Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞直木賞特集 Amazon Cloud Drive SOS0816 Amazon MasterCard nav_flyout_biss Importsale ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 出前半額キャンペーン 真夏の健康アイテム特集 防災・防犯ストア Kindle Amazon MP3

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.8
6
5つ星のうち3.8
価格:¥3,587+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2014年9月8日
基本部分はとてもしっかりできていると思います。

しかし、安いなりの部分もそれなりにあります。
・USB3のヘッダピンはありません。後ろの2ポートが使えます。最近は前面にUSB3.0あるケース増えているので少し残念です。
・メモリのラッチが片持ち(PCI-Ex側のラッチは動きません。無理に曲げるとたぶん折れます)
・マニュアルには日本語の記述はなく、システムヘッダ以外の説明もありません。慣れている人向け。

それ以外に注意した方がいいと思う点については
・SATAポートが背中合わせに付いていて、付属のL型ケーブルのLの方は2本同時には挿せません。
 Lに曲がっている内側が干渉するので挿せないということです。まっすぐな側はもちろん入りますドライブ側に支障がなければ問題ないです
・mSATAが付いていますが、干渉するのでハーフサイズ専用です。
 ハーフは主に無線用なのでアンテナもなしで使うのは難しいです
・CPUの取り付けは事前に十分確認したほうがいい。
 熱溶融でないシリコンなので、あれこれいじると周囲にべたべた付きます。

ESXi5.1を動かそうと思って5350と一緒に買いました。他から転用するはずだったメモリが行方不明になったり、上述のSATAケーブルの
問題などでまだ稼働していません。が、msiの品質については全く心配していないので慌てることもないとおもっています。

デスクトップで使われるなら、もう一度スペックを確認されたうえで納得して買うならいいと思います。
0コメント| 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト500レビュアー2014年4月14日
昨年までXPで使っていた2002年製のNEC Mate MA17X/RZ (PC-MA17XRZETAGB・Windows Me→XPへアップグレード済)のマザーボードを交換しました。I/Oパネルが外せるタイプのPCなら市販のマザーボードが使える事から、家にある古いPCを使おうという事になりました。

古くて傷や黄ばみのあるケースなので分解してパーツ類を全て取りだした後、ホームセンターで販売している車用のボディペンというカラーでブラックに塗装。全体的に引き締まってカッコ良くなりました。

拡張スロットが3つあるケースですが、将来的にロープロのグラフィックボードの装着と電源容量を考慮してTDPが25WのAMD APUを選択。AM1発売時に最安値だったMSI を購入。分解と清掃後にマザーボードを取り付け。OSはWindows8.1 64bit を選択。

このマザーボードはMini-ITX規格ですが、Micro-ATXのケースならば何の問題もなく取り付けが可能です。既存のPCケースでのマザーボード交換を想定しているのか、ブザーが最初から基板に直付けなのが嬉しい。この価格でSATA3対応のSATAケーブルが2本付属しています。

CPUは「Sempron 3850 1.3GHz」を選択。AMDは今までフックとレバー式のリテンション装着方式を採用していましたが、今回からインテルに近いピン装着方式に変更してきた。

ヒートシンクを取り付ける穴の配置がファンレスのオンボードマザーと同様なので、おそらくAM1シリーズ計画の当初はファン式ではなくAPUオンボードのファンレス使用を予定していたと思われ、ファンレス仕様のインテルBay-Trail-Dと差別化を図るためにファン式へ変更になったのでしょう。

インテルのピンとは構造が異なります。スプリングの付いたピンをヒートシンクの穴へ少し斜めに強く挿入するなどのコツが要りますが、ピンの構造を良く見て装着すればできます。

OSは外付けDVDドライブでインストール。フロッピードライブの場所に4ポートのUSB2.0パネルを取り付けました。

実はMSIのマザーボードで組むのは今回が初めてで、GIGABYTEと比較すると多言語版の説明書が大雑把な印象を受けました。

メモリスロットやボタン電池なども簡素化されており各所にコストダウンがされていますし、ピンサインの印刷が無いのでフロントパネル用のピンヘッダの場所が分かりにくいですから注意してください。

しかし、この価格でオール固体コンデンサー、SATA3、USB3.0、DVI-D、HDMI、PCI-Express x16スロット、Mini-PCI-Express 装備という点は高く評価できます。自作経験者なら迷わずに組めると思いますが、これで初めて自作する場合は難易度が高めかもしれません。

取扱い説明書も同様ですが、BIOS表示も簡素化されていますのでUFEIのグラフィカルな画面で使用したい人は他社の製品を推奨します。

※PC構成

ケース&電源:NEC Mate MA17X/RZを流用
CPU:AMD Sempron 3850 1.3GHz
メモリ:Team デスクトップ用メモリ DDR3 1600MHz PC3-12800 ECOパッケージ (4GB) 1枚
マザーボード:本品
HDD:WD Blue 500GB AAKX
コード類:SANWA SUPPLY ATX用電源変換ケーブル 0.15m TK-PW83
     アイネックス ピン配列ケーブル 
     シリアルATA 電源ケーブル
その他:アイネックス 3.5インチベイ USB2.0フロントパネル
OS:Windows8.1 64bit ヤフオクで販売されているプロダクトキー付OSで約2,500円、1PC用=1回認証可。DL時に32bitと64bitを選択できました。私の購入した店舗ではDLにかかる時間は30分ほどで、プロダクトキーを 新しいキーの入力から打ち込んで認証OKでした。他には「Windows7 Professional 」もあります。

Windows8.1はスタートボタンが追加されましたが思っていたよりも使い難かったので、デスクトップ画面に「Start Menu 8」をインストールした事によってWindows7と同様に使いやすくなりました。

OS起動後はメトロUIのスタート画面は飛ばされて直にデスクトップ画面に行きますので、メトロUIも使用したい場合など詳細な設定はスタートボタンを右クリックしてできます。

4コアのAPUはメモリが1600MHzで動作する上、DirectX 11.2やOpenGL4.3をサポートした内臓グラフィックのRadeon R3が良いという事も大きく影響していると思います。

AM1のメモリ仕様はシングルチャンネルですから、特に同容量のメモリを装着する必要もないので後で2GBを増設する予定。OSインストール後にドライバーCDを使用し、Radeonグラフィックドライバーを最新にアップデートしてください。

最初、このSempron 3850はAMD E-350程度の性能だと思っていたのですがWindows8.1のIE11では意外と軽快に動きますので、AMD E-350よりもプロセッサとグラフィックの性能は高いようです。動画視聴も含めた通常使用における現時点では特に不満はありません。

一応は4コア4スレッドですが、25Wと省電力な上にプロセッサのクロックが1.3GHzですから妥当な性能でしょう。RADEON R3グラフィックは4K映像出力にも対応しています。

発売されてマダ数日なので、これからamazonでAM1ソケットの各社マザーボードが続々と発売されるかもしれませんが、ひとあし早く発売されたコノMSIの製品は思っていたよりも良いです。

フロントUSB3.0ピンヘッダ、パラレルポート、ASmedia SATA3端子などが必要な場合は「ASROCK AM1B-ITX」が良いでしょう。マザーボードにはPCI-Express x16(x4動作)が装備されているので、将来的にはミドルクラスのグラフィックボードを装着する事で延命できます。 古いベアボーンCubePCを再利用してマザーボード換装もできます。

SATA3のストレージは2つと少ないですが、映像出力もHDMI・DVI-D・D-subの3ポートあり、様々なモニターが使用できます。オンライン3Dゲームをしない普段使い用なら、低価格で組めるMini-ITXマザーボードとして選んでも良いと思います。

TDP25Wという事もあって、個人的には格安Cubeケースでの利用を考慮された製品であると感じました。もちろん、Micro-ATXケースなら余裕で使えます。また、とてもCPUファンが静かなので、毎日のように長時間使用する事務などの仕事用としても良いと思いました。 

今まではCPUオンボードのマザーボードではCPU交換が基本的に不可でしたが、ソケット化によってSempronを選んでも上位のAthlonに交換が可能ですし、CPUオンボードの他にも新たな選択肢の1つになると思います。 

↓製品の詳細はコチラの記事がわかりやすいです

「AM1でもMILスペック - MSI AM1I Socket AM1対応Mini ITXマザーボード 日本正規代理店品 MB2087 AM1Iのレビュー」

↓CPU取り付けはコチラの記事がわかりやすいので参考になります

「Athlon再び!待望の省エネプラットフォームの最上級モデルのAPU(;=゚ω゚)=333 ※速報版ベンチマーク追記! - Athlon 5350のレビュー/」

----------------------

・追記(5月30日)

2006年に購入したXPの古いノートPCにWindows7をインストールして使用していましたが、不具合が出始めたのでMSI AM1Iマザーボードと Athlon 5350を購入し、手持ちの CFD Elixir DDR3 PC3-12800 CL9 4GBを使用して置き換えました。詳細はAMD Athlon 5350のレビューに書いています。

・追記2(9月9日)

知人からの依頼で Athlon5150を使用して古いSONY VAIO Jを改造。AM1はTDP25Wなので古い150W電源でも使えました。
0コメント| 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年1月12日
Win8.1で使っていますが、なぜかスリープの復帰に失敗します。
当方の環境・設定によるものだと思いますが、UEFIで起動も早いので使わない時はシャットダウンしちゃっています。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月26日
安く小さなキューブサーバー用に買いました。cpuも安くコスパ最高のサーバーが作れたと思います。1ヶ月くらいLinux サンバで動かしてますが音も小さく安定しています。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月20日
この商品を購入検討中の人に注意!
これはNON-ECCなためECC付きだと使えません。
他はパーフェクトです。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年2月7日
廉価グレードとはいえ、今時UEFIバイオスじゃないし、起動失敗も結構発生します。再インストールやバイオスアップデートしてもなにか不安定。 ハード的に不良品なのかな~。
 初MSIのマザーだったのですが、、、MSIのは二度と買わない様にします。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告