summer_Bike nav_flyout_videogame ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV おせち特集2018 ハロウィンストア2017 家電_秋のセール Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 戦闘車 Androidアプリストア 知育学習玩具大賞 まとめ買い・セット本ストア Amazon Cloud Drive psm Amazon MasterCard



ベスト1000レビュアーVINEメンバー2015年12月26日
購入したのはフルHDの方です。
画面は綺麗ですし、動作も軽く、不満はありません。
クロームブックの購入は3台目で、家庭でのPC環境はガラリと変わってしまいました。
仕事を含めた重い作業はウィンドウズPCに任せてしまい、普段使いはこちらになっています。
エクセル、ワード、パワポはオンラインを使っています。グーグルスプレッド、ドキュメント等は、正直のところ使用感は良くありません。

youtubeでHD動画を観ますが、不具合は無いようです。
プライムビデオに関しては、初回起動時に、「最新の状態にしてください」旨の表示が出ましたが、再起動更新後は全く問題ありません。

クラウドを使い倒すことで、本体を身軽にするのがコツだと心得ました。
一応、128GBのSDカード(マイクロ)を挿して、ストレージとして使っております。
0コメント| 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年7月24日
説明文が英語だが大きな訴訟はない。機能面では、起動が早く、また無線への接続も従来品に比べスムース。大文字、小文字の転換操作にやや不便さを感じるが、大きな支障とはならない。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年8月9日
長いことウィンドウズ使いでしたが、10になってから、起動諸々の重たさ故にChromebookに変更しました。初号機はACER産のものを購入、起動の速さ(10秒ほど)、汎用性などの多様さでウィンドウズを無事卒業。やや特殊な使い勝手ですが、なれることができて今はメインで使用していました。

諸事情によりほぼ同価格で購入したChromebook、byACERを二号機にせざるを得なくなり、こちらを購入。FULLHDのディスプレイの解像度の美しさは、ACERのそれとは比べ物にならないです。あえて苦言を呈すれば、並行輸入品故にキーボードが違うだけで、購入してすぐに使いはじめることができます。@マークの位置が、JAキーボードで{の場所なのが玉に瑕

それ以外は、使いやすい逸品です、

そして、現在はアルミ製のPC台に置いて使用しているため、排熱も無問題。これから、どんどんシェアが増えるPCだと思います。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト1000レビュアー2014年11月8日
新しく出た東芝のChromebookの「上位機種」です。
待望のIPS液晶でフルHD表示、4GBメモリ、そしてCPUが速く、ボディも小さくなりました。性能にあわせ値段が上がっています。型番を確認しないで安いと思って飛びつくと、IPS画面でない2GBの「下位機種」だったりするので注意です。

ボディは無駄な部分をそぎ落として小さくなりました。特に周辺の丸みがなくなりました。本体の厚みは同じくらいで、奥行き、幅とも1㎝ほど短くなっています。軽くなっているはずですが、ずっしりします。

外観の色がシャンペンゴールドからホワイトシルバーに変わりました。シャンペンゴールドは高級感がありましたが、これもコストダウンですかね。新鮮ではあります。滑り止めのツブツブは残っています。

本体の底は、無塗装のプラスチック地そのもので、オプションのカラーカバー(水色、ピンク、黒)を付けるからかもしれません。底の排気ダクトもスピーカのスリット穴もなく、ゴム足も丸から細長に変わってます。これもコストダウンです。発熱は、後ろの方がほんのり温かくなるくらいなので大丈夫でしょう。

ボディの幅が狭くなったのでカバンに入れやすく、電源アダプタも小型化されてます。本体差し込みはかさばらないL字です。携帯しやすくなりました。

今まで、USB3.0ポートは2個でしたが、左がUSB2.0で、右がUSB3.0の1個ずつになりました。普通はマウスを接続し、高速ポートにはUSBメモリを接続する人が多いと思うので、これでいいかもしれません。

上扉を開けると、電源が入ります。以前の機種で気になっていた、電源ランプの光の漏れはなくなっています。そして、さすがに売りの画面は、クッキリでとてもきれいです。小さな文字もしっかり認識できます。これだけでも買ったかいがありました。

初期設定も改善され、日本を選ぶだけで、タイムゾーンやキーボードが最適な値になります。

Chromebookは、使っていたアドレスならすんなり移行できるのですが、無料の100GBを有効に使うため、ヒモ付けのGメールアドレスを新規で作成しました。共有すれば問題ありませんし、追加のログインで選べます。眠らしておく手もあります。本当は容量は加算されるとうれしいですが…。

<気になるところ>
タッチパッドの奥に見える隙間が気になります。斜めから見るとタッチパッドの左上部の貼り合わせがズレてるように感じます。組み立ての精度で個体差かもしれません。些細なことですが気になります。

タッチパッドのクリックが硬すぎです。
画面の開きが狭くなりました。以前は90度+45度くらいでしたが、+30度くらいになりました。
コストダウンしているように見えますが、小型化とCPUの高速化のせいか、割高です。

日本では、Chromebookとして見たら値段高すぎです。以前の機種から、前とほとんど同じ性能の下位機種への買い替えはおすすめしません。新規購入なら携帯性も良くなったので下位機種でもオススメです。

上位機種で、画面は見やすくなりましたが、使い勝手は以前の機種と変わらないようです。解像度アップの分、CPU性能が使われ帳消しかもしれません。値段は、海外の倍近くで、これでは日本では手を出せません。安い海外では評価は高いようです。

<海外からの購入>
Chromebookは、海外品でもすんなり日本で使えます。価格が下がるまで待つつもりでしたが、待てないので、リスク覚悟で、アメリカの通販に直接注文しました。初期不良があったときが大変なので、リスクを避けたい人は、高くても日本での購入が無難です。

通常の配達では、3週間前後ですが、早く欲しいので「お急ぎ便」にしました。予定より早い5日で入手できました。運送はDHL航空便経由の佐川配達でした。通常配達では業者は変わるかもしれません。円安の影響がモロでしたが、配送料や関税等も含め、日本で購入するよりだいぶ安くなりました。そして、早く入手できました。
「お急ぎ便」は値段はかかりますが、確実な運送業者が使われる可能性が大なので、おススメかもしれません。

<追記>
Plugable USB 3.0 ギガビット対応イーサネット LAN アダプタ(USB3-E1000)が使えました。ケーブルをつなぐだけで無線から有線LANに自動で切り替わります。高速で安定しているので、電波が不安定なときや高速でファイル転送するとき、また有線しかないホテル等で使えます。N450ネットブック(Linux)でも何もしなくても使えてます。

<追記> 2015.08:長くなるので、興味のある方だけどうぞ。
----------------------------------------------------------------------------------------
< Ubuntuのインストールについて>

Chromebookに Ubuntuをインストールすると、出来ること(使えるアプリ、使えるデバイス)が増えます。最近のChromebookは、CPUが新しくなってからか、レガシーブートできない機種が増えました。第2世代であるこちらの東芝のChromebook 2(CB35-B3340)を試しました。

東芝 CB35-B3340では、レガシーブートは設定できても、ctrl+Lでブザーが2回鳴るだけで、起動デバイスが選べません。Chrubuntu を使ったインストールはできますが起動の手段がありません。残るは croutonだけです。

croutonは、Chrome OSのエリアにUbuntu をインストールするやり方です。Chrome OSが立ち上がれば使えます。レガシーブートが要らず、SSDを分割しないので容量をむだに消費しないこと、Chrome OS と平行動作するので切り替えて使えることが長所です。短所はLinux のみのシステムとしてインストールできない、提供されているLinuxしか使えない(アプリが動く環境=可能性が減る)、Chrome OSが立ち上がってから立ち上げを行うため少し面倒で起動もほんの少し遅くなることです。

まずは、軽量なxfce-desktop 指定で試しました。日本語化するため言語サポートをいじっているとMacでいうところの上と下のパネルが消えアイコンだけのデスクトップの状態になりました。復旧のしかたは調べてもわからず、再インストールしても再発したらつらいので、あきらめました。

unity は少し重いデスクトップ環境です。CB35-B3340(Celeron N2840 2.16GHz、メモリ4GB)ではサクサクです。第1世代のCB35-A3120(Celeron 2955U 1.4GHz、メモリ2GB)ではきびしいかも。croutonでunity-desktop指定(主要アプリありでインストール)にして日本語化した直後のChrome OSの空きは5.1GBで、まだ他のアプリをインストールする余裕があります。最初、unity の操作は取っ付きにくく感じましたが、よく使うアプリをパネルに登録でき便利です。アプリを追加(ドラッグ)しまくりです。

---
<croutonをインストール>
→croutonでググると、C720のやり方が参考になります。

リカバリSDカードを作っておきます。
デベロッパーモード(電源オンで「OS確認機能がオフ」の画面が出る状態)にします。

ctrl+Dして、Chrome OSにログイン。
Chromeブラウザで、 fd3zc (https://goo.gl/fd3zc) にアクセス。Downloadsディレクトリ(/home/chronos/user/Downloads)に croutonスクリプトファイル がダウンロードされます。容量は小さいですが再インストールに楽なようにSDカードに保存しました。やらなくてもいいです。

Chromeブラウザを起動、ctrl+alt+T として、開発用シェル(crosh)画面にします。
これはデベロッパーモードの時だけ出る画面です。
shell
sudo sh ~/Downloads/crouton -r trusty -t unity-desktop,chrome
(→Ubuntu 14.04 LTS、デスクトップ環境 unity、主要アプリとGoogle-Chromeブラウザありの指定)

ダウンロードしながらインストールされるので1時間以上かかります。時々画面が暗くなり停止しないようにマウスを動かします。終わり間際に、ユーザを作るため、ユーザ名とパスワードを聞いてきます。起動で必要なので控えます。unity-desktopをunityと指定すると最低限のアプリしかインストールしないので時間と容量を稼げますが、日本語化に必要なアプリ(Ubuntuソフトウェアセンター、言語サポート、端末)も入らないので入れておいたほうが無難で楽です。それほど食わないし使わないアプリは後で消せばいいだけです。

--------------
<Ubuntu の起動>

電源オン で、「OS選択画面はオフ」画面
ctrl+D (または、30秒まつ)
Chrome OS にログイン

Chrome OS のChromeブラウザの設定で、設定→詳細設定→起動時、前回開いていたページを開く
に設定すると次回からのunityの起動が楽になります。

Chromeブラウザ を開く
ctrl+alt+T (上記設定していたら次からは、tabのみ)
shell
sudo startunity (←unityの場合)

Ubuntuデスクトップが開きます。

--------------
<日本語化>

Ubuntu ソフトウェアセンター(software-center)、端末(terminal)、言語サポート(language support)のアプリがあることを確認。キー入力がたいへんなので、USBマウスがあるとペーストが使え便利。xtermではマウスのペーストができません。

「GPG鍵とレポジトリを追加:Ubuntu 14.04 LTSの場合」
wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja-archive-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-jp-ppa-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
sudo wget https://www.ubuntulinux.jp/sources.list.d/trusty.list -O /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.list
sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade

sudo apt-get install language-pack-ja
export LANG=ja_JP.UTF-8
sudo update-locale LANG=ja_JP.UTF-8

再起動

言語サポート(language support)で日本語があるか確認。入力メソッドはnoにしておきます。
システム全体に適用(wide)を押します。
再起動

Ubuntu ソフトウェアセンターでfcitx 、fcitx-mozc をインストールします。
言語サポートで入力メソッドをfcitxにします。
右上にキーボードアイコンがあるか確認。右クリックで入力メソッドが「キーボード・英語(us)、MOZC」かを確認。

試しにテキストエディタでctrl+スペースすると、右上のキーボードアイコンがオレンジの「あ」になり、日本語が入力できるはずです。英語ならもう一度ctrl+スペースします。隣にある「En」アイコンは英語キーボードが接続されていることを示します。

--------------
<知っておくと便利>
startunity コマンドで、Chrome OSの/usr/local/chroots/trusty が使われ、unity デスクトップ環境が表示されます。
Chrome OSとのデータの受け渡しは、Downloads フォルダ、もしくはChromeブラウザでGoogleドライブやGoogleドキュメントを使えます。USBメモリを使うときWindowsマシンも使うならフォーマットに注意です。

日本語化の際に、システムフォルダを日本語化するか聞いてきますが、Downloads フォルダを空にしてから実行しないと、ダウンロード以外にDownloads と2つのフォルダができてしまいます。

画面の切り替え
shift+ctrl+alt+F1(←) Chrome OS に戻る。
shift+ctrl+alt+F2(→) Ubuntu に戻る。
shell画面はさわってはダメです。別のタブを使います。Ubuntu でログアウトすると、この画面に戻ってきます。
画面の明るさは、 Chrome OS に切替えて調整し、Ubuntu に戻るとよいです。

画面ロック、再起動、シャットダウンするときは、電源ボタンを使うと楽です。
USBマウスをつなげ、キー入力中にタッチパッドが悪さしないよう、オフ(システム設定→マウスとタッチパッドでタッチパッドをオフ)にしました。
5分後に画面ロックしますが、パスワードでの解除が面倒なのでオフ(システム設定→画面の明るさとロック→画面のロックをオフ)にし、席を離れるときはctrl+alt+L で画面ロックしています。

日本語変換キーが、Ubuntuでは ctrl+スペース、Chrome OSではshift+alt、と違うのは不便だなと思っていたら、Chrome OSでも ctrl+スペースが使えました。後は、Ubuntuでも alt+backspace (つまりdel)が欲しいです。キーマップをいじればいけそう…?。

Google-Chromeブラウザと、Chromiumウェブブラウザは元は同じですが、別ものです。アイコンも違います。
Ubuntu ソフトウェアセンターでインストールできるのはChromiumウェブブラウザです。動作はほとんど同じです。ChromeブラウザはGoogleがサポートしGoogleサイトでダウンロードします。(ヘルプにGoogleへの問題の報告機能があります)サポートがあり更新も多いので安定しているChromeブラウザがおすすめです。croutonのインストール時に追加指定できます。

--------------
<ダンマリに備え、強制終了キーを有効に>

キーボードレイアウト変更
sudo dpkg-reconfigure keyboard-configuration
(6. のみ変更、他はTabで了解を選んでスキップする)
1. 標準 105キー(国際)PC
2. 英語(US)
3. 英語(US)
4. キーボード配置のデフォルト
5. コンポーズキーなし
6. X サーバーを強制終了するのに Control+Alt+Backspace を使いますか? いいえ→はい

--------------
<DVDドライブ接続について>

croutonの環境で、DVDドライブ接続してマルチメディア再生してみました。
USBの電力不足を避けるため電源付きのUSB HUBを使いました。Ubuntu では法的処置からかCSS暗号解除の機能がなく、追加しないとDVD再生できません。そして、Chrome OS はセキュリティからか外部DVDドライブは未サポートです(データディスクとしては使えます)。

1. オーディオディスク(CD-R)を開いてもマウントできません。
「/dev/sr0というドライブは見つかりません」となり、どのアプリも使えません。
市販CDでなく、iTunesで作成のCD-Rで試しました。

2. DVDビデオを開いてもマウントできません。
「/dev/sr0というドライブは見つかりません」となります。
libdvdread4を削除して再度インストールすると、どのアプリで開くかを聞いてるまでになりました。
(いちいち、マウントと取り出しでパスワードを聞いてきます。)

「ビデオで開く」を選ぶと「動画を読み取れません。」となり再生できません。
VLCメディアプレイヤー、Smplayer では、再生ボタンを押すと、再生しようとしてすぐ終了、エラーしないが再生もしません。
VLCのログ→main error: ES_OUT_RESET_PCR called
ググるとCSS解除できていない可能性が大きいです。
ubuntu-restricted-extras、libdvdread4、libdvdcss2(install-css.sh) といろいろ試すが変化なし。

3. 普通はChrome OS のFiles アプリでは、オーディオディスク、DVDビデオのどちらもマウントできませんが、いつのまにか、DVDビデオだけはマウントされ、ファイルも見えるようになりました。(再生は無理。)
croutonの環境ではお互いのOSで影響しあうようです。逆に、CSS解除は単独のUbuntuより難しいかも…。

結論:外付けDVDドライブを接続してのDVDビデオの動画やオーディオディスクの音楽の再生は難しいです。
レガシーブートできる第1世代の東芝 CB35-A3120に、最新のLinux Mint (だけ)を入れるとDVDドライブ が使えます。データ化はそちらに任せてデータだけを持ってくるのもアリかな。

Chromebook はリカバリSDカードさえ作っておけば、いつでも元に戻せるのが利点です。自由にさわれるので、可能性を拡げられるのはいいと思います。もちろん、Chromebook は安定動作も魅力ですから、そのまま使うのも当然アリです。

参考まで。
0コメント| 111人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年10月7日
買って何ヶ月もたたないのですが、スクリーンがおかしなことになりました。奇妙な縦のラインが出たと思ったら次は一部が真っ黒になって全く見えなくなりました。。。輸入商品なので泣き寝入りということでしょうか。。。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年7月19日
2017/1/13 追記
ChromebookのAndroidアプリ対応について
GoogleがChromebookに順次アンドロイドアプリを対応させる、と発表しましたこのToshiba Chromebook 2もアンドロイドアプリへの対応は予定されているものの2017/1/13現在まだ自分のChromebookは対応していません。元々は秋頃に対応する予定だったのでズレこんでいます。
数年前のモデルで後継機も出てるのでこのモデルをAndroidアプリを動かすことを目的に購入される方は少ないと思いますが、Androidアプリを使うことを念頭にしている場合は最近のモデルか、アンドロイドアプリに対応していない古いモデルでも比較的対応が早いタッチパネル付きのモデルを購入することをおすすめします。
追記終わり

これまで使っていたWindowsのパソコンが壊れたので購入しました。
初めてのChromebookです。
良い所
起動が早い。シャットダウンからの起動でも10秒以内に立ち上がってると思います。スリープからだと5秒くらいです。
ディスプレイを開けばすぐ使えるといった感じです。

キーボードは打ちやすい。日本語の配列が違うらしいのですが自分はどこが違うのかすら分かりません。
あとキーボードショートカットの一覧が表示されるのも良い。ファンクションキーも虫眼鏡マークの検索ボタンを押しながら上の戻る、進む、更新のボタンを押すと使えます。

トラックパッドのジェスチャー操作も使いやすいです。2本指でスクローリング、3本指で横に滑らせるとタブの移動と押すかタッチでリンクを別タブで開く。
個人的には今まで右クリックして別のタブで開くを選択したり、マウスのホイールで開いてたのを3本指ですぐに新しいタブ開けるを使えるのはかなり便利です。

検索窓を専用のボタンで出せるのは便利です。ChromeのYoutubeやamazonなどの検索を検索エンジンとして追加を使うといちいちサイトにいって検索せずに検索ボタンを押して割り当てた文字を打ってそこから直接各サイトの検索でき便利です。

良くなかった所
言語の切り替えを一発でできるボタンがなく、ctlとスペースバー、shiftとaltなど2つのボタンを押さないとできない。

マウスとの相性が悪い。自分が使っているマウスは特別にソフトをインストールして機能の割当などはしてないので基本の機能はすべて使えます。しかしマウスのスクロールはあまり効きません。これは他のマウスをchromebookで使ったことがないので他のマウスも同じかどうかは分かりません。Chrome OSを公式にサポートしたマウスがでるといいのですが。

デスクトップに何も置けない。すべてのアプリは検索ボタンを押すと出てきます、よく使うアプリはChromebookではシェルフと呼ばれるWindowsのタスクバーに置けばいいのですが、別にデスクトップにアイコンを置けないようにした理由がよく分かりません。ファイルがデスクトップに置ければファイルを管理するアプリを開かずにデスクトップから開けるので良かったです。

総合的にはChromebookではまだまだ他のosでないと完璧に使えないものもあるためWindowsやmacのセカンドマシンとして使えば完璧だと思います。
しかしメインで使えないわけではありません。スカイプはウェブベースでチャットはできるようになりましたしChromebook用に変換されたものがネットにあるのでダウンロードすればビデオチャットや音声チャットもできます。文書やエクセル、プレゼンテーションはGoogle driveで作成・編集・管理ができます。自分はパソコンはこれ1台ですが特に何かに支障をきたすことはありません。
インターネットサーフィング用としては起動も早くてバッテリーも持ちファンレスなのでうるさくないので最適です。
この東芝のChrobook2であればディスプレイがかなりいいのでYoutubeなどを高画質で見るのにも良いです。
0コメント| 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年2月3日
製品には100ギガバイトのGoogle Driveの要領が付いているとのラベルがありますが、実際には1テラバイトが2年間無料で使用できます。性能的には非常に高いといえます。ネットの速度にもよりますが、ストレスはほぼ感じません。液晶も非常に綺麗で、高精細です。グーグルドライブを完全に、ハードディスクの代わりに使用できますが、4ポートハブに関しては問題なく動作して、4テラバイトのハードディスクを2つと、128ギガバイトのUSBメモリースティックを2つ付けても問題は出ません。非常に満足ではありますが、アメリカ東芝の製品ですから、故障の際には困るかもしれません。価格も安いとはいえませんね。しかし、保証の問題を考慮しないでも済む場合には、お勧めです。
2コメント2件| 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月9日
メールとユーチューブと各種検索の目的で購入しました。
ディスプレイは眼に優しくて見やすく、キー操作時の反応は早くて快適です。
シフトキーとオルトキーを押すと画面右下にひらがなの「あ」が表示され日本語の文章が入力できます。
再度押すと解除されます。
検品の問題なのでしょうか、本体を持って左右に振ると何やらカラカラと転がる音がします。ネジかな?
ただ操作にはなんの影響もないのでいいのですが、気になる人もいるかもしれませんね。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月16日
フルHD画質でネットで動画を見るのに最適です。
同製品の下位エントリーモデルとの値段差が約一万円ですが、
長く使うつもりなら絶対にこちらを買ったほうがいいと思います。

私はUSB接続のサウンドカードを使っていますが、
デフォルトでも音質も問題ないと思います。
SkullCandyというサウンド系メーカー?のロゴが入っています。
たぶんここのサウンドカード内蔵なのかな。

ただし注意点としては、並行輸入品であるため、
東芝製ではあっても保証書などはついていません。
なので、壊れてしまった際はメーカーで修理を受けられるかどうか不明です。
同梱の取り扱い説明書は英語で、しかもペラッペラです笑
イメージとしてはiphoneの説明書みたいに最低限なことだけ書いてある感じ。
その辺りが不安な方は日本正規販売の他社Chromebookを検討したほうがよいと思います。

私はそのリスクを負ってでも、
画質を重視したかったのでこの製品にしました。
フルHDやっぱりいいですよ。とっても綺麗です。

サイズも部屋で使うにはちょうどいいです。
持ち歩くのも可能なサイズ・重さですが、
しょっちゅう持ち歩くのはつらいかも。
基本、部屋使いのつもりでいたほうがいいと思います。

部屋使いで画質キレイなChromebookならコレ
ただし保証などのリスクを自己責任で考えられること前提で。
0コメント| 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年1月19日
Chromebookが欲しくて、色々なメーカーを調べましたが、性能自体は他のメーカーとは大差ないようなので、品質面で東芝にしました。東芝とは言え並行輸入品というので、変換アダプタも一緒に注文しましたが、箱を開けてみると日本で使われている2本のコンセントプラグでした。他のChromebookも変換アダプタがいるかいらないかを書いてほしいですね。
使い買ってはとてもよく、サクサク動いてストレスフリーです。キーは今まで使っていたノートPCに比べれば薄いので、違和感がありますが、使っていくうちに慣れていくと思います。
0コメント| 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)