Androidアプリストア ETAward 芥川賞直木賞特集 Amazon Cloud Drive SOS0916 Amazon MasterCard nav_flyout_biss Amazon_meets_LAST ファッション Fire HD 8 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト手土産グルメ・スイーツ コンディショニングサポートストア コーヒーストア Kindle Amazon MP3 ゴルフ初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.9
13
5つ星のうち3.9
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

良く言えばオールマイティ。悪く言えば器用貧乏。
そんなカメラです。

スチルを撮れば基本的な部分でレンズ交換式カメラに劣り、ムービーを撮れば基本的な部分はハンディカムに負ける。
しかしその条件を入れ替えると立場が逆転します。

F2.8通しの35mm換算24-200mmズーム。
RAWを切り捨てることが出来るなら、全画素超解像ズームで換算400mmとして扱え、2.5コマ/秒とは言え連写も出来ます。
そしてそれが動画でも使用可能。
例えばαNEXで言えば全画素超解像ズームが使える機種でも連写は出来ず、動画撮影ではそもそも使えません。

AFもレンズ一体型ゆえに最適化されているせいか、癖さえ覚えれば合焦までがかなり速いです。
展示会で初めて触った時に隣においてあったα7と比べても、もうどっちが速いのかわからないくらい。

サイバーショット群にカテゴライズするには気の毒になるほどの62mmという大口径レンズで、ボチボチ大きい1インチセンサーと相まって、ハンディカムではちょっと無理なボケを動画でも出すことが出来、3段分のND8ではあるけれどNDフィルター内蔵ゆえ、絞りとシャッタースピード、ISO以外で明るさをコントロールすることも出来る便利さ。
お陰でスチル撮影時のスローシャッターも気軽に使えます。

そしてレンズ部分に絞りリングがあるのもコレまた便利です。
心地よいのでつい触ります。

電源オンしてからの起動レスポンスも電動ズーム型にしては速く、「1,2」と言ってる間に撮影出来ます。
速写とはいきませんがね。

ハンディカムの空間手ぶれ補正には及ばないながら、スチルの手振れはもちろん、動画時のアクティブモードもズーム全域で使え、明るい場所ならテレ端でも何とか三脚なしの動画撮影出来るなと思いました。
先日Eマウント用にSELP18105Gという電動ズームが発売され購入したのですが、ズームスピードこそRX10の方が一段分程遅いものの、比べてみた結果で言えば夕暮れにムービーなどに使うなら自分はRX10で撮影すると思います。

防塵防滴とは謳われていますが、あくまで電動ズームが出たり引っ込んだりする際の隙間をシーリングで埋め、水滴や砂埃等が入り「にくい」ように考慮されているというレベルですから、まぁ過信してはいけませんが、「されてない」カメラを使いたくない時には、やっぱりこいつの出番です。

また、RM-VPR1という有線リモートコントロールが使え、ズームコントロールもできますから、ビデオ雲台に載せたりすればハンディカムレベルの活躍はこなします。
相変わらずの30分の撮影制限はありますけれども。
ちなみにスマホは勿論、SONY ライブビューリモコン RM-LVR1という液晶付きのものもシャッターリモコンに使えます。

そんな訳ですから1番になれないけど、「αにこれがあったら」「ハンディカムにこれがあれば」をそこそこ兼ね備え、何れかのバックアップ用カメラとしては申し分なく、また「天気がすぐれないからどうしよう」などといった機材選びに悩む際の「取り敢えずコレ」もしくは「まぁコレ持ってきゃいいか」的な性能は持ち合わせているので、非常に都合のいいカメラではあると思います。

多分RX10が発売されるという一報があった時の粗方の予想はセンサーがAPS-Cで、形状はRX1とRX100を踏襲したもの。
大きさは2つの中間で、後はレンズがズームか単焦点かというところが争点だったと思います。

自分もそう思ってました。

ところが出てきたのがコレ。

何このスペック厨仕様みたいなの。
そう思いました。

α7/Rの発表会を見に行ったら、α7の隣で、派手なα7の影に隠れてひっそりと誰にも触られす佇んでたのがコレです。
仕方がないからちょっと触ってあげようかな。
そう思ったのが運の尽きでした。

思わず吹き出したほどの扱いやすさと触り心地の良いマグネシウム外装の質感で「なんだこれ」となってから僕は結構虜です。

この冬発売になった、レンズカメラやミュージックレコーダー、アクションカムとリモコンのセット、そしてEマウントの電動ズームレンズ。
いずれにも注目していましたが、これには一番興味なかったのに今や毎日長時間触っているのはコレです。

でもだからと言って、今まで本当にコンデジしか触ったことがなく、
「レンズ交換式買うのも面倒だから、なんとなく良さそうだしこれにしようかな」
という物好きな人には全く勧めません。

買うのは勿論自由ですが、僕は勧めません。

多分、想像してるより出来る機能があるので、逆によく分からなくなるんじゃないかと思うのです。
そして、こういうレンズ一体型は今のデジタル進化情勢上、賞味期限が切れるのも早いです。
レンズ交換式、ハンディカムいずれか片方の代役としてはちょっと高めです。

しかしそれでも買うのであれば覚悟を決めてさっさと買って弄り倒し、使い倒して上げて下さい。
そうすればこんな所でこうしてレビューを書いてる奴には到底真似できない画が撮れるポテンシャルは持っている、そんなカメラです。

サブカメラに使いたい人は?
時間が勿体ないですからアレコレ悩まずツベコベ言わずにさっさと買ってください。
そんなカメラです。

個人的には、タイムラプスとか出来るカメラアプリくらい使えるようにして欲しかったという気もしてましたが、最早どうでもいいほど星5です。

参考になればコレ幸い。
1コメント1件| 101人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年12月3日
ソニー製品でこんな気持ちになったのは何年かぶり。

一眼レフについては、前に買ったのがオリンパスのE-410なので、ずいぶん久しぶりになります。
E-410は当時の一眼レフとしてはかなり小型だったけれど、ついでにファインダーも小型で手ぶれ補正なども
ついておらず、色々と我慢しながらも使っておりました。

そんなところに、このDSC-RX10のニュース。スペックを聞いただけで虜になってしまいました。
まず、レンズがいい。24mm-200mmのズームでありながら、全域F2.8通し。こんなレンズ他にはない。
まあ、センサーが1インチだからできる芸当でしょうが、もともと4/3を使ってた私には無問題。

そんなわけで、実物を手に出来る日を楽しみにしておりました。

当日、実際に手に取ってみて、まず驚いたのがファインダーの大きさと見やすさ。有機ELによるEVFなわけですが、
特に暗い場所で使ってみると、見やすくて便利。今までがE-410だったので、余計に見やすく感じます。

そして、当然手ぶれ補正あり。200mmでも手持ちで十分使えます。

ズームが24mmからというのも良い。

地味に嬉しいのが、露出補正や絞りがリングやボタンで独立して操作可能なところ。あと、Wifiやスマホ転送にも
対応している。

画質についてはどうこう言える目がないのでパス。

使い勝手にまだ改善の余地があったり(ステップズームがあるのは良いが、これはレバーに割り当てるべきでは?)、
バッテリーの持ちが悪かったりと、それなりに不満はあれども、久々に買ってよかったソニー製品ということで、
星5つ。

あとは、もう少し値段がこなれてくれば、文句なく買いでは?
0コメント| 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年1月8日
同じSONYのHX100Vを愛用しすぎて壊してから、
なかなかしっくりくるカメラに出会えませんでしたが、やっと見つかった感じです。
「目につく物を色んなやり方で撮ってみて遊ぶ」ということのできるカメラです。
ズームは、遠くの鳥等を大きく撮るのには足りませんが、
花や風景、祭り等で圧縮効果を楽しむには充分。特にテレマクロで花を撮るとすごく綺麗。
立体感があって、綺麗に背景がボケてざらつかず、ドキッとするような1枚が撮れます。
望遠端で30cmまで近づけるので「ピントが合わない!」と後ずさることもほぼありません。
春が楽しみです!

重さが心配でしたが、持ちやすく不思議なくらい気になりませんし、
かさばらないので、RX1と一緒に斜め掛けのバッグで持ち歩いても疲れませんでした。

それと楽しいのが、コンデジなのにフィルタが着けられる事。
度の強いクローズアップレンズを着けて望遠端で撮ったら、溶けるような不思議な感じになりました。
手作りの変なフィルタも着けられるし、とにかく「遊べる1台」です。

操作もしやすいです。電源、絞り、露出がダイヤルですぐ使え、起動も速いし、
主な設定をFnボタンですぐ呼び出せるので分かりやすく、HX〜RXシリーズのいい所を
集大成した感じで、すぐ馴染めました。

1つだけ注意点。RX100もそうなのですが、撮影後のプレビュー中は再生モードになるらしく、
すぐ何か操作すると再生モードに移行してしまいます。
急いで撮っている時やせっかちな人は、プレビューを切っておく方がいいと思います。
1コメント1件| 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト500レビュアー2015年6月27日
初めての一眼を探していたところ、限りなく一眼に近いデジカメRX10と出会いました。
サイズは一眼よりコンパクトですが、とにかくホールドのし易さがすごいです。

レンズが大きいので室内でもとても明るい写真が撮れます。
ズームをしてもシャッターが殆どぶれないのできれいな写真が撮影できます。

気にいったのが動画機能です。フォーカスの効いた回りが少しボケて被写体がくっきりした
商品動画撮影などが可能です。私の欲しかった機能が十分に詰まった嬉しいカメラです。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年7月5日
もう十年くらい前にソニーがかなり気合入れて出したモデルにDSC-R1というのがありまして
まだミノルタのαシリーズを引き継ぐ以前のことで、レンズ一体型でツァイスのズームを組み込んだ本機の元祖的なカメラでした。
そのDSC-R1の広角描写をとても気に入っていて(描写以外はいろいろ大変なカメラです)いまでもたまに使うのですが
後継機として10年ぶりにソニーの一体型の代表格RX10も使うことにしました。

メイン機はEOSシリーズやマイクロフォーサーズ系を使っていますので
メインということではありません。

写真カメラとしては
DSC-R1の欠点であったことがほぼ解消されていました。
手ブレ補正、RAWでの連写速度、AFの速度などです。
広角側の解像感もなかなか良好な感じです。
大きさ、重さは一眼中級機と同じ程度なので
それを理解していれば許せる範囲でしょう。
明るいレンズはDSC-R1よりは切れが無いかなとは思いますが
シャープネスなどのセッティングなのかは不明です。
それと望遠側はあまり使わないのですが開放値f2.8とはいえ
ボケ味で使うレンズは無いようです。

連写時にシャッター音が殆どしないのも特徴で
撮影していても周りには聞こえていないようです。

このモデルですが、ワタシは写真というより「動画撮影」機材として
購入したところもあります。

XAVC-S
というソニーが推している高ビットレートのフォーマットが採用されていて
サーボズーム機能とさらに120fpsという5倍スローという、業務機でもなかなか載っていない機能も加えられてるのが
おもな理由でした。自分が使うモードは24fpsですがビデオというよりムービーという映像です。

さらに電動ズームに手ブレ補正など、動画カメラとしての基本機能は載せてあり
最近、あまり聞かない「動画専用機」を凌ぐ性能を期待しました。

結果、かなり満足できる内容だと思いました。
動画の画質的にもなかなか良いかと思います。

XAVC-Sも最新のPremiere等の編集アプリでそのまま使え
色味補正などもAVCHDよりも深いところ補正が可能で
しかも先に書いた120fpsモードでは、サイズ的にはクロッピングされてしまいますが
簡単にタイムリマッピング映像を作ることが出来ます。
音声の方も内蔵マイクでも周囲の音声は過不足無く録れ、開放側に振れるNDフィルター内蔵なども
動画カメラとしては使い勝手がよくHDMIの生出力でレコーダやモニターも直接つなげられるようです。
流行の小型のスタビライザーと組み合わせれば、スタディカム的な使い方も出来る感じです。

発表された次期モデルではさらにfpsを増した映像が撮れ
さらに業務用の色補正前提にs-logモードを載せてくるというので
ソニーは本機後継モデルで、業務映像系のサブカメ的な位置を目指すのか?
と想いました。

上記の理由で、もう代替えを考えているのですが、価格もなかなかなので
さてどうするかな?って感じではあります。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年2月2日
久しぶりに新品で購入しました。
大きさはオリンパスとかのデジタル一眼などと変わらないかと思います。重さも結構あります。
でも、憧れのツアイスレンズ 24mm-200mm 全域F2.8でカバーできる所が良いところでしょう。
(確かオリンパスでも同じような24mm-300 F2.8のスペックのモデルが出ていたかと思います。)
最近のCMOSセンサーは凄く感度が良いようで、外灯が所々にしかない公園でも十分以上に夜間撮影が楽しめます。
旅行、ドライブなどの外出時に持って出かけるには最高のカメラかと思います。

値段が高いのが残念な一品です。
1コメント1件| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年1月20日
ビューファインダーが見やすく、一眼レフの感覚で撮影できる。ズームの倍率が程よくレンズの性能と相まって基本性能が優れていると感じた。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年6月22日
ウェブショップ・ポンデンで80000円で新品を購入したら、中古品が送られて来た。気をつけた方が良いですよ。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年8月24日
今までは一眼を使ってましたが重いのとレンズ交換が面倒に成ってた時これを見つけて即ゲット!お散歩カメラに最高です、そしてツァイスのレンズがとても良く使って楽しいカメラですよ。写真は夜の花火大会を手撮りで写しました
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年4月13日
これ一台で私の撮影のほとんどを賄うのではないかと期待して買ったのですが、意外に使えませんでした。マクロも望遠もあと一歩が足りない。全体に動きがモサモサしていて気もち良く撮れない。長く構えていると持ち重りがしてくる。画質はいいけど、普通の一眼にかなわない。すべては200mm F2.8にあると思います。望遠開放で芸術写真を狙うというなら良い選択かと思います。しかしそういう写真を撮ることはあまり多くない。最もよく使うショートズーム範囲ならもっと使いやすく、画質も優れ安価で軽量なカメラはいろいろあります。使い始めはわくわく、しかしすぐに手に取る機会が減ってきてしまいました。カメラ自体は星4つ、使いたい気がしなくなってきてマイナス1、値段が高すぎたことでさらにマイナス1という評価です。自分勝手な評価で申し訳ありません。
1コメント1件| 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)