Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞直木賞特集 Amazon Cloud Drive SOS0816 Amazon MasterCard 洗車グッズ特集 Importsale ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 真夏の健康アイテム特集 防災・防犯ストア Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
150
5つ星のうち4.2
色名: Black|変更
価格:¥7,538+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2014年8月18日
日中はキャミソールのストラップなどにつけて、睡眠時はパジャマの袖口に挟み込んで使っています。
(睡眠時はケースから取り出して専用のリストバンドに入れて使う仕様になっていますが、ケースの
出し入れが面倒なので・・・)

バッテリーチャージは週に一度、2時間弱で完了します。
歩数は多めに出ます。他に入眠までの時間や、途中覚醒、昇降階数の記録も参考になります。
アラームを設定すると振動して知らせてくれるので、目覚まし時計よりも効果あります
1コメント1件| 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年5月12日
購入以来とても気に入って使っています。

upやfuel band等他のライフログガジェットと比較して、
自分が求める方向に一番近かったのがfitbit oneでした。

購入前の選定理由は、

'液晶がついている

'腕に巻かないで良い

'機器を問わずワイアレスで自動で同期

という点で、それらは実際使ってみると見事に期待通りでした。

まず液晶があるので、自分のように現在の情報をその場で確認したい
人におすすめです。
ランニング時等、スマホ等を持たない時も現在の情報が
確認出来るのが良いですね。

装着方法は好みの問題ですが、自分のように四六時中
腕に何かを巻いているのを鬱陶しく感じる人には向いて
いるでしょう。
しかし、本体が小さく邪魔にならないのは紛失にも繋がる
ので、紛失のリスクを考えたくない方はバンド型がいいかも
しれません。

またワイアレス同期は非常に便利です。パソコンでの利用の場合
小型の受信機をパソコンのUSB端子に接続しておく必要があるものの、
自動でfitbit oneを認識して同期し、いつの間にか記録されているのは
素晴らしく快適です。ちなみに自分は小さくてほとんど邪魔にならないので
受信機はパソコンに差しっぱなしです。(Macbook Air)
自動で記録されていくので、記録が面倒でやめてしまうということも
起きにくいと思います。自動同期機能は継続が重要なこの手の製品にはマスト
な機能だと言えるでしょう。
データ管理もWebでのクラウド形式なので今後スマホやタブレット
を購入した際も、機器間でのデータ共有も問題なく行えそうです。

以下は購入前は特に重要視していなかった機能についてです。

食品データベースによる摂取カロリーの計算については、一々食事
をするごとにそれを記録するというのが面倒なので使っておりません。
また、まだ日本の食品データベースも用意されておりません。
自分の場合食べたものの大体のカロリーと消費されたカロリーを
照らし合わる程度で済ませてしまっています。

振動による目覚ましと睡眠記録については、購入前は使わないだろうと思っていた
のですが、今では毎日使っています。
まず、就寝前に腕に付属のリストバンド巻いて、そこにfitbit oneを入れてボタンを長押し
という作業をしなければならず、これは面倒でやらないだろうと思っていたのですが(汗)、
実際やってみると目覚ましをセットする感覚で、思った程面倒でもありませんでした。
振動による目覚ましは、寝起きの悪い自分にとってアラーム音より目覚めやすいと感じています。
睡眠の記録は睡眠中に起きている状態(覚醒状態?)と実際に睡眠している時間を判別して
睡眠効率を測定してくれますがふ〜んといった感じです。目覚ましのついでに記録されている感じです。
ちなみにupと違って眠りの浅い時に振動するという機能はありません。

他にも、クラウドを利用したコミュニティ機能など様々な機能があり、全てを
使い切れていない感じですが、自分にはベストな製品で大変満足しています。

他の製品と比較して、自分がどういった機能を優先しているかを吟味して、購入の
参考にして頂ければ幸いです。

また時間が経ってから追加レビューをしたいと思います。
0コメント| 102人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年11月5日
購入後9か月使用していますが、ほぼ満足。

iPhoneなどのスマホとのBluetoothによる接続がありがたく、詳細なデータを手元で確認することができます。
本体も以前所持していた万歩計よりも小さく、ラバー製の外装も強力なクリップが付いているので、ポケットにでも挟んでおけば一日何も考えずにデータをとり続けてくれます。

何より、個人的には腕時計型のウェアラブルデバイスではないので、うっとおしくないのがありがたいです。
腕に巻くデバイスは結構目立つんですよねぇ。

電池の持ちも良く、概ね1週間は充電の必要がありません。

唯一の不満はスマホ用のアプリの不十分なローカライズ。
特に食事のカロリーデータの入力が全く使い物にならないんですよねぇ。Fitbit One本体への不満ではないんですが。
0コメント| 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年1月2日
旧型のFitbit Ultraが1年半の使用で崩壊したので、急遽買い替えました。
旧型は全体がクリップ状に形成されており、その根元部分の割れが全体に広がったのですが、
本品は塊状の本体と、カバー兼クリップから出来ており、この問題はクリアです。

睡眠時の測定モードや気圧センサーもそのまま保持されている上に、BluetoothでiPhoneと直接
接続できるのは非常に便利です。

Burgundyは、ボディーやカバーが写真で見るよりは派手なワイン色ですが、これはこれで
良い感じです。また、有機ELの表示もワイン色なのは、ポイント高いです。

欠点としては、充電時や睡眠時にカバーから外す必要があり、結構煩雑なところですね。
これでマイナス1点としてます。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年8月5日
健康診断をきっかけに運動することを決意。
その経過が手軽に記録できるとモチベーションにつながるのでは、と思い購入しました。

一ヶ月使用し、結果は満足。日々の運動量や基礎代謝が目に見え、もっと体を動かさなくてはと自覚できる。自然と食事量にも気をつけるようになり、無理をせずとも結果2.5kgのダイエットに成功。
一方、いくつか未完成な部分があります。

●良い点
・クラウド、スマホとの連携
iPhoneアプリと自動同期がされ記録が全てクラウドに保存される。付属のUSBキーを使うことでPCとも可。これはすばらしく便利。なぜ国内の類似製品も同様の機能を持たないのか、疑問に思う。これからの製品では、標準であると思う。

・クリップ型であること
競合であるUP by JawboneやFuelBandも検討したが、アクセサリや腕時計も邪魔なため向いていないと判断。こちらはクリップ型でポケットに入れておけばOKという気軽さ。これは正解だった。しかし、服を脱いだ際に忘れてしまい、行方不明になりやすいのは注意。

・液晶表示
歩数、距離、時間等の液晶表示が見やすい。また、手にとった際に、「LET'S GO ・・・」などとメッセージをランダム表示してくれる。さりげない機能だが、楽しい。距離に応じたメッセージを表示したり、キャラクター的なものにしたりするなど、発展する可能性を感じる。

・豊富な記録項目
自動で記録されるのは、歩数、距離、階数と、それらから計算される消費カロリーやアクティブスコアのみ。しかし、マニュアル操作を加えることで、睡眠時間(寝る際に睡眠モードにする)、食事カロリー、体重、歩行以外の運動の記録が可能。PC用のサイトからは、さらに日記や心拍数、血圧、血糖値、オリジナル項目(標準版では1項目のみ)まで記録できる。つまり、単なる活動量計ではなく、トータルでの健康状態記録データベースとして使用できる。

・トレーナー機能
目標体重を設定すると、日々の取得calの目標設定を行なってくれる。無為に食事を減らしたり、がむしゃらに運動するよりも、具体的な目標数値と達成度が表示されることがどれだけモチベーションアップにつながるかを実感した。また年4980円のプレミアムプランにすることで、さらに豊富なトレーナー機能や運動・食事レポートが使用可能(未体験)。

●悪い点
・インターフェースが未完成
スマートフォンアプリ、Webと二種類のインターフェースがあるのは良い。しかし、管理項目や表示などに統一性が無く、項目によって双方を使い分けなければならない。操作にクセがあり、見たい情報がどこにあるのか、一ヶ月使用した今であってもわからなくなることが多い。アプリが落ちたり、web表示エラーとなることも多い。グラフなども見づらい。総じて、インターフェースは未完成である。グラフィカルなスマートさでは、競合のUPやFuelbandより劣る。しかし、アップデートなどで表示は徐々に改善されているようだ。

・マニュアル等が不親切
同梱物に紙のマニュアルは無く、ウェブサイト上からPDFやオンラインヘルプとして閲覧する。これ自体は構わないのだが、情報自体が不足しているのは良くない。例えば、上記インターフェースの操作についてはマニュアル記載が一切無く、ヘルプを検索して調べるのだが、テキストのみで、しかも用語が統一されておらず理解に苦しむ。

例えば、端末のボタン長押しで「睡眠記録モード」になるのだが、これが実は同時に「運動の記録モード」でもあるのだが、当機能の説明はヘルプの一部を除きほとんどない。色々試した結果分かったのは、記録モードにした上で動かなければ睡眠、動いているなら運動と自動判別されるのだろう。運動と判断された場合、行った「アクティビティ」として、記録時間内の歩数や距離、カロリーが自動記録される。しかし、この記録はなぜかスマートフォンアプリでは閲覧できない(2013.8現在)。一方、手作業で登録したアクティビティ(水泳やジムなど)は、スマートフォン、Webの両方で閲覧できる。これは混乱を招く。さらに言えば、記録したアクティビティはマニュアルで修正が可能なのだが、項目名の変更が反映されない。

また、手動でのアクティビティ記録にはウォーキングやランニングも項目として存在する。これと上記した自動での「運動記録モード」の使い分けにも混乱した。(後に理解したところでは、おそらく端末を持参し忘れた場合に手動記録を使うのだろう。)この辺は、実際に試行錯誤を繰り返して自己流で理解した機能であり、明快な説明はウェブ上にも一切見つからなかった。

ただし、これらの機能は必ずしも使用する必要は無く、補足的な機能である。そのためマニュアル対応が後手に回っているものと推測する。

・価格と差別化
廉価版のFitbitZipと比較した場合、価格に4000円の差がある。大きな機能差は、睡眠記録、階数記録、目覚ましがあること。もちろん使用者のニーズによるが、個人的にはZipで十分だったかなと感じた。Zipはボタン電池だが、半年近くもつとのことで、毎週充電が必要なOneより便利に思える。Zipはカラーバリエーションの豊富さも魅力。

・他アプリとの連携
RunKeeper等、他のアプリとの連携を謳っているので期待していたが、連携される項目は極めて少なく、満足できるものではなかった。

・SNS機能
友達と競いあえるSNS機能も未完成な部分が目立つ。あくまでオマケ機能。

●総評
トータルで見て満足のいく製品です。
一方で未完成な部分も多いため使いこなすにはそれなりに情報収集や試行錯誤が必要かも。
目標達成時のバッチ取得をもっと派手にするなど、運動した充実感はもっと欲しい。逆に言えば、それらを改善すれば極めて優れた製品になると感じます。
少なくとも設計思想の段階で、すでに日本製の類似製品は勝負になっていないと思う。今後のさらなる発展を心から期待します。
0コメント| 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年6月15日
これまで、万歩計に始まり、活動量計を含めて、あれこれ10種類以上の機器を購入し試してきました。歩数のカウント精度の悪さが最初の不満点で、その他にも機器のサイズや装着のし易さ、PCでのデータ管理と、次々と要望も高度になり、その結果、たどり着いたのがFitbitでした。 価格的には、それまで使用してきたものと比較して、かなり高価ではありますが、実際に使ってみて、すぐに、それまでの不満点を全て解消してくれる素晴らしい商品であることがわかりました。

特に気に入っている点は、コンパクトなサイズ、睡眠の質まで緻密に把握できること、PCとスマホの両方でデータ通信が簡単にでき記録が確認できること、本体がUSB端子で急速充電可能なこと等です。特に重宝しているのは、睡眠の質を計測する際に、付属の装着ベルトを使って腕に付け替えるのですが、予め設定した時間にバイブレーションを使った目覚まし機能を働かせることができる点です。朝、確実に目覚めるのに大変効果的な機能で、曜日ごとに設定時刻を変更できるのも使いやすいです。

これで、もう新しい機器に買い替えることはなさそうです。とても満足して使っています。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年6月4日
このONEの残念なところは、クリップが強力でも、外れてしまうときがあるということ。
機能はとても良いです。大満足。
だけど落としやすい。
8000円だけど、されど8000円。
無くしてとても悲しいです。

一回は職場で落としたので、同期しながら探したらみつかりました。
捜索できる距離は6m以内とのこと。

2回目は 落としたのは街の中。
行った店や通った道など同期しながら歩きましたが、見つからず・・・
問い合わせ中です。

なくてもいいものだけど、無いとちょっと物足りない。

GPS機能とか 付けられないのだろうか・・・
無くした人はすごい多いと思います。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月27日
iPhoneのアプリとパソコンを使いWebサイトで管理できます。
歩数と睡眠時間の管理をメインに使っています。
運動時間の正確性がいまいちなのと、GPSで位置情報までとってくれればというのが不満点ですがこの商品の値段で考えれば仕方がないかと割り切っています。
他の方が書いておられるように、とにかく小さいです。基本付属のクリップでズボンのポケットに挟んでいますが、自分も一度落としてしまいまいた。
その時は心当たりのところを回り運よく見つかりましたがその点は要注意です。
充電は1週間から2週間は余裕で持ちます。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年7月17日
最近、ソフトバンクがHealthCareサービスを始めたようです。
月500円程度の料金でFitBit Flexを使うことができます。
iPhone5Sのページを見ていると、サービスの一つとして2年間無料でつかうことが出来るようです。

Flex、ヘルスケアサービスの詳細はわかりませんが、iPhoneも活動量計もきになるかたはチェックしてみるとよいでしょう。
私は、すでにこのOneを使っているので、これで満足しています。
また、今のiPhone4Sを機種変更すると月額料金が1000円以上上がるので、契約満了になってからの機種変更にするつもりです。

FitBit Oneについてですが、かなり気に入っています。
私の場合は、iPhoneとの組み合わせで使っているのですが使用を始めて以来、特に問題はありません。

機能
・歩数計
・消費カロリー(基礎代謝を含む)
・距離
・体重の記録(手動)
・食事の記録(食べ物を検索できるのですが、英語での検索になります。)
私は、1単位を80Kcalとして単位で記録しています。
食品、料理のかろりーは、「食品名 カロリー」でWEBで検索するとほとんど見つけることができます。

減量の目標の設定
毎日、体重と食事を記録すると減量の目標を設定することができます。
目標達成日が表示されるので、モチベーションのいじにもなります。
多く運動し、少なく食べるとそれだけ、目標達成日が近づくのです。

FitBitダッシュボード
Webからも日々の記録をみることができます。
データは、スマートフォン(iPhone)経由で自動的にアップされるので特に何もする必要はありません。

バッテリーは思ったより長く持ちます。
1週間に1度くらいの割合で充電すればいいでしょう。

前の、レビューとかぶっているところも多いですが、いつも首からぶら下げて使っています。
一応防水のようなことが書かれていたような気がするのですが、入浴、サウナ時には外しています。

もう1点、眠りの記録ですが、かなりよくできています。
寝ている間、浅い眠りの状態、目覚めた状態を記録してくれます。
手首にリストバンドを巻きその中に入れ寝るときにボタンを長押しするだけです。
朝は、長押しで解除することができます。
腕の動きで、浅い眠り、目覚めを判断しているようですが、私の場合はよくあっていると思われます。
頻繁に目覚めているのですが、その時刻は赤のバーでー示されています。

お勧めの商品です。

===過去レビュー===
新聞記事で2013年夏以降発売予定の健康管理サービス(SoftBank HealthCare)のリストバンド型の活動量計について興味を持ち、ソフトバンクショップに製品がないか見に行ってこの製品を購入した。

新聞記事で紹介されていたのは、Fitbitの新しいデバイスFitbit Flexを使った健康管理サービス(月額制)のことであった。
サービス開始は、夏以降とのことで店頭には既に発売されている、Fitbit OneとFitbit Zipが展示されていた。

形状で選ぶなら、Zipの方がかわいい。Oneはどちらかといえば、かわいくもなくスマートでもない。

両方とも基本は歩数計(万歩計)である。
OneとZipを比べると、共通の機能に加えて下記の機能がある。
・USBで充電できる。
・階段の昇り降りをカウントできる。
・目覚ましアラーム(振動)機能がある。
・睡眠状態の計測ができる。

価格も4500円ほど違うので、どちらにするか迷ったが、USB充電が決め手となりOneを購入した。
歩数計は、いくつも使ったがボタン電池の予防交換を怠ったために履歴データを消してしまうことがよくあった。

同期ができる端末は、説明の通りである。
私の場合は、iPhone4SにFitbitアプリ(Apple Storeから無料で入手できる)を入れ使っている。
iPhoneでこのアプリを実行すると自動的に同期が行われる。

最初にアプリを起動するとデバイスの設定画面が表示され指示に従い端末との接続を行う。
アプリの「設定」→「デバイス」にデバイスにつけたニックネームが表示されていれば問題ない。
私の場合、歩数の情報、消費カロリーなど基本の情報は表示されるのだが、目覚ましアラームの設定ができなかった。
デバイスのニックネームもなく、「新しいFitbitデバイスを設定」だけが表示されており、これ(「新しいFitbitデバイスを設定」)を選択しデバイスの認識を行うことができた。
最初の設定を間違えたのか?

他の方のレビューにもある通り歩数計は敏感だが活動量計であることを考えるとこれくらいでいいと思う。
また、デバイスが小さいためなくし易いとのことから、私はネックストラップ(以前に携帯電話で使っていたもの)にぶら下げている。
ポケットに入れたまま、洗濯したり。スポーツジムのレンタルウエアーのポケットに入れたまま(シャツにつけたまま)返却することもなく、いつも首からぶら下げている。
なかなか快適である。

摂取カロリーとして、食べ物を英語で検索できるのだが日本語の食品には対応していない。
これは、具体的な食品を登録するのは面倒なので1単位80Kcalを「1Unit」として登録することにした。
朝食であれば、400Kcalを1Unit x 5として入力している。
具体的な内容は、別にノートに記録している。

2週間使用したが、いい感じだ。
まるで、iPhoneが活動量計になったようだ。(自動的に同期されるので)
0コメント| 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年8月9日
毎日1万歩、平均1.5万歩目標に歩いたり走ったりしています。
1週間単位でメールが来るので、目標に達しているのかわかりやすく、励みにしています。
一度小学校のグラウンドで落としてしまいかなり落ち込みましたが、暗い中懐中電灯片手に探したら奇跡的に見つかりました。
なくしたときは本当に悲しくなり、日々のウォーキングとかランニングとかどうやってモチベーションを保とうかと思ったくらいです。
もう2年くらい使っていますが、壊れることなくつかえていますし、充電もいまだに2週間ほどはもちそうです。
(1週間で充電していますが、大体半分くらいの消費)
なかなかの商品だと思います。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)