Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞直木賞特集 Amazon Cloud Drive SOS0816 Amazon MasterCard nav_flyout_biss Trade-in ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 敬老の日 真夏の健康アイテム特集 防災・防犯ストア Kindle Amazon MP3

カスタマーレビュー

5つ星のうち2.9
7
5つ星のうち2.9
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年5月24日
2015/6/12
替刃購入したので追記。
うっかりステープラー製本の本を裁断してしまった為、ちょうど芯の処で刃毀れ発生、仕方ないので製造元の通販から替刃を購入。

●替刃購入について
このレビューを書いてる現在、amazonでは替刃が見当たらないので、版元の直販ページからのみ購入可能……多分。
ただ、この際気をつける事として、製造元の直販ページはセキュリティを介した通信では無いという事に注意。すごい。
基本的に暗号化されてない(ハズ)なので、クレジットカードによる購入を行うと、横から通信データを引っこ抜いて生のクレジットカード番号が覗き見出来る。
さらに言うと、「今すぐ注文する」ボタンを押すと、文字通り確定扱いとなる。確認画面なにそれ美味しいの?
なんてスリリングなサイトなんだ……!!素人にはオススメできない!!
このWEBページを作ったのは誰だぁ!(バーン

●替刃交換作業について
必要になる工具は「本体付属工具一式」と、追加でスパナ、或いはモンキーレンチ。これが無いと話にならない。
説明書曰く、なれると平均5分で出来るらしい――が、無理だろう、これ。その筋のプロの人かな……?
説明書を読んでも悪戦苦闘する事は確実なのだが、替刃を交換する際には当て木(内部の赤い部品)を取り外してからやった方が良さそう……
ここまでで5分くらい確かに慣れればいけそう。

また、替刃を交換した後に裁断を行うと、最後の1〜2枚が切断出来なくなる。
刃の位置が変わった事で、当て木に届いていないという事態が発生。
当て木の位置を修正するか、刃の位置を緻密に修正する必要があるので……まあ、普通に当て木位置調整が無難。
ただ、この作業を行うのに購入時の状態まで分解する必要がある。その為に時間が掛かり、替刃交換には30分くらい掛かった。
あと、刃にちょっと指が当たっただけなのに人差し指がちょっと切れた。危ないので、防刃グローブ等を付けましょうという教訓。

●本体使用感等について
amazonからポチり、販売・発想はMFC(開発元)にて購入。
タイトルの通り、「必要要件」は満たしている。つまり、書籍を裁断してシートフィードスキャナに取り込む、という用途で使う事が可能。
購入するなら、セットでキムワイプとエタノール(無水でも消毒用でも)をおすすめ。理由については後述。

以下、使用感など。

ただ他レビューでも出ている気がするが、全体的に作りが雑に見える。
とりあえず、パッと見で商品本体で雑なのは以下の通り。
・構造上及び、使用上問題ない部品にはヒケがあったりする
・書籍固定ハンドルのグリップ(黒い部品)を含め、エッジ部分は全体的に削りが尋常じゃなく粗い(触って怪我しない程度)
・裁断レバーのゴムグリップは砂っぽいのが付着してる
・裁断レバー固定ピン(赤い丸い部品)の根本がオイルにまみれてる
・というか裁断機構内部は基本的にオイルにまみれてる。
・裁断部と台を固定するナットのワッシャーが1つ足りなかった(5〜6M辺りのワッシャー)
―――など。

次に、購入から使用するまで諸注意なんかを。
まず第一に『とにかく重い』です(他の裁断機もそうなのかもしれませんが)
amazonの商品詳細は不明になってるのですが、販売元を見れば12kgって書いてあります。落として、しかも足になんて落としたら憤死確定なので注意。
また、その重量の10kg以上は裁断機構の重量です。方眼メモリが書いてある台の部分はすごく軽いので、設置場所を考慮しないと倒れる可能性が無くも無いです。(当方では今の所安定してます)

第二に組立が少し難しいです。
いや説明書通りの手順で組立可能だし、必要な工具(六角レンチ等)は全てセットになっているのですが、前述の通り裁断部がクソ重いので、少々苦労します。
シェルフ等、金網状になっている台があるなら、その上で組み立てると良いでしょう。裏側から金網越しにワッシャーとナットを嵌め、六角ネジを締める。
また、私が運が悪かっただけの可能性もありますが、ワッシャーが無かったらちゃんと買ってきましょう(別に販売元に要求しても良いですが、150円位なので買った方が速い)
ワッシャー無しだと、ナットの角が引っかかる様にしか台と裁断部が固定されません。ワッシャーで接触面増やさないと不安。

第三、オイルが凄い。
追いオリーブオイルでもしたのかな、ってレベルで裁断機構内部(他、可動部分)にはオイルが塗られてます。
刃がオイルに塗れてても、裁断する事に問題は無いし、裁断後の本にも別に油は付着したりしないのですが、
購入時には本を抑える接触面にもオイルが付着しています。このまま本を抑えるとオイルが表紙にべっとり行くので使う前に拭きましょう。もちろん裏表紙もべっとり行くので両面を。
それでも不安なので、使う際には適当に不要な紙(幅5〜6cmくらい)で書籍を背表紙側から覆って裁断機にセットしましょう。こうする事でオイルが付着したとしても不要な紙に全部行くので、裁断したい本は無事です。
この、オイルを拭う際にセット購入を勧めたキムワイプとエタノールが便利です。
油分分解しつつ繊維クズが出ないので。流石に内部に手を突っ込むと危ないので、適当な棒の先端にでもキムワイプを取り付けて突っ込むと良いでしょう。
キムワイプとエタノールは何かと有用なので、裁断機以外でもオススメです。

第四、梱包ゴミ捨てが大変。
このブック40はダンボール内で型枠に嵌る様にして発砲スチロールで固定されているのですが、その発砲スチロールが難敵です。
まずデカイ。裁断機サイズ(幅35cm、奥行48cm)+αの発泡スチロール塊です。このままだとゴミ袋に収まらない……!
カッターで切断しようとすると、キュキュッと音がして半ばで止まります。そりゃそうだ。
じゃあ割れば……と思えば、12kgの重量物を固定する為、構造が強固です。端の方から、小さくパズルの様に砕く事は可能なので、ゴミ袋に入るサイズまで頑張るしか無いです。
そして、砕くと細かい発砲スチロール粒が静電気でくっつきながら周囲に撒き散らかされます。吸い込むと凄い苦しいので、注意。息を止めて、掃除機を横に用意して作業推奨。
――ただ、一般家庭以外での使用(あと一部自治体)の場合、ゴミ集積所に発砲スチロールをデカイまま捨てる事が可能なので、その場合はこの問題は発生しません。

以上が、私が購入から使用する迄の苦労とその解決方です。
ただ、裁断するのはとても楽だし、サクサク裁断して行けるので、本を裁断する事そのものに関しては何の問題も無いです。故に☆3。
2コメント2件| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月23日
本体2台、替刃計4枚使った経験によります。

100冊くらいの裁断ならば使用可能です。最初のうちは切れ味もいいです。
但し、防錆用に油がたくさんついているので、かなり注意が必要です。
重いという意見がありますが、厚みのある本を裁断するには、重くないと安定しません。
ただし、台座部分が重いのならばそのとおりですが、カッター部分が重いので、バランスが取れていません。

1cm程度の本を100冊程度切ってくると、刃こぼれが生じ、切れ味が悪くなります。
ホチキス針などは必ず取り除いているのに!です。
こうなると、力がかなり必要になり、体重をかけて無理やり切りますが、
重量バランスが悪くて危険ですし、無理をしますので、どんどん刃が悪くなってきます。

さて、刃のメンテナンスの話です。
一般的な裁断機と異なり、レバーと連動するために刃の片面両端に2つの突起にがあります。
この突起のために、一般の研ぎ屋さんでは研磨受け付けてもらえません。

アフターサービスを売りにしていますが、すでに替刃も刃受けも在庫がありません。
長く使いたいならば、避けるべき商品です。

名の通ったメーカーの品物ならば、たいてい刃を研ぐこともできます。
安い値段には理由があります。使い捨てだと思ってください。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年12月19日
自炊目的に購入しました。
高価な裁断機を買う勇気はなく、ロールカッターを検討していましたが、
数千円の差で購入できること
アフターサービスを売りにしていることからこちらを購入してみました。

結果、正解でした。
自炊は1冊ならば大した手間ではないですが、10冊100冊と積み重なるとかなり面倒です。
漫画本などなら問題なく1度で裁断できることは、自炊を続ける上で必要な条件だと実感しています。

book40は大抵の本を1度で裁断できますし、切れ味も良好です。
また本の設置場所もガイドがあるので楽です。
私の場合は 刃を下した状態で本を設置→刃をあげてガイドを参考に2mmずらして裁断→もう一度3mmずらして裁断としています。

本体と一緒に自炊ガイド(冊子)がついてきて「ダブルカット」が紹介されていました。
「背の裁断はかならず斜めになる。2回カットすれば綺麗な断面になる」ということで実践しています。
裁断時に押さえるバーもありますが、裁断面のズレは仕方ないことだと思われます。
また切断面を中途半端にケチっても、結局分かれていないページがあったりして余計に手間なので、
この方法の方が結局早くて楽です。

ちなみに裁断時に具体的な切断箇所はわかりづらいですが、
私にとってはそもそも切断面が見える必要性はあまり感じていません。
のりづけの位置は、本の表側からは全く想像がつかないため、
結局背の端から何mmで裁断するのかで判断するしかないと感じています。

自炊用裁断機にこれ以上の機能は必要性を感じません。
まさに必要最低限がそろった、バランスのよい裁断機だと思います。

注意点としては
本の裁断専用のためそれなりの重量があります。そのお陰で安定しています。
また2回ほど油が出ました。
おそらく錆止め用の油かと思われますが、スキャンしたい紙が少し汚れました。
しばらく使用した後の話なので、タイミングが不明ですが、念のため注意しています。
最後にあくまで本の裁断専用のため、1枚だけなどの紙はうまく切れない時があります。
1コメント1件| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年1月11日
メーカーに問い合わせたが対応なし。
どうせサポートもないなら前使ってた8000円の中華製ペーパーカッターで十分だったかなと。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月26日
 これまで、仕事関係の冊子をばらしてスキャンするときは、職場の大型電動裁断機を使ってきた。このときに大事と思ったのは、確実に冊子を固定して裁断すること。ハンドルを回してがっちり押さえ込みすれば、本を数冊重ねて、10cmくらいの厚さになってもきれいに切れてくれた。
 さすがに個人の持ち物に使うわけにはいかないので、自宅用に購入した。
 この製品を選んだポイントは、他製品と比較して、多分冊子の固定が強力そうなことと、裁断厚が十分にあること。
 使用し始めて、そこそこ固定してくれていると思う。もう少し強くてもよいかな… 裁断後は冊子の下側で裁ちしろが若干多めな気がする。なので、冊子の最初と最後をみて、どちらの裁ちしろを少なくした方が良いかを判断すれば、切りすぎはなくなると思う。 大体の場合、既読の本では歪みがあるので、右綴じでは冊子の最後が上になるように裁断すると、裁ちしろが均等になりやすい。 
 製品全体として、他の方が言っているように、かなり重い、持ち運びしにくい、収納しにくいのは同意。また、使い始めはオイルがどこかに付くので注意が必要。無骨で、何となく昭和の香りがする機械製品のイメージで、見た目はオシャレではない。ただ、裁断する時にはあまり力はいらないので疲れないし、厚みのある本も一気に切れてくれる。 
 残念なのは、組立説明書が不親切というか、前時代的なこと。説明書の順に従って組立終わったら、次頁に組立時の注意…例えばピンを打ち込む時に気をつけることとか…もう打ち込み終わっていますが… 説明書を全部見てから組み立てろと言われれば仕方ないけど、今の時代はそうでないでしょ。組立中に注意点に目が行くような配慮をして欲しい。この点で減点です。
 
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年4月9日
3年前に購入し切れ味が悪くなったので別途追加購入した替刃を取り付けようとしましたが、説明書を紛失。
サポートに電話し事情を説明、再送付を依頼したところ、着払いでかつ1000円の手数料を要求されました。
万全のサポートとうたっていますが、なくしたのはそちらだからといわんばかりの対応で驚きました。
そもそも、3年前の購入だと私の名前の登録がないので、口頭での受付だそうです。
本体、替刃とも捨てようと思います。(ちなみに裁断した本は約80冊です)
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト500レビュアー2015年6月1日
今まで600冊程裁断したが切れ味は悪くない
でも、重いものだし場所も取るので横置きにしたり出来るように取っ手が欲しかった。
あと、到着時はかなり油でべとべとなので先にいらない雑誌を数冊裁断するのがお勧め
替え刃も買ったが個人で替刃が必要になるまで裁断出来る人を逆に見てみたい。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告