Androidアプリストア Amazonファミリー 風間杜夫の朗読でハリー・ポッターシリーズ Amazon Cloud Drive nav_flyout_lp Amazon MasterCard Wintertire さあ、楽器をはじめよう ファッションセール Fire HD 8 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick バレンタイン特集 2017 年末年始ダイエット特集 降雪対策グッズ特集 Kindle Amazon MP3 ウィンタースポーツストア ドキュメンタル

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.7
29
5つ星のうち3.7
価格:¥15,980+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2014年1月23日
■打鍵について
静音とありますが、”メカニカルキーの部類では静か”というレベルで、静音が特に優れているという訳では無いです。
ただ、従来のメカニカルキーのような不快な騒音ではなく、夜に文句を言われるレベルではないと思います。
押し込みに対する抵抗は固く感じますが、手を置いてるうちに間違えて押してしまうことを考えるとゲーミングキーボードなら
妥当な硬さかなと思います。
逆にゲーム目的以外で買う場合、長時間の使用は手が疲れると思いますので注意して下さい。

■キー配置について
使用頻度の少ない変換・無変換キーを小さくしてスペースキーを広く確保しているのは良いと思います。
ファンクションキー(F1〜F12)とゲームキー(G1〜G6)の配置が少し離れていて、とっさに押しづらく感じました。
慣れれば気にならないかもしれませんが、最初は押し間違いやキーボードを見る時間の長さが気になると思います。

■その他・付加機能について
WASDキー・方向キーとその他キーの明るさ設定が出来ますが、機能的なメリットは特にありません。見た目は綺麗です。
かなりの明るさで光るので、暗い部屋でゲームをするなら役に立つかもしれませんが、普段はキーボードを見ないので、
不要なら明るさ20%にしておけば通常のキーボード刻印とさほど違いはありません。
マクロキーは使いこなせるならマクロ3種類×6キーの計18種類で十分な数で、Windowsキーの無効化ボタンも地味に嬉しい。
メディアキーや音量キーはゲームをしながら裏で動画や音楽を流している人には便利だと思います。(ボリューム調整のみアナログスクロール)
G510等にあったゲームモニターはゲーム中に見ることは無いので要らないなぁと思っていたので、無くなった点は評価できます。
ゲームキー(G1〜G6)がある分、横幅は大きいですが、奥行きはオプション系のキーが小さいので比較的スリムです。

■不満点
・パームレストの取り付けが弱く、チープ感が酷い。これなら無くても良かった。
・USBスルー機能でキーボード上部に別のUSBを接続出来るが、必要性が見出だせない。
 USBケーブルがキーボード用とスルー用の2本セットになってるけどこれは正直要らない。
この2点を改善すればもっと値段は下げれたはず…価格が高い点で他の同レベルのキーボードに一歩引けを取ってる気がします。

ロジクールおなじみの品質の当たり外れの個体差があり、値段が高い分、ハズレだったときのショックも大きいですが、
返品・交換等の手間を覚悟できるならオススメします。モノ自体は良くできており、買って良かったです。
0コメント| 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年8月13日
G510を使っていましたが壊れたので買い替え。G510よりも「Gキー」が少ないですがそもそもあの数は使いませんのでこの数で十分です。又、キーのバックライトの光を調節でき、「W、A、S、D」などのゲームでよく使うキーをほかのキーとは別に調節できるので便利です。光の色は「白」のみですがこれも良い判断と思います
。そしてメカニカルキーなので打った感覚が気持ちいいです。デザインもよく大きさも程よいです。USB端子2つ分占有しますが、前面に端子(メス)がついています。残念ながら自分は不良品に当たってしまったらしく、音量を調節するホイール(?)がほとんど反応しませんでした。

交換してもらいましたので評価を更新いたしました。☆3→☆4
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
メカニカルキーボードがほしくて、このキーボードを購入しました。
一年ほどつかっておりますが、すばらしいです。当分このキーボードを使い続けると思います。
自分は、キーの裏についている静音リングを取り外して使用しております。そうすることで、茶軸の気持ちいい音がでます。
調節可能なバックライトLEDが、思った以上に明るく、見た目も良好です。 以前にG105を使用しておりましたが、比べ物になりません。白LEDならではの点かもしれませんね。 色つきLEDのを購入する予定でしたが、妥協して白LEDのG710pを購入しましたが、むしろこっちのがよかったです。
音量調節のローラー?が意外と使えます。
商品画像よりも高級感があって、とてもいい感じなので、買って損はないと思います。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年7月30日
表題にも書きましたが
抜群の操作感、バックライトの明るさの調整等々、以前御G510より無駄な物を剥いだ逸品キーボードです。
比較はG510ですが、バックライトの明るさは他のバックライト付きのキーボード随一じゃないでしょうか。
WASDと矢印キーの単独ライト点灯、その逆のパターンも調光のし易さが良く出来ています。
ゲーミングキーボードでライト付きの物が多々ありますが、(他のバックライト付きの物を購入してきましたが)暗闇では随一の明るさで
はないでしょうか。一般的な茶軸は軽めの感じで打鍵音がありますが、G710Pはダンパーが備わっており音もマイルドに仕上がっています。
茶軸感が無い感じですが、メカニカルのしっかりとした応答が良く出来ています。
G510で採用されていた、ディスプレイも無く、実際ゲームしているときは殆ど見る事は無く、ディスプレイに伴うドライバも不安定な所が多々
あり、アンインストールしたほどでした、Gキーも数が少なく感じると思いますが、MMOでガシガシ使用する方には少なく感じると思いますが
FPS系や仕事や他アプリケーションを使用する際に丁度良いGキーの数です。音量調整やミュートボタンも右上にあり、とっさのミュート時はアクセスしやすく、無駄な物を排除した、逸品のキーボードだと思います。実は、もう一つのPC用に購入してしまいました。
難は価格面だけですが、それなりの価格ですが、使用後に思ったのは価格に見合った物だと思います。
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年6月22日
キーボードを集めるのが好きで、色んなメーカーのキーボードを買いましたが、白く光るメカニカルキーボードが欲しくて2年前に購入しました。
本体はGキーやマクロキー、パームレスト(脱着式)などがあるので結構大きいです。
キー周りの光沢がとても綺麗ですが、結構指紋が付くかもです・・・
「W、A、S、D」と方向キーがシルバーというのもかっこ良いですね。
そのシルバーキーとそれ以外のキーの明るさを別々に調節出来るのも面白いところ。
例えば「W、A、S、D」と方向キー以外は少し暗くしたり、その逆が出来たりと面白い機能です。
背面にはUSBハブが一つ付いているので、その分USBケーブルも太いですね。
スタンドも大きめでがっしりとしています(ゴム無し)
打ち心地は茶軸らしくというのか、少し引っ掛かりのある感じで私には向きませんでした(やっぱり赤軸がイイ!)
今では設定で色んな色やパターンが選べたり出来ますが、当時は単色でしたね。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月29日
同じロジクールのK740との比較です。
新しい環境ではパームレストが邪魔になってしまい着脱不能のK740では不具合があるため
どうせキーボード新調するならメカニカルを選ぼう!せっかくだからロジクールを選ぶぜ!
で購入したのがコレ、G710pになります。

初メカニカルと言う事で打ち心地の気持ちよさを堪能してはいますが、
製品自体の造りのよさでは価格が約半分のK740には大幅に劣る、と言わざるを得ません。
使い勝手やモノとしての存在価値そのものを毀損するようなマイナス点はないものの、
キートップのバリが微妙に残っていたりと首を傾げてしまう感じです。
ボディが同じく樹脂製なのに、K740にはあった高級感がまるでないのも不思議ですね。
多分これはK740のほうがおかしいんでしょう。

とはいえ、G710pはメカニカルという点だけで打ち心地と掃除の容易さで勝り、
LEDの光量やプログラム可能なGキー、同時押し対応にWindowsキー無効化など
K740にはないゲーミングとしての強力な機能は備えています。
重くてごつくてメカメカしい姿は好みかどうか、でしょうかね。

ただ・・・「@」キーが「@」に見えないのだけは何とかして欲しかったところです。
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
追記
「いらん」という意見も散見されるパススルー機能についてですが、
本体後ろの出力端子にエレコムのコードが超短い個別スイッチ付きUSBハブをブッ挿すと、
手元でポチポチとッスイッチ切り替えが出来る神機能に化けました。
ゲーミング用途を見越した場合、コントローラーなど各入力機器を挿したまま
パソコン本体の後ろに体も乗り出さずそれぞれオンオフできるのはかなり便利です。
コード回りがUSB延長コード一本分スッキリもしますからね。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年11月23日
先代機の「Wキー」がどこかに家出した為、購入しました。
・使用用途・・・PCゲーム、ネットサーフ
・先代機  ・・・同社 K740 (パンタグラフ、輝度調整、Gキーなし)

◆打鍵音
パンタグラフに比べると多少うるさい。
あっちが「ボスボス、バスバス」ならば、こっちは「コスコス、カタカタ」。ちなみに青軸は「カチッカチッ」。
同室にいるとうるさく感じるが、深夜に強打しても隣室には聞こえない程度。

◆打鍵感
パンタグラフより軽く、レスポンスがいい為、打鍵の強い人は隣のキーを誤打しやすい。
長時間ゲーム(3~4時間)の疲労感は、はっきり感じるほどではない。

◆軸色について
初メカニカルということで、無難な茶軸で機器を選びました。
うるさくもなく、静かでもない。ただ打鍵感はとても軽く感じました。
パンタグラフや、重めのキーから移行すると初めのうちは誤打に悩むかもしれません。
青軸でもよかったかもしれないが、赤軸だと軽すぎたのではないかと思う。

◆ゲーム中
特筆すべき点は無かったです。

◆その多機能について
★★★
・輝度調整はOFFを含め5段階。低輝度で使用できるのはGood。ちなみにWASD(移動キー)とそれ以外で別個に調整可能。

★★☆
・Windowsキー等を無効にするボタンがある。ゲーム中のフルスクリーン解除が少なくなります。
・取外し可能なアームレスト。ここは個人差があるかもしれません。自分は特に違和感ありません。
・音声ボリュームを調整できるホイールとミュートキーが付いている。意外と便利。
・キーボード自体にUSBハブが1つ付いている。

★☆☆
・マクロ機能であるGキー。9ボタンマウスを使用してるので、ゲームくらいならマウスだけで事足ります。チャットの定型文とかに使うくらいですね。

◆総括◆
無難だからこその物足りなさ、だからこその使いやすさ。
性能はしっかりしてますし、価格相当の高級感はあります。
指に馴染むうちにきっと気に入ると思います。
Gキー使わない分安くなんないかな。つって。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年5月31日
今までメンブレン式のキーボードばかり使っていたので、初めてのメカニカルキーボードになりました。

個人的な使い心地としては茶軸のキーボードを探していたので、ちょうどG710+が茶軸ベースのキーを採用しているため、満足しています。

ただし、いただけない点が一つ。

バックライトです。

今まではMicrosoft SideWinder X4 Keyboardを使っていましたが、あのキーボードはバックライトのバランスが良く、

ひらがなや"("、"="などの記号もしっかり照らしだしていましたが、G710+はキーの上の部分が照らされているものの

下の部分はいまいちきれいに照らされていません。

例を挙げると、"半角/全角キー"ならば"半角"の文字は照らされていますが、"全角"の文字はほとんど照らされていません。

"1キー"だと、"1"の文字ははっきり照らされているのに、"!"や"ぬ"は照らされていません。

タイピングができるなら、ほどんど気にならないのですが、たまにキーボードを見たときに、キーの下の文字が見えないのは気になります。

なので、基本的な性能はいいのですが、そのマイナス点で星4つとさせていただきます。

ロジクールの今後の製品でこの問題が改善されているといいと思います。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年2月8日
従来型のロジクール製ゲームパネル付きキーボード全種を使用後、S.T.R.I.K.E.7からの乗り換えです。S.T.R.I.K.E.7の英語配列が微妙にストレスになり、日本語配列のものを探していました。自分は他にもロジクール製品を多数使用しており、設定ツールが一本のソフトで一元管理出来る点も考慮して購入しました。
液晶付きキーボードに長らく拘って使用してきた(未だにG13で使っていますが・・・)のですが、実際、一番便利だったのは時計の表示だったりします。ゲームのやり過ぎで睡眠時間を犠牲にしてしまわないように、というのが大きいですが、他にもゲームイベントの開始時刻にきっちり合わせてクエスト受注とか~という感じでそれなりに便利に使用しておりました。でも、確かに無くなって困るものでも無い、というのは確かに事実。
S.T.R.I.K.E.7は高額なだけあり多機能でしたが、ドライバの成熟が足りない印象でした。キーボードしてではなくゲームコントローラーとしてであれば、かなり優秀だとは思いますが。 その点においても、G710+はゲーム用途、普段の実用性においての両立は十分出来ている感じがします。
従来のロジクール製ゲーミングキーボードと比較して、キートップのエッジが立っている印象が有ります。今回、初のメカニカルという事で手触りからもかっちり感を演出したかったのかどうか・・・?シフトキーは良くはじっこを押すので若干気になりましたが他のキーに関しては特に違和感は有りませんでした。
打鍵音は普通・・・従来機との比較で。メンブレンのものですと、キーが底付きした音以外にも構造物の音が耳につく事が多いのですが、さすがに茶軸使用ということで、軽減された底付き音以外はほぼ聞こえません。そのため不快感もかなり軽減されています。以前スカイプでカニカルキーボードが煩いと言われ、以来私自身敬遠していたのですが、これなら音量的にも許容範囲です。
Gキーの使用はバンクの切替えを利用して合計18キー使える計算ですが、ゲームでの利用ならば実質6キーと考えた方がイイです。ゲーム中に切り替えなんてしてられません。ので、いっぱい設定したい人には足りなくなる可能性は有ります。自分には十分・・・G13で代用も可能ですし・・・ゲーム以外でアドビ製品群のショートカット登録等には便利でしょうね。
この製品にはUSB端子が2つ付いています。キーボード用の端子だけでもHIDキーボード4台分認識され普通に使うことが出来ます。マクロも機能しました。2本目のUSBは単純にキーボードに付いてるパススルー(ハブみたいなもの)用専用です。自分はここにG700sのワイヤレスレシーバーを直挿しして使用していますが、快適に動作しております。G700sはこのキーボードの導入に合わせワイヤレスでの運用を開始しました。ゲーミングにワイヤレスは邪道、と常々考えておりましたが、この快適さは素晴らしいですね。
☆一個マイナスの理由はLEDカラーの選択が出来ないこと。構造的にLEDライトを設置するスペースが厳しかったらしいですが、プロファイルの切替えを視覚的に把握出来なくなったのは結構痛かったです。明るさは確かにかなり明るいのですが、かといって100%にしても大して視認性向上しないような・・・キーボードの角度の問題もあるかも知れませんが・・そんな気がしました。ここは好みの問題も大きいとは思いますが、出来ていた事が出来なくなった訳ですのであえてマイナス評価としました。(ちょっとした工夫で何とかなるんじゃないか?という思いもある)
各キーの機械的動作は従来のメンブレン機よりも格段に向上し、かつ、ロジクールの長年蓄積され改善を続けたドライバ類で管理。間違いなく、言い訳出来ない環境が手に入りますw
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年2月3日
今回2度目の交換。一回目はキーボード側の断線。二回目はバックライトがつかない。
使い勝手がいい分、こういう故障が余計に目立ってる。
故障頻度が少なければ良い商品なのだが・・・
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告