Androidアプリストア 知育学習玩具大賞 まとめ買い・セット本ストア Amazon Cloud Drive psm Amazon MasterCard nav_flyout_biss nav_flyout_videogame ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV おせち特集2018 ハロウィンストア2017 家電_秋のセール Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 戦闘車



VINEメンバー2015年2月7日
シャーリーは13歳の可愛いメイドです。何でもできるけど、まだ大人じゃないからできないこともある、そんな可能性を感じさせる少女です。
御主人のカフェを経営するレディは美しく、てきぱきとしているけど結構抜けたところのある、大人の女性。
そんな不思議な組み合わせの2人の楽しい、日常を描いたお話です。
最初はシャーリーの過去が気になりますが、その曇りのない心根を見るにつけ、あまり気にならなくなる。
実際、作者も書いていますが、19世紀ならこうした子供のメイドは珍しくなかった。でも20世紀にはそうではなくなった。
それだけにいずれはその出自を書くのでしょう。それがあまり不幸なものでないことを祈りたい。
他に2人のメイドの話も所収されています。それもなかなか楽しい。でもこちらは過去を感じさせない。
ドラマを感じさせない。だから、シャーリーはやはり、主人公なのでしょう。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年4月8日
とてもほのぼのでした。
2巻も欲しくなってしまい、買ってしまいました。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年10月2日
筆者の乙嫁語りを読んで他の作品も読んでみたくて購入しました。読み切りですが、とてもほんわかした内容で読んでて幸せな気分になります。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2009年7月4日
表題作のシャーリーについては、この単行本が出た大分後に、追加のエピソードが何かの雑誌に描かれました。
それらも収録した完全版が出るのを期待したいです。

13歳で何か訳有りらしい少女シャーリー。あまりしゃべらず、でも仕事は完璧。
彼女はカフェの女主人であるベネットお姐さんに住み込みメイドとして雇われます。
(年令制限のない求人が1つだけだった。理由はベネットさんの書き忘れ(笑))
ベネットはシャーリーを雇って二人暮らしが始まります。
そして二人は目に見えない絆を作り上げていきます。
ベネットはシャーリーを『涙が出るほどの当たりを引いたかも』と評する(笑)

他にもメイドさんに関する読み切りマンガが幾つか収録されています。
どれも読んでいて心温まる物語です。
0コメント| 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年10月7日
違う漫画とのコラ画像で知り、興味を持ったので購入しました。
内容はとても面白く、予想していたより満足できました。
配送も丁寧でした。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2003年4月17日
最近では間違ったいやらしいメイド像が多く、「メイド」という名前自体が

オタク的なものだと思われがちですが、この作品はそれを打ち消してくれます。

清潔な服とエプロンを身につけ、家事を手際よく黙々とこなす女性の姿。

その姿は清楚の一言につき、シャーリーはそれに可愛らしさも持ち合わせています。

 

好きな場面は、シャーリーが暖炉の炎をぼんやりとながめているシーン。

炎に照らされる幼い少女の顔は「愛らしい」としか言いようのないもので、

それを優しく見つめる女主人がまた素敵で、印象に残っています。

 

収録されている「5歳の少年当主とメイドさん」「悪戯好き当主と勝気なメイドさん」

どちらも、主人と使用人ながら心通わせている姿が描かれていて素晴らしいものです。

「メイド」という言葉に偏見無く読んで欲しいなと思いました。
0コメント| 119人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2003年2月25日
メイドさんの話です。
13歳の少女メイドから、ハイティーン(推定)の眼鏡メイド、二十代(推定)のクールなメイドの三人が登場します。
題材が題材なのでマニアックなイメージがあるかもしれないけど、作者の画風の所為かあっさりと読ませてくれます。
特にセリフのないコマがテンポよく並ぶページなんかは、作者のセンスのよさが窺えます。
舞台はヴィクトリア朝のイギリスで、そんなにメイド好きじゃないけどこの頃のイギリスが好き、というヒトでも楽しめます。
0コメント| 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年7月9日
面白かった!今までなんとなく1は買ってなかったけれど買ってよかった。絵は、森先生にもこういう時期があったんだなと言う初期の絵でしたがそれでも上手です。ストーリーがあまりないという人もいるけどモンゴメリのように日常の中の人の機微や感情、暮らしを描くことに長けているタイプで、絵にそのキャラの感情や生育まで滲み出ていると思います。絵が上手な人はたくさんいますが、それを感じられる人はそんなにたくさんはいない。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年6月17日
ヒット作の「エマ」「乙嫁語り」も読んだことあるのですが、正直この「シャーリー」ほどのインパクトはありませんでした。
この作品は、人の家というプライベートな空間での主従関係と、女性同士の同性愛的な愛着が、精神的領域のみによって描かれていて、鼻血が出るほどのエロスが感じられます。シャーリーが今の家に来る前も、年老いた女主人に仕えていたのですが、主人公の家に来ることになって、今度の人は優しい人なのかどうか、主人公に対して最初は不安な気持ちと、良い人だった事が分かって心から幸せな気持ち、心を込めて尽くそうという真心と濃密な愛情が伝わってきます。もちろんレズではないし、肉体関係も全くありませんが、この作品のエロティシズムは言葉では言い表せません。もちろん、ほのぼのした心温まる作品として読むことも可能です。しかし私には、あのコルセットの話とかをスルーしてしまうことは到底出来なかったです。作者は女性であり、女性の精神性や身体に宿るあの「不思議な感じ」を無意識に描写しています。初期作なので荒削りですが、だからこそ余計に頬を染めて読まざるを得ない作品です。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年3月2日
 森薫の作品では、多分これが一番好き。
 事件が起こる訳ではない。起伏に富んだストーリーが展開される訳ではない。ただ幼少のメイドとちょっと薹が立ってしまった美人の女主人との心の触れ合いがまったりと綴られていく、それだけ。
 しかしこれが心地良くてしかたない。
 なんと言っても主人公のシャーリーが可愛いし、女主人も魅力的。そんな女主人にも色々と葛藤があるようなのであるが、あくまでも匂わす程度でまったりとした二人の関係だけが綴られていく。
 いつまでもこのまったり感に浸っていたい、そう思わせる作品。強く第二巻を希望。
0コメント| 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

カスタマーサービスが必要ですか?こちらをクリック