Androidアプリストア Amazonファミリー 本を聴くオーディブル SOS0630 Amazon MasterCard nav_flyout_biss レインストア Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV 熊本県フェア 日用品やサプリなど まとめ買いで30%OFF ペプライムペット Echo Kindle Amazon MP3 水泳・スイミング用品 Prime Video チャンネル



2015年1月9日
有名な読書端末は一通り持っていますが、結局一番多用しているのはこの端末です。

気に入った点を書きます。

・左手だけで持ってページを捲れる
とても軽いので長時間片手で持っても疲れない。
端末のサイズは新書の幅が少しある程度の大きさなので手のひらを大きく伸ばす必要はありません。
(外資系の企業が作った端末はサイズが向こう仕様なのかもしれません。私には少し大きく感じてます。それらは片手で持てることには持てますが、左手で持って、右指でフリック・タップする使い方です。この製品は左手で持って、左親指でタップすればページを捲れるので楽です。)

・大き目のポケットなら入る大きさ
文庫本や新書をポケットに入れる感覚です。ジーパンのポケットに入れるのは大きすぎるかもしれませんが、スーツやジャンパーの内ポケット位のちょっと大き目のポケットにならすっぽり入ります。

・画質/フォントの美しさ
白黒のEインクが綺麗で、光を発していない?です。
普段仕事でパソコンばかり見ている自分にとってそれは目が疲れないです。紙の本を読んでいる感覚です。

ページをめくる時にEインク?だからか画面をリフレッシュするのに多少時間が掛かりますが、紙の本を読んでいる時に手でページを捲る時間を考えると気になりません。

(失礼ながら)知名度は他の端末ほど高くないかもしれませんが、使用感は今の所一番いいと感じています。
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2016年1月14日
カラーじゃ無いのが残念ですが、私は、外での仕事がほとんどですので車の中で本を読む機会が多いですので白画面に黒い文字が明るいほど良く見えて非常に読みやすいです又、以前は、iPadでBook Liveを楽しんでいたのですが、長時間使用していると重量が気になりすぐ休憩したのですがこの機械は、非常に軽く携帯には最高です。何冊本を入れても重さが変わらないし、しばらく使えそうです本当に買って良かったです。
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2017年2月23日
前の持ち主が「利用端末登録解除」をしていなかったため、新しくユーザー登録する操作ができなかった。
前の持ち主の会員登録のパスワードが同封されていなかったので、こちらからの「利用端末登録解除」の操作ができず、自分が購入している電子書籍は一切読めない。
機械の状態はきれいでもまったく使えない。
Lideoは中古で買うなら前のユーザーの登録がちゃんと解除されていて、新たに自分が登録ができる状態のものかどうかの確認が必要です。
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2015年7月16日
PCが無線LANではないので、電子書籍リーダーは長い間あきらめていました。
いつもPCの画面で読んでいたのですが、ゴロゴロしながら読みたい欲求に駆られて
「WiMAX」と言う公共電波でどうやら読めそうだと知ってダメモトで買ってみました。
そして無事読めました。
窓際に行かないとつながりませんでしたが、購入後すぐ読めたのでホッとしながらこのレビューを書いています。
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2015年3月28日
BOOKLIVE電子書籍専用のbookreaderです。使用性に富み、よく考えられた、とても良い製品です。小説を読むreaderとしてはNo.1です。
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2013年8月4日
リディオは無料でWiMax通信が使え、コミックのダウンロードにも使えるのが、ミソです。
記憶容量も多いようなので、コミック向けにいいです。無線LAN はもちろん使えます。
インターネットが従量制契約なら、無線LAN オフで、WiMax圏内でダウンロードするようにすると節約できます。

6インチの画面は、コミックを見るギリギリかなと思います。動きはもっさりしてますが、支障ないレベルです。
コントラストがくっきりして紙に印刷されているように見やすく、目が疲れないのがいいです。それに片手でも疲れません。
ただ、書籍の文字は拡大できるのに、コミックでは画面の拡大はできません。(パワーがいりますから。)

BookLive! は5台まで購入書籍を共有できるので、便利です。迫力ある画面を見たかったら、パソコンで見ましょう。
ただ、リディオ単体でも初期設定や購入はできるので、いろいろな使い方ができます。
パソコンがなくてもいいので、初期設定しておいて、読書好きの年配の方へプレゼントすれば喜ばれそうです。

電子書籍の支払にクレジットカードだけでなく、コンビニ販売のBitcash(2000円以上でお得)や、最近はセブンイレブンで BookLive!プリ
ペイドカードが使えるようになりました。三省堂書店でも購入できます。いろいろ選択できるのはいいことです。

自分の購入したシャンペンホワイト(新色)は、ベージュがかった薄い銀色もしくは、金色という感じで質感は良いです。
本体の厚さは9.4mmですが、背面の左右を削りRがつけてあるので、さらに薄く感じ、握りやすく軽いので持ちやすいです。
また、ラバーコーディングでしっかり持て、落としにくいと思います。

一緒に170ページぐらいの製本のしっかりした取扱説明書がついてきます。パソコンのない人には便利です。

電子ペーパーを使った機器では、電源はオフでも画面が表示されます。電源オフ時の画面は、「起動方法:電源ボタンの長押し
のイラスト」になっており、最初に知りたい情報なので親切です。

充電開始すると、電源スイッチの左隣りに「青」の充電ランプがつきます。明るすぎず、また、高級感があります。
電子ブックで青のランプは珍しいと思います。充電完了で消灯です。電源オン時に点滅します。

充電してから、電源ボタンを5秒ほど長押しで電源が入ります。短いと入りません。
一度電源が入ってしまえば、スリープモードへの移行や復帰は電源ボタンをちょっと押すだけです。
スリープモード時の画面は、「おすすめの逸冊」の広告が入りますが、下の方に表示されるので気になりません。
恥ずかしい場合もある(?)ので最後に見た画面じゃないのはいいですね。再度、長押しで電源オフです。

スリープでそのまま使わないと2日で自動で電源オフになりますが、あまり長いと思ったら、本棚を押して本棚表示し、本棚と文
字を一緒に押すと、右上に「ECO」が表示され、短い時間で自動で電源オフされ電池消耗を防ぐ、ECOモードになります。

パスワードは2通りあり、選択できます。初期設定開始時に、すでにBookLive! を使ったことがあれば、「はい」で、そのときの
メールアドレスとパスワード(半角英数14~6桁)を使えます。使ったことがないかパスワードを忘れたら、「いいえ」で、数字
4桁のパスワードをつくれます(4桁は単体で使うのが前提みたいです。単体なら漏れにくいし、書籍購入にしか使えないですし
ね)。2つはあとで統合できます。数字4桁は初期設定時のみ作れるので、悩むところです。

重要なのが、初期設定は、無線LAN 環境では使えず、WiMax圏外だと完了できません。
ログインの画面に行く前に、止まってしまい、先に進めません。インターネットで圏内の場所を調べておき、そこで終わらせましょう。
量販店の近くなら圏内と思われます。本棚の画面さえ出れば、無線LAN の設定が可能になります。無線LAN オンで無線LAN 優先になります。

初期設定でWiMax圏外のエラー時に、「無線LAN の設定」ができれば、助かる人が多いと思います。圏内だけの使用とは限りません。
これから購入する人のために、バージョンアップを期待します。

ちなみに、携帯電話と同じで、無線LAN 圏外、WiMax圏外では電波を探すので電池の消費が速くなります。
圏外の方は、「機内モード設定をオン」にしたり、「無線LAN オフ」を選んだほうがよさそうです。

最初に、落としたとき用に、「ロック設定」で本体のパスワード(ログインパスワードではない)を設定しました。
確定のボタンがいらないのがいいです。使い勝手をよく考えてあり感心します。
思ったよりも使えそうで、気に入ったので、専用カバーも購入することにしました。今日ぐらいに届くかな。
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2015年5月8日
今までスマホで電子書籍を読んでいましたが、専用端末を使ってみたくて色んなブランドを比較したら、リディオを選びました。さすがに、軽くて持ちやすいし、目が疲れないし、Bookliveストアの書籍本数もサービスも気に入っています。今後、和書を手に入れにくい海外のユーザに対し、もっとサービスを充実していただければと思います。
|0コメント|違反を報告
2016年2月8日
wimaxの届く地域なら無線LANもパソコンも無しで使えるのがとても経済的です。自分の所ではなんとか電波が拾えるといった感じでwimax だけではストレスがたまりそうですが、無線LANも使えるし場所によってはwimax も快適に使える可能性はあるのでこれはこれでいいと思います。 バックライトが無いおかげかpwhiteよりも軽くぴったりのカバーがないのでそのまま使っているので余計に軽く感じ、また手でさわった感触がpwhiteのように冷たくありません。 フレームの白はホワイトパールで高級感がちょっとありますが、裏側に自分の指の油が付きやすいのが少し残念でやはり専用のカバーが欲しいです。 バックライトがなくても暗い所では読まないので特に不満もありません。 
購入時4000円弱だったのでとても得した気分です。 良いケースがあれば星5つです。
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2015年11月8日
発売から3年経ちますが元から他端末より見劣りするスペックだったのでハードに関してはあまり気になりません。ただ充電器だけは汎用品の方がよかったかな、バッテリー持たないし旅行に持ってく気がしない(スマホのアプリ使ってる)。本の整理に関してはBookliveが一番だと思ってますが、Lideoのソフトもなかなかやってくれます。開発側の努力のあとが顕著ですな。三省堂好きなのでBooklive利用してますが、今後の電子書籍の展開が不安です。読書端末はどこも売れてないようなのでLideoも後継機でないと思って本機を購入しました。激安ということもありますが、まったく後悔してません。本当は汎用のE-inkのファブレットでないかなと思ってます。Kindle3のブラウザ好きだったんだよね。
|0コメント|違反を報告
2013年3月21日
姉にプレゼントしました。すごい喜んでくれてます。プレゼントに最適かもしれないですよ!
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)