Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞直木賞特集 Amazon Cloud Drive SOS0816 Amazon MasterCard nav_flyout_biss Trade-in ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 敬老の日 真夏の健康アイテム特集 防災・防犯ストア Kindle Amazon MP3

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
26
5つ星のうち4.2
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2013年4月9日
2007年後期製MacBookに組み込みました。
ダイニングテーブルに置いて家族でシェアして使っていますので、常にマルチユーザーで動作しています。
そのせいか、Lionをインストールしてからはメインメモリーが4GBでは足りないようで、ちょっとした操作で長時間無反応になることが多々あり、いくらメモリーの消費を抑える工夫をしても、使い物にならなくなってきたので、買い替えやSnow Leopardへのダウングレードを検討していました。
そんな時、ちょうどディスクがいっぱいになっていたので、メモリースワップの高速化を期待してSSHDによる容量拡大の一石二鳥をチャレンジしました。
結論は劇的でありはるか期待以上です。
第一に起動がSnow Leopard時代に戻ったように素速くなりました。
ログインや漢字変換起動でレインボーボールが出て長時間待たされることもなくなりました。
なるべく起動しないようにしていたiPhotoの起動も大幅に短縮され実用に堪えるようになりました。
5分程度かかっていたiTunesによるiPodの同期もさっさと終了するようになりました。
何よりも驚いたのはTime Machineが即起動するようになったことです。どんなMacでも経験したことがなかったので、そんなこと期待もしていませんでした。
メモリークリーナーのたぐいのアプリケーションによるメモリー解放もすぐ終わり、開放処理中にマシーンがフリーズ状態になる事もなくなりました。
8GBというSSD容量が純正のFusion Driveに比べて貧弱で心配しておりましたが、杞憂でした。
ただしFusion Driveは個人的に未経験なので、SSHDとどの程度感覚的な違いがあるかは私には分かりません。
迷っておられる方の参考になればと思います。
0コメント| 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年4月5日
PS4で某カミサママルカジリゲームをやるにあたり、容量の確保とスピードアップを両立させるために購入しました。
バックアップと載せ替え、リストアで大凡3時間ぐらいの作業で換装終了。
動作もキビキビとした感じになって満足です。
0コメント| 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年10月29日
MacBook Pro Early 2011の500 Gb HDDと入れ替えました。SSDほどではありませんが、もっさりした立ち上がりが解消されました。重めのアプリもストレスが無くなりました。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年8月30日
Mac Book Pro(2011)で利用しています。
ソフトウェアの処理待ちが頻発していたのですが、
かなり軽減されました。
また、明らかにソフトの起動が早くなりました。
満足です。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年3月14日
INTEL SSD 520シリーズの容量がなくなり格下げですが速さにはストレスを感じません。少し遅くなったかなくらいです。こんなものでしょう。東芝のSSHDの方が数値は出るようですね。ですが、キャッシュが大事なので実際にどちらが早いのか数字ではわからないでしょう。次は東芝を是非試したいです。-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]

Sequential Read : 37.853 MB/s
Sequential Write : 120.098 MB/s
Random Read 512KB : 25.987 MB/s
Random Write 512KB : 61.104 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 1.052 MB/s [ 256.9 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) : 0.712 MB/s [ 173.9 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) : 2.019 MB/s [ 493.0 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) : 0.732 MB/s [ 178.7 IOPS]

Test : 1000 MB [C: 42.8% (77.1/180.1 GB)] (x1)
Date : 2014/03/14 22:04:32
OS : Windows 8 Professional [6.2 Build 9200] (x64)
CPS I7 第3世代
メモリー8GB

起動速度まーまー早いと思います。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年5月13日
交換前の250GBのHDDが5年を経過しそうだったので、交換するんなら容量を増やして速度もあげたいな、と思い購入しました。
移行用のソフトはメーカーHPからダウンロードでき、パーテーションのカスタマイズも可能でわかりやすかったです。
交換後はインテルⓇ ラピッド・ストレージ・テクノロジーの導入でwindows関連のアップデートができるようになり
現在に至ります。交換後はログイン前までと、ログイン後の速度差が体感できました。ログイン後のHDDの動きでいらいらすることも
なくなりました。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年12月9日
ノート型に、7200rpmが必要か? ということもあり、キャッシュ64MBであることを選択。
あとは、RAMも増やせれば良いのだが、マシン的に限界まで積んでいるので、残りはSSDまで手を出すぐらいだが、そこまで制作などで速度を必要としていないので、HDDで安価であることを選択。
MavBook ホワイトに積むので、そもそもマシンが今となっては高速処理ではない。キャッシュ処理が高速になることで、起動/終了が早くなる効果は実感していたので、知人のマシンでの積み替えに、ご提案とした。
SSDで壊れると、データの取り出しようが無いが、HDDなら、まだギリギリ可能性が残るので、バックアップが頻繁に取れない可能性があるノート型では、HDDをオススメする。
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2014年5月28日
【使ってみての感想】
本商品はHDDのキャッシュ部分をSSDにすることによりデータ処理の高速化を実現したハイブリッドHDD(SSHD)です。

まだあまり一般的ではありませんが、大容量SSDがまだ非常に高価であり、現時点ではコストパフォーマンスがダントツでいいHDDだと思います。

実際に使ってみて、非常に快適です(Logic Pro X上でのNativeInstrument社製「KOMPLETE9」のサンプリングデータのロードも数秒で終わります。前のHDDでは数十秒かかっていました)。

音も静かで、元々搭載されていたHDDよりも発熱は少ないと思います。数時間つけていてもそんなに熱くない。

ちなみにパソコン本体(Macbook)には「ハードディスク(SATA)」として認識されます。

【気がかりな点】
SSDは高速であることが売りですが、その短所として「書き込み回数に限界がある」ことが知られています。

本商品とて例外ではないはずです。

よって、普段からTime MachineやMacOSXの自動セーブ機能を愛用している私としては

このSSHDの寿命に関しては非常に興味を持っています。

残念ながら、本商品は発売されてからそんなに日が経っておらず、Seagate公式ホームページにも

それに関する記述は認められませんでした。

よって、この「寿命問題」に関してはまた後日、長期間使い続けてから再びレビューを書かせていただこうと思っています。今しばらくお待ちを。

【MacbookProでのHDD換装でつまづいたので・・・備忘録】
脇道にそれます。MacbookProでHDDを換装するときの基本的な流れは
(以下はTime Machineのバックアップ機能を使った方法とします)

1.Time Machine でバックアップを取る。
2.新規HDDをディスクユーティリティーを用いて「MacOS拡張」というフォーマット形式にフォーマットする。
3.電源を一度きり、Optionを押しながらMacを起動して起動デバイス選択画面にする
4.新規HDDにMacOSXをインストールする。
5.インストール終了後、HDDを換装する。
6.Macを起動し、「移行アシスタント」を用いてデータをバックアップから復元する。

と言った流れです。各ステップの細かい流れがわからない人はネットで調べてみてください。たくさん出てきますよ。

何回もMacBook Proを購入し、何回もHDDを換装している私ですが、実は毎回つまづくポイントが有りました。

それがさきほどの「6.移行アシスタント」です。

移行アシスタントでTimemachineから復元しようとすると、途中で残り数%で停止し、そのまま進まなくなります。

このような現象が起こらない人もいるようですが、私は毎回遭遇しています。ハードに因るのでしょうか・・・。

とにかく、ここでやらなければならないのは「アカウントの増設です。」

新規HDDにOSをインストールした時に作成されたユーザーを、バックアップデータ内の昔の自分のユーザーで復元しようとすると

何らかの不具合が起こり、復元が進まなくなります。そこで、システム環境設定で適当なユーザーを一つ作成し、

先ほどのアカウントをバックアップデータで復元すれば、上手くいきました。

同じ症状で悩んでいる方の参考になれば幸いです。

長文を読んでいただきありがとうございました。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年8月24日
ノートパソコンの交換用HDDとして購入。
SSDへの交換も検討していましたが、元々の容量が320GBということもあって、
その兼ね合いも考えてこちらの商品を選択。

パソコンの起動が速くなった!…というような感じはありませんでしたが、
GoogleChromeやPhotoshopなどのアプリケーションの立ち上がりは確実に速くなりました。
本体の容量も大幅に増えた事もあって、使用していた外付けHDDが現状不要になりました。
SSHDと言う、ちょっと特殊な商品ですが、容量と速度をバランスよく実現できる商品だと思います。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年7月27日
VAIOノート(VPCF219FJ)のHDD容量がなくなってきた事と起動が遅くなってきたためHDD交換とOSの再インストールのため
HDD購入を検討。どうせ買うのならハイブリッドタイプのSSHDが良いと思いましたが市場にはTOSHIBAとSEAGATEのみ。
耐久性等を考えると日本メーカーが良かったのですが1Tの容量と価格が決めててSEAGATEを購入。
実際に交換してみると特に起動時間が早くなり、もっと早く交換すれば良かったと思っております。あとは耐久性のみでしょうか。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)