Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞直木賞特集 Amazon Cloud Drive SOS0816 Amazon MasterCard nav_flyout_biss Trade-in ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 敬老の日 真夏の健康アイテム特集 防災・防犯ストア Kindle Amazon MP3

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4
51
5つ星のうち4.4
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2014年2月1日
【音質】
 安物のウーハーで絞り出す中高域とは違って中域~中高域が素直に出てきます。音離れが良いという表現が良いかもしれません。 普及価格帯でもツイーターのほうの守備範囲を広くしてこの点を改善しているものもありますが、中域との繋がりの点ではこのスピーカーのほうが断然良いですし、ツイーターだけグレードアップしてもこの中域~中高域はそのまま変わらず聴けます。(ツイーターの選択幅が広い)
 値段が安いので解像度も透明感も高くないですが、音圧レベルとしてきちんと素直に出てくるとかなり違いますね。 自宅鳴らしているフルレンジ自作スピーカーの音に近く好みです。

 低域はこのクラスのユニットの常にならって、ダンピングが足りずポコポコ鳴る感じが拭えません。 おそらくQtsが高いのでしょう。(1.0以上ありそう) でも低いほうが全然出ないわけではないですし、それほど悪くもなく値段を考えたら頑張っていると思います。 但し、デッドニングは強く推奨ですね。

【設置しやすさ】
 B35ラフェスタハイウエイスターに設置したのですが、このクルマはマツダプレマシーからのOEMで、Alpineの楕円形のバッフルボードを購入するか自分で作るなどが必要でした。 一般的なトヨタ・日産・ホンダ車なら同梱のサブプレートを使用してそのまま付くように思います。 但し変換コネクタは全メーカーの分まで揃っていないようです。
 なお、ミッドレンジユニットがウーハー前面からはみ出していないので、内張りとのスキマに余裕が無い車種でも安心です。

【音のバランス】
 周波数特性でわかるように中高域を膨らませているためか、声やギターの帯域がスポーンと出てくれて気持ち良く、それでいて耳触りで無いのが良いですね。車速が上がって走行ノイズに中域が埋もれにくく、気持ち良くドライブができます。

【総評】実売1万円でこの中高域、コスパの高さはすごいと思います。 中域~中高域重視で安く上げたい方にはお勧めです。
0コメント| 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年6月5日
コアキシャル2ウエイにするか、3ウエイにするか悩んだ末これに決めたが少し残念。
中、高域が綺麗な方が好きなのでこれに決めたがツイーターのシャリシャリした音がかなり目立ち、-6dbに切り替えても音が聞こえ過ぎなので置く位置及び向きに一苦労。中域のボーカルは純正よりは綺麗に聞こえるようになったと思う。又音量を上げてもビビらずまともに底域も出るようになったのかな。
それからこのシステムの取り付けに伴いエーモンのプチデットニングを施工し、トータルでは
劇的に音質改善(自分好みの音)になると期待に胸を膨らませていたが、今のところ不満が少し残るが、まあこんなものかな( ̄~ ̄;)
しっかり鳴らし込めばもうちょっと良くなるかな?
7/11追記
不思議な位音が(声も)しっかりして来ました。
商品説明に耳元でささやくように、とかライブ感覚が素晴らしくいいとか書いてありましたが本当にそんなふうになりました。それは、音量を上げれば上げるほど効果が表れ、ボーカルは目の前に、演奏はドアの下じゃ無く本当にボーカルの後ろに、と素晴らしくなり激変しました。
¥10000-弱でこの音なら◎
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年10月15日
車はアテンザの旧モデルGG3S、アルパインDLC-179Xが鳴らなくなってしまったので付け替えました。
ツィーターはドアミラーの裏の三角プレートからブラケットが外せなかったので179Xのものをそのまま使ってます。
ネットワークは1733Sのものを使いました。(ツィーター側のコネクターの付け替えが必要)
バッフルボードも179Xで使ってたアルパインの木製のものをそのまま使って取り付けしました。
(特に問題無く取り付けできました)
ヘッドユニットは純正のまま。

フロントドアのデッドニングは179Xを取り付けた時に自分でやってあります。

179Xが鳴らなくなってから一度、純正に戻してるので純正と179X、1733Sの三つの比較です。

純正は何だかモコモコした音でボーカルが聞き取り難い感じ、トーンコントロールで調整してもすっきりしない音でした。
179Xは高音は出るんですが低音が音割れしやすくボーカルの高音と低音のバランスが悪い感じでした。
音の厚みもちょっと薄い感じ。
デッドニングがちょっと効き過ぎてたかも知れません。

今回交換した1733Sはミッドレンジスピーカーのお陰かボーカルの存在感が際立ってます。
音の厚みもそこそこですが低音はちょっと弱め。
トーンコントロールで低音を強調すればそこそこ鳴ってるのでしばらくは様子を見ようと思います。
低音はリアの純正スピーカーの方が良く鳴ってて少しは補完できてるようです。
(リアだけ自作ネットワークで高音部分をカットしてみようかとも考えています)

デッドニングとの相性も良いみたいでトーンコントロールでちょっと過剰に補正しても破綻無く鳴ってます。
179Xで低音が音割れした時はデッドニングに失敗したかと思いましたがスピーカー側の問題だったようです。

高音がきつ過ぎたらネットワークの切り替えで少し下げる事も出来ますが今の所その必要は無いです。
(ツィーターが179Xのものなので高音に関しては評価は違ってくるかも)

全体的に解像感も良くなってナチュラルな音なので音源を選ばないです。
クラシック、ポップス、トランス、ヒーリングなど色々鳴らしてみましたがトーンコントロールだけでどれもまずまずの音でした。
特にボーカルは179Xよりかなり良くなったので満足です。

ボーカルメインなのでもう一度アルパインを付けようかと色々迷ってる中でこのスピーカーを見つけてそこそこ評価も良く値段も手頃だったので純正よりマシなら良いかと付けてみましたが思いの他、音が良かったです。

179Xで不満だった部分が1733Sではほとんど感じられません。

フレームなどは鉄製で華奢な感じ、高級感は無いですがこれだけ良い音で値段が安いから許せてしまいます。
どうせ見えなくなる部分ですからね。

中途半端に他社の2万円クラスを買うよりこちらの方が音は良いんじゃないでしょうか。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月15日
ステップワゴンRG1フロントへのインストール。ヘッドユニットは同じくClarionのNX502です。
Amazonで購入して内張り剥がしが面倒だなぁと感じながら購入後装着せずに放りっぱなしに。
純正スピーカーの薄っぺらい音にいい加減嫌気が差してしてきたので一念発起して取り付け。エーモン 音楽計画 デッドニングキット スピーカー周辺 簡単モデル 2441アルパイン ホンダ車用 インナーバッフルボード KTX-H172Bも同時装着です。

取り付け前にオートバックスで現物の音を聴いてきたのですが、同じヘッドユニットで音質設定が同じなら、正直同じツイーター付きのアルパインのSTE-G170Sなどの方が良い音が出ていて、この1733Sは低音が出てなくて中音がやたら飛び出したバランスの悪い音。失敗したかな?、と感じました(後で確認するとツイーターが設置されてなかった...)。

しかし、取り付け後の音はややツイーターからのサ行がきつい高音が増幅された音+控え目な低音ながらも、ボーカルが前に出てくる好感の持てるものでした。
これはエージング次第で化けそうだなと思い、ダイナミックレンジの広い音源を中心に約一ヶ月鳴らしまくった結果、比較的安価なスピーカーからは予想できない様な良い音が出るようになりました。

気になっていた高音はエージングでマイルドに鳴るようになりました。このツイーター、再生周波数帯が大きくて守備範囲が広いです(当方はツイーターのアッテネーターのゲイン設定は0dB)。低音もしまってしっかり鳴るようになりました。
ただ、当方の環境では低音はやや物足りないか、という事で音質設定で若干低音が出るような方向に設定して解決(エージング次第では後々元に戻せるかも)。ボーカルはっきりキットとインナーバッフルボードも効いていると思います。レゲエなどダブが相当効いた曲でも低音割れしません。結構ウーファーはしっかりしていると思います。これなら、取りあえずサブウーハー設置は先延ばしできる音です。

215mm幅・扁平率45%の走行ノイズの多いタイヤを装着するうちのクルマを走らせてみると、普通なら走行音に埋もれてしまいそうな音でもしっかり耳に届きます。特に中音~低音はしっかりしたものです。
スピードが上がるにつれてボリュームを上げていく必要もないですね。もっとも、これは環境に左右されるので参考程度に。他の方もレビューで書かれているように、ジャンルを選ばないとてもフラットな(素直な)音が出てきて非常に好感が持てます。

ただ、ツイーターの設置位置は慎重にする必要があります。取付時に調べましたがドア付近などに設置するとやたら高音が刺さりバランスが悪かったです。当方はダッシュボード上の一番奥に設置したため、程良く鳴ってくれています。これがこのセットの肝かも知れません。

エージングが進むと顔がほころんでくる、コストパフォーマンスの高いスピーカーです。
review image review image
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年7月13日
視聴できる物が近くに無く、バランス良い評価のみをたよりにチョイスしました。
アルパインG170Sと迷いましが、そっちも聞けずじまいで
他には無いスコーカー付きに興味が沸いて選択です。

結論は、1~2ヶ月の始めはバランス悪い音をじっとがまんする事。
その後に純正より上級(シャキッとした)音に遭遇できます。
実1万なら納得できる音と思います。上見ると実2万で倍ですしね。
ツイーターは例に沿いキンキン系で-6db調整はあるだけまだまし(雑なアッテネーター)の値段相応です。
0db設定にして、アッテネーターは別途用意した方が、まともな音になります。
私の場合、最終はハイカットは同じとし -3.5db設定(はまっての自作です)して使ってますが、
セダン、セダン系ステーションワゴンは -3~-4dbあたりが調整所と思います。
(セパレートタイプは、クロスを変えないアッテネーターをOPでも良いから用意すべきと、強く感じます。)

レヴォーグ純正からの交換で試すと、強烈に変えた観が出ます。
(すぐに評価してはいけません、ここはぐっとがまんして。)
付属のツイーターはチリチリしたので、元の純正のツイーターを使用してましたが、
変な細工は絶対やめましょう。ウーハーとのバランスが狂います。
ダッシュに置いて(この効果は大きい)-6db設定でも、ちょっと耳にさわりますが、
高域が純正より耳に届き易くなった為かと思います。
1、2ヶ月後にはウーハーとのバランスが合って音がまとまり、チリチリ感は無くなります。
意外とささらず良い(丸めな)高音に変わります。

このスピーカーは売りの中域が良く聞こえます。
私の車ではボーカールの存在感がありすぎに感じましたが、これも後には違和感が
無くなり、JPOPなんか合います。ラジオの音声もクリアです。
小さい音で聞いていても、歌声が聞こえるので、
軽、コンパクトカーなどの走行音がうるさく感じ、ボーカルが
聞きとりにくいと感じる方には特にお勧めできます。
ワンボックス系で歌声が聞きにくいと感じる方にも向いているかも。
普段は聞かないJAZZを聞いてみると、中低域(ウーハー)は
音にはりやしっとり感があり、良い感じがします。5万クラスの音に似ています。
対して高音の(ツイーター)は繊細感、解像度、メリハリが、
もうちょっとほしいかなと感じます。ここが値段相応なのかなー。

低域は始めほぼ出ないですが、2ヶ月後にはたっぷり出る様に変わります。
響き感が純正(ぼあぼあ低音)に比べ、パンチのある低音です。
ロック系のドラムの音は一番ぴったりです。
ドア内装を振動させるぐらいの十分な低温が出る様になったので、サブウハー導入の検討中止です。
ドーンと長く響く低音は苦手です。純正の方がそれっぽく出てます。

ちまたのデッドニングはしていません。サブウーハー無しです。
高価なバッフルでは無く、カロの樹脂バッフルで取り付けです。
2ヶ月後には イコライザーフラットでも十分良い感じの音です。低音良く出てます。
フロントだけだと車内全体の量感が少し物足らないので、フロントよりにして
音をなるべくよごさない程度に、純正のリアスピーカーも鳴らしてます。
純正より、良い音にようやくまとまりました。 

くれぐれも、ツイーターは付属品を使ってね。!
始めは純正の方が音が合っていたのに(クロス8.5KHzと音量も似通っていた)
日を追う事にウハーとの音の質差が耳に付く様になりました。
(コンデンサーを電解からフィルムに変えたら音の質も近くなりましたが)
又、純正は2KHz付近(最近知る)から音が出ている物であった為に、
高音多めの量感と低音少なめの量感のバランスが崩れ、何か低音不足な
違和感を調整入れてもずっと引きずっていました。
それを、最近付属のツイーターに戻した途端に音がビシッと耳に整列し
原因が判明です。メーカー提供されている物はそのまま使いましょう。

純正の新品もそうでしたが、スピーカーは実力が分かるまでに結構な時間(エージング)が必要でした。
これも当初の違和感ある音から、まとまりある音になるまでには結構な時間が必要です。

音響特性は評価の高い旧モデルSRT-1700などと比べ平らでないのがちょっと気がかりでしたが、
純正では低音やら中音やら高音やらを全て網羅すべく、特性は比較にならないほど
もっとぐちゃぐちゃなのを今回知りました。(これで良くバランス取れてるなとも関心した)
始めから車用に音響特性チューニングしてあるこのモデルでも、イコライジングを少なく
でき、音をあまりいじらない意味でこれもありかと思います。

<ハイパスコンデンサー>
電解コンデンサー4.7μFで筒は大きめの物がついています。
ちまたで話題のフィルムコンデンサ-(PARCで同μFのどでかいやつにて)に繋ぎ変えると
どう変わるかDIY興味の方へ。
純正ツイーターではベールが一枚取れた的な大きな変化が見られたのだが、
これでは期待に反し、そこまでの違いは感じなかった。
電解では出ている特定音が、フィルコンでは出ていない(電解の色づけ感が無くなった?)が違った。
(3KHz近辺の短音では上の方に共振が出ておりこれは変化無し。) 
総評では、高域が気持ちすっきり方向、閉塞感が若干和らぐ感じの微変化でありました。
電解コンデンサーでも意外と悪くは無く、繊細では無いが、音がはっきりしていて好みでした。

<音の確認は全てニュートラル、OFFが 基本>
バランス良いとされるSRT-1700系の後継なのに、低音に若干不満(疑問)を
抱いていましたが、原因はヘッドで 63KHzのハイカットONがかかってた事です。
OFFすると低音の量感が増え、イコライザーのプラス補正も不要になりました。

<ツイーター音量調整 -6db アッテネーター>
調整は、0 or -6db 2段階です。-6dbで小さめの音量ではそこそこ合ってると感じましたが、
音量を大きくすると、ツイーターがまたしゃしゃり出てきます。
調査すると -6db 時は 10W4.4Ω のセメント抵抗が直列に挿入される、値段なり(?)の普通では無いアッテネーターでした。
マイナス補正が不要な方や大きい音にしない方は問題無いのでしょうが・・・。
この回路ではマイナス補正をかけると、ハイカットポイントが8.5KHzだったのが、5KHz付近に大きく変わっているはず。
音を大きくするとツイーター(高音)がしゃしゃり出るのは、この為かと推測し、アッテネターは後ほど用意する予定です。
実売1万クラスはアッテネーターが無いのが普通の様ですが、セパレートタイプではやっぱ調整必要になりますね。
又、定価が3万クラスでないと、多段アッテネーターは付いて無いですね-。
最近はツイーターをウーハーと別アンプで鳴し、アッテネーターが不要な調整を取る様ですが、
これを買う方は普通はヘッドのアンプのみだと思うのですが・・・。
まずは(素人は)コアキシャルと言う意見があるのが何となく分かってきました。
設置位置(車種)や聞く人の耳の高さや距離でも結構変わってしまいます。
私の車の場合は イコライザーフラットにして、ダッシュ置きの場合 -3~-4db近辺が
丁度よさそうな感じです。

<色々聞いて思う事>
 ガガ の曲みたいのが好みで一番気持ち良く聞けます。
反面、アコースティックな曲には不満かなと思う。
アルパインの中級R170S(紙コーン)あたりが、ツイーターやネットワークがまだましそうで、
今はそっちが気になります。
 
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月7日
純正スピーカーからこちらの商品へ付け替えるため購入しました。

もともとリアについているスピーカーを交換しようと思い調べているうちに、

 ・純正スピーカーの音は貧弱で、交換したことを実感できる
 ・いい音を追究するのであれば、リアではなくフロントスピーカーを交換した方がよい

と価格comやみんカラのレビューがあったため、フロントスピーカーを交換することとしました。
購入するにあたり、アルパインSTE-G170S、カロッツェリアTS-F1730Sを検討し、以下を考慮しこちらの商品を選択しました。
本来であれば実際に音も聞いてみて決めれば良かったのですが。。。

 ・ツイーターのレベル調整ができる
 ・一番安価であまり悪いレビューがない
 ・ミッドレンジ搭載セパレート3WAYが気になった

ちなみにSTE-G170Sはレベル調整不可、TS-F1730Sはレビューでの悪い評価が結構ありました。
取り付けた車はトヨタ車(ノア ZRR70W)でしたので、付属品にてすべて取り付けができましたが、結構時間がかかっちゃいました。
作業手順等はネットで事前学習してたんですが(^^ゞ

 ・純正スピーカーの取り外し(純正スピーカーはねじ止めではなく、ピン止めでしたのでこのピンをとるのが大変でした。)
 ・ツイーターをダッシュボードへ取り付けるためドアから室内に配線を引き込む
 ・ツイーターの位置決め(最終的にはダッシュボード左右一番奥につけました)

まだ取り付けたばかりですが、ツイーターのおかげでこれまであまり聞こえなかったハイハットの音や女性ボーカルの音がきれいによく聞こえるようになりました。(ツイーターの出力調整はダッシュボード奥に設置し0db設定、ドア付近であれば-6dbをお勧めします)
中低音での違いはまだ実感できていませんが、スピーカーの辺りは純正ではなかった内装の振動を感じることが出来ましたので、良くなっているんだと思います。
デッドニングは実施していません。いろいろネットを調べて検討はしたのですが、結構お金がかかりそう&後でも出来そうななので、今回は見送りました。必要性を感じたら実施したいと思います。

今後購入を検討される方へのアドバイスとしては、ツイーターの出力調整機能がついている商品を購入されると良いかなと思いました。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年8月18日
1年使用しましたが、不具合もありません。

音に強いこだわりがあるわけではないですが、純正からは明らかに音の通りが違いますね。

ただ、これは製品に関係なくセパレートタイプのためでしょうが、私の使用環境では音場を立体的に設定できるのですが、頭方向にふるとツィーターから出る高音がかなりキツくなり、うまく言えませんが混ざらないというか、音が分離される印象です。
なので足元側に音場はふって使用している感じです。

あ、でもナビの音声は非常に聞き取りやすくなりました。

個人的にはフロントもリアと同じ一体タイプにすれば良かったな〜と思いますが、製品自体には満足しています。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月14日
表題の通り、コストパフォーマンス重視ならば、購入もありです。
別売りのサブウーファーと一緒に使用していますが、
一般人には、これで十分かと。
取付車両は、ハイエース3型で、スピーカー付属スペーサーは使用できず、アルパイン製?の木製スペーサーを追加購入する必要がある。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年3月12日
リヤにスピーカーが無く、リヤもclarionを購入しましたが、純正のフロントのショボさがたまらず、フロント用に購入、純正のペラペラから交換ですから、音は雲泥の差です。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年8月19日
HFC26セレナHVで使ってます。
純正のオマケみたいなスピーカーに比べれば断然いい音です。
というより、セレナのような車種ではスピーカーが足元にあるため音が聞き取りにくいため
このスピーカーのようにツイーター付きの安価な社外品に交換するだけで
十分聞きやすくなります。

これでフロント用スピーカー2本とバッフルや配線までフルセットになっているのであれば十分お買い得でした。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告