Androidアプリストア Amazonファミリー 2017年本屋大賞 Amazon Cloud Drive psm Amazon MasterCard nav_flyout_biss DVD Blu-ray FF8-AD 2017 ファッション Fire HD 8 Fire TV stick 母の日ギフト特集 2017 花粉対策特集 子犬の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 自転車 仮面ライダーアマゾンズ シーズン2

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
137
5つ星のうち4.3
形式: Blu-ray|変更
価格:¥3,000+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2013年7月30日
アニメ放映もリアルタイムで鑑賞してましたが、どうしても手元においておきたくてDVDの購入を決定しました。
ブルーレイでなくDVDにしたのはPCでも鑑賞できるようにしようと思ったためでしたが…DVDを改めて再生デッキに入れて試聴してから、
あまりの画像のぼけっぷりに呆然としてしまいました。
TV版で見ていた細かい箇所が確認できず、画面ににじりよっての確認になりました。ううむ苦痛。

すっかりテレビで見慣れていたので、あの画質を当たり前に考えていましたが…そういえばそうだった…とDVDをそっと仕舞い込みました。
ブルーレイを買い直しました。1巻目にしてすでに2つ購入という暴挙に及びました。
あの迫力を再現したい方は迷わずブルーレイの購入をお勧めします!
少々高かろうがあの画質と迫力に及ぶものはありません!
逆にお手軽に手元において楽しみたい方はDVDがお勧めです。小さな画面ではそう粗さが目立たないようですので…

ブルーレイかDVDで迷っている方は参考程度にどうぞ!
0コメント| 136人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年4月14日
2話まで見た感想となります。
1話は原作に忠実でしたが2話目は原作にはない、というより原作では描かれなかっただけで実際に原作の話の間ではこういうことがあったであろうという物語をしっかりと補完しています。また原作ではもっと後にくる話も描かれていたりしますが改悪などではなく原作既読者でもまったく不自然に感じない改変でした。

原作をアニメでは無理に改変して失敗する場合がありますが"進撃の巨人"に関してはむしろ原作未読者には世界観や話の流れが分かりやすく既読者は新鮮な気持ちで原作よりも深く詳しく描かれる物語が楽しめると思います。

脚本・作画・音楽・声優の演技、文句は一切ありません。
原作に対するリスペクトとただのアニメ化で終わらせないというスタッフの意気込みが毎回伝わってきます。
近年稀にみる非の打ちどころのない作品です。
0コメント| 476人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年10月1日
漫画は見ていましたが、
まさかここまでのアニメになってると思いませんでした。

作画はとても綺麗ですし、
演出の迫力とスピード感がとにかく半端ない!
加えて声優さん方の見事な演技力…
キャラ達の必死さや痛みがヒシヒシと伝わってきます。

思わずスタッフに「ありがとう」と言いたくなる
そんな凄い作品です。
0コメント| 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年4月17日
まず、強烈な印象のプロローグから引き込まれた。
書き込まれた画で描写される、50メートルの城壁に、人類の天敵たる「巨人」が手をかけて現れる姿。これからの絶望を暗示させるモノローグ。城壁内の人々と同じく、恐怖に凍りついた気分になったほどだ。
続いて流れるOPでは、苛烈な歌詞と、体を熱くする曲調の「紅蓮の弓矢」が、巨人との凄絶な戦いへの期待感をMAXまで高めてくれる。
本編も、文句のつけようがない。地に足をつけた人々の生活、巨人の登場から、かりそめの平穏が破壊されてゆく惨劇までが、実に丁寧に描かれている。

1話のラストまで声も出さずに見入ってしまった。これほどまでに「凄い」アニメーションを見たのは、本当に久しぶりだ。
他の方のレビューを拝読すると、2話は原作には存在しない話だったらしい。しかし、それが実にしっかりと、アニメ版では「なくてはならないもの」として作品の流れに組み込まれている。監督の荒木哲郎氏、脚本構成の小林靖子氏の本気が、ひしひしと感じられる。
小林靖子氏は、仮面ライダー龍騎のときからずっと注目している脚本家だが、その力量には感服させられる。やはり氏は、シリアスこそが本領だと思う。

まだ原作は購入していない。買ったらきっと、誘惑に耐えられずに読んでしまい、先の展開を知ってしまうだろう。それが嫌なのだ。アニメが終わってから購入し、ゆっくり読もうと思っている(原作がアニメに劣っているとか、そういう考えでは、決してない)。
いつもならすぐに原作を買っている。
それをさせない。こんなアニメは初めてである。
1コメント1件| 274人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年4月8日
良質な映画を観た時のような、心が震える、思わず涙する1話です。

圧倒的な世界観勝負で堂々と渡り合おうとする制作陣の意地と
気合いにも心打たれます。

まずは「進撃の巨人」0巻目当てで購入されても十分楽しめる
と思います!

こういう作品が評価されてもいいのではないでしょうか。
0コメント| 229人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年5月14日
内容ですが、少年漫画によくあるバトルものとは違います。感じとしては戦争映画に近いです。
部下を犬死させてしまい嘆く部隊長だとか、奮い起こした勇気さえも巨人の圧倒的恐怖を前に萎縮してしまい戦うことを放棄した兵士、結果助けることができず巨人に蹂躙されていく人々。そういった絶望と無力感に打ちひしがれ思いを吐露するする姿があり、そこから人としての尊厳を取り戻そうとする主人公や人々の姿に、ただただ心を打たれます。
一人一人の人間の感情、アクション、演技、BGM、伏線、どれをとっても高品質なこの作品、普段アニメを見ない方にもおすすめです。
0コメント| 69人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年4月22日
原作ファンで、既に最新刊まで読んでいます。
その上でこのアニメ版を見て、これは凄い!と思わされました。

まず立体機動の躍動感!
原作もアクションシーンには定評がありますが、ギュンギュン動くアニメならではの迫力が全面に出ています!

そして巨人の不気味さ!
色が付き、ユラユラ動く事で原作よりさらに不気味になり、本当に「怖い」と感じさせてくれます。
あそこで踏みとどまったハンネスの気持ちも分かろうと言うもんです。

さらにBGM!
世界観と場面に非常にマッチしたBGMもいい仕事をしています。
母親が食われるシーンの悲壮感は本当に凄いと思いました。

総じて「アニメ化した意味のある」作品です。
原作の良さを残しつつ、アニメでしかできない表現も多々取り入れた傑作。
原作未読者なら毎週毎週ハラハラしながら見られるでしょうし、自分のような既読者でも「あのシーンがどう表現されるのか」を楽しみにしながら見られます。
まだ3話ですが、これから先も非常に楽しみなアニメとなりました。

※追記
4話も視聴し、原作でやや不十分だったキャラごとの印象付けがより深くできているなと思いました。
特に原作ではほぼモブキャラだったマルコやトーマスなど。
その分これからの展開のインパクトもより大きくなるでしょう・・・
0コメント| 77人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年5月8日
自分はアニメを通してこの作品の世界に足を踏み入れた身ですが、原作 『進撃の巨人』が数年前から既に高評価をたたき出していたのは知っていました。 今まで知っていてもあえて避けていたのは「グロい」描写が苦手だからという一言につきます。 しかしいざアニメを観てみたらそこにはグロさ以上の人間味が溢れており、すぐに原作を手に取りました。多数の人が利用する書店では売り切れも多く、このような人間はおそらく私だけではないでしょう。 人によっては最初の一歩を踏み出し難い作品を、映像化にあたって見事に引き込むことに成功した素晴らしいアニメだと思います。 むしろ、アニメというよりも毎週映画を観ているような感覚になります。 音楽、声、作画、演出がバラけることなく一体となっており制作陣の方々の本気が窺えます。 多くの人を引き付けた物語のはじまりを、是非DVDで改めて楽しみたいです。
0コメント| 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
この作品自体は、連載当初から知っていた。『このマンガが凄い』とか言うものに選ばれてた事も、実写映画化されることも。
しかし、連載当初の色があくまで『人間VS巨人』メインだったので、どこまで行っても同じストーリーかなぁと思い、手を出していなかった。

しかし、実際のところ、人間の中の様々な策謀や駆け引き、心境の描写などが有る作品と解り読者に、そこへ今回、この超絶クオリティでのアニメ化である。
正直、毎週ここまで次の展開を見たいと思う作品も無い。
確かに、人を選ぶ作品だとは思うが、それで良いと思う。

なぜなら『確実に万人向けする作品』など、結局誰の心にも強烈なインパクトを与えないと思うから。
この作品の場合、原作絵はお世辞にも美麗といえるものではないし(それがまた良いのだが)、グロも有る。全体的にアンニュイな展開が多い。と、人を選んで選んで、選ぶ。そんな作品だ。

それでも昨今の、もうどれがどれだか解らない萌え系作品なんかより、よっぽど主人公や、その仲間たちに感情移入できる。
正直、この一巻に収録されている過去編を2話分まるまる使って『丁寧に絶望を描く』という手法は、他の作品では見られない。
でも、それが有ってこそ主人公が巨人に向ける敵意、後に仲間たちが調査兵団に入団する動機、そういった物が自然に受け入れられると思う。

実際、エレンが内地の人間で『生活が不自由だから巨人を倒すんだ!』って言っても、いやいや、それだけであの屍の山は越えられんだろうと思う。
日常が非日常に変わって、大切なものを奪われた末に『巨人どもを一匹残らず駆逐してやる!』ってなるから、自然と彼の行動が入ってくるのだと思う。
駆逐って、倒す事の最上級形みたいでいいですしね。

現状、3話まで放映されているわけだが、どの回にも若干の補正がかかっていて、話数の逆転・台詞の有無・追加シーンなどがあるが、どれも非常に自然で好感が持てる。
書き込みやアニメーション自体も素晴らしく、3話目に、あるキャラが画面奥から手前にびょ-んと飛び掛って消えていく場面がある。あまりに早い動きで気になったので、1/8のスローモーにしてみてみたが、それでもカクカクした感は無く、アニメーションとして成立していた。
かなり絵の枚数を描き込んでいる様で脱帽。
これから多く描かれるであろう戦闘シーンには、期待がかからないわけが無い!

これらの内容より総評として
・アニメーション自体は、兎に角凄い。アニメーターさんたちの仕事量が心配になるくらい描き込まれていて、目を奪われるばかり。
・1話目でも有る、人食いのシーンは直接見せることは無くても、凄惨さが充分に伝わって来る様な構成、上手く日常と非日常の緩急がつけられていて場面も把握しやすい。
・マンガではじめるか、アニメで始めるかならアニメをお勧めしたい。原作の方がモロにグロ表現もあるし、アニメの構成の上手さで内容の伝わり易さは原作以上かと思う。

私としてはむしろ、今回が2クールアニメという点が心配で、現在10巻まで出ている原作でも中ボスクラスが何体か出現しているので、アニメの方ではそいつらを倒して、何となしに大型巨人と決着をつけて終わらないかが不安でならない。
そこは、スタッフの心意気にかけるしかないが・・・

しかし、この2話目までの出気で言えば、問題なく100点満点だろう。特典がなくても購入の価値は有ると断言できる。
(特典については購入次第に追加レビューしますが、多分まだすぐには買わないと思う。金欠なので。今はハードディスクに最高画質で録画中)

いまや、飽和状態に有る深夜の萌えアニメのなか、それに屈する事無く骨太な作品を送り出してくれているスタッフの方々には素直に感謝したい。
0コメント| 82人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年4月19日
TVで第一話を見て、
「クオリティ高いなぁ〜」と見入っていたら
ラストの衝撃のあのシーン…アニメでは珍しいですね。
衝撃は受けたけど不思議と気持ち悪さは感じなかったです。

女の巨人のアップはかなり怖かったです…効果音が恐さを引き立ててます。
濃密な世界観にぐいぐい引っ張られて目が離せなかった…というか
ハンネスさん同様、あまりの恐怖にテレビの前ですくんでしまったですよ…
あと、家にいる母のもとに走るシーンの
「家に当たっているはずがない」
「あの角を曲がればいつもの家が…」
この心情に何とも言えない気持ちになりました。

声優さん方の仕事も素晴らしかったです。
ラストのエレンと母カルラの必死さにかなり胸を打たれました。
梶裕貴さんと鷹森さんすごいな〜

OPも格好良かった、アニメ・歌ともども…

ノンクレジットOP…Blu-rayはやはり綺麗です!!
0コメント| 61人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告