Androidアプリストア Amazonファミリー ビジネス書大賞 Amazon Cloud Drive Amazon MasterCard summer_Bike Music ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV stick 父の日特集 梅雨対策特集 キャットフード・猫用品 5,000円以上購入で1,000円OFF Kindle Amazon MP3 硬式テニス HITOSHI MATSUMOTO ドキュメンタル シーズン2

お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2014年9月5日
128GBと迷いましたが、こちらにして正解でした。
基本的にネットで調べ物をしたり、ゲームが主体ですが、昔SSDが流通したころのSSDしか知らない自分にはとても快適に感じます。
まずプチフリがほぼない。エラーも吐かない。起動がめちゃくちゃ早い。
以下がベンチマーク結果です。環境によりけりなんでしょうが、さすがサンディスクといったところでしょうか。
-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 3.0.3 x64 (C) 2007-2013 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 10,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]

Sequential Read : 439.938 MB/s
Sequential Write : 367.921 MB/s
Random Read 512KB : 288.137 MB/s
Random Write 512KB : 330.929 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 22.234 MB/s [ 5428.2 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) : 49.551 MB/s [ 12097.5 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) : 146.680 MB/s [ 35810.6 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) : 183.772 MB/s [ 44866.3 IOPS]

Test : 100 MB [C: 58.7% (139.7/238.0 GB)] (x2)
Date : 2014/09/05 15:00:16
OS : Windows 8.1 [6.3 Build 9600] (x64)
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年8月16日
もともとOS部分(Cドライブ)にはPlextor-M5P 128GBというSSD使用していたのですが、
もともとはBF3やBF4などのゲームファイル・編集する動画の置き場に困っていたので買ったのですが、まだ容量には余裕がありました。
このレビューを書こうと思ったキッカケは、つい先日に発表されたMGS:Ground Zeros とMGZ:The Phantom Pain のPC版が発売される言うことでこのSSDが活躍しそうだから、レビューを書こうと思いました!(*^_^*)

BF3,BF4などのゲームデータ、編集する動画のファイルとして現在使っています。
もともとBF3,BF4はHDDにインストールしていたのですが、とにかく遅い!たまに読み込み動作をするとプレイ中に異常に重くなったりと、フラストレーションが溜まりまくってました。
そこでSSDを追加購入しようと思い、色々吟味した結果、このSSDに出会いました。
(購入した次の日にMX100が発売されて価格に衝撃を受けたのは内緒です(^_^;)

Amazon限定の商品で、価格コムなどにも情報はほとんど無く、心配でしたが良い意味で期待を裏切られた(笑)
読み込み、書き込み共にほぼ公称値かそれ以上のリード・ライト性能が出ました!
大きいファイルの書き込みにも極端にライト性能が落ちることはありませんでした。
よく利用している動画のファイル移動がすぐ終わるので快適です!

M5Pが4K・4KQD32(ランダム性能)で負けるとは...大したもんですm(__)m
ベンチマークの結果を貼っておきます。

http://imgur.com/z3aJl0b,5Uo6CNV,bJTU1DS,eAruRBm
(参考としてM5P-128GBの結果も載せておきます)

左から順に、
【M5P_0Fill】→【M5P_Ramdom】→【SanDisk_0Fill】→【SanDisk_Random】
参考にしてください!
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年8月12日
12800円で購入。

以前は128GBを使っていたのですが、
もう少し余裕のあるSSDが欲しかったので256GBをチョイス。

これが思った以上に、精神安定上にいい。
残り容量をあまり気にせず使えるっていいですね。

実際、PC内には1.5TBのHDDや外部にはNASがあるので、
そこまで深刻な問題ではないのですがやっぱり一時置場に便利ですからね〜

速度も128の頃から比べてコントローラも新しくなっていますし、
キビキビさが増したように思います。
2〜3年は使えるかな?

ノートPCでもクラウドや外付けHDDを利用すれば、
このくらいの容量でも行けそうな気がします。

値段を考えても、
凄くいいものだと思います。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
[追記あり]

会社の PC が Win7/メモリ4GB/HDD 500GBでメモリ不足のためリソースモニタでコミットチャージが常に 100% に張り付きスワップしまくるため HDD アクセスが常時発生し ATOK2014 で変換するだけで数秒待たされるなどというのは当たり前、Windows 更新を伴わないただのシャットダウンでも 3-4 分は HDD のガリガリ音を聴いて待たなくてはならないという状態の PC を使用せざるを得ない状況でしたが、リースから買い取りになり筐体を開けることができるようになったため、対処療法として先にシステムドライブ(250GB)をこの Sandisk UltraPlus に入れ替えました。

メモリは 4GB のままなのでコミットチャージは 100% 張り付きから変わりませんが、スワップが SSD になったことで体感的には大変快適に使えるようになりました。
(もちろん、SSD へのアクセスが大量に発生しているので寿命的によろしくないことは理解していますが、自分の予算ではないので一度に両方は解決できなかったため、メモリはこの後増設することになります)

PC 自体は SATA が 3Gb/s なので、性能とコストのバランスからこの Sandisk UltraPlus を選択しましたが、CrystalDiskmark では シーケンシャル R/W がそれぞれ 245.9MB/s , 221.8MB/s , ランダム 4K R/W がそれぞれ 28.82MB/s , 74.74MB/s と十分な速度が出ているので製品の選択は適切だったかなと思っています。

[2014/09/09 追記] - - - - - - - - - -
使用している PC が Win7/メモリ16GB/Xeon E3-1225v2 にリプレースされましたが HDD は相変わらず 500GB のままだったのでこれをセカンダリに移動してプライマリに SSD を接続してマイグレートしました。今回はチップセットも C216 で SATA 6Gb/s なので前の PC では頭打ちになっていた CrystalDiskmark でのベンチマーク結果もシーケンシャル R/W が 480.7MB/s,275.9MB/s となり、本製品のスペックを引き出せる環境になりました(メモリも 16GB になったので VMware を走らせながら Chrome で 28 タブを常用しつつ Office アプリを使ってもコミットチャージ 50% で安定となり快適環境になりました…)。
0コメント| 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年10月1日
元々のHDが250GB水準のモデルだったので、このスペックでジャストフィットでした。
SAMSUN製品が直前まで購入候補でしたが、こちらの方がメモリの耐久性があるとの
評を見て決定。
SSD導入は初めてでしたが、HDDクローンソフト付きの2.5インチケースを購入し、
リカバリディスクも不要で、クローンしたてのまま換装が完了しました。

そして、何せ早い。起動、終了のスムース感は、一度体験すると、もう戻れないですね。
満足した買い物でした。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年12月13日
Lenovo g560のwin7基本スコアは7.7とずば抜けてよく,corei3 380Mでの起動時間は20秒前後です。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年6月3日
1年半前のマウスコンピュータ、ノート使用です。
ちょっと重くなってきたので、最初からOS入れなおそうかなと思ってコレに決めました。
購入直後、いきなりHDを抜きコレをはめて、Win7をインスト。
HDよりはやく作業もすすみ、超快適!に生まれ変わりました。.
いままで展開の遅かった文字データベースも一瞬で開始。検索・絞り込みも瞬間表示。
画像のデータベースもチョイ待ちでサムネイル表示。
動作もとても安定しています。

firmware updateもしていないそのままの状態です。
-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 3.0.2 x64 (C) 2007-2013 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]

Sequential Read : 473.398 MB/s
Sequential Write : 414.785 MB/s
Random Read 512KB : 271.769 MB/s
Random Write 512KB : 269.356 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 24.442 MB/s [ 5967.4 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) : 41.396 MB/s [ 10106.4 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) : 340.833 MB/s [ 83211.2 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) : 168.420 MB/s [ 41118.1 IOPS]

Test : 1000 MB [C: 26.5% (35.6/134.7 GB)] (x5)
Date : 2013/06/01 4:52:17

(2013/06/04)
★ X211200(購入時)→ X2306RL(最新)firmware update の報告です。★

↓after firmware update
-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 3.0.2 x64 (C) 2007-2013 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]

Sequential Read : 475.545 MB/s
Sequential Write : 441.816 MB/s
Random Read 512KB : 276.261 MB/s
Random Write 512KB : 368.136 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 24.917 MB/s [ 6083.3 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) : 45.845 MB/s [ 11192.5 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) : 334.797 MB/s [ 81737.5 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) : 165.107 MB/s [ 40309.3 IOPS]

Test : 1000 MB [C: 48.0% (64.7/134.7 GB)] (x5)
Date : 2013/06/04 21:50:22

体感上ほとんど変わりませんが、少し気分がよくなりました。

※英語ですがfirmware updateのやりかたビデオもあって簡単。
1:まずSanDiskのHPから「SSD Toolkit」を拾ってWinにインストール。
2:「SSD Toolkit」を開いてアップデートチェック。
3:SDメモリに最新ファームをCOPY(自動)
4:リセットしてSDドライブから立ち上げてfirmware update。
5:メモリを抜いてリセット。
簡単でした。

※ちなみに信頼性(平均故障間隔) : 200万時間と表示されているのが
はたして、どれくらいのものかちょっと計算してみました。
1日8時間平均使用したとして、25万日、365日で割ると
なんと685年もOK。ホントかなあ? (^_^;
その通りならさすがSandisk。
0コメント| 62人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年12月20日
Macな人の書き込みが少ないので恐る恐る購入しましたが、
SanDiskのMLCタイプSSD、コストパフォーマンス抜群です。

Mac Pro (Early 2009)の3.5インチHDDベイをフル活用するため、PCI Express接続のVelocity Solo X2 [VEL-SOLO-X2]に搭載して起動OS用ディスクとして使っています。
使用開始時にファームウェアのリビジョンが10ほど上がっていたので まずファームウェアをアップデート。
Macでファームウェアを上げるにはSanDiskサイトのサポートからISOイメージをダウンロードしてそれをCDなどに焼き、ファームウェアディスクを作ります。
焼いたディスクから「C」起動させるとPCのBIOS画面のようなCUIで起動します。
ここからSanDiskを選んでアップデート。(待ち時間は0.5秒くらい)
余談ですがこの画面ではキーボードがマシンのUSBに直結されていないとセレクターが反応しません。(シネマディスプレイなどのハブ接続では反応しないです)
ちなみにディスクサイズによってそれぞれファームウェア準備されているので間違えると機能しないようです。
乗せちゃっていいのかな??
http://kb.sandisk.com/app/answers/detail/a_id/12762/kw/ssd%20firmware%20update/related/1

元々のHDDが遅いのでなんとも言えませんが非常にキビキビ動いてくれてやや古いマシンが見違えました。
こちらの環境ではおかしな挙動もなく、至って高速で安定しています。
後は寿命ですが365日フルで使い続けるのでどれくらい持つか気になるところです。

Mac Pro 2009
Mac OS 10.9.1
SDSSDHP-256GB ファームウェアリビジョン X2316RL
2013.12.20現在
0コメント| 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年9月14日
Samsungの830 256GBを1年以上使って調子がいいので、840 PROの
256GBが欲しかったが、なかなか2万円以下にならず、本品の安さ
とこのサイトの評判もいいので、ポチっちゃいました。
SDHCを長年使ってのブランド力も一因ですが、結果、スピードは
specの表示に近い値が出ているようです。
耐久性や使用中の速度低下等は全くの未知数ですが。

<参考値>
 ASUS P8Z77-V PRO(i7-3770K)
-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 3.0.2 Shizuku Edition (C) 2007-2012 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]
 
Sequential Read : 525.141 MB/s
Sequential Write : 473.540 MB/s
Random Read 512KB : 338.138 MB/s
Random Write 512KB : 385.979 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 37.234 MB/s [ 9090.3 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) : 119.593 MB/s [ 29197.5 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) : 348.879 MB/s [ 85175.5 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) : 221.866 MB/s [ 54166.4 IOPS]

Test : 1000 MB [C: 39.5% (94.2/238.5 GB)] (x5)
Date : 2013/09/14 12:08:50
OS : Windows 7 Professional SP1 [6.1 Build 7601] (x86)

<追記>2013.10.30
 ついでに後日もう1台買った本品と同一PCでRAID0組んでみました。
 まあ体感として大して変わるわけじゃないので遊びっちゃあ遊びですが。
 単体の2倍ってわけにはいかないようです。
 4KB (QD=1)なんてむしろ遅くなってるのが??です。
-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 3.0.2 Shizuku Edition (C) 2007-2012 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]

Sequential Read : 1049.476 MB/s
Sequential Write : 899.165 MB/s
Random Read 512KB : 540.413 MB/s
Random Write 512KB : 645.976 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 35.658 MB/s [ 8705.5 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) : 108.207 MB/s [ 26417.6 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) : 450.197 MB/s [109911.3 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) : 414.146 MB/s [101109.9 IOPS]

Test : 1000 MB [C: 18.8% (89.6/476.9 GB)] (x5)
Date : 2013/10/28 15:08:56
OS : Windows 7 Professional SP1 [6.1 Build 7601] (x86)
-----------------------------------------------------------------------
0コメント| 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年5月5日
ThinkPad T420で Windows 7 (x64) をインストールして使っています。

よくあるベンチマークは実施していないですが、Windows エクスペリエンスインデックスのサブスコアは 7.9 で、最高値を表示しています。実際、日常利用ではきわめて快適です。一昔前のSSDとは違って、普通に使っていて待たされることは微塵もありません。

実際どのくらいの期間使っていられるのかが気になるところですが、これはこれから使ってゆかないと判断できないところです。

【Firmware Updateについて】

Sandisk の製品ページ([...])から必要なファイルを入手できます。Supportタブ内にある SSD Tool Kit (Software) をダウンロードしてインストールすることで Firmware Update 用のブートディスクを作成できます。ブートディスクは、ブート可能な USB フラッシュドライブか、CD/DVDが使えます。私は手元にあった ADATA C802 (8GB) を使ってアップデート用のブートドライブを作成してアップデートをおこないました。

簡単にアップデート作業の流れはこんな感じです。

1. SSD Tool Kit をインストール
2. アップデート用の起動メディアの作成
3. アップデート用の起動メディアから起動してアップデート実行
4. PCの電源 OFF

手元に届いた SSD の元の Firmware Revision は X211200 で、このレビューを書いている時点での最新は X2306RL でした。なお、アップデートそのものは一瞬で終わってしまいますので、ちょっと拍子抜け・・・でした。
0コメント| 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)