Androidアプリストア クリスマスプレゼントおもちゃ特集 クリスマス特集 Amazon Cloud Drive psm Amazon MasterCard nav_flyout_biss DVD Blu-ray Bargain 2016winter アナログレコードストア ファッションセール Fire HD 8 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おせち料理特集2017 大掃除特集 大型家具・家電おまかせサービス Kindle Amazon MP3 ゴルフ初心者ストア ドキュメンタル

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.9
85
5つ星のうち3.9
価格:¥9,500+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

VINEメンバー2014年6月15日
  【追記・2015.05.12】

2015年3月に新機種(2代目)の『SHARP ヘルシオお茶プレッソ TE-TS56V-G』が発売されました。
(リンク先は本体色が緑ですが赤いのもあります)

初代で残念だった部分も含めて、かなり性能がアップしているようです。
 ・沸かせるお茶の温度が、初代では激アツ(約85℃)だけだったのが、2代目ではぬるめ(約70℃)も選べるようになった。
 ・お茶の粉が本体にくっつかないように、前面パネルが帯電防止樹脂になった。
 ・一度に沸かせるお茶の最大量が、初代で3杯分(約450ml)だったのが、2代目では4杯分(約560ml)に増えた。
 ・一度に挽けるお茶の粉の最大量が、初代で7杯分(約4g)だったのが、2代目では10杯分(約6g)に増えた。
 ・本体下部のトレイが掃除しやすくなった。
 ・お茶の粉を挽く時間が短縮された。
などなど・・・。

2代目が登場したおかげか、初代はかなりお手ごろになりました。
でも、改善点を考えると2代目はヒジョーに魅力的。
もちろん、全自動ではないし、ミルの音の大きさは分からないし、見た目のチープさもどうなったかは気になります。(実物まだみてません)
わたしは初代を壊れるまで使う予定ですので、気になる方は2代目を購入した方のレビューを待ってみるのもよろしいかと思います。
あ、もちろん人柱レビュー大歓迎ですよ〜。

   【追記終了・以下レビュー本文】

本製品の前には、茶葉用のミルを使っていましたが、どうしても細かくならず、口あたりザラザラ。
思いきって本製品に乗り換えたところ、抹茶の粉のような細かさになにより感動。
自動でお茶を点ててくれる、そのおいしさにも感動。

しかしながら、お茶の粉が思うように出てこなかったり、飛び散ったりと、ムムムッ!なところもあります。
正直なところ、自分で使うにはいいけれど、機械が苦手な年配の親にプレゼントしようとまでは思えません。
現時点では唯一無二の貴重な製品ですが、早晩改良した新型や他社からもライバル機が出てくると思いますし、待てる方は様子見が賢明かもしれません。

   【うれしいところ】

 1:お茶っ葉がホントこまかくなっちゃう!

これは最大の魅力ですねぇ。
セラミックの石臼で時間をかけて挽くので、お抹茶の粉と同じくらいの細かさと色あざやかさ。
飲用と料理用とに応じて、細かさを調節できるのも活用の幅が広がります。

 2:かんたんにおいしいお茶を点ててくれちゃう。

ドリップ式のコーヒーメーカーの仕組みに似ていて、本体後部に水タンクがあり、前部左上がお茶を点てるところです。
ミルで挽いたお茶の粉を本体前部左上にある、コーヒーメーカーならドリップ部にあたる容器に、自分で移します。
そして、スイッチを押すと、お湯を沸かして容器に移し、オリジナル開発の羽根で撹拌して、お茶を点ててくれます。
でき上がりは泡が適度に立ち、お抹茶とおんなじ。
あとは容器の下に湯のみを置いて、レバーでお茶をそそぐだけ。

容器の容量は最大3杯分で、それ以上淹れる場合は同じ作業の繰り返しです。
ミルは最大5〜6杯分一度に挽くことができますが、その場合約15分もミルが回るし、熱でしばらく使えなくなっちゃいます。
(熱センサーでもあるのか、スイッチを押してもアラームが鳴り動きません。)

3杯分なら、約6分間お茶っ葉を挽いて、粉を自分で容器に移して、2分ほど点てて、という繰り返しで3回は連続でできます。
お急ぎなら、ミル部分を外して冷ませば、より早く使えるようになると思いますが、ミル内部は高熱になっているので取り扱いには注意が必要です。

 3:冷茶も抹茶ラテもできちゃう。

冷茶とラテ(牛乳)の場合は、水タンクではなく容器に直接入れて、スイッチを押すだけ。
でき上がった冷茶は氷で冷やさなきゃならないけど、あらかじめ水を冷やしておけば、よりおいしくできます。
ラテ(牛乳)は冷たいのも温かいのもOKです。

 4:お茶をムダなく、おいしく、いただける。

急須だと捨てていたお茶っ葉を、ぜ〜んぶ飲めるのがうれしいですね。
お茶の栄養をたっぷりいただけて、生ゴミも減ります。

そして、お味もいいんです。
同じお茶っ葉なのに、急須で飲むのと比べて、苦味や渋味が控えめで、甘みが強めになります。
これ、お茶が苦手な方にもオススメかも。

ただ、ミルは茎茶や茎が多いお茶は苦手で適していないそうです。
実際に茎の多いお茶を使うと、ミルの上でお茶っ葉が詰まることもあり、こまめにお掃除したほうがいいようです。

 5:お手入れかんたん。

ミルはかんたんに分解できて、掃除用のブラシもついてますし、必要に応じて水洗いもできます。
お茶を点てる容器も丸ごと水洗いができて、メンテナンスは楽です。

   【残念なところ】

 1:お茶の粉を出すのがちょっとたいへん。

本体前部右側がミルで、上からお茶っ葉を入れて、ミルで挽いて下から出てくる粉を専用の皿で受けるという仕組みです。
ところが、粉の出口が狭くて小さく、落ちきらず途中で止まっている粉が結構あります。
コンコンと軽く叩いたりして落とすのですが、思うように出てこなかったり、静電気なのかくっついていたりで、なかなか苦労します。
しかも、粉の皿はただ置いてあるだけで固定されていないので、すき間からこぼれたりもしちゃったり・・・。

 2:お茶の粉が飛び散って、くっついてたいへん。
とういうように、お茶の粉は思いがけずこぼれたりします。
粉の皿は小さくて、おちょこのような形のプラスチックで、取り出すと指にも粉が付くし、容器に移すときにも口が小さくてこぼれやすくって・・・。
把っ手があれば、もう少し楽に確実にお茶の粉を扱えるのですが、チープな質感ともども、かなり残念度が高いです。
挽いた粉を、点てる容器に移す際のプロセスは、メーカーさんの想定外か、わたしが不器用なのか、思いのほか消耗します。

 3:お茶の温度が調節できない(激あつっ!)。

淹れたてのお茶はメチャクチャ熱いです。
急須でこの温度なら、苦くて渋くて絶対飲めんゾ!ってくらいの高温。
それでもおいしいからスゴイんですが、少しさまさないと飲むのはたいへん。
初めての方にお出しするときには「熱いのでお気をつけください」と言わないと悲惨なことになります。
大抵の方は緑茶がそんなに高温だとは思わないので、やっぱり熱い目に遭ってしまいます。
温度調節機能がないのは、ヒジョーに惜しいですねぇ。

保温機能はなくてもいいように思いました。
というのも、時間が経つと粉が沈んできて、お茶にムラができます。
だから、淹れたてを味わうのがこの製品でのいちばんおいしい味わいかたなのでしょう。

 4:お茶っ葉を挽く音が、ちょっとうるさいかなぁ。

電動ミルなので、それなりに大きな音がします。
コーヒー豆用の電動ミルの音よりは小さめで、音質も違い耳障り加減も少ないのですが、まぁまぁうるさい。
石臼なので、(お茶っ葉が加熱されるのを防ぐためもあるのか)挽く時間も長く、3杯分で約6分間ミルが回ります。
おそば屋さんにあるような大きなのんびりとした石臼と違って、機械的ガンバッてる音が数分間続きます。
台所とリビングがいっしょなら、会話やテレビのジャマになるかもしれません。
お客さんがいるときには使えませんので、前もってお茶っ葉だけ挽いておくといいですね。
お茶を点てる音は、コーヒーメーカーと同じくらいの音で、たいして気になりません。

 5:見た目がちょっとチープかも。

実物を見なかったので、届いて開封したら、全体的にプラスチッキーな質感に覆われてて、ちょっとガッカリ。
コストを抑えるとか、お手入れとかを考えてのことかもしれませんが、所有してるヨロコビが湧いてくるとは言い難いです。

   【まとめ・やっぱり待てる方は待ったほうがいいかも】

『「挽く・沸かす・点てる」をこの一台に凝縮』という売り文句は確かですが、全自動ではありません。
途中途中でモヤっとする作業がママあります。
しかし、でき上がりのお茶は、そんな苦労を吹き飛ばして余りある別世界のおいしさ。
急須で飲んでいたり、臼ではなく刃のミルをお使いでしたら、購入をご検討する価値はじゅうぶん。

でも、すでによく挽ける石臼タイプのミルをお使いでしたら、購入するメリットは高いとは言えないとも思います。
林センセには申し訳ありませんが、本製品の買い時は「今でしょ!」ではないかも、という結論ですた。
0コメント| 219人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年5月5日
お茶好きには見逃せないコンセプトの商品でさっそくポチってやってみた。
しかし気になる点がいくつかるので、これを検討されてるかたは以下の点を注意してほしい。
・茶葉を挽くモーター音がとてもうるさい
 テレビの音が認識できないほどうるさい。お茶というおしとやかな作法にはあってはならないうるささだと思う。
・置き台が粉まみれになる
 お茶を挽いた受け皿に抹茶が積み上がるのだが、当然ながら粉。受け皿を引いた瞬間からブワ~っと飛び散る。
 私としては、お茶っ葉を投入し、あとは全自動で最後まで行って欲しかったが、実際は抹茶を取り出し、お茶容器へ入れる工程が面倒くさいというか、抹茶が飛び散るので掃除の手間が増える事を何とかして欲しい所だった。
・味はまぁまぁ良いので色々な茶葉で試してみたい所であるが、湯の温度設定ができないのでお茶プレッソを「極める」という感じでもなさそう。。普段からお茶を点てる人は必要のない商品かもしれません。この機械では泡はできませんから。牛乳を入れてラテにすれば泡ができるそうですがまだ試してません。

とにかく気になる方も多い製品だと思うので試す価値はあると思います。
2コメント2件| 182人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年10月16日
お茶を挽く時の音がうるさかったり少量しか挽けなかったり、粉だらけになったりと改良の余地はありますが、手軽に美味しい粉茶が飲めます。お茶の成分を100%摂ることが出来るので主人は粉茶を飲むようになってから血圧が安定したと喜んでいます。面倒なのが石臼の部分をまめに手入れしないときれいにお茶を挽くことが出来ないことです。
0コメント| 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年6月21日
コーヒーが苦手で、コーヒーメーカーだけが進歩していくこの世の中で、この商品を見つけた時は小躍りするくらい喜んだものです。
事実、この商品は説明文にある事は間違いなくでき、おいしいお茶がお手軽にたしなめます。
これは、ずぼらで一人寡婦の小生には大変ありがたい商品であるのは間違いありません。

しかししかし、コーヒーメーカーと比べるとまだまだ発展途上である分野なのは否めません。
 お茶を挽く、いわゆる「ミル」部分だけにしても、
「こぼれる」「少しでも多いと一回でひけない」「熱を持つので連続で挽けない」「うるさい」
の四重苦。
ただし、どれも我慢できる程度ではあります。
 商品仕様後の率直な感想として、商品金額23,000円というのはコストパフォーマンスが非常に悪いといっても過言ではないでしょう。
同じ内容でもし、コーヒーメーカーだったら、高くても7~8,000円で十分に買えます。

それでもお茶が好きで、ずぼらな人には是非おすすめできる逸品です。
因みに、私のお腹はみずっぱらがとまりません。やっぱりお茶はおいしい(^O^)
0コメント| 65人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年8月30日
茶葉を挽く臼ですが、期待していたよりは、粗いです。抹茶にはほど遠い荒さです。すぐに高温になり、少量を挽くのにも時間がかかります。ここまで高温になると、茶葉にも熱が回ってしまっています。肝心のお茶を点てる湯の温度も高すぎます。沸騰しているのと変わらないくらいの熱さです。これでは、良い茶葉を使っても意味がありません。出来上がりの量も少なく、中途半端です。これなら、手回しのミルを買って、もっと低温で淹れた方が正解です。買って後悔しています。
0コメント| 94人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
こやつが来てから急須さんの出番が無くなりました。
確かに五月蠅いと言えば五月蠅いし、手間と言えば手間。

しかし、普通のお茶っ葉が点てて飲むあのお茶と同じモノになると考えたら何とお手軽な事か。

お茶っ葉挽いて、お湯入れて、点ててという手間だけ想像すると結構面倒なイメージですが、
 実際に使う際にはお茶っ葉を臼に入れて挽いてる間に水タンクに水入れて、
 挽き終わったら点てる容器に粉茶放り込んでボタン押すだけですし。
「完全自動運転」を期待するとガッカリするかも知れませんが、
 お湯が沸くスピードも速いし、ちょっとした準備の合間に出来る程度の手間です。

 お茶の濃さに対してお茶っ葉の消費量が少なくて済みますので、
 濃いお茶派の方には特におススメ。

音の方ですが、
 挽くときにウィンウィンウィンと昔の電動缶切り位の音、
 ミキサーやブレンダー、掃除機よりは静か。
 時間的に数分程度なので、個人的にはそこまで迷惑って程でもないかなぁと。

茶葉は粉状になっても完全に溶ける訳ではないので底まで飲むと喉が粉っぽくなります。
 そこら辺は実際に飲んでみて初めて判る事ですが、
 それを栄養と割り切って撹拌しつつ飲み干すか、
 飲み難いと思うかでこの機械への評価はガラリと変わるかと思います。

迷っているのならば出来ればどこかで試飲してみてからの購入をおススメします。

おススメポイントとしては、
 ・ 出涸らしが出ない。
 ・ 緑茶に限らず紅茶も粉末に出来るので料理に使える。
 ・ ちょっと手間だけど本格的なお茶が飲める。
 ・ 割とオシャレ。
という訳で、個人的には一人暮らしの若い人の方が向いているかもなぁと思いましたw

あ、そうそう。
 出来上がりはアツアツの状態で出てきますので、こういうモノ→西海陶器 白 湯冷まし(後手) 40621があると便利かもしれないです。

20161031追記、
 実際に使ってみて気付いた点を。
  ・粉末にした茶葉をサーバーに投入する際には「蓋の穴」から「付属の匙」で入れるより、
  サーバーを外して蓋を開け、直接放り込んだ方が入れやすいし汚れませんw

  ・ミルクを入れない状態の「お茶を点てた時の泡」がお好きなら、水の目盛は「1」~「2」まで、
  お茶を淹れ終わった後、サーバーを外して湯のみに直接注いだ方が泡を多めにゲットできます。
  (ラテモードで撹拌すると何故か泡が減るみたいなのでこちらがおススメ)

  ・茶葉が詰まって上手く行かない場合は、
  買ってきたお茶の袋を開ける前にモミモミしてお茶っ葉を砕いてやると多少は具合が良いみたいです。

 以上、ご活用下さい。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年6月16日
半自動のお茶マシーンです。個人的には、とっても満足してます。市販の茶葉が
臼でひかれ出来上がりが山吹色の抹茶が出来るさまは感動ものです。
好みのお茶の濃さにするのは、有る程度の試行錯誤が必要です。ただ
出来上がりのお茶は濃く入れても円やかで満足です。購入して正解です。
0コメント| 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年1月5日
 感激ですとても美味しくできます。私はお茶は少し温度が低いことが重要と思います。また、空気が多く入る事が泡立てが良いと思います。
1.お茶容器を取り出し粉末お茶をいれ、氷を一杯につき冷蔵庫氷一つ2杯なら2つ入れますそれにより温度が下がり美味しく出来ます。
2.お茶容器のふたは開けておきます、空気の量が多く入るようにします。
 とても美味しく出来上がり温度も良い具合にできあます。ぜひ試して下さい。
 また、良いアイデアが有らば教えてください。
0コメント| 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年12月21日
 急須一筋だったのですが、お茶PRESSO制作秘話の番組を見て購入。

 石臼挽きの粉末は、想像以上にきめ細かく、それから点てるお茶は、こってりまろやかで
申し分なし。自慢じゃないけど、チョット高めのお茶を買っているので、その全てを味わうためにも
この飲み方を知っておくべきでした。

 ・・・・・そう。『お茶』は申し分ないんです。

 機械について不満点がいくつか。

・白臼の手入れが面倒
 同じ茶葉を使う分には、そこまで頻繁に手入れをする必要はないのでしょうが、紅茶や中国茶など、
ほかの茶葉でも楽しめるのがウリなので、その場合は分解掃除が必要です。水洗いすると自然乾燥
8時間が必要ですし、ブラシ掃除だと「あっ、メンドーだな。飲むのやめようかな」という心の
ブレーキがかかってしまう。まぁ、ズボラな性格なので「混ざっても誤差の範囲だガッハッハ」
となるのは時間の問題でしょうが。

・挽き音が意外と大きい
 石臼の音が大きく、テレビ見ながらや客が来ているときに作るのは気が引けます。実はこれ、
メーカー側の誤算なのではないかと、ふと思いました。かなり先入観入りますが、コーヒーメーカー
の場合、キッチンに置いて、出来たらカップに移して好きな場所に持って行って飲むスタイルだと
思いますが、お茶の場合、部屋にポットと急須・茶筒がセットで置いてあり、作る〜飲むを同室で
行うのが多いと思います。すると、音が大敵。しかも2〜6分と長い!

・作り置きができない
 最大3杯までしか作れません。これもコーヒースタイルとお茶スタイルの違いで、コーヒーは
一度入れてしまえば終わりですが、緑茶や紅茶は、同じ茶葉でティーポットなり急須なりで2〜3回は
飲みます。コーヒーみたいに保温機能がないので、毎回ガリガリやる必要があります。

・粉末の入れ口が小さい。
 なぜ!?

・一台にまとめたせいで不便疑惑
 前述のように茶葉の挽き置きができなかったり、茶葉投入が面倒だったり、普通に急須で作る以上に
作業工程が増えて面倒だったりと、書き上げてみるとオイオイオイなマシンですが、これ、
粉を作り置きできる茶葉挽きマシンと、ポットから直接お湯を入れられる茶点てマシン(攪拌機能付き
電動急須?)を別々にして2点セットにしたほうがいいのではないか・・・と思います。
もっと突っ込むと、粉を湯呑に入れて湯を注ぎ、ミルク泡だて器で混ぜた方が(以下自粛

「性能を落とさず、よりコンパクトに!」という努力が、裏目に出たかな〜と・・・・

コーヒーの場合は、自分でドリップコーヒー作るよりも、コーヒーメーカーのほうが間違いなく手軽ですが、
お茶PRESSOは美味しいお茶を飲むために、機械を使って面倒をするという正反対の方向性なので、「この
マシンで手軽にお茶が〜」と考えると、コレジャナイ感がムクムク広がります。

長々と不満書いておきながら言い訳がましいですが、お茶は美味しいですよ!
1コメント1件| 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年8月10日
期待していたよりも容易に粉茶がひけて、お茶も美味しくいただけます。
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)