Androidアプリストア Amazonファミリー 本を聴くオーディブル Amazon Cloud Drive 8000 Amazon MasterCard 洗車グッズ特集 nav_flyout_videogame ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV stick 敬老の日2017 暑さ対策アイテム特集 ペットの防災特集 Kindle Amazon MP3 アウトドア HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル シーズン3



レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

Parallels10とFusion7を両方使っているユーザーです。Parallelsは9が初。
今回自分はParallels9から10に、その後Fusionも5から7にアップしたのですが、
Fusionを使う明確な理由がないならもはやParallelsで何も問題ないと思います。
特に仮想Windows7を使いたい方はFusionはやめておきましょう。

…………………………………………………………………………………………………………………………
【VMWare Fusionのほうがよさげなところ】
・1ライセンスで3台のMacに使用できる (Parallelsは1ライセンス1台)
・グラフィックツールなど業務用ソフトにはやっぱりFusionが安定
・仮想化できるOSの種類がParallelsより多い
・Windows版VMWare Playerとの間で仮想マシンそのものを移動できる
・設定ファイル(.vmxファイル)を編集することで裏ワザ的なカスタマイズも可能
・試用版の期限が1カ月ある (Parallelsは14日しかない)

【Parallelsのほうがよさげなところ】
・ゲーム目的ならParallelsでしょ
・ゲストOSのインストールウィザードをはじめとして、いろんな説明がFusionよりわかりやすい
・MacのUSB3.0ポートをきちんとUSB3.0として使える
・Acronis True Imageとの連携で仮想マシンのバックアップに対応
・日本語サポート体制は現状のFusionより明らかにマシ

…………………………………………………………………………………………………………………………
【Fusionの弱点】
・日本語サポート体制がParallelsより明らかに弱い
・仮想Windows7環境でUSB3.0をサポートしていない

Fusionの日本語サポート体制の脆弱さについては、旧Parallels9のレビューのほうに
くわしく書いてあるのでそちらもご覧ください。状況は7にバージョンアップしても変わりませんね。
公式サイトのFAQやナレッジベースで何か情報を得ようと思っても、相変わらずちょっとしたことで
すぐ英語文書に切り替わってしまいます。これだと初心者はとてもついていけないと思います。
あとParallelsとの大きな違いとして、Fusionは最新版7になってもWindows7環境でUSB3.0が使えません。
スティック型のUSB3.0メモリも当然2.0扱いです (Win8は3.0対応)。もうWin7は切り捨てるつもりなんでしょうね。
一方Parallelsのほうはすでにver.8の時点から、ルネサス製の汎用USB3.0ドライバを仮想Windows7上に
追加インストールすることで、MacのUSB3.0ポートを仮想Win側でもUSB3.0として使えます。
そこで試しにこのドライバをFusion側の仮想Win7にもインストールしてみたのですが、
FusionではあくまでUSB2.0ポートとしか認識されません。この件で正直自分はもうFusionを見限りたくなりました。
…………………………………………………………………………………………………………………………
【Parallels vs Fusion 〜 使い勝手の違い】
・Macの中にWinを溶け込ませようとするParallels
・メインのMacと仮想Winを分けて使うのが基本のFusion

上記は優劣ではなくあくまで傾向です。
どちらも環境設定のセッティング次第でMacとWinをはっきり切り分けることができます。
逆にWindowsデスクトップを見えないようにして、WinアプリをMacアプリの1つのように扱うことも双方でできます。
つまり両者の機能自体はそんなに変わりません。違うのはどっちを優先するかで、
現在のParallelsはMac上にWin環境を溶け込ませるスタイルのほうを明らかに推しています。

したがってParallelsで仮想Windows環境を作ると、デフォルトではMacのDockにWindowsアプリのアイコンが
どんどん追加されていきます。またMac側とWin側で基本的なフォルダを共有するようにもなっており、
Macの「書類」=Win側の「マイドキュメント」になりますし、「ダウンロード」の中身もMac/Winで共通になります。
自分は長いことFusionを使ってきたので、Fusionの「WinはあくまでMacとは別のサブ環境」という
スタイルのほうが好きですけど。
また仕事で使う場合も仮想Win環境がはっきり分けられているほうが混乱がなく安心感があります。

なので自分はParallelsでもWinとMacをはっきり区別し、デスクトップ要素も極力共有しない形にしています。
このあたりは好みの問題ですが、Parallelsのデフォルト設定はとにかく何でもMac/Winで共用させる方向ですので、
切り分けスタイルのほうがよい場合は仮想マシン作成時の設定をおまかせにしないことですね。
…………………………………………………………………………………………………………………………
【総評】
ParallelsとFusionとで動作パフォーマンスを細かく比較していくと、Fusionのほうが優れている部分もまだあると思います。
かつては明らかにFusion>>>Parallelsでしたので。そのころ自分はParallelsにはまったく興味がありませんでした。
劣っているParallelsを気にする必要はなかったのです。当時のParallelsは単にゲーム用みたいに思われてました。
しかしその後のParallelsの追い上げは凄まじく、ついにParallels10 vs Fusion7ではParallelsが逆転したという印象です。
それは単に動作パフォーマンスの問題ではなく、使い勝手やサポート体制も含めた総合的な意味で。

自分は長いことFusionを信頼して使ってきた人間なので心情的にはFusionのほうが好きなのですが、
客観的に見て、FusionはもはやFusionを使い続けてきた古参ユーザーのためだけにあるような気がします。
Fusionは大元のVMWareが明らかにエンタープライズ寄りの企業なので、作りも非常にビジネスソフト的で、
わかってる人が使うのが前提になってるようなとこがあります。ですがずっと使ってきて慣れてる人間にとっては
その変わらぬ素っ気なさが逆にシンプルで扱いやすく、動作信頼性にもつながっていたのです。
一方のParallelsは明らかにコンシューマソフトの作りで、Fusionに比べると細かい機能や設定の説明がわかりやすいです。
日本語サポート体制も以前からの継続性があるぶん、一度分断してしまったFusionより充実しています。
したがって初心者に親切でとっつきがいいのは間違いなくParallelsです。
Macでこれから初めて仮想化ソフトを使う方は迷わずParallelsを選んでいいと思います。

私もFusionのバージョンアップは今回の7が最後になるでしょう。もうParallels一本で困ることはなさそうですので。
両者をこうして比べるのも恐らくこれが最後です。多少の優劣があっても結論はもう同じですから。
1コメント1件| 141人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年5月20日
商品が直ぐに届きました。実際はライセンスだけの販売なのでライセンス番号を書いたPDFだけ送って頂ければそれで十分です。
機能としてはMACでwin10の性能評価に使ってますが、Macが再起動されずにWin10の評価が出来るのでとてもいいです。またMacを使っていてWin10に依存するファイルをクリックするとParallelsが自動的にWin10を起動するのでとても便利です。お勧めします。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年10月19日
たった一年半の間にPD8からPD9、PD10と次々アップグレード。しかしそのアップグレードバージョンが結構高くて、Parallels Desktop 10 for Mac Upgradeは5,300円。「YosemiteにあげたらPD9での動作は保障せんよ」と言う趣旨のメールも来ているが、そうならもっと廉価にサポートすべきだと思う。TCO(Total Cost of Ownership)は高い。
OSX、Win8/10は無償で更新されているというのに、本当に商魂たくましい。

2015/8 追記
脅迫にめげず10.10.4/Win8.1でPD9を問題なく使っていたが、Win10アップグレードを予約しようとすると「アップグレードできません」ときた。理由はディスプレイドライバが使えないというMSからのメッセージ。今更理解不能。
憤懣やる方なくも止むを得ずPD10にアップグレードしてみた。しかし結果は同じ。MSのメッセージは「ダメダメダメ」と。何???
よくよく調べてみるとParallelsのウエブに
You receive this warning due to the fact that the Parallels Display Adapter driver is not included to the list of drivers compatible for Windows 10 Update.
To upgrade your Windows virtual machine to Windows 10 please follow the upgrade path given below:
https://www.microsoft.com/en-us/software-download/windows10
とあり、予約も何も無しで直接MSのウエブからダウンロードしたら即座にWin10にアップグレード完了。
日本語ウエブでこの説明は今のところ見つけていないので、本当に無礼な会社だと思う。
もしかしたらPD10にアップグレードする必要性も無かったのかもしれない。
0コメント| 147人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
昔と違って、小型でも速いノートPCが安くなったので、Parallels Desktop9以降はいらないかなと思っていましたが、YosemiteでもWindowsを使う必要が出たため、使って見ることにしました。
自宅と、仕事先でMacを使うときに、問題なるのが、職場環境ではどうしてもwindowsを使う必要があることです。
Windows10が8の様な状態だと、そのうちにWindows優勢は崩れるでしょうけれど。まだまだ、Windowsのみ対応の環境が多いです。

仕事先に持っていったMacで、Windows8.1が動き、いつも使っているmacのアプリケーションと、職場で必要なWindowsのアプリケーション間で、ドラッグアンドドロップ、カットアンド ペースト が普通にできる(完全にシームレスで普通にWindowsアプリケーションがMac上で動作している)のは、大変便利です。
画面上で、MacとWindowsを往復して自由にストレス無く使えます。

昔の仮想マシンやエミュレーターを想像して、動作が遅いとか引っかかる、相性問題が出ると思って、利用をためらっている方には、そういうことはもう起こりませんと、言えるレベルでスムーズです。
また、Windowsアプリケーションの制限もほとんど無く、DirectX 9.0 c/9Ex と DirectX 10をサポートするので、あまりやりませんが、ゲームも問題なく動作します。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2014年11月3日
Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
Mac上でのwindows8動作なのに全く重さを感じずに、普通にwindows8が動くのがとてもよいです。
他の仮想化ソフトと同じようにハードウェア構成を自分で上限できるのでwindowsメインにする場合もストレスなく使うことができます。

マイナス1の点は3DMarkの動作だけおかしいこと。
iMAC 27インチのGTX780モデルでの利用ですが、3DMarkのCloud Gate初期に落ちてしまうこと。
Steam上で購入した3DMarkなので公式サイトで購入するのと若干仕様が違う?なんてことはないと思いますが何度やってもここで失敗します。
ですがゲーム(スカイリム・ボダラン・セインツロウ等)では動作に問題なく、スムーズに動かすことができるので気になるというだけです。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年1月19日
数年前から継続して使い続けていて、今はparallels8を使ってます。
osxがヨセミテになる前に、parallels8では使えなくなるからアップデートしてくれ、ってメールが来てたけど、ヨセミテにした後も普通に使えてます。
アップデート代で稼ぎたいのかも知れないけど、嘘はいかんよ。
それに、毎年、アップデート版をだしてるけど、アップデート代が高すぎる。
0コメント| 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2014年11月8日
Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
自分はMac mini 2012 Late 2.3GHz Corei7 OSMavericks(10.9.5) メモリ4Gという環境です。Bootcampも使った事がなく、他のWindowsなどの仮想OS環境をMacに入れるのは初めてとなります。この商品ですが、あくまで仮想WindowsOS環境をMacで動かす事ができるソフトです。別途WindowsのOSが必要になります。またWindows以外にAndroid、ChromeOS、Windows10(Technical Preview版)、Modern.IE、Ubuntuなどがインストール時に選択できますし、これらはOSを持っていなくても直接ダウンロードして入れる事ができるようです。このParallesl Desktopソフト自体もメディアが付属しておらず、ダウンロードして使います。パッケージにはシリアルコードのみが封入されています。今のMacはドライブがありませんので、このスタイルは助かります。Mac一筋だったので、Windows環境を入れても動かすソフトなどが無いので、Windowsよりも、OS10.6のRosetta(PowerPC環境をintel Macで動かす)をMavericksモデル上で Apple Works や MS Office 2008 for Mac を使いたかったので、そちらにトライしました。まずは自分の持っている10.6でトライ。残念ながら、10.6は仮想環境化できません(インストールできません。ライセンス契約の問題でNG)調べると10.6 serverなら契約上も問題が無く、仮想化もできるとの事。早速snow Leopard serverを購入し、仮想化して過去の使い慣れたソフトを快適に動かせました。OS切り替えもDockのアプリケーションを切り替えて使うので、OSを切り替えているというより、アプリを立ち上げ切り替えているという感覚で操作できます。仮想OSがハングアップしてもアプリを終了して、再度立ち上げれば問題ないです。最新Macモデルで過去のソフト遺産を快適に動かしたい人にもsnow Leopard serverが必要ですが、現在は1万円以下、Parallelsと合わせても2万円以下で実現できるので、高い料金を払って機能的にアップグレードする必要が無い人には良い選択肢だと思います。Yosemiteにも対応しているのも長く使うのには安心です。
0コメント| 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年12月1日
Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
これまではBootcampを使いwindows環境を利用していたため、
このソフトを使うまでは、MacOS上でリモートデスクトップの様なウィンドウ内で
仮想マシンが動作し、その上でwindowsが動作するだけだと思っていました。

ところが、実際に使用してみると、windowsの1つ1つのアプリが
個別のアプリウインドウで利用ができ、
1つ1つのMacOSアプリの様に個別に動作する仕様でした。

また、MacOS上からExcelやpowerpointファイルを開くと、
自動的にwindows版のexcelやpowerpointが起動して利用できるなど、
MacOSのUIの良さをそのまま引き継いでwindows環境が使えるという
衝撃ともいえる利便性を感じました。

ネットワークが整備され、windowsリモートデスクトップが快適になり、
AppleからBootcampが提供されるなか、なぜこうしたアプリ販売されているのかが、
理解できていませんでしたが、今回その理由がよくわかりました。

MacOSのUIがどうしても好きで、windows環境の利用頻度が高い方には、
お勧めいたします。(私は使い続けたいと思います)

<環境> ※下記環境では、とてもスムーズに動作しています。
MacBookPRO Retina (Mid2012)
Corei5 2.5Ghz
Memory 8GB
SSD 256MB
MacOS 10.10.1(Yosemite)
0コメント| 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年10月19日
Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
仮想OSカテゴリの中では、もはや定番になってきた感があるParallels Desktopの最新版です。
OSX、Yosemite対応で、最新のMac機器を導入した方には、当製品ほぼ一択にとなると思います。
動作については、その高い評価通り、Windows機と遜色無くサクサク動きます。
もっとも、前作PD9の時点で特に動作の不満はありませんでしたので、前作を導入済みで
環境が変える必要が無い方については、無理に買い替えの必要は無いと感じました。

なお、当製品はパッケージ版ではありますが、プログラムのダウンロードや認証にネット接続が必須ですので、
通信制限がある環境の方は注意が必要です。
(若干不便ではありますが、コスト削減=価格の低減に寄与していると思えば許容できる範囲と思います)
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2015年5月6日
Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
こちらの製品はCD-ROMではなくて、シリアル・ナンバーだけが入ったもの。
Parallels Desktop 10 はダウンロードしてインストールします。
CD-ROM版はありませんが、メディアに入ったものが必要でしたら、ちょっと高いのですが『USBメモリ版』もあります。
Macでは光学ドライブ搭載機種がほぼなくなっているので妥当な進化ですが、そのぶんも少し安くなってもよくない?と感じるのは欲張りでしょうか。

そんな文句はさておき、MacでWindowsを使うなら、Boot Campよりも圧倒的に自由度が高いParallels Desktopは無敵の存在。
最近の性能が向上している、とくにフラッシュストレージ(SSD)化で高速大容量になっているMacだと、「仮想」なんて感じないほど快適サクサク。

そして、一部の最新Macでは、BOOT CAMPだとWindows 8しかインストールできないようですが、Parallels DesktopならほぼすべてのWindowsが使えます。
7もXPも使えるし、切り替えもできるし、メモリに余裕があれば同時に複数起動もOK。
Windows用のディスク容量も、設定で適量にダイエット可能で無駄なし。

仮想WindowsマシンとMacとは、ネットワーク環境の設定で、シームレスで行ったり来たりも可能。
ファイルの交換もドラッグ&ドロップで手間なし。

このあたりがBOOT CAMPとの大きなアドバンテージですねぇ。

ただ、問題はメモリ喰い。
メモリがロジック・ボード直付けで4〜8GB程度のノートMacではキビシイ場面も予想されます。
なにせ、必要なメモリ量は、Mac OS X + Parallels Desktop + 仮想Windows + 仮想Windows上のアプリケーション。
作業によってはParallels DesktopかBOOT CAMPかの使い分けも必要になるかもしれません。

メモリ容量が潤沢なデスクトップMacならParallels Desktopのみでも可でしょうが、ユーザがメモリを増設できなくなってきているノートMacでは、メモリが現状さらに今後の大きな課題ですねぇ。

蛇足ですが、前のバージョンでもOS X 10.10 Yosemite上で不自由なく使えていました。
Parallels DesktopはOS Xのバージョン・アップに合わせて、最適化・高機能・高性能化した新バージョンを出してくれます。
うれしいことですが、急いでバージョン・アップする必要があるかどうかも検討の余地があります。
メーカー・サイトに、14日間全機能が無償で使えるトライアル版もありますしね。
あ、こんなこと言っちゃいけなかったか。
ごめんなさい。
0コメント| 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告