX入力へスマホを繋げて試聴しましたが、機種にもよると思いますが、スマホの出力が小さいため、残念ながら本来の音を再生できません。 やはりSDカードのMP3再生が向いているようです。

評価5にならなかった理由は操作と表示内容が貧弱なことです。 欲張り過ぎたために操作が非常に面倒になっています。

イコライザーなどは一度設定すればそれほど調整することはなく、このような設定は多少複雑でも構わないと思いますが、選曲、頭出し、次の曲へスキップ、一時停止、再生等は通常のカセットテープのボタンのようにボタンを大きくして操作を容易にし、ボリューム等は回すだけなのでもっと小さくするとか機能的にしてほしかったと思います。ドライバーが操作することを想定しているとは思えない設計です。 見るデザインではなく、使える(安全に)デザインと操作性を求めてほしい。 
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年6月5日
仕事で使っているエブリィバンに取り付けました。もともと付いているラジオはスピーカー内臓なのですぐにお払い箱。代わりに付けた中古のカセットラジオヘッドも調子が悪くなり、ジャンク品でもと探していたところ、見つけました。どうせCDは聞かないし、ラジオだけと思い購入。取り付けは簡単。専用ハーネスを購入しようとも考えたのですが、スピーカーは外付けだし、アース、常時電源、ACCだけなので、クリップ式のワンタッチカプラーで。奥行きの無さも、付属のブラケットで不安なし。
そして音はというと、びっくり。以前のカセットラジオヘッドより格段に向上。ラウドネスのせいかもしれませんが、音の深みがあります。USBでの再生も使ってみると便利。
ただ1点残念なのは、時計表示の時と分が近すぎて見づらい。ここは、思い切って余っていた外付け時計にチェンジ。
それにしても技術の進化とは恐ろしいもので、このコンパクトなボディにラジオ、AUX、USBを入れて5,000円以下とは・・・。親父が8トラのカーステレを鳴らしていたころとは隔世の感があります。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年5月25日
 音も良い、FMの感度もよい トラクターですから、純正の物は、箸にも棒にも掛からない位酷い、キャビンの中の五月蠅い中純正スピーカーの音が激変したと言える位に音量を上げて聴けるほど、良い音出ます
 当方61歳操作が直観的でないのだけが残念、中華のアンプも3台買いましたが、あちらは直観的です。
最低の機能でこれ程の音を出す物も作っていただきたい。

 良い物ですよ、お勧めします。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年7月2日
ラジオと音楽を聴ければよかったのでこの商品を選びました。
カーオーディオ取り替え自体、初めての作業でしたがそれほど困ることなく取り替えることが出来ました。
プレーヤーとしての音はまあまあ良い音を鳴らしていると思います。
設定出来る項目も非常に多いので詳細な設定をすることで自分好みにすることもできると思います。
コストパフォーマンスが非常に良い商品だと思いました。
安いので自家用車に限らず、社用車での利用を検討されている方にもお薦めです。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年1月5日
いつも通りの迅速な対応と丁寧な梱包には、驚かされますが、商品も大変安く手にはいったので、気に入ってます。この機種はUSBメモリー専用ですが、もう、CDは古いと思います。これからは、USBの時代ですね。音質も迫力満点です。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月12日
このカーオーディオ、CDがついておりません。
そのため、音楽を聴く場合はUSBに音楽データを入れておくか、iPhone、iPod等に音楽データを入れておいて、それをUSBの端子に刺して使います。
そういった思い切った(?)仕様のため、かなり安く抑えられている製品です。
私的には、逆に一番故障しやすいCDメカが無い分、長く持っていいかと思います。
下記に私が気になったことを書いておきます(笑)

・Bluetoothがない。(上位版で対応したものがあります。)
・英数表示しかできない。(上位版で日本語対応の物があります。)
・オートアンテナが(カーオーディオが)オンになると勝手に伸びてしまう。(仕様です。上位版で対応しているのか不明です。)
・CDが再生できない。(上位版で対応したものがあります。)
・イルミネーションが赤色しかない。(上位版で複数色に対応しているものがあります。)
・数字ボタンの上の文字(一時停止や再生)が見えずらい。というか夜だと見えない。(上位版で対応しているのか不明です。)
・デタッチ(右下のスイッチを押すと前面のパネルが外れる機能。盗難防止のためと思われる。)は必要なのか。(この値段のものをわざわざ手間をかけて盗難していくものか疑問。)

最後に
この製品は、ご自分で車の内装を取り外して取り付けるタイプです。
無理(これ以上できない、これ以上やったら戻せない)な場合は素直に業者さんに依頼してください。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)