Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞直木賞特集 Amazon Cloud Drive SOS0816 Amazon MasterCard nav_flyout_biss Trade-in ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 敬老の日 真夏の健康アイテム特集 防災・防犯ストア Kindle Amazon MP3

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
140
5つ星のうち4.3
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2016年2月14日
1ヶ月使ってみてのレビューです。
ディズニーリゾートのグリーティング施設での撮影のために外付けストロボの購入を検討していましたが、純正品はかなり高価で互換品でも1万円以上するので購入を躊躇していました。
そこでいろいろ調べてこの商品に辿り着きました。
マニュアルですが、操作感がとてもシンプルなので使いやすいです。
EOS kiss X7で使用してますが、今のところ問題なく発光します。
あとはどのくらい耐久性があるかですね。
まあストロボが使いこなせるか、どんな物なのかお試しで買ったようなものなので、壊れたら諦めて良いものを買おうと思います(笑)
ストロボを試してみたい人には安価ですし最適だと思います。

添付の写真は斜め後ろにバウンスしています。
review image review image
1コメント1件| 68人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年5月22日
メインで使っているストロボが壊れてしまい、修理に出している間の "繋ぎ" として購入。
「とりあえず安いやつを…」と安易にポチッたわけですが、いざ使ってみたらすっかりお気に入りの一台になってしまいました。

とにかく安価で機能は最小限ですが、だからこそ操作もしやすく軽量で、何より気兼ねなく使えます。
このシンプルさを味わったら、今までの『光量を変えたいだけなのに液晶画面見ながらチマチマ操作する』のがとても面倒な作業に思えてきました。

以下、ご参考までに取扱説明書を基にしたスペック表と実機を見て感じた点です。

■ガイドナンバー:38(ISO100・m)
■フラッシュモード:マスター/スレーブ1・2
■バウンス:上下0~90°/左右0~270°
■電源:単三電池×4本
■発行可能回数:100~1500回(アルカリ乾電池使用時)
■充電時間:約0.1~5秒(アルカリ乾電池使用時)
■光量比制御:1/1・1/2・1/4・1/8・1/16・1/32・1/64・1/128
■色温度:5600K ±200K
■閃光時間:1/300s~1/20000s
■大きさ:190(高さ)×75(横幅)×55(奥行)mm
■重さ:286g(ストロボ本体のみ・電池別)

★発光部の上にワイドパネルとキャッチライトパネルが収納されています。
★レンズの焦点距離に応じた照射角の設定(ズーム)はできません。
★正面の赤い窓はスレーブ時の受光部です。赤外線等のAF補助光は出ません。
★バウンスロックボタンは付いてないので、ヘッドをつかんで回すだけで自由に首振りできます。
★チャージ音が全くの "無音" で心地好いです。
★背面の青色ライトがキレイです。数字表示と異なって、青い光が視界の片隅にあるだけで光量の強さが把握できます。
★取り付け脚(マウント部)は金属製です。
★NEEWERのロゴがもうちょっと小さければ…(NEEWERには申し訳ないけれど)

耐久性に関してはまだ分かりませんが、3500円分くらいは壊れずに働いてくれるだろうと信じてます。
あと「カメラ初心者には向かない」や「難しい」といったレビューもありますが、
基本的には『強く光らせる or 弱く光らせる』だけのものなので、誰でも問題無く使える『とても良い一品』だと思います。
0コメント| 100人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年6月22日
フルマニュアルのストロボで、オート機能はありません。
照射角は固定で正確な角度は不明ですが、光スレーブの反応も良くアンブレラで使用していますが、特に問題はありません。
首振りはロックボタンはありませんが、クリック感良く勝手に動いてしまうよう
な事はありません。
S1モードが光スレーブで本体のみ発光。
S2モードが光スレーブで本体とシンクロコードでつながった2台目を発光するモードのようです。
連射すると回路保護機能が働き、少し冷やす仕様のようです。
0コメント| 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト1000レビュアー2016年3月20日
当方、カメラは好きで、何年も前から楽しんでいますが外付けフラッシュは初めて使用するビギナーです。

結論から言うと「初心者が入門に使うフラッシュとしては抜群のコスパ」だと思います。
もう少しだけ出費すれば操作部が液晶になっている商品もあるようですが、それよりも初心者にはお安い方のフラッシュをおすすめします。
シャッタースピードに応じて、自分でフラッシュの調節をするのですが、操作部が簡素なために逆にいじるところが少ないのが初心者向きです。

とは言っても、何度か撮影して調整して、また撮影してみる・・・と繰り返せば10分もあれば何となくこの暗さではこの位・・・と分かるようになってきますので敷居は高くありません。

さらに標準的なシューに接続できる汎用性がありますので、これからカメラを買い替えたとしても一眼レフであれば大抵の機種に使いまわせるのも初心者にはうれしいです。

それになんといってもこの値段!
こんな値段でコレだけのフラッシュが購入できてしまう事に驚きです。

何万円もする高価で微調整の効くフラッシュはもっと写真がわかるようになってから購入する事にして、コレを使ってシャッターと光の関係を勉強しようと思います。

ただ、一つだけ注意が必要なのはその重さ。長時間カメラ持ちっぱなしで使用するのは女性だと厳しいくらいの重さだと思います。本体が重いうえに単三電池4本使いますので、その分の重さも加わりますしねw

入門用だと連呼していますが、当然ながらきちんとフラッシュとしては機能しますので、腕のある方が使えば安物でもキレイな写真が撮れると思いますし、商品としてのクオリティはお値段をはるかに凌駕しているのではないかなと、初心者ながらに感じています。
0コメント| 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年1月6日
届いて数日なので詳しい事はわかりませんが、説明書(英語)を見つつ少し情報を。
ズームなし。照射角は書いてないです。
熱から保護するためにプロテクションが働きます。1/1,1/2で20連射、1/4,1/8で40連射、1/16,1/32で80連射、1/64,1/128で160連射するとプロテクションが働き、チャージ時間が遅くなる。1/1,1/2で20連射するとその後10分間はチャージ時間が10-25秒かかるそうな。試しに1/1で20連射するとその後はチャージ時間が14秒程度になりました。そこで電源を入れなおすともとのチャージ時間4秒程度でチャージできました。
パワーセーブが自動で働きます。M modeで30分後、S1,S2 modeで1時間後、いづれかのボタンを押すと復帰します。電源が切れるのではないです。
閃光時間は1/300-1/20000秒です。
首振りはyn560'Uとほぼ同じですが、下向きはできません。
出力とモードは電源を切っても記憶されます。

スレーブを試すとかなり反応が良いと思いました。yongnuo yn560'Uを1/128の直射で、TT560を3メートル先にセンサーをyn560とは反対向きに置いて試したところ、確実にシンクロしました。

最後に、このストロボの良いところと聞かれれば、GNのわりに安い。最安(3645)ではないでしょうか。それとチュイ〜ンという充電音がまるっきりせずとても静かなとこです。シンプルで結構気に入ってます。

英語は苦手なので、情報が正確かは不明です。
0コメント| 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年7月28日
K-3ⅡとK-7で使ってみましたが私には充分です。設定はマニュアルで試しながら使用するため、かえって勉強になります。カメラが横でも縦向きでもバウンズで使えますし、光量調整も出来ますので高い純正を買う前に練習用にとても良いと思います。買った値段が3500円でしたから!披露宴で約200回フラッシュを使いましたが、数回光らないことがありその時は固定ねじが少し緩んでいました。時々ねじの増し締めが必要かも知れません。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月9日
多灯シンクロ時で背景の影を消すのに使おうと思って購入しました。発光のテストだけでまだ実際の撮影には使用していませんが、結構使えそうです。
耐久性等は今のところ未知数ですが、値段相応の寿命なら問題ないと思っています。
なお、S1/S2の動作はスレーブ動作の設定で、機能としては以下のようになっています。(商品説明やほかの人のレビューの記載は適切ではないと思いましたので老婆心ながら書いておきます。)
S1: マスターの発光と同時に発光します。(マスターがプリ発光する場合はそれに合わせてスレーブが発光しますので本発光の時に光りません。)
S2: マスターのプリ発光時には光らず、本発光と同時発光します。(マスターがプリ発光しない場合、スレーブは光りません)
フィルムカメラの時代と違ってデジカメでは何度でも試し撮りができるので、プリ発光の有無が分からなければ何度かS1/S2を切り替えて正しく発光している方で撮影すればよいので問題ないとは思いますが。。。取説は英文ですが、その辺のことはきちんと記載されています。
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年6月8日
多灯撮影のために購入しました。4~7灯目として使用 カメラ内蔵フラッシュは使わず無線で3灯は発光させ残りはスレーブで発光 1/2~6/8までの出力で使用
良いところ①機能及び操作性がシンプル②低コスト③シューに取付ても発光(D600)④置き用脚(裏面に三脚取付ねじあり)、ポーチも同梱
フラッシュは買いたいけど価格が…と躊躇されている初心にも試しの一台です。
いまひとつ①スレーブの反応がバラツキあり②受光面を直射から45度角度をつけると反応しない③周囲が明るいとき反応が悪い(室内、屋外)
いずれも多灯撮影時です。間違いなく発光させたい方は無線トリガーまたは無線対応機種を購入された方が良いとおもいます。被写体の真後ろに置いた場合も発光するものとしないものがありました。スレーブ発光は置き方、向きを考えれば撮影できるので問題はありませんがフラッシュ撮影に慣れていない内は悩むところかと思います。
0コメント| 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月13日
(1)色温度がやけに高い(7000K/フルパワー時)
(2)光を小さく絞るとどんどん色温度が下がる
(3)ヘッドを動かすとき、カチッカチッと音が派手で安っぽく、嫌だ
(4)照射範囲をズーミングできないのは、やっぱりなんか嫌
(5)形状が同じなので期待されたキヤノン純正外部バッテリー端子は、使えない。光らない。

などなど、まあちょっと純正などとは品質が違いますが、

(1)単純明快な操作部
(2)なんか軽い!
(3)光学スレーブ作動が気軽
(4)なによりめちゃめちゃに安い 6個買って2万円!

など、良いところも多く、格安で手に入るストロボとしては満足であります。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月25日
ライティングの幅を広げるために2個買いました。

メインにYN560シリーズを2灯焚き、補助にこれを使用しています。
操作性はシンプル、というか、機能が少ないのでシンプルで当然なのですが。

発光量の切り替え幅は細かく設定できるYN560を基本に使っていると物足りなく感じます。
発光距離の切り替えができないのはちょっとさみしく感じます。

ベアバルブで使うにはちょっと設定が大雑把すぎる気がしますが、RF602などラジオスレーブの受信機を取り付けてソフトボックスやアンブレラで使うならいいかもしれません。

S1モードはYN560Ⅱと比べるとちょっと反応が悪い気がして、光学スレーブで使う場合は設置場所に気を使うことがあります。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告