Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞直木賞特集 Amazon Cloud Drive SOS0816 Amazon MasterCard nav_flyout_biss Importsale ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 真夏の健康アイテム特集 防災・防犯ストア Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.6
21
5つ星のうち4.6
スタイル名: RCAキット|変更
価格:¥1,582+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2013年4月6日
最初3980円はかなり高価だと思いましたが、製造メーカー(うちの近くだった)の方が言うには、金型代で全く儲からないそうです。
買ってさっそくコンセントとプラグ、機器側のACインレットを磨きまくりました。
結果は洗浄剤を使わなくても汚れで真黒になってビックリです。
製品の精度が高く、きっちり磨くことができます。オーディオの音質が明らかにすっきりしました。
RCAプラグも磨きましたが、かなり固く3端子程度磨くと表面がささくれてしまいました。ここは接点洗浄剤ケイグなどを使ったほうが良さそうです。やはりかなり真黒になります。
使用頻度が少ない端子用のものまでセットになっているので、メーカーホームページから選んで買ったほうが良さそうです。
家中のコンセントを磨きたくなりました。
0コメント| 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
30年くらい前にオーディオテクニカから出ていた端子クリーニングキットを大事に使っていたのですが、真っ黒になって使い物にならなくなり、色々探していたところ、本品を見つけました。
オーディオテクニカのものに比べると素材が硬くなった印象を受けますが、接点復活剤を併用して端子を磨くと、新品同様にぴかぴかになります。ちょっと値が張りますが、確実に効果があるのでコストパフォーマンスは良いと思います。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年8月8日
とにかくクリーニングのしやすさとその効果(一年程度の経年でも本当に真っ黒になる)には驚きました。
そんなに汚かったのかとびっくりすること請け合いです。
当然の事ながら音への効果も抜群で、驚くほどリフレッシュされます。

機器のグレードアップや他のアクセサリーの購入を検討しているのであれば、まずは、これでしっかり
端子の掃除をしてから検討をすべきでしょう。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年3月1日
古いオーディオ機器では、RCA端子は金メッキされていないものが多く、くすんだ端子を見ると一抹の不安があり、酸化した表面の薄い皮膜が何とか除去出来ないか悩んでいました。十数年前はオーディオテクニカ社から「クリニカシリーズ」で似たものが有ったのですが、無くなって、非常に細かな2000番台以上のヤスリで少しづつ削るしかないかと思っていました。化学還元も考えたのですが、薬剤の入手を考えると(酢などの弱アルカリで試したのですが、旨く行かずで)
面倒です。この商品をAnalog誌で見つけ、早々に入手して試しました。表面の酸化した皮膜がそれなりに除去できました。音質への変化はまだ確認していませんが、これだけ除去出来れば、音質にもそれなりの改善が期待できそうです。後処理用の「金コロイド」でない保護油があればと思います。仕方が無いので金メッキされたRCAプラグで保護しています
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
古いオーディオ機器のRCAピンジャックのクリーニング目的で購入しました。

はじめは意識せずに素手で掴んでクリーニングをしましたが、かなり力が必要で端子ひとつでかなり疲労します。
そればかりか強く握って捻ったりするので気が付くと指に水ぶくれができてしまいました。
まだ未処理の端子が残っていたので、軍手をして続きの作業をしました。
軍手を着用してからの作業は素手の時よりはかどりました。

本商品1本でアンプとCDプレーヤー、チューナー、カセットデッキ…とほぼ一通りのコンポーネントすべての端子のクリーニングが行えます。

クリーニング効果ですが、端子の酸化や汚れが酷い部分ではだいぶてこずりましたが、それでも概ね8割方は落とすことが出来ました。
接点復活材のようなものは使用せず、本商品のみでこすり落とす感覚ですが、少々きつめなのでクリーニングのための抜き差しにかなり力が要ります。

端子の状態があまり酷くならないうちに本商品を用いればRCA端子を良い状態に維持できるでしょう。
かなり酸化が進み汚れた状態でも、ある程度の目に見える効果は確かに得られました。
使用効果は確かです。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月7日
オーディオテクニカ 接点クリニカ AT6022が生産中止になり代替品を探しており本製品に行き着きました。
AT6022は1個でジャックとプラグの両方をクリーニングできますが、本製品はジャック用、プラグ用と分かれています。
樹脂がAT6022ほど柔らかくなく、磨いているのか滑っているのかわからない部分はありますが、無水アルコールを付けて磨くと
きれいになるので効果はあると思います。
AT6022の完全な代替品にはならないと思い星を一つ減らしましたが、それでも十分役立ちます。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月23日
オーディオが流行った時期にはこの手の商品はありましたが、最近は見当たらなくなっていました。
Amazonでこれを見つけた時、すぐに購入しました。
RCAピンジャックなど金メッキされていても年月と共にくすんでしまう物ですが、これでクリクリっとすればピカピカになります。
いろいろなジャック、プラグ側にも対応しており満足しています。
この後、使用していない端子にはaudio-technicaのピンジャックプロテクターをかぶせておけばホコリから守ることができます。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年6月7日
端子の掃除ぐらい、やろうと思えば綿棒や爪楊枝でもできなくはないですから
購入前は「いくら専用の道具とはいえ、正直価格が高いのでは?」と感じていました。
しかし、実際に使ってみると価格なりの価値はある商品だと思いました。

写真では分かりづらいですが、樹脂でできた棒状の物体の表面部分が
ザラザラした加工(目の細かい紙やすりみたいな感じです)になっており
これが端子のサイズにぴったり合わせて作ってあるため、
ただ突っ込んでぐりぐりねじるだけで表面部分が適度に擦られて汚れが簡単に取れます。
また、樹脂製であるがゆえ端子を傷つける恐れもなく
綿棒のように、繊維が残る事を気にする必要もありません。
数回ぐらいは使えそうな感じですので、一つ買っておけば当面役立つと思います。
こびりついた汚れもしっかり取れる/簡単/安心という点において
綿棒や爪楊枝を使うよりもはるかに良いです。

ただ、私の場合
欲しいのはRCA端子用、フォーン端子用、電源用ケーブルだけなので
バナナプラグ用やXLR端子用は余ってしまいました。
人によって使うものと使わないものがあるでしょうから
多少割高になっても良いので単品販売もあればなお良かったのにと思いました。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年9月19日
雑誌で、ある評論家先生が「これでクリーニングすると音が見違えるようにクリアになる」とレヴューされておりました。オーディオ誌にこういった「褒めすぎる記事・レポート」は良くあります。しかし、この端子クリンは違います!特殊な樹脂に微細なつぶつぶが付いています。クリーナーも何も付ける必要もなく、そのまま、摩擦によってクリーニングするだけです。かなり黒くなります。まず、コンセントのブレードが入る部分をクリーニング。この部分をクリーニングできるグッズはあまりないので助かりますね。CDを再生してみて「驚き」を超えました。これだけ音が晴れやかになるとは思ってもいませんでした。端子をクリーニングすることで音質が戻る(良くなる)ことは当たり前だ!何を今更!とタカを括っていた自分が恥ずかしくなりました。一般のクリーナーではきれいにならない端子の曇りも、ピカピカになり気持ち良いです。これは超オススメです。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年6月21日
オーディオ関係の殆ど全ての端子を、クリーニング出来る優れもので、音に何かを付帯するようなことは全く有りません。
定期的にクリーニングすることが、習慣になりそうです。機器に何か問題・不満が出てきたときには、とりあえず使用することをお勧めします。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)