Androidアプリストア Amazonファミリー ビジネス書大賞 Amazon Cloud Drive 入園入学ストア Amazon MasterCard summer_Bike Music ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV stick 父の日特集 梅雨対策特集 キャットフード・猫用品 5,000円以上購入で1,000円OFF Kindle Amazon MP3 硬式テニス HITOSHI MATSUMOTO ドキュメンタル シーズン2

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5
46
5つ星のうち4.5
サイズ: 通常品|スタイル名: 24-85レンズキット|変更
価格:¥228,000+ 配送無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2017年2月12日
初めてのフルサイズ一眼レフ
大好きなphotographerがこのカメラを使ってるのを見て買って見ましたが…最高です。
以前はd5500を使っていましたが、やはりNikonの短所の記憶色(それがいいという人もいる)の色味。好きになれません。
少し黄色味がかったような色味です…
このカメラはホワイトをより綺麗に写している気がします。
なのでポートレートなどの撮影の時に薄暗い部屋で被写体を撮った時に人肌が輝いて見えます。

1枚目20mmf1.8
2枚目sigma85mmf1.4
review image review image
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年4月13日
Amazonさんからではないですが、少々前に買いましたので、評価を付けておきます。 これから買う方がいらっしゃれば参考までに。

750と言えば、系列上は700の後継機に当たりますが、全くの別物と考えるのが妥当だと思います。 規格等々を含めても、ブラッシュアップとは言い難いので、700から乗り換える方には戸惑うかと思います。
私は現在、D3sとの2台で使用しています。 仕事の都合上と不具合が発生した際の保険を兼ねて購入しました。 810との検討に至り、750を選びましたので、今回は810を比較対象とします。 比較の内容は以下の通りです。

・重量
・ホワイトバランス
・連射速度
・最大シャッタースピード
・ISO感度
・画素数
・シャッター耐久

以上が主な比較内容です。

まずは重量。
言うまでもなく750の方が軽いですね。 バッテリー容量への懸念と、縦位置撮り撮影におけるD3sとの兼ね合いがありましたので、バッテリーグリップを付けましたが、それを差し引いても圧倒的にD750の方が軽いです。

次にホワイトバランスです。
主観ですが、ぶっちゃけ好みだと思います。
D3などで言われる『やや暖色気味』は、基本的にどちらにもありませんので、特に気負うこと点では無かったかと思います。(まあどちらもEXPEED4ですし笑)

次に連射速度。
これも僅差ですが、750に軍配。
秒6コマの810に対して、秒6.5コマの750は、僅かな差であっても(特にスナップなど動体を撮る場合は)大きいと思います。

次は最大シャッタースピードです。
これは810の方が優勢です。
810が1/8000なのに大し、750は1/4000までです、例えば露光量がきつい場所などで750はオーバーになりやすいことになります。 また、場合にもよりますが、動体を追いきれなくなる可能性も否めません。 これは810を当然ながら推します。

そしてISO感度。
どちらも基本的には申し分ありません。 6400程度までは普通にいけます。(人によっては5000くらいかも?) 余程、写真を大きく伸ばすケースがない限り、バシバシISOを上げられます。

次に画素数。
数値を見れば810の方が良いと感じるかもしれませんが、必ずしもそうではないと思います。
まず画素数が多ければ多い程、画像そのものの容量も当然大きくなるからです。 また、画素一つ一つが細かいため、大きく引き伸ばせない可能性があります。 私の場合、L判、大きくてもA4が主なので、750で十分と言えるでしょう。

最後にシャッター耐久です。
750が20万回に対し、810は30万だったはずです。 一般の方が使うにはどちらであっても十分ですが、仕事で枚数が多いとなると、この10万の差はとても大きいです。 カメラ本体を使い潰す、プロ志向の方には、シャッター耐久という点において、750はオススメできません。

さて、ここまで比べて、改めて撮影内容を含んだ総合的な判断で750を購入しました。
細かいことを言ってしまえば、チルトがあるから750がいいとか、丸型ファインダーの810もいいとかキリがありませんが、ハイアマチュアの方が使うにあたっては、750は申し分ないかと思います。 買っておいて言うのもなんですが、プロの方は500などの方が良いかと思います。(私の場合はお財布との相談で妥協となりました。)
稚拙な内容ですが、購入検討の際に参考になれば幸いです。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年8月3日
D5300を導入して半年、初めてのフルサイズ機として購入しました。グリップは手が小さいので余り気味ですが、フルサイズ機ならではの表現力に感激しています。字足らずですみません。
0コメント| 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年6月26日
FXフォーマットデビューです。
今までDXを使っていました。
グリップが深く、DXに比べ多少重さはありますがそれほど感じません。
使い方も違和感がなく、十分満足なカメラです。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年11月15日
フルサイズ時代になって、最近までD3sをメインにD700とのコンビで使用。その後D800とD600を追加投入。しかし、D800ほどの高画素で撮る必要性は稀。小型軽量のD600に期待したが、色作りの悪さ、AF性能の低さでメインにはならなかった。特にD7000からのお下がり的AFセンサーは、フルサイズ機では甘ピン写真を量産で、失望。このAF性能の低さはD610になっても変わらなかったので、D610は却下。Dfのイメージセンサーが創り出す絵は凄いが、機能の多くはD610からのお下がり。私に懐古趣味はなく、かといってジックリと構えて撮るのは主に物撮りなので、その分野ではD800の方がメリットが多い。無論、D810は良いが、広告メインの写真家ではない私の使用頻度からすると、買い替えには早すぎるし、その必要性もない。そんなわけで、小型軽量かつD3sやD700に代わるメイン機種を決めあぐねていたところにD750が登場。使用開始して一月半が経つが、ほぼ予想通りの高性能ぶりに満足。色作りに少し文句はあるものの、AF性能、ホワイトバランス、高感度性能、連写性能、インターフェイスの改善など、メイン機種として使うのに現時点で最高の相棒といえる納得の性能だ。特に、D600を超える小型軽量ぶりと、非常に握り易いグリップ形状は、一日中カメラを握っているようなハードな撮影において強い味方になってくれている。無論、カメラバッグもずいぶんと軽くなった。D4sの方が高性能なのは実際に使って知っているが、コストパフォーマンスを含め、カメラとしてのトータル性能では、現行ニコン一眼レフの中で、ダントツの一番だと思うが、いかがだろうか?
1コメント1件| 260人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年4月15日
子どもの成長記録のために購入。とても満足しています。まずグリップが素晴らしい!深さがあって、とても楽に持ち運べます。しかも割と軽い。ボディも高級感があって、所有欲が満たされます。低画素フルサイズセンサらしく高感度に強く、ISO3200くらいまでなら普通に使えます。FX機入門に最適です。

◾︎良かった点
・階調豊かな画質
・グリップが握りやすい
・高感度に強い
・ファインダーが見やすい

◾︎悪かった点
・内蔵フラッシュは不要
review image review image review image review image review image
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年5月26日
〖GOOD〗
軽量なボディと握りやすいグリップ
チルト液晶
丁寧に合わせる印象のAF動作
FX→DXクロップ
プレビュー時OKボタン一発でピント位置表示が可能
ライブビュー時にボタン長押しでWB取得が出来る
SDダブルスロット

〖BAD〗
シャッターとミラー周りの動作質感
実用に乏しいライブビュー(動体は厳しいです)
Fnボタンなどに振り分けられる機能に制限
微妙にあと一歩「持たない」印象のバッテリー
EXPEED4でも物足りない淡い色や肌色の再現性

全てが「そこそこ」の性能に纏まっている印象で価格もこなれて来たように思います。
ですが使用感としてはそこまでFX=高品質な撮影の質感を想起させるような気持ち良
さにはやや及ばないという印象が残ったカメラでした。単に「質量」という見方をし
ても現時点でミラーレスの圧勝。余談ですが中判ミラーレス機でさえ当機種より既に
(2017年現在)軽量だったりします。
とはいえニコンのFXモデルの中では軽量で機動性に優れた機種であり特にAF性能は高
いです。一眼入門機として仮に考えた場合は強くお勧め出来ます。
一点でシビアに追い込むAFや「面」で捉えるAFなど、上位機D810と同等以上の性能な
ので実際イベントなどでは即写性が高く活躍してくれました。

個人的に最良の組み合わせだったと思うのは純正50ミリf1.8(58ミリもお薦め)やタム
ロンの単焦点(35,45,90マクロ)などの機動性を考えたレンズワーク。
特に女性を沢山撮る予定のヒトはタムロンがお薦めです!ボディとの相性も比較的良い
印象です。実際被写体様からもお褒めの言葉を多数頂きました!
…ですが「撮って出し」の画作りは好き嫌いが出ます。(手放した理由のひとつ)

高精細、画質に拘ったレンズや重量級の機材を使う展望の有る方ならD810かD5を思い
切って選択する方が結果的に無駄な投資をせずに済むでしょう。
(仮に予算が許せば高画質なD810+純正24-70EDVRの組み合わせなんか良い選択)
※素材取得性も高くレタッチ耐性があるので「画作り」は十分追い込めます。

☆閲覧者様が素敵なカメラに出会えますように☆長文失礼致しました。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ソニーがα900以降、一眼レフを出さないので、しびれを切らして機材ごと替えました。

とりあえず使いたいという目的でしたのでこの24-120VRレンズキットをチョイスしましたが
レンズ性能はさすがに良いとは言えませんが、悪くもありません。

使い勝手に関してはエントリーモデルではないので、ほとんどのメニューがダイレクト操作可能なのはもちろんですが
ミノルタ・ソニーの中級機以上から乗り換えですが、キヤノンみたいに真逆な操作ではないので
数日使うだけですぐ慣れることができました。

何よりボディとセンサーの進化のすごさを感じています。
α900は高感度の粗さが目立つのでISO400以下で使うことがほとんどですが
D750はISO6400オーバーでもα900のISO800ぐらいのノイズ感で、とても感動しています。
0コメント| 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月9日
D7100からの乗り換えです。過去にはD100、D300と使ってきて、初のFXフォーマットになります。
D7100より一回り大きく、そして重くはなりました。とはいえ、フルサイズでひと昔の上級DX機並みのコンパクトさにまとめたのですから、技術の進歩には目を見張るものがあります。
手に取った第一印象は、メーカーもこだわったグリップの良さ。すっと手になじみ、長時間持っていても苦にならず、安定した撮影が楽しめます。D7100よりもフットワークが軽く感じるほどです。
シャッターを切ってみると、D7100よりもシャッター音が少し大きいというか、甲高い音が筐体に響く感じがします。ただ、音そのものは不快なものではありません。フルサイズになれば動作部分のマスも大きいですし、小型・軽量化の影響もあるのでしょう。ここは致し方ないところですね。毎秒6.5コマの撮影速度も必要十分です。
FXフォーマット初のチルト式モニターのおかげで、ハイ&ローアングル撮影が容易になり、ライブビューが今まで以上に活用できています。ただ、ロック機構がない(モニター上部は引っ掛かりがある)ので、バッグから取り出したときなどに底面側が容易に動いてしまうという不安はあります。
感度を上げて撮影してもノイズが少なく、大判プリントならISO3200まで、縮小してブログやSNSに載せる程度なら常用感度最高のISO12800でも綺麗な画像を吐き出します。ローパスフィルター付きですが、精細さを欠くものではなく、適度にモアレを抑えてくれます。24メガピクセルという画像サイズはもちろん、ファイルサイズも適度な容量ですので、パソコンへの取り込みやCapture NX-Dなどでの調整もさほど負担になりません。
キットレンズの24-120も良好な描写で、いわゆる「大三元」に比べたら甘さも見られるのでしょうが、コンパクトかつ軽量なので、存分に振り回せます。適度なズーム比でVRも付いているので、日常のスナップや風景撮影ならこれ一本で十分対応できます。
レンズにこだわらなければ、このキットに大容量の外付けスピードライト(コンパクトかつ高機能なSB-700がおすすめ)を足すだけでも良いと思います。とはいえ、ニッコールはFXフォーマットだからこそ楽しめるレンズも多いわけで・・・。そのあたりは財布とご相談ですね。
電池持ちも良いですが、ライブビューなどモニターを使用する機会の多い方は案外消耗すると思いますので、泊りがけの旅行などの際は予備バッテリーをお持ちになることをおすすめします。

まとめるなら、個人的にニコン史上最高と思えるグリップの良さにひと昔のDX機並みのコンパクトさ、高画質かつ適度な画像サイズによる取り回しの良さといった、トータルバランスが人気の秘訣だと思います。何点か気になるところも申し上げましたが、価格を考えれば大満足。「攻めよ、表現者。」の売り文句は大袈裟ではありません。画期的なニューモデルが出るまではこれを使い倒すつもりです。

よく比較対象にされるD810は、プロ~ハイアマチュア向けのとてもよくできたカメラですが、カメラ本体のみならず吐き出す画像のサイズも素人には重すぎますし、高精細な分、相応のブレ対策も求められます。しっかりホールドできる腕力があって高性能なPCをお持ちでしたら、ぜひおすすめします。本機(D750)は対象ユーザーが異なる(ハイアマチュア向けで初心者まで対応できる)カメラだと思うので、比較するのもどうかと思いますが・・・。もちろんプロカメラマンが本機を使用するほど、高い信頼性は有しています。
ネットの評価を見てウンウン悩むより、カメラ売場などで実物を手に取って、そして操作してみれば、良さがきっとわかります。ついでにD810も触ってみてください。それから「Amazonポチッとな」でもいいじゃないですか・・・(笑)
0コメント| 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年8月11日
FXフォーマットのオールラウンドプレーヤー的な存在でしょうか?そこそこ高感度だし、そこそこ連写性能もあるし、そこそこの画素数ですので取りあえずD610や普通のDXフォーマット機では満足できない方には良いと思います。どれを取ってもずば抜けた性能ではないですが風景から動きモノでそこそこは使えます。
「そこそこ」ばかりで申し訳ないですが、画質を極めたいのならD810になりますし、連写や高感度性能ならD5やD500が群を抜いています。

D5は持っていませんがD500なら画質でもD750には負けていませんので最近、野鳥の撮影ではD750はすっかりサブ機になっていますが、1台で色々な使い方がしたいという方には最も良いと思います。私もD750は当分は手放すつもりはありません。

FX機と言ってもDX機と特別使い方は変わりませんので予算が合うならFX入門機として使ってもイイと思います。
0コメント| 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)