Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞直木賞特集 Amazon Cloud Drive SOS0816 Amazon MasterCard 洗車グッズ特集 Importsale ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 真夏の健康アイテム特集 DIYはじめて講座 Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4
8
5つ星のうち4.4
星5つ
6
星4つ
0
星3つ
1
星2つ
1
星1つ
0
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2014年12月6日
ポートマルチプライヤについて何も書かれてないのが不安でしたがWin8.1PCに接続しただけで2台とも認識しました
ただ、旧型のSATA3E2-PCIeはポートマルチプライヤを使うと1ポートしか使えなくなるという欠点がありましたが本製品も同じかどうかは確認できていません
エアリアSD-PESA3ES2Lも持ってますが起動はこちらのほうが誤差程度ですが若干早い気がします

追記
ポートマルチプライヤを使っても2ポートとも使えました
0コメント| 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月5日
ご近所のPCショップで1,000円でしたので購入。
USB/eSATA両対応HDDケースの転送速度UPとポート増設を狙いました。
→オンボードのSB710でポートマルチプライヤが可能だったため、結果的に本品は別のHDDケースでWHSv1のDE用を目指しました。
稼働できるようになったので追記しますが、やはり後悔しています。
ケース側で動作確認されているボードがあるのなら、そちらを購入しましょう。

購入して分かったこと
・搭載チップは88SE9128ではなく88SE9123でした。と思っていたら、実は88SE9125でした(謎)。
 ※チップ上の印刷は88SE9128に見えます。が、よく見ると最後の8の部分の印字が少し不自然ですね。
・ポートマルチプライヤ対応ですが安定しません。→相性問題
 ※シングル接続のeSATA機器は正常に稼働します。
 ※オンボードのSATAでポートマルチプライヤを実現していると相性が出やすいかもしれません。
 ※私の環境の場合、ポートマルチプライヤで動作するのは1ポートのみでした。
・PCIeのGen.2対応ですが、Gen.1でも、最大速度に制限は付きますが、問題ありませんでした。
・購入時点で最新のBIOSが組み込まれていました。
・ファームウェアは最新ではありませんでした。

接続に問題のない製品
・センチュリー 裸族のお立ち台eSATAプラス CROSEU2(SATA1.0)
 ※WINDOWS10 PCIe Gen.1でテスト

接続に問題のある製品
・コレガ CG-HD2EU3100 2HDD搭載(SATA2.0)(WD20EADSを2つ搭載)(非RAIDモード設定)
 ※JMB352コントローラ搭載(スイッチはシングル設定)、電源連動機能は問題に関係せず。
 ※WINDOWS10 PCIe Gen.1(x1,2port)とWHSv1 PCIe Gen.2(x1,x16)でテスト
  WINDOWS10ではMS標準ドライバとMarvellのドライバの両方を試しています。
 ※尚、このHDDケースはSB710上のeSATAからポートマルチプライヤを利用して正常に稼働しています。
・Logitec LHR-4BNHEU3(SATA3.0)
 ※eSATAの制御チップはJMBでした。
 ※素直に動作検証されているAsmedia ASM1061搭載のボードを選びましょう。

症状
・PCの起動シークエンスに必要な時間が5倍。
・起動時にHDDを認識したりしなかったり、認識しても1台の時も2台の時もある。
・CDMでベンチマークをとろうとする(または時間経過で)とHDDとの接続が切れる。
 ※ドライバのキャッシュ設定や切断設定では改善しない。
・エラー後の再起動に失敗し、起動シークエンスのループ、HDDを外すまで起動不能。

対応
・海外のドライバ収集サイトから、最新のドライバとファームウェアを入手。
・ドライバ→ファームウェアの順に更新しそれぞれの段階でテスト。
・接続するPCIeスロットの変更。
→症状はループし、改善に至らず。

やはり、この製品はまだキワモノシリーズだと思います。
「苦労と思考」を愛する挑戦者ならば、購入を検討してもよいかもしれません。
1,000円分は楽しめましたので、この評価です。

解決編(11/11追記)
・起動の成否でばらつきがありますがWINDOWS10とWHSv1で使用できるようになりました。
・下記1.2.3.によって、本商品のポートマルチプライヤを利用してLHR-4BNHEU3でWHSv1のDEを拡張することができました。
 ※起動にかかる時間も若干改善されました。

 1.U3S6のファームから有志が作成したMODの導入(ネットのキャッシュから入手可)
  ※フラッシュする箇所が1か所(BIOSも更新される)。
  ※eSATAのBIOSがASUSのものに上書きされるため、マザーのBIOSと相性が出ます。
  ※この時点で再度ファーム更新に挑むと、88SE9128ではなく88SE9123と思われたチップが、実は88SE9125だったことがわかります。
  →ポートマルチプライヤは機能しなくなります。(U3S6のSATAは内部ポートのため?)
   某所で配布されている88se91xxシリーズのファームがそのままでは適応できなくなります。

 2.1で使った書き換えツールを起動し、途中で某所で配布されている91xx用と交換して、更新します。
  ※フラッシュする箇所が7か所で、88SE9125のためか1か所(5番目)だけは失敗する。
  →この時点で標準ドライバでもWINDOWS10上ではポートマルチプライヤが機能します。
   ※複数のCDMを同時に走らせても落ちませんでした。
  →この段階だと、WHSv1では最新のMarvellのSATAドライバとAMDのSATAドライバに相性があるのか、ポートマルチプライヤで接続したHDDがあると、上手く起動できません。

 3.WHSv1のMarvellのSATAドライバを最新から古いものへ置きかえる。
  ※1.0.0.1036(2010/03/17)で起動すればポートマルチプライヤも安定、それ以外は起動シークエンスでループ。
  ※メンテナンスなどで接続がリセットされるとSB710のポートマルチプライヤで接続されたHDDを見失うことがある。
   →ケーブルを確認してもダメなら、AMD SATAドライバをraidドライバに置き換えて再起動すると直ります。
    その後、SATAドライバに戻しても何故か利用できます。

追記1/16
PC本体の内蔵HDDを繋ぐSATAケーブルを交換したところ、AMDのポートマルチプライヤとMarvellのポートマルチプライヤが安定して共存できるようになりましたので、ご報告します。
CDIのSMART情報C7(DMA転送CRCエラーカウント)を参考に対応しました。
ケーブルの品質によってはCRCエラー訂正の問題で動作上の相性が出てしまう模様です。
問題のケーブルは某PCショップのBTOに付属していたものです。※製品は故障したため、ケースとケーブルのみ再利用
思えば、このケーブルに繋がれていたHDDばかり故障していたので、もっと早く気がつくべきでした。
※ずっと、Drive Extenderの不具合だと思っていました。
 同時にコールドブートの失敗や起動後の突然の再起動もなくなり、AHCIのオプションBIOSでのSATA機器の認識も早く正確に。

ただ、くたびれたeSATAケーブルでも正常に稼働している製品(CG-HD2EU3100)もあるため、どれから対応するかは貴方次第です。
一見、関係なさそうなところにあるSATA製品も、不具合の解決には見直す必要があるという例だと思っていただければ…。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月6日
AREAの「SD-PESA3ES2L」を使っていたが、M/Bのロゴ画面でノイズが出る。
いろいろ試したがこの製品をM/Bに挿すだけで発生する。メーカーでの検証では再現せず。製品交換しても直らず。
eSATA×2とSATA(内部)×2の排他使用で、ジャンパピンで切り分けるタイプです。
eSATA×1とSATA×1が必要だったので、この製品がジャストだったが、いつ出るか判らないノイズに嫌気がさして、eSATAと内部のSATA増設を別々のボードで行うことにした。
玄人志向のこの製品(SATA3-PCIE-E2)でeSATA×2を増設し、同じく玄人志向の「SATA3I2-PCIE」で内部SATA×2を増設した。
コストはかかるが、今のところ問題なし。
玄人志向のボード同士の競合もなし。
Windows10、GIGABYTE(GA-H170-HD3)、intel core i3 6100、電源;オウルテック(AS-400)の構成です。
最初、デバイスマネージャーで「?」マークが付いたが、添付のドライバーを当てたら認識しました。
後から調べたら、eSATAとSATAをジャンパピンで切り分けて使うボードは、少ない。
知識不足でジャンパピン方式のメリット、デメリットをよく知らずに使ってしまった。
目的に応じたボードを使うのが一番だと認識しました。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年12月8日
今まで、RATOC SA3-DK1-EU3 外付けリムーバブルケースと接続するために、RATOC製のSil3132チップ搭載カードを使用してきましたが、Windows8/8.1で使えなくなったのでこちらにかえてみました。
ホットプラグツールはありませんが、特に問題なく使えています。
この手のカードは何より安定性が重要と考えますが、今のところ問題なしです。
(ポートマルチプライヤに関しては試していません)
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年6月19日
マルチポートプライヤに対応しているので良いと思います。
マザーボードがマルチポートプライヤに対応していなくても、これがあれば裸族系を認識させることができました。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月17日
マルチプライヤでなければ、eSATAの意味がなく同製品の旧なのかな、マルチプライヤの記載がどこにもなく不安定だった。本製品にもなかった。大事なことは詳細に書きましょう。アマゾンさんは、技術じゃないから出品者が明記すべきでしょう。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年9月1日
eSATA接続のポートマルチプライヤなHDDケースは1つしか動作しない模様。
ドライバは1.2.0.1041でこの状態です。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年4月9日
品物を受け取りました、細かい物の対応ですが、有り難うございます。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告