Androidアプリストア Amazonファミリー 本を聴くオーディブル Amazon Cloud Drive SOS0916 Amazon MasterCard nav_flyout_biss DVD Blu-ray Dogs-AD 2017 ファッション Fire HD 10 Fire TV stick おせち特集2018 コンタクトレンズストア DIY・ガーデニング 秋のガーデニング用品セール Kindle Amazon MP3 自転車・自転車用品 STAND BY ME ドラえもん



レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2017年7月11日
Office 365 Solo (1年版)|オンラインコード版を購入しました。Win 7とWin 10のパソコン用です。

2016年11月に新規購入し、そろそろ更新時期がくるな…と思ったので、prime dayの割引でサブスクリプションの更新用に購入しました。
レジで10%割引が適用され、最終的には10,423円(税込)でした。

<私の場合は、以下のような流れでした>
既にライセンスを持っていて、更新用に購入する場合は、カートに入れる時にボタンが「追加購入」と表示されます。
それを押して購入、注文手続きを終えると、「office.comへ」のボタンが表示されます。
そのボタンを押すと、office.comのサインイン画面が別ウィンドウで表示されるので、メール/電話番号とパスワードでサインインをします。
国と言語を選び、「次へ」を押すと、「Office 365 Solo サブスクリプション(1年)」という赤い表示の下に、「自動更新」の欄があり、初期設定では「有効」(黄緑色)になっています。
このまま「次へ」を押すと、支払い情報を入力する画面になってしまいますので、「自動更新は、無効にします。」
この状態で「次へ」を押し、「Officeの取得」も「次へ」を押すと、「個人用アカウントの画面」に切り替わります。
「アカウントの管理」の項目の、「xxxx年xx月xx日にサブスクリプションの有効期限が切れます」の日付を確認してみると、最初に購入した製品の有効期限に、自動的に1年追加されていました。(私の場合は、2017年11月xx日に有効期限が切れる予定でしたが、2018年11月xx日に変わっていました)

特にプロダクトキーを入れたりする必要もなく、「えっ?」ととまどうほどあっけなく終わりました。
もう1台の方は、office.comにサインインして確認してみると、同様に有効期限が自動的に延長されていました。

手続きが簡単だったし、多少なりともお得な値段で購入できたので、満足です。

(パソコンが壊れたとか、入れ替えるとかで、再度、ダウンロードやプロダクトキーを確認する必要が生じた場合は、Amazonのアカウントサービス/ゲーム&PCソフトダウンロードサービスに行けば、いつでも確認できます。)

Office 365 Solo については、Power PointやAccessも入っているのでとても重宝しています。
0コメント| 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年11月8日
先ず、現状でこの製品を購入するならAmazonで契約するのが一番お得だと思います。(ヒント:消費税)
Amazonで契約しても、Microsoftアカウントにリンクされるので、アカウントを持っている方は、Microsoftアカウントで契約を進めれば特別な作業を意識する事無く契約が完了します。アカウントを持っていない方も、新規にアカウント登録するだけで、これはMicrosoftで契約しても同じ作業が発生します。

インストールは、契約完了画面にあるボタンを押すだけで、ダウンロード>インストールが始まりますので、画面に表示される指示に従って数回ボタンを押せば終わります。Office2013以降でインストールしたことがある方なら、全く同じ作業です。インストール容量で2GB程あるので、遅い回線ではダウンロードに時間がかかります。

注意なのは、そのままインストールすると32bit版がインストールされます。64bit版をインストールしたい方は、インストールオプション(気付きにくい文字列)を選んでサブ画面を出すと選択できます。

因みに、インストールプログラムの選択は出来ません、Professional相当でAccessとPublisherまで全てインストールされます。

各アプリの使い勝手は、現状ではOffice2016と全く同じだと思います。

OneDriveは即刻増量され、現状だと1TB=1024GBが今持ってる容量に追加されます。
補足ですが、この製品に付加されるOneDriveは個人向け用タイプですので、無料OneDriveを利用している方は、それが増量されます。対して、企業や学校で貸与されているOffice365を使っている方は、OneDrive for Business(SharePointベース)なので別領域扱いになります。先日アップデートされた最新のOneDriveアプリを使っていれば、それぞれ1アプリ上で登録できる様に機能拡張されています。

Skypeも無料通話が60分付いてきますので、格安通話アプリを利用している方は、Skypeを併用すると通信コストが削減できると思います。また、Skype WiFiなんてものも有るので、都市部の方は利用するのも良いと思います。

総評として、USで提供されているものと比べて日本向けは、旧来のパッケージ販売と同じく高額に設定されました。
Office 365 Personal($69、1PC and 1Tablet)とOffice 365 Home($99.99、5client)で、5クライアント使えるサービスと比べても高額です。日本版は仕事利用の許諾が含まれているとは言え、互換性を考えれば他に選択肢が無いので受け入れるしかないです。(なので★1個減)

昔からパッケージ版も日本向けは高額に設定されていたので諦め開き直って考えると、Office2013からアップグレード優待版が無くなったので、Home and BusinessがAmazonで約2万5千円なので、だいたいMicrosoftOfficeが3年でバージョンアップされるとして、約1万2千円を3年にOneDrive容量無制限(参考:200GBで月額¥380)とSkypeが毎月60分無料(89¢分)が付いてくると考えれば、ある程度以上これらのサービスを利用する方なら割安になってくるんじゃないか?と思います。

企業向けOffice365が最大3割値上げとか、きな臭い発表がされていますが、今のところ日本で正規に利用するのであれば、お得なのではないか?と思います。

蛇足的小ネタ:
Mcrosoftのサブスクリプション契約は即日から始まるので、このサービスを契約すると1年後の今日が契約最終日になります。
ところでMicrosoftOfficeのページに行くと、Office365soloの評価版が公開されており1か月試用できますので、そちらで先ず試してみるのも良いと思います。その場合、Microsoftアカウントのサブスクリプション決済方法としてクレジットカードの登録が必要になります。また、自動で1月後から1か月契約が始まるので気に入らなければ解約をお忘れなく。。
さて、例えば1月1日に評価版を試用すると終了日は2月1日になります。それで1月10日に1年版を正規契約をしたとすると、契約終了日は翌年の2月1日になります、まぁそういう事の様です。
評価版契約をMicrosoftアカウントで正規契約にオンラインで変更しようとすると1か月版しか選べません、1年版に契約変更するには電話サポートに申し込む必要があります。それとMicrosoftで契約するとキッチリ消費税がかかります。
評価版試用状態でAmazonで契約すると、評価版の契約は正式契約で上書きされるので何もしなくて良いです。契約終了日は先述の法則に準拠します、以上です。
0コメント| 568人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年12月12日
アマゾンで18%オフ。さらに、マイクロソフトのキャッシュバックキャンペーンで3000円が返ってくる。実質6000円ちょっとでOfficeがフルで1年使えるのはお得かと。パッケージ版が3万円を超えるので、バージョンアップのタイミングを考えれば、こちらで十分かと。Mac、Winとわけてそれぞれ1台ずつにもインストールできるのは、このSoloならでは。1TBのクラウドサービスが使えるのもちょっとうれしい。
0コメント| 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年8月12日
オフィスの最新ソフトが使用できてとてもよかったです。
今まで使ってみたかったが使えなかったソフトもあり、オフィスの深みにはまりつつあります。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年5月21日
ASUS 11.6型 ベーシックモバイルノートブック VivoBook ゴールド E200HA-8350G を購入したときに、
初期装備でofficeが入っていないことに気づき、慌てて探して、マイクロソフトのHPも見たりしたものの、
ここで買う方が、割引があったため、お安く買うことが出来たので、満足してます。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年5月17日
Accessも使えて,スキルアップできました。とても楽しく使うことができました。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年9月13日
自宅及び複数の出先、複数のマシンでエクセルやパワーポイントを使用する必要があり、エクセルではピボットテーブルを使うのでウェブベースのオフィスオンラインでは難しく、オフィス単品で購入するよりも安く複数のマシンで使用できることから購入しました。業務用のデータも、実際セキュリティ面が厳密に見てどうなのかはおいておき、onedriveが1TBつくので簡単に共有できました。(USBやCD等を持ち歩くよりは安心な気がします)また、エクセル2013単品を購入していたのですが、そちらはアップデートはなかったのに、365ではあっさり最新のオフィス2016になりました。solo(PC2台、タブレット2台、スマホ1台?)ではアカウントを割り振るパソコンの出し入れは簡単に行えますが、さらにパソコンが増えた関係で、今年の更新でビジネス(PC5台使用可)に変えようかと思ったのですが、soloを購入時に登録しているマイクロソフトアカウント以外に手続きが必要なようでsoloのままにしました。winでもmacでも関係なく最新のオフィスが使用できる。office swayも使用できます。おすすめできると思います。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年11月6日
2台同時にPC購入、2台にインストール予定だったので、プレインストールより初期投資を押さえられました。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年11月14日
これまでOFFICE 98、2000、2003と使ってきており、2003の使いやすさから
アップデートをやめていました。

しかしOFFICE 2003のサポート終了、そして客先データが2007以降のバージョン
ファイルになりつつある事から、今回このバージョンを購入してみました。

この1つのアカウントで2つのPCへインストール出来て、それはWINDOWS PC、MACを
問わない事から、3年で1回のメジャーバージョンアップして行くつもりであるならば、
コストパフォーマンスは非常に優れていると思います。

今回は2003からのバージョンアップという事で、古いファイルを読み込んだ時の挙動で
一部不可思議な部分もあり、このバージョンに付属しているプレミアムサポート(電話)へ
問い合わせ、確認を行いました。

結果的には解決に至らなかったのですが、非常に細やかな対応は満足のゆくものでした。

最近流行りのサブスクリプション方式を採用した商品に賛否両論かもしれませんが、
ネットに接続できる場所であるならば、どこでもインストールできて、DVDメディアなどを
必要としない仕組みは、ドライブ内臓PCが減ってきた昨今の流れには適応していると思います。

今回は1年版を購入しましたが、1か月単位なども選べるのは、お試しという事で使ってみたい
方々には敷居が低いかもしれません(1300円程度ですから)。

この商品に限ったことではないですが、現状のマイクロソフト製品のユーザーインターフェースが
なじめず、使用感としては2003より不便を感じることから星を一つ減らしました。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月12日
タイトル通り、Mac版のExcelは、
頻繁に強制終了する。
マウスでの拡大縮小が頻繁に出来なくなる。
という事で使い物になりません。
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)