Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞直木賞特集 Amazon Cloud Drive SOS0816 Amazon MasterCard nav_flyout_biss Trade-in ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 出前半額キャンペーン 真夏の健康アイテム特集 防災・防犯ストア Kindle Amazon MP3

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.5
50
5つ星のうち3.5
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2013年10月22日
スタイル名: 2TB|Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
NASを会社で使っていても、NASの導入・運用・維持には全く関わっていないので、
公私共に初のNAS導入です。
本体を箱から出して家庭内LANに接続させるには、付属のマニュアルとCDを使って
15分ほどで完了。あまりのあっけなさに、『こんな簡単なの?』と驚きました。

もちろん、これだけでは設定完了ではないので、まずデフォルトではRAID0となっている
設定をRAID1に変更。23時頃に処理を開始して、終了したのが翌日7時頃でした。
(マニュアルでは4時間程度とありますが、環境により異なるようです)
RAID0なら2TB、RAID1なら1TB使える計算ですが、まぁバックアップを兼ねて冗長構成の
RAID1で運用するのが良いのではないでしょうか?(完全に個人の好みですが)

WebアクセスをONにする場合、自宅外からNASにアクセスできるというメリットはありますが、
きちんとアクセス制限をしないと、どこからでも見られてしまうということにもなりかね
ませんので、ここは要注意です。
やはり、外出先からスマホでNASのデータ(我が家では写真データメイン)にアクセスできる
というのは、ちょっと感動しますね。

時刻指定による自動ON/OFF機能がないのが、少し痛いです。
明らかに家族の誰も使わない時間帯は、出来れば時間指定で電源OFFにしておきたいのですが。
(BUFFALOの下位機種ではこの機能があるので)

最近流行のDLNAサーバ機能搭載ですが、我が家にDLNA対応機器がないのが残念です。
iTunesサーバー機能に関しても、マニュアルを読む限り非常に便利そうですが、これも
我が家では対応機器がなく、試せていません。

基本となるフォルダの設定やユーザグループ、ユーザの設定などはもちろん、ほぼ
全ての操作がブラウザで行えるので、私のような初心者でも違和感なく使えました。
初心者と言っても、一般的なIT知識は多少必要だと思います。
付属の紙のマニュアルは簡単な内容ですが、以降の詳細設定で必要となるマニュアル
(Web上)には、専門用語が少なからず登場しますので。

本商品は機能が豊富なので、単に『家族で共有できるHDD』以上のポテンシャルがあります。
デジタル家電好きな方にはもってこいの商品だと思います。

我が家では、家族それぞれのPCのローカルディスク、DVD、CD、SDカード・・・などに
分散して保管されていた写真データを一元管理することができたので、非常に満足です。

なお、本商品は電源ONスイッチを入れてから起動するまでに5〜6分かかります。
我が家では面倒臭いので24時間稼働にしていますが。
0コメント| 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年12月1日
パソコンについて、ある程度は知識と経験があると自負していましたが、ネットワークに関しては、別物って感じがします。マニュアルを真面目に読まないと分からない点が多々あります。読んでもよく分からないですが(汗;)

本器導入の理由ですが、離れて暮らしている家族のスマホが壊れ、写真や動画がパーになったことがあり、バックアップと写真類の共有をしたく導入しました。現在、私とそれぞれ別々に住む家族の計4人で活用してます。

さて、付属CDを用いたソフトのインストールは簡単でした。インストール終了後、最初に、HDDをRaid1(ミラーリング)に設定し直しましたが、かなり(6時間程度)掛かります。この間、「NAS NAVIGATER2」で進捗状況が%表示されるので参考になります。
その後、最新のファームVer1.30へとアップデートしました。アップデート手順の記載に、『LinkStationを正しく接続し、アップデータを実行するパソコンとLinkStationが同じネットワークアドレスになるよう設定します。』とありますが、意味が分からないまま、何もせずにアップデートしましたが問題なくできました(ホッ!)

その後、共有フォルダーの設定、ユーザーの設定、Webアクセス設定を行い、無事、ファイルの共有が出来るようになりました。

メール通知の設定も行いました。HDDやファンに異常があった時、指定のメルアドに知らせてくれる便利そうな機能です。メールサーバーに関する設定を直ぐに確認できる、テストメール送信機能もあります。

UPS(CyberPower製)との連動をしたかったのですが、上手くいきません。後から気が付いたのですが、 [・・・] に対応するUPS一覧があり該当しないようです。ちょっとがっかり。

さて、肝心の「WebAccess」の使い勝手です。

まずは、スマホ用アプリ「WebAccess A」ですが、NAS内の写真の閲覧等は良いのですが、スマホ内のファイルをNASにアップロード(書き込む)する操作は不便です。ファイルを一つしか選択ず、かなり面倒です。よって、☆マイナス一つ。これ以外は合格点だと思います。
これに対して、パソコンから、buffalonas.com経由でNASにアクセスする方は、アップロードで複数のファイルを選択できることを含め、使い勝手は合格点です。

その他、色々な機能があるようですが、私の場合、取り敢えずここまで出来れば、ほぼ満足です。

信頼性については不明ですが、HDDはメカ物ですから、故障するのは当然です。だからこそRaid1の意味があると考え本器を選んだのですが、念のため、予備のHDD(東芝DT01ACA100BOX)を一台購入しました。たぶん使えるでしょう。Buffaloのリンクステーション交換用HDDは高価すぎます。

静音性ですが、これまで音のうるさいHDDに出会った事も無く、パソコンデスクの足元に設置した本器ですが、メインPCのファン音の方が大きく、本器のHDD回転音は聞こえません。普通だと思います。本体に触れると、HDDの回転が伝わってきます。

今回、NASを使用してみて、ネットワーク活用により、PC類はさらに便利になる事を実感した次第です。

※追記1※

改めて、UPSとの連動に挑戦したので、その状況を・・・。

瞬停は問題ないとしても、停電時などにNASが自動シャットダウンしなければ、やがてバッテーリー切れとなり、UPS導入の意味をなさないのでは?そう考え、停電時のNAS自動シャットダウン、自動復帰に再度トライしました。

BuffaloのNASについて、事前調査して得た情報・・・
(1)Q&Aより
「UPSに連動してシャットダウンした製品は、UPSに電源供給が再開されると自動で起動しますか」公開 2011年2月2日 9時50分 | 更新 2012年9月10日 15時28分
[アンサーID: 5656]
LinkStationのUPS連動機能はシャットダウンのみの実施となり、UPSへの電源供給再開後も自動起動(UPSリカバー)はいたしません。UPS連動でのシャットダウン後は、LinkStationの電源を手動でオフ/オンしてください。

(2)最新マニュアル(2013年11月5日リリース バージョン3.0)より
『UPS(無停電電源装置)と連動させる 』
別途UPSを用意することで、停電時に本製品を自動でシャットダウンしデータを保護できます。UPSと併用するときは、必ず以下の設定を行ってください。
〜中略〜
UPSリカバー機能を使用するに設定した場合、UPSから本製品への電源供給が停止、再開した後、自動的に本製品を再起動します(電源供給元がUPSではない場合も、電源供給が再開した場合に本製品を再起動します)。

(3)UPS(無停電電源装置)対応一覧 [・・・] より
LS420D ・・・オムロン製UPS 、APC製UPS

(1)のQ&Aから、自動起動(UPSリカバー)は出来ないんだ!と思いきや、(2)最新マニュアルに、リカバー出来る!との記載。マニュアルの方が、新しい情報なので「自動リカバーできる」と判断。
次に、(3)の情報から、使用中のCyberPower製UPSは連動出来ない!と判明orz。そこで、オムロン製BY35Sの新規購入を決意。

以上、準備万端整えて、UPSとNASを付属ケーブルで接続し、NAS側の設定画面へ。(注意:本NASと対応するUPSを接続して、はじめて設定画面が表示され操作可能となる)
ところが、マニュアルに記載されていた「UPSリカバー機能を使用する」の設定箇所が見当たりませ(汗)。
リカバー機能は保留のまま一旦設定を完了。
UPS電源プラグをコンセントから抜いて停電状態にすると、1分後(変更可能)にNASがシャットダウン動作に入り、無事NASの電源がOFF。この状態で、UPSに電源供給を再開しても、NASは眠ったまま。

そこで、この状況をBuffaloにメールで問い合わせすると
「UPSリカバーには対応していない。マニュアルは誤記。ファームアップの予定なし。」との回答。折角、UPSまで新調したのに・・・再びorz。
やられた〜と思いながら、その後も、設定を変え色々とトライ。すると・・・
設定画面内の「LinkStationシャットダウン後のUPS動作」で「シャットダウンする」にチェックすると以下の動作となる事が判明(注意:私の場合だけかも?)。
『停電時、設定時間後にNASが自動シャットダウン。その後、UPSも自動シャットダウン(UPS自体がOFFしバックアップ電源供給を停止)。この状態で、停電から復帰すると、UPSがON、数秒後にNASが自動復帰して正常運用状態に。』
これって、UPSリカバー機能が働いたってことでは?偶然?数回繰り返しても同じ動作でした。

現在、Buffaloにこの状況について再度質問しています。どんな回答があるのか・・・。何か判りましたらアップします。

UPSと連携してNASが安全にシャットダウンすると共に、停電から復帰後、NASが自動的に立ち上がる機能は重要だと思えます。NAS設置場所に常に人が居るとは限らないので。

以上、長文失礼しました。UPSとの連携を考えている方に、多少でも参考になれば幸いです。

蛇足:オムロンのUPSは流石です。制御機器メーカーだけあって信頼性高そうです。マニュアルは日本語と英語が別々に入っている等、サポート体制の充実ぶりが伺えます。

※追記2※

質問してから約10日後、Buffaloサポートから下記回答がありました。

>「LS420D」シリーズのUPS連動機能について、
>停電復旧後にLinkStationは再起動しないとご案内致しましたが、
>停電復旧後にに再起動する状態で正常でございます。

前後に、お詫びの文章があったものの、内容はこれだけ!お粗末!
いずれにしても、「UPSリカバー機能」に関する設定画面が実際には無い等、マニュアルに誤記があるのは間違いないので、早急に修正願いたいものです。

※追記3※
本件に関わる最終報告です。
Buffaloのサポートに対して、マニュアルを修正するように強く要望していました。

先ほど、BuffaloのHPで確認したところ、修正版がアップされていました。UPSとの連動の個所が私の指摘した様に変更されていました。

修正前:2013年11月5日リリース バージョン3.0 
 ↓
修正後:2013年1月8日リリース バージョン3.0

このマニュアル変更に対して、比較的早期に対応して頂けたと思います。
これで、私と同じ悩みに陥るユーザーを少しでも減らせたのではないかと、Buffalo愛用者の一人としてホッとしています。
0コメント| 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年7月18日
初めてのNAS構築です。簡単に設定できましたが、アフターケアは最悪です。

○説明書は部分的なことして記載されていないため、コールセンターに問い合わせしましたが、
 なかなか繋がらない&ひどくぞんざいな態度で気分を害しました。

○私の設定ミスによるものかもしれませんが、ランダムで認識しないことがあります。
 上記コールセンターに問い合わせして一時的には改善しましたが、抜本的な改善には至っておりません。

⇒値段、性能、容量等考慮すると良いものかと存じますが、トータルで考えると△でした。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年10月31日
スタイル名: 2TB|Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
この機種の選定理由はやはりRAID運用だと思います。
RAID/0は速度重視、冗長性なし
RAID/1はデータを複数のドライブに書込む冗長性重視

ハードディスクは簡単に取出すことが出来ましたので換装は楽に出来ます。
中のハードディスクは「東芝DT01ACA100」でした。

初期設定はRAID/0なのでRAID/1に再構築するのに9時間かかりました。
ルータを通すと速度が落ちるのでPC-HUB-NAS(有線ギガビット)で繋いでいます。
転送速度はRAID/0/1/通常運用で試したのですが、全てのモードで殆ど差はありませんでした。

RAID/1で
Sequential Read :40.766 MB/s
Sequential Write  :65.352 MB/s
Random Read 512KB  :27.781 MB/s
Random Write 512KB :64.415 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) :0.981 MB/s [ 239.5 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) :4.241 MB/s [ 1035.5 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) :1.112 MB/s [ 271.4 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32):4.717 MB/s [ 1151.7 IOPS]

1ギガの動画はPC⇔NASいずれも30秒以内でした。
古いPCで試しているので比較的新しいPCだともっと速度が出るのでは無いでしょうか。
完全フォーマットも試しましたが14時間かかりました。

この機種を使用する方はRAID/1で運用する人が多いのではないでしょうか、
片方のディスクが故障しても、もう一方が無事なら安心ですがメーカー直販の交換用ハードは
1テラで25,800円です。

多様な機能に目が行きがちですが一年後も無事に使用出来ている保障はありません。
過去に色んなハードディスクを使いましたが一週間で壊れた事もあります。
実際に使ってみないと耐久力は分かりませんがNASのRAIDと言う選択は良いと思います。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
スタイル名: 2TB|Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
届くまでにマニュアルをDLし予習をしていたので、それほど不安はありませんでした
が、私の考えは甘くスンナリと導入とはいかず、PCから一発で認識とはいきませんでした。

BUFFALOによるヘルプによると、添付のCDから上手く接続出来ないときは、

1 ファイアーウォールを一時的に切ってから試す
2 常駐ソフトを全て停止してから試みる
3 それでもダメなら手動で設定

3段階に進むのだけは勘弁して欲しい(設定項目の意味が殆ど分からない)と
恐る恐る段階を踏んでいったのですが、なんとか2の常駐ソフトを全て停止させることで認識に成功。
その後は実に安定的に作動しています。

書き込みの速度なのですが、試しに約4GのファイルをPCから本製品にコピーしてみました。
時間としては6分でしたから、実用上は問題ない速さのようです。

スマートフォンからのデータの保存、共有も便利であり、月々の料金は不要で
サーバー機能を構築できるのは素晴らしいと思います。

この製品の特徴としてBitTorrentが搭載されていること。
実に便利なファイルの共有システムではありますが、個人的には今の時代にこの機能を使うのは少し怖いです。
DLしたソフトなどが違法なモノでないかと冷や冷やしたくないので、今のところ封印しています。

TV、レコーダーとの連携機能に大変期待していたのですが、私の所有するソニー製品は対応していませんでした。
とても残念でしたが、まあこれはしょうがないですね。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年9月22日
家庭内LANでSONY ET1100で録画した録画物を時間に関係なく見るために購入し、HDDを大容量のものに自分で換装しています
動作音も小さく、スマホから録画物のを再生するにも問題ありません

しかし、HDDを換装し、初期化して使用し始めましたが約半年経過した今、DLNA機能の操作ページがうまく開きません
通常であればページ開いた際に保存されている録画物一覧が出るのですが、表示されずに右上の使用容量表示も0GBとなってしまいます。
しかし、記録されているデータを維持して初期化すると正常に使えるようになりますが、また一週間程度で同じ症状になってしまいます。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月23日
1年2ヶ月間ずっと電源ON状態で使ってきましたが、いつのまにか電源か落ちており、もう起動しません。
電源抜き差しやスイッチOFF/ONで数秒間電源が入りますが、すぐに落ちます。
ちょうど保証が切れた切れたとこでね。

そうでない人もいるでしょうけど、少なくとも当たり外れがそれなりの確率のある製品ですね。

自力で直せるか・・・。
この耐久性ではNASとしては全く使えません。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
スタイル名: 2TB|Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
外付けのHDDを使用したことのある方は
容易に導入できると思います。

中には1TBのHDDが2つ入っています。

書き込みモード3つ。
・RAID 0モード[出荷時設定](2つのドライブにデータを分散して保存します。)
・ミラーリング(RAID 1)モード(内蔵している2つのドライブに同じデータを保存します。※半分の1TBしか保存できなくなります。)
・通常モード(内蔵している2つのドライブを別々のドライブとして扱うモードです。)
メリット、デメリットは商品説明に詳細が書かれています。

ネットワーク設定により家の中はもちろん、外出先からのアクセスも可能になるのですが
設定によっては全てのデータをネットワーク上に公開できてしまうので注意が必要です。

嬉しいのは設定した時間だけ電源をONにできるタイマーON/OFF機能。
寝ている時間など、自動で電源を切ることができます。

後、USB機器をこちらにつないで、PCから操作することも可能です。
様々な繋ぎ方を実現してくれるので、ネットワーク回りの整理にも使えます。
もちろん外付けHDDをつないで、容量を増やすなんてこともできます。

※PCに直接LANケーブルをダイレクトに繋いでる方は、ルーターでネットワークを分ける必要があります。
無線でも有線でも大丈夫ですので、よく調べてみてください。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2013年10月22日
スタイル名: 2TB|Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
使用できる用にするのは、いたって簡単で、
付属の紙のマニュアルにそってやれば、
取りあえず、使えるようになります。
初期設定で、DLNAサーバが有効になっていますので、
LANで繋がったDLNA対応機器(PS3や一部のAVアンプ、BDプレーヤ等)で、
特に何の設定もなく保存したものを確認、再生できました。
そう言う意味では、初心者向けのNASとしては、お手軽だと思います。
一応、中身は二つのHDDが入っていますので、
容量は半分になりますが、いざという時の為に、
ミラーリングをする状態にもできます。
また、NASとしては小型な方だと思います
(8口のHUBを二つ重ねたくらいです)。

ただ、『外出先からのアクセス』に関しては、紙のマニュアルはなく、
付属ディスクのマニュアルか、オンラインのマニュアルを見ないといけません。
キチンと設定しないと、ファイルが他人からも見放題になりかねませんので、
その辺りも、要注意です。
万一、中のHDDが故障して、交換する際は、電源を落してから、
箱をあけて交換が必要となりますので、
IO−DATAのHDLシリーズの様に、電源を入れたまま、
カートリッジだけを取り換えられる様なお手軽さもありません。
さらに、アクセスがなくとも、
ファンが頻繁に回転し、少し高めで大きめな音が響きます
(体感的に、HDL−GTよりうるさかったです)。
また、謝って切れてしまう事を防ぐ為だとは思いますが、
電源スイッチが小さすぎるのも、少し気になりました。

試しに、全部で合計300Gほどのファイルを、
1000BASE−T環境下で
PCからコピーせてみましたが、
1.5日程かかりました。

NASとしては、消耗品と考えらえるHDDの交換が不便ですので、微妙ですが、
家庭内での、ローカルな環境下での、複数PC用の共用HDDとしてでしたら、
設定も簡単ですので、ネットワークに繋がった大容量HDDと、
割り切って使うのでしたら、悪くはないと思います。
悪くは無いのですが、色々と微妙な点も多いですので、☆は3つで。
0コメント| 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト500レビュアー2013年11月14日
スタイル名: 2TB|Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
NASはこれまで海外メーカーの機種を主に何台かつかってきましたが
この機種は比較的敷居は低く使いやすいと思います。
筐体は小さめで光り物も地味め
音も静か目で、容量が足りなくなったときUSBの外付け対応なのは地味に効いてきそうで安心感があります。
バックアップ保管重視のRAID1に組み直せる点や
DTCP-IPの録画機器を持っているかたには録りためたデジタルコンテンツのやりくりなど
他用途でつぶしが効くのは良いです。
外付けデータドライブ等はたんすの肥やしになりがちですので。
デフォルトの設定は仕事等のバックアップというよりは家庭向けな印象
細かい設定はWEBのマニュアル等参照する必要はありますが
比較的広くおすすめできる機種かと思います。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)