Androidアプリストア Amazonファミリー 講談社タイトル配信開始 Amazon Cloud Drive SOS0928 Amazon MasterCard nav_flyout_biss DVD Blu-ray Bargain 2016summer Amazon_meets_LAST ファッション Fire HD 8 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト手土産グルメ・スイーツ コンディショニングサポートストア コーヒーストア Kindle Amazon MP3 ゴルフ初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.7
182
5つ星のうち3.7
スタイル名: class2|変更
価格:¥1,109+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2016年1月1日
他の人の口コミ通り、差し込むポートに注意しないとダメです。
自分の環境(自作PC)では、フロントポートは不安定でダメ、リヤポートもダメ、試しに空いている内部USB2.0ピン端子から、出したところ、ようやく安定しました。が、なぜかたまにノイズがのり、たまに接続が切れたする。いろいろ試したところ、LOGICOOL ワイヤレスゲームパッド F710rが原因だと判明。試しにフェライトコアをゲームパッドの延長線につけると、劇的に改善しました。
LOGICOOL ワイヤレスの マウスとキーボード、本器の延長線にも念のためフェライトコアを付けました。
今はすごく安定していて 有線とほとんど変わりありません。
WINDOWS10 で、APT-Xに対応しているとの情報があり、OS標準の機能で動かしいます。
OSで対応しているプロファイルなら、インストールCDやメーカーのインストールプログラムは入れない方が全然安定しています。
下手に入れると、普通に削除しただけだと、きれいにアンインストールできずに不安定になります。
私の場合も下手に入れて失敗しました。下手に入れて、OSをセーフモードしたり、ゴニョゴニヨしてやっとクリーンにしました。
******** 無駄なドライバーは入れないようにしよう***********
他の人の参考になりますように!
review image review image review image review image review image review image
0コメント| 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年8月4日
SonyのBluetothヘッドホン(MDR-10RBT)でPCのサウンドを聴くために使っています。apt-Xコーデックを使いたくて他のBTアダプタから乗り換えたクチです。最初Windows 7 x64にCSR Harmonyをインストールした際は諸兄と同じくハマりまして,皆様のレビューなどを見ながらいろいろ試しましたがうまくいかず,最終的に英文ですが「Review: Avantree Bluetooth 4.0 Micro USB Dongle」で見つかるページの「try this!」を手順通りにやってなんとか導入に漕ぎ着けたのも,今となってはいい思い出です('A`)

さてこの度,PCを新調がてらWindows 10 (x64)の新規インストール環境でこのアダプタを使ってみました。
前回の苦労に懲りて,何はともあれWindows 10をインストールした直後に真っ先にCSR Harmonyを導入し,しかる後にアダプタをPCに装着することで,なんのエラーもなく導入できました。ヘッドホンとのペアリングや,ペアリング済みヘッドホンの自動接続なども従来通りできていますし,apt-X接続時に改めて情報がポップアップするのも以前同様です。ただ一点,タスクトレイのBluetoothアイコンがたまに変(ヘッドホン接続中なのにラジオオフを意味する白アイコンになっていたり)な気がします。
(8/10追記: 一度Windowsをスリープや休止状態にすると,その後タスクトレイのアイコンが変になり,接続デバイス情報も消えたり化けたりします。関連サービスの再起動などいろいろ試しましたが,今のところOSを再起動する以外の解決方法は見つかっていません。)
(8/25追記: デバイスマネージャーから【ネットワークアダプター】→【パーソナルエリアネットワークデバイス】のプロパティを開き「電源の管理」タブの「電力の節約のために云々」のチェックを外したら,休止状態からの復帰後もタスクトレイアイコンが健在になりました。)

あとこれはOSには関係ないのですが,アダプタの設置場所は大事ですね…。
最初本アダプタを新調したPC(ミドルタワー)のフロントパネルのUSBポートに挿していたのですが,1mも離れていないBTヘッドホンでブチブチ切れまくりでした。もしやと思ってUSB延長ケーブルを使ってアダプタをPC筐体から少し離したところ,劇的に改善しました。やはり電波モノ,金属からは離した方が良いようです。
0コメント| 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月1日
Windows10のPCであればメーカー配布のドライバ(スタック、CSR Harmony)のインストールは必要ありません。
USBポートに挿すだけで標準のBTドライバ(スタック)がインストールされますので、即 使えるようになります。
Bluetooth対応のマウス、キーボード、スピーカー、イヤフォン、ファイル転送等多くのプロファイルに対応しています。
もちろん、スピーカーやレシーバーがaptx対応ならaptxで接続されます。
→ BTレシーバー Princeton PTM-BTR2で確認(PTM-BTR2のLEDがBlueの点滅になる~aptx接続時)
MM-BTUD43などCSRのチップを使用したドングルはWindoas10の標準スタックで使えるようです。
繰り返します。CSR Harmony は不要です。
0コメント| 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年1月6日
apt-x/aacを使いたいがためにこれを買いましたが
ライセンスの関係上からか、apt-xのためにはCSR社のスタッカを使わされる事になり
結局このCSRスタッカの癖が気に入るか、あるいは気にしないで済む人だけが使って行けるアダプタになってます
CSRのスタッカは昔から評判がとにかく悪く
私個人の経験でも、以前使った時には
アダプタを認識しない、機器を認識しない、スタートアップ時に他の自動起動アプリの起動を疎外する
接続が不安定、したい事ができない&見る必要の無い項目だらけ
等々、山ほど面倒臭い思いをしました
それでtoshibaのスタッカやbluesoleillを使ってきたのですが・・・

結局今回も同じ経験をしたのでうんざりしてしまい、bluesoreillをインストールしなおしました
apt-xは使えなくなりましたが、OS自体の快適さが失われるのは本末転倒ですし我慢する事にします
CSR社以外のスタッカもapt-xに対応するその日を待っています

ちなみに最近(2015/08)になって、win10が正式に発表されましたので
windows10をインストールしたPCでも使えるか試してみました
結果、使用可能でapt-x再生もできました
0コメント| 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年5月26日
ドライバセットアップ中にランタイムエラーが出ます。一応セットアップは継続出来ますが、デバイスをペアリングしようとするとやはりドライバのエラーになります。
説明書にWindowsUpdateからドライバがあたらないようにする設定が重要事項として記載されていますが設定してもしなくても変わりありませんでした。
また、ネットからDLしたドライバでも付属CDROMでも同じです。
レビューを見る限りWin8.1では問題なさそうなので他のPCでも試してみます。
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
USBタイプでAAC/apt-X両対応のBluetoothアダプタはこれとMM-BTUD43以外にほとんど見当たらず、
Bluetoothオーディオ専用ドングルと言い切ってもいいくらい。
一方で2014年登場の比較的新しい製品にもかかわらず、
Win8.1には非対応という非常に尖ったスペックの製品です。

というのもapt-X自体を開発したCSR社(Cambridge Silicon Radio)のドライバが
はっきりWin8.1非対応なので・・・。
発売元のサンワサプライに問い合わせてもドライバのWin8.1対応予定はないようです。

なのでAAC/apt-X目的ならWindows XP〜7かただの8で使うこと(XPは危険ですが)。
8でもModern UIには非対応なので要注意。
個人的には手元のWin7 PCでAAC/apt-Xコーデックが使えるようになり満足ですが、
Win8.1では使えないと思ったほうがよさそうですね・・・。

ちなみにCSR社のドライバを入れずWindowsの標準Bluetoothドライバでも一応動作はします。
ただその場合ウリのAAC/apt-Xコーデックは恐らく使えません。

このあたりの事情を把握しないままAAC/apt-X対応に飛びついても、
ムダになりやすいので購入を検討されている方はお気をつけください。
0コメント| 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年3月26日
BluetoothUSBに興味を持って調べてみるとたくさん同じようなものが出てきてどれを買うか迷いました。
そこで価格.comでランキング3位だったこの商品を買いました。
まだ発売されたばかりなのでレビューが殆ど無く不安なところもありましたが、実際使ってみて満足しています。

調べてみるとペアリングする機器の台数分、USBアダプタが必要と店員に言われたというレビューが有りましたが、これひとつで複数の機器を接続することが可能です。
自分はマウスとヘッドフォンを同時に使用しています。

説明書は画像付きでとてもわかりやすく、間違えることなくセットアップすることが出来ました。
説明書には最初にアダプタを付けてからインストールするようにと書かれていますが、インストールして再起動した後にアダプタを付けるといいそうです。自分もそうしました。

この商品と同じ時期に発売されたMM-BTUD44というこの商品より少し長さが短く、数百円ほど安い商品がありますが、その違いは通信可能な距離にあります。
この商品はclass1と言って100m程度電波が飛びます。44のほうはclass2と言って25m程度しか飛びません。
通信速度は殆ど変わりません。

このアダプタを差したままPCを起動するとPCのメーカーロゴで停止してしまいwindowsなどが起動しません。
なので毎回アダプタの抜き差しを行ってください。
もしくはBIOS設定(PC起動時にあるボタンを押すとできます。自分のPCはF2ボタンでした。)でUSBレガシーサポート(対応していないOSでUSB機器を利用できるようになる)を「利用しない」にしてください。
これを「利用する」にしていると、PC起動時にもUSBが有効になるのでWindowsの起動を妨害するそうです。

マウスなどしょっちゅう接続が切れる場合がありますが、「デバイスマネージャー」→「ユニバーサルシリアルバスコントローラー」タブ内の「CSR Bluetoothデバイス」のプロパティから「電力の節約のために、コンピューターでこのデバイスの電源をオフにできるようにする」のチェックを外してください。
0コメント| 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年9月11日
LGのbluetoothヘッドセット HBS-800 と使用するために購入しました。
apt-xを使えることが重要だったこと、class1の出力が大きい物、が選択理由です。

CSRのドライバーについてはこちらでも他でも問題が発生していることが結構報告されていて怖かったのですが、
自分の環境(Windows8.1)では問題無くブルースクリーンも発生していません。PCオン中にヘッドセットの電源をオン→オフしてもちゃんと復帰します。

ちなみにclass2のアダプターを使ったこともありますが、その場合は同じ部屋内でも背中を向けると切れたりしてたのですが、class1のこちらの商品にしたら隣の部屋に行っても問題無く繋がるようになりました。USBの延長コードで見通しの良いところに吊り下げてclass1の製品を使うことを強く御勧めします。
0コメント| 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年4月19日
bluetoothヘッドセットで音楽を高音質で聞きたいならアダプターとヘッドセット両方がAAC/aptXに対応していないといけません。
自宅で、ローラー台でロードバイクに乗る時、目の前に設置してあるPCとbluetooth接続してビデオや音楽を鑑賞しています。OSはWIndows7Ultimate
ヘッドセットはLogitec Bluetooth4.0対応 ワイヤレスステレオイヤホン 超小型 高音質コーデック aptX対応 ブラック LBT-AVHPC30B
ドライバーはwindows updateから検索して勝手に入りました。CSR Harmonyさえちゃんと入れば最低限楽しめる位の音質になります。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年3月28日
Bluetoothは技術的に難しいのか、メーカーがいい加減なのか,ロクな物が無かった。このドングルはwin8.1PCでAPT-xで全く問題なく利用できています。 
音楽の発信にclass1が役立っているのか、受け側(Headphone)がclass2であるが5m以上届いている。 
これまで受側だけがAPT-xでした。これでもかなり音が良くなって驚いていましたが、スムースさに欠ける感じでした。送受が共にapt-xであると音が澄んで動きがスムースになります。干渉に弱いBluetoothの常識として、PC直付けでなくUSB延長ケーブルでPCや無線LANなどから(3m以上)離して設置しています。
この製品は安定して使え、Ver,4、class1でwin8.1までカバーする最強のBluetoothDongleと言えると思います。今のところこれしかないのでは!? 値段も最安です。
今まで東芝のスタックを使用していましたが、悪評のCSRスタックも問題なく使用できています。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告