Androidアプリストア Amazonファミリー Prime Student 2,000円クーポンプレゼント 9000 Amazon MasterCard nav_flyout_biss B07B53H89P ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV 母の日特集2018 対象の日用品まとめ買いで30%OFF 新生活ストア2018 Echo Kindle Amazon MP3 自転車・自転車用品 ドキュメンタル シーズン5

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.6
18
鏡 Blu-ray
形式: Blu-ray|変更
価格:¥4,429+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料


2013年11月4日
今度こそ、決定版になるのでしょうか。
私は以前に2004年に出た『デジタル完全復元版』を買っていました。でも、かなり難のあるソフトでした。(その辺りについてはデジタル完全復元版のレビューに書きました)
でも、それすら絶版になり数年が経過…。大変なプレミア価格がついているのを見て複雑な気分でした…。

先日出た『惑星ソラリス』ブルーレイは思った以上に素晴らしいソフトでした。旧DVD版から驚くほど(ホントに驚くほど)画質が向上していたからです。最近のIVCはなかなか良い仕事をしている、と思ったものです(『女の都』ブルーレイもグットでしたしね)。そうなれば、本作も多いに期待してしまうわけです。
(それに『僕の村は戦場だった』と『アンドレイルブリョフ』のブルーレイ化もナイス!。…あれっ『ストーカー』は?…勿論、出ますよね?。最高の仕様で。あの…残念すぎるジャケットデザインともオサラバできますよね?)
今度こそ、決定版になるのでしょうか。(高)品質であることを祈ります。(11/4記)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
追記 

「ブルーレイ版・鏡」を視聴しましたので、上記の「デジタル完全復元版 鏡(以下デジタル版と記す)」と比較してみます。
(内容については「デジタル版」の項にレヴューを書いたので繰り返しません)

まず、画質…
一番最初のテレビをつけるカットはあまり変わらないように見えますが、実際にはかなり向上しています。
直ぐ気がついたのは冒頭のタイトルやスタッフロールが全く揺れなくなったことです。「デジタル版」でも揺れを抑えていたように見えますが「ブルーレイ版」はそれ以上に安定しています。当然本編も全く揺れていません。(この辺は「惑星ソラリス」ブルーレイと同じです)。
次に、野原のシーンの緑の美しさ。「ブルーレイ版」のあとで「デジタル版」を観ると夏から秋に変わったように見えるほどです。発色が相当改善しました(そして肌の微妙な表現も抜群に美しい)。
他にも…フォーカスの不安定さもかなり解消されディテールも向上しています(但し、ディテールが向上したためか白黒のシーンではときどき若干粒子感が感じられます)。
すこし驚いたのは…画面が左右に若干広がっていることです。上下方向は変わっていないようなので、純粋に画面が左右方向に(少し)広くなっています。(←理由はわからないけれど…「デジタル版」のほうが左右を切っていたのかもしれませんね…冒頭のモスフィルムのロゴまでチョッと切れていたから…)
そんなわけで、全体として画質や画角は‘明らか’に向上しています。
(でも、40年近く前の映画です。最新の画像レベルと較べると辛いですが…)

次に音について…
「デジタル版」が5.1chサラウンドとモノラルを選択できるのに対して「ブルーレイ版」はモノラルのみとなります。しかし、明らかに一番抜けのよい音になっているのを確認しました(「デジタル版」の5.1chサラウンドは‘変な’響き方だしモノラルのほうは「ブルーレイ版」に較べるとやや平板です)
収録時間が延びているのも大きなポイントです。合計タイムが102分から107分に変わりました。…どうやら、「デジタル版」はPAL早回し版だったようです。これは音楽の響き方にも良い影響を与えていると思われます(…実は、私はよくわからなかったのだけど…)。

仕様について…
「ブルーレイ版」はチャプターと字幕オンオフ以外なにも出来ません。正直いって貧弱な仕様です(特典映像類は一切なく予告編類もありません)。この辺りは豊富なインタヴューが日本語字幕入り(!)で収録されている「デジタル版」に負けています。(そして…ついでに書けばチャプター分割も少なくなっています)
 封入物は8ページの比較的簡素なリーフレットです。記事はスタッフリストや監督紹介の他に四方田犬彦氏による解説(2ページ)が含まれます。

全体として…
仕様は貧弱になりましたが、画質と音質の向上は明らかです(最高〜とはいいませんが…)。
個人的にはジャケットデザインもよくなったと思いますし、絶版だったものが今までより手軽に触れられるようになったことも含めて考えると、価値ある再発売だと思います。
ファンなら買って損なしです。
(ただし、特典の豊富なデジタル版も処分できませんが…)
(12/20記)
0コメント| 66人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
ベスト100レビュアー2015年7月23日
この映画にストーリーを探し求め、論理的な結論を導き出したとしても、大した意味があるとは思えない。というのもこれは映像によって語られた散文詩だからだ。幼年時代に体験した母親の肌の温もり、水の冷たさ、マッチやローソクの火に触れたときの熱さ、木々のそよぎ、小川のせせらぎ、新緑の風の香り、今は亡き親しかった人々、当時住んでいた家の様子……、純粋無垢な目が捉えたこれらの映像は記憶の底に忘れがたい痕跡となって刻み込まれる。それらの映像は成長するにしたがって曖昧模糊としたものに変質し、大人になるとほとんど意味を持たなくなり、すっかり忘れ去られてしまう。日常生活で想い起こすこともない。だがその記憶の絵はふと夢のなかで現れるときがある。意味不明だが、どこかで見たことのある映像として。これは誰しも経験があるのではないだろうか。「鏡」にはそのような夢を見ているような雰囲気がある。

これは、アンドレイ・タルコフスキー監督が1975年の旧ソ連時代に製作した35mmスタンダード版カラー映画だ。「私」による一人称形式で進行し、胸に秘めている母への思いや、別れた妻や息子との関係を意織下の過去と現実を交錯させながら浮かびあがらせていく。その感情の襞が「水」や「火」といった自然現象の映像化を通して、美しい幻想的なイメージのなかに繊細かつ鮮明に語られる。意識下の過去と現実を巧みに交錯させて作者の深層心理を浮き彫りにしてゆく独特の映像表現は圧倒的で、作者の深層心理が鮮烈なイメージとなって現れる。映像による散文詩としか言いようがない。また、ソ連成層圏飛行、スペイン戦争、第二次世界大戦、中国の文化大革命、中ソ国境紛争など、数多くの記録フイルムの断片が随所に挿入され、作者タルコフスキーに与えた影響の大きさを物語っている。

ゲオルギー・レルベルグによって撮影されたロシアの自然は象徴性に富み、タルコフスキーの心象風景ともいうべき印象的な映像を生み出した。DVDを持っていないので比較はできないが、ブルーレイ映像は1975年製作当時のフィルムの粒子の粗さがわずかに残るものの、この映画の絵画的な美しさがよく再現されている。「ノスタルジア」、「アンドレイ・ルブリョフ」と並ぶ、タルコフスキーの傑作だ。
0コメント| 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2015年5月18日
真のオリジナルというのを見たことがないので、画質のオリジナリティーの再現というのはよく分かりません。
しかし、画質の向上いう点においては間違いなく上がっていると思います。画面揺れも無く非常に見やすいのではないでしょうか。
個人的には特に印象と変わらぬ、素晴らしい作品だと思います。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
VINEメンバーベスト1000レビュアー2003年11月28日
タルコフスキーの数々の作品でも「鏡」くらい 閉じられた映画は無いと思う。筋も無ければ そもそも場面場面が一体何の話なのかもわからない。タルコフスキーは勝手に自分の感性で ぶつぶつと「独り言」を言うように
勝手に極私の世界を構築しているだけである。しかし その切れ味の見事さ。「名人はすこし鈍い刀を使う」という徒徒草の兼好法師の言葉を思い出すような 一見そうとは思えないような切れ味。それがこの映画の唯一最大の魅力
です。
0コメント| 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2002年9月2日
初めストーリーがつかめずにいた。
3回見直した。
あまりの感動に数週間発狂した(マジで)。
0コメント| 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
ベスト1000レビュアー2017年8月30日
つまり、タルコフスキー自身の記憶を映し出す鏡としての映画、ってことでしょうか。『ストーカー』『ソラリス』のように水の映画だ、なんて思わせる場面は少ないのですが、風や炎のゆらぎが丁寧に映し出される画面が同じ効果をもたらして、なぜかじっと凝視してしまう。
元妻と、記憶のなかの母親の二役をしている女優さんが美しい。幼年期の主人公を演じている少年も、ただじっと佇んでいるだけでも絵になる。光より影が目立つ作品だが、暗がりは森林に包まれているかのようで、過去を思う監督の眼差しのやさしさを感じる。記憶のなかの母と妻が同一視される感覚が泉鏡花や梶井基次郎の小説を思い出させる。なんでだろう、私が好きな男性作家、映画監督はみんなマザコン気味なんだ。優しくわがままでガキっぽくて、繊細な感性をもっている。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年10月24日
タルコフスキーといえばノスタルジアとストーカーが有名ですが、鏡の散文的な詩情は素敵ですね。
私は冒頭の草原を吹き来る風が好き。
ザワザワと草の波がおしよせて過ぎてゆき、男が佇み、振り向く。
これだけでこの作品に没入する。
しっとりと髪を洗う女。
やがて目を見張る炎。
モノクロと美しいシークエンスと激しい炎。
もう、こんな監督は出ないんじゃないかと、切なくなる。
Blu-rayで出す、IVC、えらいぞ。
0コメント| 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2016年10月22日
どう理解していいのか分からない。理解しようとするものではないのかもしれない。タルコフスキー作品の中でも、とりわけそうかもしれない。理解するのではなく感じるものだろうか。まるで夢を理解しようとしても分からないように。
後付けであるが、作品として「惑星ソラリス」と「ストーカー」の間に作られたことがヒントかもしれない。
降りしきる雨、川の流れ、室内の天井から壁を伝い流れる水、膨大な水。「サクリファイス」に通じる燃え上がる家。核爆発の映像もあるが、医師が去る時の二度の突風は二度の核爆発か。毛沢東が意外だが、中国系のおばあさんが出てくる。血筋に中国系が入っているのか。冒頭の吃音の治療は監督自身がそうだったのか。それは父親と別れた母親の複雑な気持ちが影響したからなのか。成立することなく途切れる会話。会話にならない会話。詩の朗読。よくわからない。
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2014年4月13日
一人二役、過去と現在の混交、この監督にしか撮りえない夢のシーン、
カラーとモノクロの使い分け、唐突なニュースフィルムの挿入など
初見した高校時代はパズルのような本作に頭が混乱するばかりでした。

でも、丈高い草々が波打つように風にそよいだり、マリヤが髪を洗ったあとカットが
切りかわって天井の漆喰がゆっくりと剥げ落ちてきたり、アリョーシャが家の戸を
あけようとしてもあかずその後すぐひらくと犬がでてきて中に母がしゃがんでおり
背景の裏戸のガラス越しに雨が篠をついていたり、懐妊したマリヤが宙に浮かんでいたり、
なんだかダラダラ書いてしまったが息をのむようなきれいなシーンがいっぱいあったことは
憶えています。

今回改めてみて感じたのは、それら場面の独自性と創造性がタルコフスキーならではの
唯一無二のものであるという確信と、アレクセイ(アリョーシャ)の母に対する愛情の渇望です。

母マルーシャ(マリヤ)には、彼に対して少なからず愛情の欠落が見られないでしょうか。
だから、彼の妻が母に見えてくるのではなく、潜在意識下でわざとそっくりな女性ナターリャを妻に
えらんだと思うのです。母親の代替品など彼女には不愉快だからうまくいくはずもなく親に倣うかのように
二人の関係は破綻します。
そのうえ彼は極端なペシミストで息子イグナートまで軽蔑しています。これも母親に幼少時よりじゅうぶん
愛された記憶がないのが原因ではなかろうか
(監督は「幼少期ほどすばらしいものはない」という旨を語っているそうだが、印刷所の同僚がマルーシャを
ドストエフスキーの「悪霊」に登場するマリヤ・レビャートキナに似ていると非難していることから、
意外とさめた目で彼女を観察していたのかもしれない)。

あと、マリヤが鶏を屠り、うすら笑いのような表情を浮かべるこわいカットがありました。
あれは一連のタルコフスキー作品の中でもちょっと特異なものでしょう。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2008年10月26日
 通常、映画館で見てしまった映画のDVDは買わないのだが、この作品は映画館で3回見ていたにもかかわらず、購入した数少ない例外の1つ。
 開幕早々、草原が押し寄せてくるように波打つシーンにまずは息をのむ。さらに燃えさかる納屋、『リング』の貞子のイメージ源泉ではないかと思える洗髪シーンなど、まさにタルコフスキーならではの不思議で美しい映像に酔わされる。難解かどうかなど関係なく、ともかく強烈な印象を与えてくれるのだ。
 しかし、DVDとしては画質がそれほどよくないし、字幕OFFにできないのも難点だ。
[追記]-2014/11/17
 以上、1998年にIVCから発売されたDVDの評だが、最近発売されたブルーレイともリンクされてレビューが共通になっているのは困ったものだ。メディアが違えば当然レビュー内容も異なってくるのに。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告

他のお客様はこれらの商品もチェックしています

ストーカー [Blu-ray]
¥2,027
サクリファイス [Blu-ray]
¥2,364
ノスタルジア [Blu-ray]
¥3,912
アンドレイ・ルブリョフ Blu-ray
¥3,948

カスタマーサービスが必要ですか?こちらをクリック