Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Cloud Drive SOS0816 芥川賞直木賞特集 Amazon MasterCard nav_flyout_biss Trade-in ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 敬老の日 真夏の健康アイテム特集 防災・防犯ストア Kindle Amazon MP3

カスタマーレビュー

5つ星のうち2.6
165
5つ星のうち2.6
機種・種類: PlayStation3|変更
価格:¥1,310+ ¥340 発送
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2014年6月6日
プロスピ5から、毎年発売日に買ってきました。
気に入る年もあれば、今年は出来が悪いなと思う年もありました。

しかし本作は、出来がいいとか悪いとか、そういうレベルではありません。
平常時は真ん中低めに投げ続けるだけで容易に完投、完封できる。
全自動大逆転システムが作動すると、どこへどんな球を投げようが逆転されるまで打たれ続ける。
もはや野球でもなんでもありません。

このゲームを作った人は、何を誇りに仕事をされているのでしょうか。
こんなものを発売して、「これは俺が作ったんだよ」と人に話せるのでしょうか。

そりゃゲーム会社に入社するような人の多くは、野球は好きではないかもしれない。
だけど、野球ゲームを作るという仕事を与えられたなら、まずは野球を理解するしかない。
実際に野球を見てみれば、配球の駆け引きというのが野球の最大の魅力であることに気づくでしょう。
少なくとも1死2塁でバント警戒がデフォルトというプログラムは組まないでしょう。
興味を持ってみていただければ、野球というのは本当に奥が深くて面白いスポーツです。

会社として、毎年選手を更新して出しさえすればいという姿勢が見え見えなのが悲しいです。
社員の方は、「とにかく毎年開幕前に出す」という義務感だけで仕事をされていないでしょうか。
残念ですが、今後このシリーズを手に取ることはないと思います。
0コメント| 146人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年3月26日
もう何年もこのシリーズを出しているけど、なぜ良い作品にならないのか。
それは野球ゲームシリーズの既得権益の上で胡座をかいているからである。

前作から言われている不満点(守備がもたつく等)を一切改善しようとせず、選手のデータだけ変えて毎年売っている。酷い商売だ。

それどころか、打球音や応援歌など余計なところを改悪している。特に予想システムはゲームバランスを崩壊させる最悪な変更だ。

日本の野球ゲームはコナミからしか出ないので、制作側には頑張ってもらいたい。
1コメント1件| 234人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年3月31日
今回の出来は最悪です。 打球音といい応援歌といい最悪です。 なによりあり得ないのが、スタープレイヤーを投手でやってたり、ペナントをやっていても、CPUがコース予測でコースを読み当てたら100%に近い確率で打たれます。 買って損した気分です
0コメント| 76人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年3月26日
ペナント監督モードは、フリー打撃です。
年間ホームラン0本の実績選手でも、作戦が的中すると連発かましてきます。
作戦が成功しても、されても気分悪いです。
フィールドプレイは、さながら曲芸です。
ダイビングキャッチから、両ひざを着きながらサードから、ファーストへノーバウンド剛速球を投げます。
外野手は、前方一回転しながらのローリングキャッチ。通常なら選手生命が絶たれます。
コメディ感覚で、プレーに臨まなければ理解できません。
この会社は、本当に10年間もプロ野球を観察していたのか?恐ろしい観察力と製作力です。
プロ野球を卑下する、コミカルプロ野球の決定版です。10年間ご苦労様でした。

気づいた点があります。監督モードにおいてですが、COMは作戦実施のためのMPが残っていると、
先にプレイヤー側が作戦画面に入ってキャンセルしても、作戦を実行しMPを消費します。(プレイヤー側のMPは減少しません)
これを利用して、攻撃時にアウトになっても良い状況で、まめにCOMのMPを浪費させます。
これによりプレイヤー側のチャンス、ピンチ時に何らCOMは作戦を実行できません。
少なくとも、連続作戦の実施による大量失点の事前予防にはなりそうです。

COM最終回のラストバッター対策に、敬遠のためのMPは温存して下さい。
強引にも接戦を強いるため、劣勢側には点差に応じて強化ポイントが与えられます。
強化された「ここが勝負だ」を使用されると、瞬時に予想打率が8割越えのスーパー打者に変貌します。
投手が哀れで、敬遠せざるを得ません。こんな野球はしんどいです。
盗塁、犠打、守備位置変更はおろか、敬遠もMPが足りないと作戦画面に表示されませんので、注意が必要です。
設定によりサイン回数制限なし、MP制度なしも選択できますが、サイン連発によるさらなる乱打戦を誘発し選びづらいです。
一年間かけて作り上げたシステムの欠点ですので、すぐに修正を施すと思われます。
結局この様な勝ち方をしても、何一つ楽しくありませんが。

三択じゃんけん方式による優劣を決定する作戦が、監督采配の駆け引きとは滑稽です。
試合展開を予想し、選手の特徴を踏まえ、1得点の重みがある采配を体験したかったです。
それで試合に敗れても納得し、次の試合に生かし臨みます。三択じゃんけんによる敗戦から、何を省みればよいのか不明です。
毎年、愛着のある球団や思い入れのある選手のデータ更新に一喜一憂しても、じゃんけんに負ければ終わりです。
選手能力など三択に敗れれば無力です。
全年齢対象指定の意味がわかりました。

プロ野球ゲームは、ライセンス独占により、実質1社限定製品です。
何故独占市場がいけないかは、独占による多くの弊害が生まれるからだと教わりました。
コナミはライセンス独占によって、他社の参入を事前予防し、日本プロ野球機構へライセンス契約収入、日本シリーズスポンサー収入などを渡しています。
その資金は、ユーザーからのソウト販売収入の一部だと思うと歯がゆいです。
プロ野球ゲームが、この10年間で数社の自然な競争により発展していたなら、今現在もっと充実したプロ野球ゲームが存在し、楽しめたのではないかと悔しくなります。
もうお腹一杯です、ごちそう様でした。
0コメント| 200人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年4月16日
<良い点>
・球場・選手のグラフィックは相変わらずリアル

<2013年度版と比べて改良された点>
・オリジナル選手作成モード(スピリッツ)で、ようやくというべきか「選球眼」、「打撃スタイル」等が選択できるようになった
・ペナントモードで監督、コーチを変更できるようになった(それに伴い、指導力によって選手の成長の仕方が変わるようになった)
・ペナントモードは、外人獲得の際に金銭の概念が導入され、また、リストから外人を選択できるようになったり、海外移籍が起こったり、オーダー思考、トレードの難易度等、リアルにはなった

<問題点>
・試合のゲームバランスが悪すぎる

観戦モード→2013年度版では四死球があまりに出なさすぎる仕様で、そこは改良されていたが、今度は超打高のゲームバランスになってしまった(ひどいときには1試合で30安打出た試合なんかもあった)

監督モード→ポイントで采配をふるう仕様となってしまい、個人的には悪化。加えて、四球を選ぶ頻度が明らかに減った。(前作ほど2塁打、3塁打の量産は無くなり、その点はとりあえず改良された様だ)

選手モード→前作よりはましになったものの、相変わらずピッチャーがボール球を投げてこない

このため、折角多彩なモードを搭載しているにもかかわらず、ピッチャーとしてプレーするか結果だけ見て楽しむぐらいしかできないのが非常に残念。グラフィックが美しいのにそれを楽しむ機会が少ないのは残念な限り。

・選手の能力査定が酷い
2013年度の成績のみを参考にして機械的に査定されているため、1年(ひどい場合には半年)しか実績のない選手が異様に過大評価されているのは問題。規定打席にすら達してない選手を過大評価しすぎ。ルーキーの査定も正直酷い。(巨人の新人・小林の打力が投手並なのはいくらなんでも酷い)故障で出場のなかった選手や、たまたま2013年度に不振にあえいだ選手の能力が異常に下げられているのもおかしい。過去の実績を完全に無視している。

・選球眼がパラメータ化されていない
現在の仕様ではホームランバッターでもないのに四球を大量に選ぶ、ボール球にほとんど手を出さない阪神・鳥谷や、広島・丸らの選球眼が再現されない。同じ「選球眼」の特殊能力を所持する巨人・村田の選球眼と鳥谷の選球眼では明らかにレベルが異なるはずだ。

・選手覚醒で能力を上げることはできても逆はできない
1軍での実績の乏しい選手を過大評価するのならそれぐらいできてもいいのでは?

・完全にオンラインユーザーを前提としたゲームにしてしまっている
少々バグやゲームバランスの悪さがあってもアップデートすればいいやという考えがそもそもおかしい。実在選手の能力アップデートにしたってオフラインユーザーはアップデートできないし。

<感想>
相変わらずかゆいところに手の届かないゲームであるという印象。あるところが改善されたと思ったら、新たな問題点が浮上する作りこみの甘さは「プロ野球ゲーム」をKONAMIが独占している為なのか?特に試合はテストプレーを行っているのかどうかを疑うレベル。アップデートで改善されるのかもしれないが、もし仮にそうだとしたらオフラインユーザーを完全に無視してしまっている。正直、現状では価格ほどの価値は感じないゲームで、折角の美しいグラフィックが宝の持ち腐れとなってしまっている。「ある程度適当に作っても他にプロ野球を題材にしたゲームを出す会社がないから売れる」という甘い企業体質を根本的に改善してほしい。
0コメント| 66人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年3月23日
毎年、試合を監督プレイで行いつつペナントモードを楽しんでいた。
今回では監督プレイのシステムが一新されるとのことで期待半分不安半分だったが
実際にプレイしてみると失望しかなかった。

まず試合結果がおかしい。異常なまでの打高投低であり、
ホームランが大量に飛び交うのは無論のこと、
パワーの低い選手が腰の引けたようなスイングでナゴヤドームの
スタンドまでボールを運ぶさまを見るにつけて、はたしてKONAMIはテストプレイしたのだろうかと
疑念を抱かずにはいられない。
このバグの域にすら達している異常なバランスは、観戦モードでも
大量得点の馬鹿試合ばかりになるらしく、ネット上でも多数報告されている。

”投手戦"などという言葉は監督プレイの世界においてはまず存在しえないだろう。

第二に"ここが勝負だ!"システムである。試合中、プレイヤー、CPU両者とも1度だけ使える
"ここが勝負だ!"の効果はすさまじく使用された選手はほぼ間違いなく長打を放つ。

個人的にはその異常な強さ自体度し難いが、これは好みの問題とも言える。しかしそれ以上に
下種なのがCPUの"ここが勝負だ!"の使いどころである。
上記のように馬鹿試合ばかりであり、しかもバランスが最悪なため一方的な試合ばかりになるので
CPUには"ここが勝負だ!"の使いどころが最後までない試合がある。というかそういう試合ばかりである。
その際CPUは9回ツーアウトのラストバッターに"ここが勝負だ!"を使用してくるのだ。
そして上記のとおり"ここが勝負だ!"の効果は抜群である。すなわち毎試合なぜかラストバッターに
必ず長打を打たれるという、現実では到底考えられない不条理が起こる。

何故ラストバッターに使う設定にしたんだ馬鹿なのかKONAMIよ。

その対策としてこちら側も"ここが勝負だ!"を9回ツーアウトまで残しておいて、CPUの”ここが勝負だ!”を
打ち消すことを思いついたが、これも何の意味もなさなかった。
何故なら上記の打高投低は何故か投手に対する"ここが勝負だ!"と打者に対する"ここが勝負だ!"の間にも
存在しており、全く打ち消すことができないのだ。

何故KONAMIは何もかもを異常な打高投低のバランスのまま発売したのか不思議でならない。

ペナントモード自体も、数年テストプレイすれば気付くような問題がいまだに解決されていない。
選手の流動性をゲームの面白さとして考えているつもりなのか、現実離れしたFA選手の多さは相変わらずであるし、
ドラフトにおいて一人たりとも指名せず指名終了する流動性皆無の狂った球団が現れるのも相変わらずである。
外国人枠も当然ない。ハイライトではホームに走者が帰ってくる際のアングル、モーションがすべて同じで気持ち悪い。

以上に挙げた無茶苦茶なゲームバランスや現実からの乖離を無視して
卍審判などのディティールばかりこだわっているKONAMIは何を考えているのだろう?
0コメント| 103人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年4月1日
今年のプロスピを買おうとしている人に一言だけ言わせてもらいます

絶  対  買  う  な

もし、これで売れるのならコナミは毎年このデキで発売することになるでしょう
シリーズを毎年買ってきたからこそ言いたい。というか、言う権利はあると思う。

もう一度言います。
野球が、野球ゲームが好きならば

絶  対  買  う  な

アンチやネガキャンで言ってるんじゃないんです。
ここまで言われてもこのゲームを購入するという奇特な方、
ほぼ間違いなく購入後に 「あ、こういう事ね・・・本当にクソだったんだ」と思うことでしょう。
0コメント| 153人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年3月23日
10周年記念と謳って新たなシステム導入となりましたが、現状大失敗です。
バランスが悪すぎて0か100みたいな結果になってしまう事がざらです。

また、以前からあったモードにも無駄な改変点が見られます。
(スピリッツのカードチャレンジ、初期のホールドとチェンジが逆など)

このようなレビューやアンケート集計で
アップデートで改善されることを願いますが、そもそもアップデート改善ありきの販売は詐欺レベルです。
改善されることを待った方が値崩れ含めお得だと思います。
0コメント| 72人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年4月4日
つまらんとです。
毎年楽しみでオンラインで一日空いた時間に2.3試合が楽しかった。
今回は、1週間やってみましたが、ダメでした。

プロレスゲームには、未だに熱強ファンがプレーしているファイプロがあります。
新しい選手が出ようが、何十年も前のゲームなのにエディットの楽しさがあり海外でも人気です。
プロレスの愛を感じるソフトでした。

海外の野球ゲームでは、mlb the showこのゲームは、野球の愛を感じます。
ボールの軌道などかなりリアルです。

この野球ゲームには、金の愛を感じます。

野球愛に変わることを願っています。

そして、もう買うことはしばらく無さそうです。
0コメント| 83人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年3月26日
【良い点】
・画質の向上
・守備モーションの増加、改善
・試合途中や終了後のハイライト
・マネジメントが20年
・2014のデータ
【悪い点】
・打撃音のしょぼさ
・読みシステムによる恩恵の大きさ
・ほぼ毎試合乱打戦になるバランスの悪さ
・マネジメントで毎年主力が意味不明の劣化オンパレード
・自分が操作しない打者(観戦や監督モード時など)が自チーム相手チーム問わず打ち出したら止まらない、俗に言うエフェクトがひどい。過去シリーズと比較しても今作はこれが顕著。

以下詳細
良いと思った守備モーションの面は、前作まで△ボタンの垂直ジャンプの発生が異常なほど遅く全く機能してなかったがこれが改善。あと、内野手の強い打球を体で止めるようなモーションも新しくていい。
良く言われてるサウンドの面(特に応援歌)は個人的にはそこまで気にならない。(前からそうだ、という意味で)
サウンドで言えばそれよりも打撃音や捕球音のしょぼさが際立ってる印象。
芯でホームランでも「コンッ」
ベストピッチの155km/hでも「ポスッ」
これはやってて萎える。
個人的にはハイライトが今作最大の評価点。
しっかりと実況付き(「ここでこの当たり」みたいな雑な汎用台詞使いまわしではなく「〇アウトランナー何塁で〇番誰々」という形)で振り返ってくれるのは良いと思った。
新システムの読み打ちについては、面白い試みではあると思うがとにかく恩恵が大きすぎる。
内か外かの二つしか張る場所がないのに読みが当たれば非力打者のミート打ちでも外野真っ二つのツーベースが当たり前。
このリターンであるなら張る箇所を9分割にするか、逆に張る箇所が内か外かだけなら大したリターンはなくていい。
付け加えて恒例のエフェクト。
試合を作るのがプレイヤーではなくエフェクトなのが本当につまらない。
ペナント(試合操作)では抑える時はどこ投げても抑えるし打たれだしたら(エフェクトが入ったら)何をしても無駄。
決められた点数が入るまで攻撃が終わらない。
これは自分で操作してるから作戦が裏目ったりとかもないことはないかと思うこともできるが、監督モードについてはエフェクトがないとは絶対にないと言い切れる。
オンライン監督をやってみるとわかるが、戦力も戦術も関係なくただひたすらの運ゲー。
勝っても負けても(というか勝たされても負かされても)つまらない。
作戦任せるで放置しててもエフェクトで勝手に打線爆発。逆に打たれだしたら何しても無駄。ブルペンで作ってある投手を交代しようが作戦勝ちしようが点が入る時は入る。自分も相手もゲームをプレイ(操作)しているようで実際はただエフェクトの行方を眺めてるだけ。
試合内容も大体がお互い二桁安打当たり前のバランス。テストプレイしていておかしいと思わなかったのか。
エフェクトは昔からあるが、今作は新システムの読み打ちの恩恵の大きさが合わさってか過去に見ないエフェクトの顕著さを体感。合わせて、ゲームバランスが非常に悪い。
絶対にあるが、仮にエフェクトというものが実際存在しないとしてもプレイヤーにそう思わせてる事が問題なのであって、逆に言えばエフェクトが実際にはあってもプレイヤーが気付かないならそれはそれでいいと思う。というか後者は一般的に良ゲーの部類に入ると思う。つまり前者は良ゲーとは逆に位置してるものとなる。
実際のエフェクトの有無なんてのはどうでもよく、ただこの会社はゲームを作るのが下手なのだと思う。
来年版が売れなくなるからという理由でいつまでもエディット機能を付けないのも大きくマイナス評価。
自ら来年版の主たる売りは選手データの更新と言ってるようなもので、野球ゲーを専売特許としてあぐらをかいているのがよくわかる。
総合的に良い点と悪い点で差し引きしたらゲームとしては星一つも与えられないような作品。

※エフェクト
レースゲームでよくある、後ろの車が追いつきやすいように車両のスペック以上の性能が発揮されるなど「システム的にかかる特殊な効果」
0コメント| 61人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

他のお客様はこれらの商品もチェックしています

¥1,330
¥6,500
¥700
¥4,746

カスタマーサービスが必要ですか?こちらをクリック