Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞直木賞特集 Amazon Cloud Drive SOS0816 Amazon MasterCard nav_flyout_biss Importsale ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 真夏の健康アイテム特集 防災・防犯ストア Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5
169
5つ星のうち4.5
サイズ: 480GB|変更
価格:¥19,054+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年9月24日
現時点で最強のSATA接続SSDはどれかと聞かれれば
こちらのextreme proだと思います。
ライバルはやはり、SAMSUNGの850PROでしょう。
どちらも基本的に変わりませんが、SAMSUNGのほうが誤差ではありますが速いです
ですが、こちらのssdは使っていく上で安定があり、どのソフトにおいても速度が一定と言ってもいいくらいです。
850proは使っていく内に体感できるくらい速度が下がってくるように体感できました。
ですが、こちらのssdはほぼ下がらないと言っても過言ではありません。
これは、nCache Proという物が搭載されているためです、なので使っていく上で速度が落ちにくいと思われます。
10年保証とのことです、メーカーさんもそれだけ自身を持っていると考えられます。
システム用でOSを入れる方が多いと思います、やはり信頼性、耐久性が必須ですので少しお値段が高いですが、驚きの10年保証をうたっておりますので耐久性ともに信頼が置けますので大変オススメできます。
0コメント| 88人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月11日
このSSDを買う前は某韓国メーカーのSSDを使っていましたが25GB程度の連続書き込み(mpeg2ファイル)で一時的に速度が低下していたのに比べ、このSSDは30GBの連続書き込みでの速度の低下は全く無かったので大容量のデータの処理をする人に向いていると思います。ただ実用上問題はありませんがIOPSがメーカー公称値よりやや低めなので星4つです。ただのマザーボードとの相性という可能性もあるんですけどね
-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 5.1.2 x64 (C) 2007-2016 hiyohiyo
Crystal Dew World : [・・・]
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 bytes/s [SATA/600 = 600,000,000 bytes/s]
* KB = 1000 bytes, KiB = 1024 bytes

Sequential Read (Q= 32,T= 1) : 552.922 MB/s
Sequential Write (Q= 32,T= 1) : 491.381 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 32,T= 1) : 195.761 MB/s [ 47793.2 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 32,T= 1) : 163.060 MB/s [ 39809.6 IOPS]
Sequential Read (T= 1) : 500.583 MB/s
Sequential Write (T= 1) : 490.730 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 1,T= 1) : 29.711 MB/s [ 7253.7 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 1,T= 1) : 86.289 MB/s [ 21066.7 IOPS]

Test : 1024 MiB [C: 74.9% (334.1/446.2 GiB)] (x2) [Interval=5 sec]
Date : 2016/05/11 20:47:09
OS : Windows 10 Professional [10.0 Build 10586] (x64)
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年7月29日
システムディスクに128GBを使用していて、ソフト等他のドライブに入れるようにしていたのにいつのまにか残り容量が7GBくらいになってしまったので、こちらを購入。
素人の浅い知識でTLCよりもMLCの方がやはり良いだろうとExtremePROを選択。
フリーのバックアップソフトを使い、ディスクコピーで問題なく移行完了。
各種機器、メディア等、自分は本当によくハズレ(製品全体としてではなく、固体の問題)を引くんですが、SDカード、メモリースティック等、サンディスク製品を色々使っていますが、今のところサンディスク製では、ハズレに当たったことがないです。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト500レビュアー2016年8月17日
チップセット Z170、i7-6700T、Windows10 64bit、RAID1(ミラーリング)、ウイルスチェックソフトESETリアルタイムスキャンありでの数値です。
RAIDとウィルスチェックのオーバーヘッドが重いかなと思いましたが、ぼちぼちの数値が出ているようです。
仕事中にパソコンにフリーズされるのは、心の底から勘弁してほしいと思っているので、部品は信頼性を第一条件として選択しました。
1か月ほど稼働させていますが、現在までにRAID1で同期ずれを起こしたことはありません。
-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 5.1.2 x64 (C) 2007-2016 hiyohiyo
Crystal Dew World : [・・・]
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 bytes/s [SATA/600 = 600,000,000 bytes/s]
* KB = 1000 bytes, KiB = 1024 bytes

Sequential Read (Q= 32,T= 1) : 644.810 MB/s
Sequential Write (Q= 32,T= 1) : 413.381 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 32,T= 1) : 363.417 MB/s [ 88724.9 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 32,T= 1) : 125.349 MB/s [ 30602.8 IOPS]
Sequential Read (T= 1) : 804.005 MB/s
Sequential Write (T= 1) : 431.736 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 1,T= 1) : 26.316 MB/s [ 6424.8 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 1,T= 1) : 67.148 MB/s [ 16393.6 IOPS]

Test : 1024 MiB [C: 32.7% (73.0/222.9 GiB)] (x5) [Interval=5 sec]
Date : 2016/08/17 11:17:07
OS : Windows 10 Professional [10.0 Build 10586] (x64)
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月26日
SSD換装は3台目で今回は奮発してExtremePROにしました。
どうしても使用しなければならないCore2Duo Vista延命機でしたがほぼストレスは無くなりました。
長期性能評価はこれからです。
既出ですが、日本郵便 郵便受け投函です。(ほかにSATA3ケーブル購入)
会社での注文品で土曜日に配達され、月曜日まで無防備なまま郵便受けに入っていました。
梱包へのご意見でフィードバックはしましたが、改善はされないでしょう。
安くてかさ張るものと同時購入が安心かも。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年1月21日
性能だけでいえば、同価格帯のCrucialのM550でも良かったのですが、
SanDiskは過去にSSDとCFカードでお世話になりましたが、不良時の対応が速く、対応も良かったのでExtreme PROを購入しました。
保証が長いのは有り難いですね。
10年使わないと思いますが、M2タイプやSATA Expressがメインストリームになるまでは、安心して使用出来ますね。

書き込み速度も読み込みと同程度なので、不満は無いです。
OSとアプリをインストールした後も、速度低下は見られず、ベンチの結果も安定しています。
SATA接続のコンシュマー向けハイエンド商品として、満足出来る性能だと思います。

参考までに、下記に結果を記載しますので参考になれば。
構成 ⇒ M/B : ASUS H81M-A ・CPU : i7 4770 ・OS : Windows 7 Pro

-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]

Sequential Read : 527.585 MB/s
Sequential Write : 476.553 MB/s
Random Read 512KB : 343.253 MB/s
Random Write 512KB : 444.209 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 38.865 MB/s [ 9488.6 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) : 120.773 MB/s [ 29485.6 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) : 261.082 MB/s [ 63740.8 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) : 262.760 MB/s [ 64150.3 IOPS]

Test : 1000 MB [C: 27.4% (61.3/223.6 GB)] (x5)
0コメント| 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月12日
amazonではなく某有名PCショップで購入しましたが、コネクタが物損の初期不良品でした。

このSSDは見ての通りコネクタだけグレーの別パーツになっています。ガッチリはめ込まれているわけではなく四隅留めになっており、素材も硬くないので力がかかると曲がってしまいます。

ところが電源コネクタは物損保証の面では難しい部分で、あるショップでは落下などの事故では保証するが使用上の磨耗は保証なし。またあるショップではSSDのコネクタの破損は保証対象外とはっきり明言しているところもあります。
(こちらに届いたSSDはコネクタのパーツの留め部分が破損してコネクタだけ異様に曲がる状態でしたが、初期不良の扱いは物損ではなく接続不良品としてでした)

ではsandiskの対応はどうなるのか。
ケース内でケーブルの配置によってコネクタに圧力がかかり曲がってしまって接続不能になった場合は10年保証の対象になるか、という質問を送りましたが、2ヶ月経った今でも返信がありません。
ここが10年保証という好条件の落とし所ではないかと思います。

電源ケーブルを抜くときは、留め具の破損を防ぐために、硬くても前後に揺らさずにコネクタを指で抑えて平行に抜くようにしてください。
またケース内で圧力がかかる場合は、コネクタを補強テープでガッチリと補強することをお勧めします。
0コメント| 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年7月30日
ATOMOS SHOGUN(動画撮影記録機)用に同時に2枚、購入しました。

決めては、値ごろ感(以前に比べて安くなりました。)とグレード。

どうせ購入するなら最速の物。かつ定評のあるブランド。です。

毎日動画撮影するわけでもないので、事務業務でも使うつもりで

SATA-USB3.0変換アダプター(Cyberplugs社製)も同時購入しました。

重宝しています。HDDはコスパも考えて使い続けてはいますが、

耐衝撃性などを考えると不安。デイリーユースは、断然SSDになってしまいました。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月18日
今回はノートPCに載せるために購入。
ちょっと頑張ってフラグシップモデルにしてみました。
ベンチマークを取ったわけではないですがS-ATA3で6GB/sに対応していれば体感できるほどのスピードが出ます。
SunDiskのホームページからSSD Dashboardというソフトをダウンロードしてくれば今の状態などが見られます。

ちなみに1台目はデスクトップに組み、そこにGTAVなどのゲームをインストールしたり、読み込みにスピードの必要そうなデータを格納しています。

HDDよりも高速で、モーターなどがなく発熱も少ないのでノートにSSDは相性が良いと思います。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年8月18日
TLCのほうが安いのですが、寿命が心配でMLCにしました。
MLCでこの価格(購入時は1.8万円台)は安いです。
また、クローニングツール(EZ Gig IV )からの移行が非常に簡単でした。
Windows10RS1上でツールを起動して、移行元ドライブを選択して、移行先ドライブにSanDiskのSSDを選択するだけでクローニングできます。
あとは、起動ドライブのSATAケーブルをSSDに接続するだけで難なく移行できました。
Windowsの再認証、Nortonの再認証の不要でした。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)