Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞直木賞特集 Amazon Cloud Drive SOS0916 Amazon MasterCard nav_flyout_biss DVD Blu-ray Bargain 2016summer Amazon_meets_LAST ファッション Fire HD 8 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト手土産グルメ・スイーツ コンディショニングサポートストア コーヒーストア Kindle Amazon MP3 ゴルフ初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4
111
5つ星のうち4.4
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年4月20日
照度・振動センサ搭載の自動点滅機能が付いた反射板です。 
付属のホルダはバックフォーク用なのでΦ16と小径です。 

センサ感度と残光機能は申し分ありません。 
発光時の明るさははっきり言って暗めですが、薄暗い中で後続車に
存在を知らせる最低限の照度はあります。 
電池もCR2032が1枚で済むため、そこそこ経済的でもあります。 

先のレビューで「電源オフ位置で反射板が脱落する」とありますが、 
この商品は 
1. 「反射板が12時の位置で電源オン」 
そこから反時計回りに回すと 
2. 「11時の位置で導通断(電源オフ)&反射板が外れる」 
さらに回して 
3. 「6時の位置で反射板固定(正規の電源オフ位置)」 
という設計で、取説にも書いてあります。 
正しく扱えば反射板も脱落することはないと思います。 

安価ながら追突防止には効果的なので、軽快車からロードバイク
までおすすめしたい一品です。
0コメント| 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年1月20日
一見するとCATEYEのリフレクターですが、自動点滅停止機能及びリフレクター付きのテールライトです。
万が一電池が切れてしまっても通常のリフレクターと同様に光を赤色反射します。
見た目はほぼリフレクターなので盗難のリスクが非常に低いです。
点滅タイプのテールライトは道路交通法の要件を満たしているか稀に議論されていますが、これはそもそもリフレクターを完備している上で点滅しているので全く合法な製品です。

電池はCR2032というボタンタイプの電池です。若干割高な電池ですが、コンビニや一部のスーパーでも取り扱いがあるので購入に困ることはないです。
製品を自転車に取り付ける際ドライバが必要ですが電池交換の際は工具が必要ありません。素手でリフレクターを回すとリフレクター部が外れ電池を交換できます。
付属のバンドは比較的径が細いタイプです。一般的なシティサイクル(ママチャリ)なら問題なく取り付けられます。
取り付ける自転車によっては径が合わない場合であっても同社から各種サイズまたはフリーサイズの取り付けバンドがあるので大概の自転車に取り付けられます。

テールライトとしては非常に安価な部類です。したがって、強烈な発光性能があるわけではありません。あくまでもリフレクターの補佐という程度の点滅発光です。
周りの暗さや振動を検知して自動で点滅するので普段は特に操作が必要ありません。

こういった安価で利用し易く、安全性が向上する製品が発売されることは非常に良いことだとおもいます。是非とも多くの方に購入をご検討頂きたい。
0コメント| 55人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年4月21日
なかなか秀逸な製品ではないでしょうか。

自転車に後方に赤色のリフレクターをつけることは道交法で義務付けられています。通常はこの製品と見た目の類似した反射板を後方につけている方が多いのではないでしょうか。それに加えて視認性を高めるために赤色のLEDランプをつけることを考えるのですが、並べて装着するとどうしてもごちゃごちゃしてしまいます。こちらの製品はリフレクターの機能と赤色LEDランプの機能を兼ね備えていることから装着するのは当製品のみですむので見た目がすっきりします。また、その分、内側に回ってスポークに絡まるなどのリスクも低くなることでしょう。また、小ぶりなので内側に回って絡まるリスク自体も小さいことと思われます。

なおかつ当製品は明暗、振動を感知してスイッチが自動でオン・オフになることからトンネルなどで自動で点灯して視認性を確保してくれます。暗いところでの視認性には十分ではないでしょうか。

耐久性などは実際に使用して検証しないといけませんが、現時点で最善の製品といえます。

使用の感想:しっかりと作動してくれているようです。トンネルでは確実に点灯します。また雨雲が空を覆うくらいの明るさでも場合によっては作動してくれるので、視認性の確保という点でも十分な機能を兼ね備えているといえます。製品の裏側を手のひらで覆うと感知してオンになるので、走り出す前に動作確認をするのがいいでしょう。
0コメント| 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年4月19日
同じ形のリフレクターをこれと交換しましたが、今までと全く見た目同じで盗難の心配もない。
電池切れても、今までのリフレクターとしては機能するので良い。

パナソニックのかしこいテールライトも付けているが、かなり暗くならないと点滅しない。
こちらの方がすこし暗くなってくると、点滅し始めて良い。

また、ロードバイクにつけて2階の部屋の中に置いておくだけでパナは振動センサーが敏感なのか良く点滅しているため、スイッチを切るようにしている。
今は両方つけているが、こちらはそのようなことはない。

パナは単4x2本だが電池が液漏れしたり、電池接点が赤サビで腐食したりして、点滅しなくなるたびに接点を磨いたり電池交換して復活させている。
こちらはコイン型リチウム電池なので、そのように成りにくいとは思うが、まだ使い始めなので分からない。
電池が高いので、AmazonでソニーのCR2032 5個入り300円を一緒に買った。
0コメント| 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年9月18日
一見、ただのリフレクターなのに、暗くなると自動点滅する優れものです。
電池が切れても反射するし、点滅の仕方もいい感じで地味です(笑

ロードバイクのシートステーに取り付ける場合は、
付属のステーだと径が細すぎるので、別途キャッツアイのステーを買った方が良いです。
http://www.amazon.co.jp/CAT-EYE-キャットアイ-HP-5-取付バンド/dp/B005MMQ9HY
0コメント| 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年7月18日
反射板と変わらない小型さで見た目も変わらず、盗難リスクは非常に小さいです。

赤いクリア部分を180°回す事でスイッチがONになり、照度か走行中の振動によって点滅します。
信号待ちなどの停車リスクを考慮した1分間の残光機能もあります。
車載時・輪行時などはOFFにしないと点滅してしまうので注意が必要です。

電池はCR2032が1個で、100時間程度持つようで、光量はLED1個という事もあり控え目です。
しかし反射板としても機能しますし、反射板機能を有するリアライトは意外と少なく、貴重な選択肢です。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年7月1日
法律で夜間の自転車走行するにはフロントに「白ライト」とテールに「赤ライト or 赤リフレクター」を取り付けることが義務づけられています。

本商品は、見た目は「普通のレフレクター」で、
実際は「自動点滅式テールライト 兼 リフレクター」です

■メリット
□電池切れでも「リフレクター」として機能する
電池ありの状態では「自動点滅式テールライト」として機能し、視認性が良く安全が確保されます。
もし電池切れとなっても「赤リフレクター」として機能するので、最低限の視認性を確保しつつ法律を順守することができます。

□自動点滅式だが、電源オフも可能
周りの暗さや振動を検知して自動で点滅するもので、あえて電源オフにすることもできます。
センサ感度は文句なしですが、発光強度は最低限といったところです。

□盗難リスクが低い
外観は普通のリフレクターなので、盗難リスクが低くなると予想されます。

デメリット
□ボタン電池であること
単四電池式が理想ですが、小型化のためボタン電池「CR2032」を利用する必要があります。初回分は付属してます。充電池主義者の私にはボタン電池はやや不満があります。
ただし、アマゾンで4個300円程度で売られており、それほど高価ではありません。

□バックステーホルダーが細い
付属のバックステーホルダーは細めの設計(直径16mm)です。
GIANT Escape r3に取り付ける場合は、バンド内側のゴムを外して取り付けることになります。フレームを傷つけたくない方は別のバックステーやシートステー用の取付バンドを購入することをお勧めします。(ヨドバシ.comで安く売っています)

■まとめ
全体としてはお勧め商品です。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月26日
太めのタイヤが装着されているGIANT SNAPに取り付けましたが、電池を変えても、取り付け位置を工夫しても、舗装路の巡行では光ったり光らなかったりします。とゆーか、光らないほうが多いように思えます。
ロードバイクやクロスバイクなどなら舗装路でもちょうど良いかもしれませんが、振動が車体に伝わりにくい太めのタイヤの自転車には不向きかもしれません。

電池1個で100時間というコスパの良さ、JIS規格品、最初からついている反射板とほとんど同じ見た目は最高なだけに、本当は使いたいが使えない。

ちなみに、現在はサギサカさんの製品にしていますが、こちらは点きます。

サギサカさんの製品も良いですが、電池持ちや見た目はキャットアイさんの製品に軍配なだけに、本当に残念です。。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年9月3日
クロスバイクの購入後、
夜間の安全走行にテールライトが欲しかったが、
サドルバッグを付けているので、装着する場所がなかった。
さまざまな商品を検討してみたが、
結局、テールライトのことはいつしか脳裏からフェードアウトしていった。

しかしある日、他の商品をアマゾンで検索していて、当商品が目に留まった。
これなら、装着に困ることはない。
標準装備されたリフレクターと交換するだけだ。
こんないいものがあったとは。

ただ、取付けバンドはクロスバイクには径が細すぎたので、
標準装備されたリフレクターのバンドと交換した。
review image review image
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年5月13日
以前はソーラー充電式のテールライトを使用しておりましたが、陽の当たり具合で充電されない場合もあった為、電池式のこちらを採用しました。

サイズは小ぶりで、さりげなく装着でき、昼間は単なる反射灯にしか見えませんが、夜間になると振動で点滅を開始します。目に眩しい様な明るさではないものの、後方からの視認性は問題ありません。

おそらく電池も半年近くは持つと思われますので、電池交換の煩わしさも無さそうです。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)