Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞直木賞特集 Amazon Cloud Drive SOS0816 Amazon MasterCard nav_flyout_biss Trade-in ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 敬老の日 真夏の健康アイテム特集 防災・防犯ストア Kindle Amazon MP3

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
4
5つ星のうち5.0
星5つ
4
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0

お客様の評価(クリア)この商品を評価する
他のお客様にも意見を伝えましょう

レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

■レビューの記載時期: 2015年6月
■家族構成: 大人2名/幼児1名 (共働き、5.5/3kgの縦型洗濯機で週に4~5回)
■性能がほぼ同一の機種: HITACHI『ビッグドラム』BD-V9700、BD-ST9700、BD-S8700
※9700はカラーデザインが少しカッコ良く、GOOD DESIGN2014を受賞している。

------------------------------------------------

仕事帰りで疲れた平日の夜に洗濯物を干す作業が苦痛でならず、
今夏のボーナス商戦あたりから急に値下がり始めたドラム式を一念発起して検討しました。

SHARP機は設定価格帯からも自認しているのか一線級ではなく、東芝機も凡庸な印象。
ハイアールは旧SANYOの優れた技術を継承しているのかもしれませんが、日本のメーカー製が良かったので除外。
結局、ドラム式で今評判が良いのはHITACHI製『ビッグドラム』とPanasonic製だったので、実質この二択に。
Panaのヒートポンプ式と比して最後まで悩みましたが、仕上がりの良さでビッグドラムを購入。大正解でした!
乾燥後の仕上がりなら、現時点ではおそらく本機が最良でしょう。(店頭および知人宅で確認済み)

洗濯機のスペックで何を優先するかは人それぞれのため、以下項目別に記載します。

------------------------------------------------
【洗濯機能】
全く問題なし。前は普通の縦型機でしたが、それと遜色ありません。逆に前より洗えているかどうかまでは不明。
洗濯機の最も主要な機能ですが、実は余程顕著な差がない限り比較して「洗えている/いない」が分かる人は少ないでしょう。
『ナイアガラ洗浄』とやらで、汚れや臭いが残っていることは皆無です。(これは洗剤の性能も影響するでしょうが)
9700/8700には、更に念入りに洗うための『温風ミストシャワー』機能も付いていますが、まだ使っていません。

なお、外干しで太陽に当てるのと、洗濯乾燥機だけの場合とで雑菌の残り具合を比較調査した看護師さんの論文を読みましたが、
実際には乾燥の過程ではなく前段階の洗剤によって99.9%以上が除菌されるため関係ないそうです。
心情的には太陽と自然の風も捨て難いですが、PM2.5等が気になる昨今はむしろ機械だけのほうが良いのかもしれませんね。

また、「ダニは太陽光で死滅する」という一般的なイメージは誤りだそうです。
ダニは70度以上の環境に40分以上さらさないと完全には死滅せず、太陽光の紫外線でも効果はほとんどありません。
(洗剤でも死なないが、死骸や糞といったハウスダストを洗い流す効果はある)
Panaの温風によるヒートポンプ式ではなく、従来と同じ熱風乾燥方式の本機を選んだのは、ダニ対策も理由の一つ。

水の硬度や温度によって洗剤の量や水量を変化させる『水ECO』機能も付いています。

------------------------------------------------
【乾燥機能】
Panaのドラム式と比べ、乾燥後の仕上がり具合は明らかに本機のほうが優れています。
形状記憶タイプのワイシャツなら、アイロンなしでもそのまま着用可能なレベル。
もちろん、アイロンを掛けたようにピシッと仕上がるわけではなく、皺がほとんどないというだけですが、
形状記憶の性能によってはアイロンを掛けたのと同じくらいの仕上がりになるものもあります。
妻は「タオル類、なんで外干しよりもふっくらフワフワになるんだろう?」と驚いていました。
(個人的には、太陽光でバリバリに乾いたバスタオルの感触も好きですが)

ただし、生地が硬めのチノパンなどは皺が多く残り、こういった大物は干す手間もかからないため自然乾燥のほうが良いと思われます。
また、本機は10/6kgですが、乾燥機能を使う場合は最大の6kgでなく八分目以下のほうがキレイに仕上がります。
(つまり、家族構成より大きめを選ぶほうが良い。Panasonicの『ブチドラム』だと当方には小さ過ぎました)
あと、縦型の場合は洗濯物をネットに入れることも多いですが、ネットに入れると生乾きになる上、
皺くちゃになるので使えません。原則、ネット使用は控えるべきでしょう。
不思議なことに、ネットに入れなくても縦型のように絡みまくったりしません。(あれが衣類を一番傷めると思う)

9700/8700には、『スチームアイロン機能』といってシャツ1~2枚に対し10分程度スチーム乾燥をかけることで
皺を伸ばす機能も付いていますが、乾きジワのような強い皺にはあまり効果がありません。
乾燥後は直ちに洗濯機から衣類を出すことを強く推奨します。
余熱がすごいので、放置した状態のままアイロンを掛けるのと同じことになり強いシワが生じます。
なお、この問題を防止するために、乾燥終了後も時々ドラムを回す機能が付いています。

5年くらい前、知人の家でドラム式の洗濯乾燥機による仕上がり具合を見せてもらった際、
あまりの皺くちゃぶりに「こりゃ使いものにならんな…」とドラム式の購入を断念したのですが、
少し見ぬ間に飛躍的な進歩が見られて感動しました。
子供が生まれてからはアイロン掛けの時間も満足に取れませんし、ワイシャツがこのレベルで仕上がる本機の性能には非常に満足しています。
また、自動乾燥機能がないと平日の洗濯は夜間に干す→次の日に取り込むという二日がかりでしたが、
19時頃にスタートすれば遅くとも23時前には全工程が終わって畳むこともできますから、雨を気に病む必要もありません。

------------------------------------------------
【騒音】
洗濯だけだと、脱水中もさほどウルサイとは思いません。洗い/ススギ中も前の洗濯機より静かです。
ただ、乾燥機能を使う場合は脱水後も何やらゴンゴン回っておりまして、この「乾燥に入ってから20分前後」がやたら騒々しい。
少し大袈裟に言うとプロペラ機のレシプロ・エンジンのような重低音が続きます。(音量は当然違います)
集合住宅なら、夜間使用は無理でしょうね。(ただし、ナイトモードが別にあります)
とは言え、当方は戸建てですが部屋が違えばさほど気になりませんし、二階にはほとんど聞こえません。
また、上述の「乾燥に入ってから20分前後」を過ぎれば、後はひたすら乾燥なので音は全く気にならなくなります。
配送業者さんは「日立はモーターが良いですからね」と言っていましたし、きっと強力なんでしょう。

------------------------------------------------
【サイズ/重量】
HITACHIのWebサイトに寸法図が掲載されていますので、設置場所だけでなく搬入経路もよくよく確認なさってください。
ただし、寸法図の最大幅・最大奥行には、搬入時は取り外せる部品も含まれていることがあります。
それでも、当方は脱衣所のドアを外さないと搬入できませんでした。(ごく標準タイプのドアです)

なお、型番に「S」が付くBD-ST9700、BD-S8700はスリムタイプを謳っていますが、
正面幅が狭いだけで奥行はV9700より10センチも深いので注意してください。
幅と奥行が入れ替わっただけで、正直あまり省スペースになっていないような…。
当方は購入してから気付いたのですが、正面幅に余裕ある方は一考の余地ありです。

また、普通の男性なら一人で持ち上げ/搬入はできないと思います。それくらい重いしデカイです。
(古いほうの洗濯機は5.5/3kgだったので持ち上げれたが、本機は無理!!)
1,000円くらいで搬入・設置を行ってくれる業者もありますので、そういう業者さんの利用を勧めます。

特に、排水口の位置によっては追加の部品を用意せねばならないことがあり、
業者さんに頼んでいれば、その場で部品を購入できますし全部やってくれます。
(当方の場合、古い洗濯機も外まで出してくれました。リサイクル/引取は別途費用になります)
チカラ持ちの奥様がいれば何とかなりますが、こういう不慮の事態を考えると業者任せのほうが安心かな。

------------------------------------------------
【衣類の傷み】
傷むでしょうね。
本機の乾燥は従来と同じく熱風方式。一方、Panaのヒートポンプ式は除湿機が搭載されていて、低めの温度で乾燥させます。
熱風と温風では、当然温度の低いほうが衣類の傷みも少ないでしょう。
一応、本機の『風アイロン』は乾燥過程の一部は低熱量である旨を謳ってはいますが、取り出し時はかなり熱いです。

しかし、実は「回転させる」こと自体による傷みのほうが温度による傷みをはるかに上回るでしょう。
(Panaのヒートポンプ式は「傷みにくい」が売りですが、回転させることは同じですからアピールするほどの差があるのか疑問です)

数時間にわたって延々と回転させるわけですから、当然ドラムの中や衣類同士であちこち接触し続けるわけです。
乾燥終了後、本機のトビラ裏にビッシリ付着する繊維クズを見ても摩耗しているのが分かります。
(この繊維クズはウェットティッシュや赤ちゃん用のお尻拭きで簡単に拭き取れますが、毎回掃除しないといけないのが面倒。
うっかり忘れると、取り出し時にホコリが衣類にボソボソくっ付くことになりますので注意。ゴム・パッキンの裏も!)

とは言え、半年や一年で着用不可能なレベルになるわけでもなく、そもそも大切な服はクリーニングに出しますよね。
便利さには替え難いですし、嫌なら乾燥機はやめるほかない。
なお、知人は最近「ドラム式は服の傷みがひどい」と言って縦型に戻していましたが、上述の理由で意味があるのかどうか・・・?
本機購入前、当方では簡易式ではない縦型の洗濯乾燥機を使用していましたが、すごい繊維クズは同じでした。
(生乾きとシワがひどいので、乾燥機能は使わなくなった)

また、洗濯に関することで、「ドラム式は上から叩きつけて洗うので傷みやすい」という記述を散見しますが、
本機の『ナイアガラ洗浄』は、「叩きつける」というほどのものではありません。
ドラムが回転して上までいくと、衣類がゾロンゾロンと落ちていく感じですね。
縦型でネットを使用せず、絡みまくったまま凄いチカラで洗い続けるほうが余程傷むと思います。

------------------------------------------------
【節電/節水】
ともかく家事にかける労力を減らすのが主目的だったのでECOはあまり重視していませんが、
消費電力量は洗濯のみで69Wh、洗濯→乾燥で約810Whです。(V9700は約760Wh)
使用水量は洗濯のみで72L(最大の10kg時)、洗濯→乾燥で約53L(最大の6kg時)です。

1kWhの全国平均単価は22円とのことなので、一回洗濯→乾燥までしても20円かからない計算。
乾燥なしの洗濯機とのイニシャル・コスト(購入時の初期費用)の差額を、
月25回×12ヶ月×10年もったとして按分すれば1回30円くらいか。
どのみち水道代はかかるのだし、一ヶ月1,200円程度で干す手間をなくせると考えれば安い安い。
(もちろん、耐用年数と使用頻度、購入価格で人それぞれ計算は異なってきます)

------------------------------------------------
【その他】
小さな靴下など、「小物が扉のヘリに挟まって洗濯/乾燥がなされない」というレビューも読みましたが、確かにそうです。
こういった小物は奥のほうに入れてください。そうすれば扉のヘリに挟まることがかなり少なくなります。

------------------------------------------------
長くなりましたが、皆様が高価なドラム式洗濯機を購入する際の一助となれば幸いです。

------------------------------------------------
2015.07.03追記
さっそくの「参考になった」票、ありがとうございます。
とても励みになります。
0コメント| 177人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月14日
ナイアガラ洗浄では洗濯槽内の少ない洗濯液を強力ポンプの力で循環させて
ナイアガラの滝をイメージさせるように洗濯物に掛けながら洗浄し
たくさんの水で洗うのに近い状態を作っているようです。
他のドラム式洗濯機で問題であった
「少ない水で洗うため汚れ落ちが悪い」
「たたき洗いで生地が寝てしまって仕上がりがゴワゴワ」
「循環する洗濯液の量が少なく、洗濯物に汚れが再付着しやすい」
という問題点をナイアガラ洗浄でうまく解決しています。
より高い洗浄力でごわつきの少ない良い仕上がりになるようです。

襟の汚れたワイシャツもかなりきれいになりました。

しかし、いいことばかりではありません。
洗濯中の運転音は強力ポンプの音でやや大きめですね。
静かに運転したいときのナイトモードは4.5㎏までしか使えません。

衣類を温風で温めて洗剤の力を引き出す
「温風ミストシャワー」と「センサーホット高洗浄」

どちらも似たような機能で呼び方が違うので「?」って思いました。

センサーホットの方は水温13度以下で作動し高濃度洗濯液をしみこませた
衣類に温風を吹き付け洗剤を活性化させ洗浄力を高める機能。
センサーで水温と洗濯物の量を感知して最適な温風の量を決めることで
水温の低い冬場で汚れ落ちが悪くなるのを幾分改善しつつ
電力使用量も控えめにしながら洗濯を行う。

温風ミストは高濃度洗濯液を衣類に振りかけたあとで
温風とミストを吹きかけ洗剤を活性化させ洗浄する。
容量は5㎏以下しか使えない。
電力使用量も少し多くなり運転時間も長くなります。
皮脂汚れを落として黄ばみを抑制するので
襟首の汚れたワイシャツなどの洗濯にいいです。

温風で衣類と水を温めるのは正直ちょっと弱い気がします。
パナソニックは温水で洗浄するのに対して
日立製ではちょっと引け目を取っているような感じはありますが
電力はパナソニックの方がたくさん消費しています。

洗濯槽自動おそうじで清潔な洗濯

衣類をきれいにするための洗濯で、洗濯槽が汚れていて
洗濯物にその汚れがついてしまうなんて本末転倒。

長年使いこんだ古いプラスチック槽タイプの
タテ型全自動洗濯機で洗濯して
ワカメみたいなのが洗濯物についてて
初めは「これ、何だろな?」と思っていた正体が
実は洗濯槽の汚れであるということが分かり
不気味で「うわっ・・この裏側どうなってるんだろう」って
思うと夜も眠れないくらいに気持ち悪かった。

それから洗濯機も進化に進化を遂げて
自動おそうじを設定しておけば洗濯の度に
洗濯槽の見えない裏側を洗濯中に自動でおそうじしてくれます。

ああ、なんという安心感でしょう!

自動おそうじ機能は最近他のメーカーも取り入れていますが日立が元祖です。
元祖だけあって16ものノズルから洗濯槽裏側に清潔な水を
吹き付けて洗濯槽裏側に汚れがたまる前に
きれいにしてくれます。自動おそうじと乾燥を設定しておけば
洗濯の度に自動おそうじとカビが発生しないように乾燥をしてくれています。
ですので普段は何もせず楽ちん!
3・4か月に一度くらいで十分な「槽洗浄モード3時間コース」
はハイター200㏄投入で洗濯槽のにおいの抑制。
洗濯物にドラムに残っていたと思われる糸くずが多く付着するような時は
ハイターを使わずに設定すればOKです。
「11時間コース」はハイターまたは洗濯槽クリーナーを200㏄いれて運転させればニオイを取ってくれます。
清潔に保つ機能は2段・3段構えの徹底ぶり。
排水パイプも内側が蛇腹ではなくなめらかになっており
水が残りにくい構造に工夫されており、そのことに加えて
排水パイプの水滴も風圧で吹き飛ばしてニオイが発生しないよう
考えられています。

乾燥機能は風アイロン!で決まり

風アイロンはしわもかなり抑えられてすごく気に入りました。
また少量の水を振りかけて風アイロンでしわを伸ばすスチームアイロン機能。
実際のアイロンには及びませんけど「え、ここまで!」って感じ
低い温度で乾燥させるので縮み・傷みも少なく
文句なしで優秀です。
ただ、乾燥機の扱いに慣れてない自分は
フィルターの掃除を毎回するのが面倒でたまりません。
それに時々掃除機に付属のアタッチメントを取り付けてフィルター取り付け部の
奥まで突っ込んで吸い取らないといけないってめんどくさ過ぎます。

フィルター掃除を月一回とかに回数を減らせるか
ほこりが排水とともに少しづつ排出されるようにするとか
水をかけて小さく圧縮され乾燥状態でコロンと出てくるとか何とかしてほしい。
0コメント| 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年9月15日
5年使ったパナの洗濯機が故障し、慌てて購入。
洗濯機の性能には大満足です。5年でここまで違いが出るとは。
ただし、合わせて購入されてますで出ていたEDIONの設置券でトラブル。EDIONで購入してないから使えないとか。
そりゃそうなんだろうけどね、合わせて購入されてますには注意。設置、廃棄大変でした。
0コメント| 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年8月14日
パナのドラムから買い換え。風アイロンでホントにシワになりにくいですよ。
おすすめです。
0コメント| 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告