Androidアプリストア Amazonファミリー 風間杜夫の朗読でハリー・ポッターシリーズ Amazon Cloud Drive nav_flyout_lp Amazon MasterCard Wintertire さあ、楽器をはじめよう ファッションセール Fire HD 8 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick バレンタイン特集 2017 年末年始ダイエット特集 大型家具・家電おまかせサービス Kindle Amazon MP3 ウィンタースポーツストア ドキュメンタル

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
67
5つ星のうち4.2
色名: ブラック Black|変更
価格:¥13,518+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年3月31日
中華アンプの評価が高いため、遊び心で購入しました。Lepai LP-2020Aと迷いましたが、評価が安定していたことやバナナプラグ対応だったことから、こちらを選択しました。電源の不備(接触不良。特にコンセント及び同アダプタの2箇所がすぐ外れてしまうこと。)に対しては、アダプターを接着固定するとともに、コンセントの差込端子を布で覆い、ラジペンで角度を広げましたが、意外に硬性があり、破損する可能性があるので、お勧めはできませんが抜けにくくなりました。)。大音量で再生中、電源の接触不良が生じれば、スピーカーを破損することもあるので、総合評価は4にしようかとも考えましたが、そのことを承知で購入するならば超お買い得です。その他気になる点は、電源を切る際ポップノイズが生ずること(あまり気にならない程度です。)、ボリュームを絞っても微かに再生音が聞こえること、無音でボリュームを最大にするとヒスノイズが確認できること(高級アンプではありえないですが、、、)ボリュームが安物であるため使用感に不満が残ることなどですが、再生音を聞けば無視できるものです。 
 音質は以下の装置で評価しました。その多くは年代物ですが、それだけに機器の特性は把握しているつもりです。                         アンプ   ①サンスイAuα907MR(20年前の30万円程度のアンプです。重厚、オーソドックスなアナログアンプ) ②デノンAVC2890(無難なAVアンプ、 サンスイに比べれば軽い音)  
 スピーカー ①フォステックスBH70(長岡式バックロードホン、片CH FE206∑2発+ツイーター+スーパーツイーター。制作してから30年。再生音は豪  快、鮮烈、スピード感、ただし重低音は出ない。)  ②B&W MATRIX 802 Series3Series2(これも15年位使用、綺麗な音、ただし豪快さや開放感はない。同社特有のスコーカーの特性からか、こじんまりとした再生音、奥行感がある。)、③パイオニアS-HE7(再生音は鈍い。AV向き)、④ステレオ誌付録2WEY(自作ダブルバスレフ4.6ℓ、高音が綺麗、開放感がある。)⑤ステレオ誌付録8cmフルレンジ(自作バスレフ1.3ℓ、素直だがレンジは狭い。)⑥ダイヤトーンDS-201(無難で素直な音だがDレンジが狭い。最早骨董品)  以上の結果、サンスイが優位であったのは②のB&Wのみでした。特に①、④、⑤のフォステックス系のスピーカーとの相性は抜群です。開放感としっとり感が両立しています。生き生きとした再生音で女性ボーカルなどは③のパイオニアについても、低音過多で寝ぼけた音のため、御蔵入りしていましたが、音楽ソースによっては、このスピーカーで聴きたくなることもあり、現役復帰です。⑥のダイヤトーンでさえも落ち着いた中にも瑞々しく鳴ってくれます。デノンアンプとの比較はAVアンプの限界を感じざるを得ません。②のB&Wも朗々と鳴らしてくれましたが、流石にこの組合せではサンスイの落ち着いた再生音が自然に感じましたが、若い方にはこれも本機(SMSL)の方が好まれるのかもしれません。その他、ステレオ誌、ステレオサウンド誌の付録アンプとも比較しましたが、残念ながら論外です。この製品について、私個人の感想ですが、すべての組合せで、ドンシャリではなく、元気に鳴らしながら、透明感も醸し出せる優れたアンプと確信しております。小さなスピーカーでも、高級大型スピーカーに対しても価格ハンディを感じさせません。セパレーションは特に優れています。馬力もあります。多分、超高級スピーカーで、耳の優れた方にとっては、本当の重低音の再生能力や派手目な音作りに不満を持つ方もいるかもしれませんが、これが数十万の最新の音だと言われれば、私自身は信じてしまうかもしれません。因みに、私は予備とマルチアンプ化を兼ねる目的で、もう一台購入しましたが、電源部の問題は改善されていました。最近値上がったのが残念です。

1年使用しての感想を追加投稿します。
故障らしき前兆は2台とも一切ありません。音は絶好調です。ただし、使用感は良くありません。本体が軽いため、コード類に押されて位置がずれたり、同様に電源スイッチはプッシュ式なので本体を押さえて押さないと後ろにずれることがあります。ボリュームも低目に位置しているので指が床に支(つか)えます。そこで加工しやすい桐箱でアンプボックスを作成してみました。電源やコード類もすっきりしました。本来、箱に入れるのは音質には良くありません。電源も熱が逃げにくくなるので、邪道です。ただし、本機はデジタルアンプで、発熱量は極僅かなため影響は無視できるものと判断しました。本気を固定する方法は、重しを載せるとか色々あると思いますが、格段に使用感が向上したので報告します。以上はあくまでも個人責任の範疇です。
review image review image review image review image
4コメント4件| 68人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年1月4日
デジタルアンプの性能の向上は著しいものがありますが、このメーカーのTA5050を使用した50W+50Wの製品を以前購入したことがありましたが、電源の投入を表示するLEDが音量調節ツマミの照明を兼ねていましたがそれが極端に暗く、電源ONを確認しづらかったり、筐体表面の黒いアルマイト処理は美しいのですが、筐体自体がアースに落ちておらず、筐体や音量調節ツマミに触れるたびにブーンというハムノイズがのってしまったり、まあお値段を遥かに超える素晴らしい音がするという素性はとても良いのですが、なんであと少し、もう少し詰めてくれないかなあ、と残念な思いをしたことがあります。
でもこの製品はそういう平凡なミスが一切見当たらず、とても進化したなあ、という印象です。マランツのSACDプレーヤーにB&WのCM5を繋いで聞いていますが、駆動しにくいこのスピーカーを軽々と鳴らしてくれ、とてもこのお値段が信じられない思いです。
付属するACアダプターは36V, 5.7Aのアンプ筐体より大きな、頼もしいスイッチング電源。デジタルアンプはみなさんご存知のように電源の良し悪しがモロに音に出ますから、これは嬉しいことですし、とても良心的だなあと思いました。
想像以上の音こそ出るが品質は...のいわゆる「中華デジアン」ですが、この製品はそれらの中で2歩も3歩も抜きん出ていると言えます。
購入して損はない製品です。
0コメント| 70人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年10月1日
購入し早々スピーカーにつないで音出ししたところ、その音にびっくりです、音質も高音から低音まで十分伸びています。オケの音も迫力満点でした。これとDACの組み合わせで十分すぎる音で満足です。
0コメント| 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月24日
★長所
ハイパワーによる駆動力は凄いです。
低音が引き締まりアタックが凄いです。
低音楽器と打楽器のアタックは凄く良いです。
ドラムやピアノのアタックは素晴らしいです。
マルチアンプやサブウーハーの低音専用アンプに向いていると思います。

★短所
音色の艶が無くザラザラとしたような音色です。
ボーカルやヴァイオリンなどが無機質で、楽器や声の味が無い。
ヴァイオリンの弦を弓でなく棒ヤスリで擦っているような音です。
歌手は風邪ぎみな感じです。

ボリュームの調整が難しく、通常聴く音量では7時方向から8時方向しか使えない。
10時方向にしただけで爆音が飛び出す。
だから、私の家の環境では夜間は使えません。
防音されたリスニングルームが欲しいです。

当たりハズレが凄く多い!

★注意点
使い終わったら、必ず、電源の切断を忘れずに!
発火したら怖いですからね?

スピーカー接続でサブウーハーを接続をすると、スピーカー端子マイナス側から危険な電流が流れるみたいです!
安全の為のマイナス遮断回路を省略している為みたいです。
他のアンプやサブウーハーを絶対にスピーカー端子(-)を共用接続しないで下さい!危険です。
他のアンプとマイナスを共用するアンプセレクターも危険です。
2コメント2件| 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月17日
数年前に買ったデジタルアンプからは想像もつかない進化を遂げていました。驚きました。おまけに今までアンプに注ぎ込んできた大金と労力にガックリ!予備にもう一台、中身は同じと思い込んでヘッドホンが使えるS.M.S.L のSA-160 を買いました。ヘッドホンが使えるかどうかの違いだけと思ったら、音は違いました。私の好みは勿論こちらです。もう一台どうするか悩んで居ます。
追記です。
ボリュームが軽くて何かの拍子にクルッと回して大切なスピーカーを壊してしまいそうなのでボリュームストッパーを作ってみました。ボリューム内側の十字型の仕切りを利用して止まるようピアノ線で作りました。およそ90度10時くらいまでしか上がりませんが、私の環境では充分です。
review image review image
0コメント| 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
当方、長年オーディオを楽しんできましたが、A級パワーアンプ数台の発熱と消費電力も大きく、
エコ時代に反する責任感を感じてきました。
又、年代物のアンプは故障も多く、部品交換も困難になるので、今回は試しにChina製デジタル
アンプを2種類買ってみました。

① SMSL SA-50(2x50W)本体サイズ 150x92x43 ( 本体重量: 約400g) 
              
② SMSL SA-98E(2x160W)本体サイズ 168x98x36(本体重量: 約500g)

当方始めてのデジタルアンプ購入になるので、SA-50とSA-98Eのどちらにしようか迷ったあげく、
両方使ってみることにしました。
本体サイズ、重量に大きな差はありません、両者とも超小型軽量です。
価格はSA-98Eが6割ほど高いのですが、50Wと160Wのパワーの差は大きな違いがあります。

どちらもON時にVolume摘み円周内部にブルーのLEDが点きます。
(また、SA-98EにはONで赤のパイロットランプ点灯、OFFでグリーンになりますが、
 SA-50にはありません)

ちなみに電源部のサイズは下記のように、SA-98Eは体積で約2倍以上あります。
① SA-50  120x50x34 
② SA-98E 168x83x40
(※)使用後は安全の為に電源部をコンセントから抜く事をお勧めします。

肝心な音ですが、小型軽量アンプとは思えないほどパワフルでナチュラル、SNも良く音質に癖が無く
フラットな印象ですが、セパレーションが悪く音像が中心に纏まり難いのが難点と云えます。
然し、音の評価で高額AMPと比較する必要性も無く、細かなニュアンス等の云々は兎も角として、
大変良く出来た商品で、コストパフォーマンスに優れ、今まで想像していたChina製デジタルAMPの
イメージが変わりました。

SA-50とSA-98Eのパワーの差は大きなスピーカーを使った時に、より大きな差を感じますが、使用
するスピーカーと個人の好みの問題と思います。

添付写真①②は、今後マルチCHのテスト用に並べたのですが、従来AMPとの大きさ比較になります。
写真③は、ワットモニターで消費電力を調べたら3Wでした。驚きの省エネですね!!
小型・軽量・省エネ・ハイパワーで音も良く、魅力的なデジタルAMPと云えます。
review image review image review image
0コメント| 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月27日
現時点で日本で普通に購入できるTDA7498E搭載の廉価な中華アンプの代表格として、そして高いダンピング・ファクターでスピーカーを駆動できるデジタルアンプとして、自分も半信半疑で買ってみたのですが、一般的にSA-98Eは多くの方にオススメできると思います。しかし、他にSA-98Eとはリーグの異なる高品位なアンプを所有している方も多くいるはずで、それらと比べてしまうとSA-98Eの限界が分かってしまい、私のように購入してから1ヶ月程度で残念ながら使わなくなってしまった方もいらっしゃるのではないでしょうか?

2015年12月にイギリス人の友人から廉価なTDA7498E搭載中華アンプで驚くような音が出るアンプをeBayで買ったから次回の出張の時に聴きに来いと言われていたので、先月自分のSA-98Eを持って現地での出張の最終日にその友人の家に持って行って、「問題のアンプ」とSA-98Eとアンプを入れ替えて音源も何種類も変えて比較させて貰いました。結果はどんな音源を聞いても「問題のアンプ」の圧勝でした。低音の駆動力はどちらも力強く大差無いのですが、「問題のアンプ」は中高域がとても滑らかなのに解像度があって全く聴き疲れしません。SA-98Eと違ってむしろ音量を更に上げたくなる音で、デジタルアンプの欠点を見つけるのが難しい高級なアナログアンプを彷彿させる音が出て来ます。正直こんな廉価アンプでこんな音が出てしまって良いのかと生まれて初めて思いました。

「問題のアンプ」は同じTDA7498Eベースの中華アンプなので音の違いを生み出しているのは回路設計の違いもあるのかもしれませんが、恐らく主として電源とキャパシターだと思います。価格もSA-98Eより多少高い位なのですが、同社専用電源付きと電源無が選択できるようですが、私が聞かせて貰った音を出すには同社の専用電源付きである必要があるように思います。AMAZONでも買えるようになって欲しいと思いましたのでここでご紹介する事にしましたが、現時点ではAMAZONでは購入できないようです。ご興味がある方は「Indeed TDA7498E」で海外のサイトで検索してみて下さい。但し、個人輸入における商品が届かないとか、故障に対する保証の問題等のリスクや、音の良し悪しの感じ方の違いは全て自己責任が前提になりますのでよろしくお願いします。
10コメント10件| 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月12日
 当初の印象は、次のようなものでした。『本機2台でInfinity 8kappaをバイアンプ駆動(高域と低域で各1台)すると、一聴して透明で分解能がたかく全体的にまとまりのよい音楽が再生され、ベールが取れたように解像度が改善したように感じました。Jazzのオンマイク録音の再生、複数の楽器を分離して再生する能力は優秀だと感じました。』
 しかし、丁寧に聞き込むと、いくつかの欠点も見えてきました。結論を言えば、繊細さを犠牲にして、エッジを強調しめりはりを効かせた音のようです。
 合唱を伴う古楽では、声や弦がにぎやかになりすぎ、ややギラつく感じがします。Orlande de Lassusのようにやわらかで精妙な声のポリフォニーでは、やわらかな透明さが消え、古楽を聴く楽しみが失われてしまいます。「白飛びしたカラー写真」のように色彩諧調が不十分にしか表現されないのと似ています。古楽の弦の合奏でも同様に音がざらつきます。
 C.Monteverdi, Vespro Della Beata Vergin, J.E.Gardinerでは、前方と奥に配置したヴォーカルの掛け合いが、Basilica di San Marcoのホールのなかで美しい残響を伴って聞こえるのですが、本機では収録したホールの響きが残念ながらやや短時間で消えてしまいます。
 2Ωを下回るウーファー(Watkinson dual voice coil)は駆動できませんでした。
低インピーダンススピーカーの駆動は困難です。amazon.comでのQ&Aに本機について次のような記事があります。
”Will this amp support 2 Ohm loads ? Or is 4 Ohms the minimum ??”
Answer:Dear customer, SMSL SA98E don't support 2 Ohm. At least 3 Ohm or above. it drives 4-8Ohms speakers best .

 声のハーモニーが音響の自然さを判定する最もクリティカルなものと思います。私は、演奏中のambientが聞こえ、その場に居合わせたような暖かで自然な音楽を好みます。合唱が諧調表現に乏しく時にぎらつきますし、残響や音場表現に不満を感じましたので、逡巡したあげく、Infinityでは使用しないことにしました。Celestion A1ではまとまりのよい歯切れの良い音が聞こえます。最終的に、TV用SP、PC用ニアフィールド自作SPで使用するにしました。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年6月30日
ここでの評判がよかったので、
ポイントが溜まっていた別のサイト(最近のAmazon、ポイント貯まんないよね…)で
遊び(冒険)半分で購入してみました。
Tripathチップが載っている別の中国メーカーのは、
素直ではありますが、
いかにも”デジタルアンプ”という素っ気のない音でしたが、
このアンプ、侮れません。

全体の音の作りでは手持ちの物にかないませんが、
解像度に関してはSA-98Eの方が上です。
Tripathチップのようなデジタル特有の”冷たさ”や”硬さ”は気になりません。

皆さんがいうように電源ケーブルはしょぼいので、
手持ちの太めのと交換したら低域のブリブリ感も出てきました。

ただ、正直すぎる音ではあるかな。
OPアンプ積んでないのかな?

今、手持ちのアンプを売っぱらい、
このアンプのメインに調整しようと思っていたり。
前段にバッファアンプを入れて音作りしようと思っています。

コスパ良すぎですよ、コレ。

そう思わせるだけの音が出ます。
※中の抵抗やコンデンサも、もう少し高級なモノに変えて更なる向上があるか試そうかと思っていたり…。

Tripathチップの音が苦手な人は試してみる価値があるかも、です。

しかし・・・、コスパが良すぎです。 
この円安の今でさえ。

手持ちのバカでかいアンプが
アホみたいに…見えます…。 ^^;
0コメント| 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年6月13日
だまされたと思って購入しました。

ところがどっこいSPから出てくる音はナチュラル&ピュアで言う事なしです。

難しい評価は無しです、耳も歳のせいで大した物じゃ無いからね。

でも単純に素晴らしい。

昔使って眠ってたタンノイ・アーデン(アルニコタイプ)のエッジ交換までする気にさせられて自分で交換してしまった。

午前2時を過ぎて今は女性シンガー石井聖子の恋はまぼろしを聞きしびれてます。

恐るべし中華アンプ。
0コメント| 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)