Androidアプリストア Amazonファミリー 風間杜夫の朗読でハリー・ポッターシリーズ Amazon Cloud Drive nav_flyout_lp Amazon MasterCard Wintertire DVD Blu-ray Bargain 2016winter ファッションセール Fire HD 8 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick バレンタイン特集 2017 年末年始ダイエット特集 大型家具・家電おまかせサービス Kindle Amazon MP3 ウィンタースポーツストア ドキュメンタル

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
79
5つ星のうち4.3
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年4月26日
まず何よりも上段表示(上段の常時表示されるいちばん大きいメインのディスプレイ)をスピード以外にケイデンスまたは心拍数にも切り替えられる点が気に入っています。普段の練習中もレース中もケイデンスを主に見ているので、大きな数字で常時表示可能なのはありがたいです。またエンデューロレースの前には心拍を限界近くまで上げて2時間、3時間と練習することもあるので、心拍数を常時表示にできるのも便利と思います。

心拍数も測れてこの値段(Amazon価格ですが)は、コストパフォーマンスが良いと感じます。

本製品のスピードセンサーはケイデンス一体型なので、取り付け位置に苦労された方が多いようです。お役に立つか分かりませんがコツを書きます。まずケイデンス用のマグネットは、マニュアル通りクランクの裏にナイロンタイで固定するのではなく、ペダル軸に磁力でくっつけて剥がれないように粘着性の強いテープを貼ります(写真)。こうすると数センチだけですがセンサーをチェーンステー後方側にセットできるので、タイヤとの干渉は避けられます。

次にセンサーとマグネットとのクリアランス調整ですが、先にケイデンスを調整します。センサーを外側に傾けケイデンス用マグネットとの位置を調整してナイロンタイでゆるく仮止めします。この状態だとスピードセンサー部分はスポークに干渉するかも知れませんが、ドライバーで固定ネジを緩めてクリアランスを調整します。ケイデンス、スピードともクリアランスが調整できたら、クランクを回してセンサーが反応するのを確認の後、ナイロンタイをきつく締めて余分なタイをニッパーで切ります。多くの車種では以上の手順で取り付けできると思います。

以下はCC-RD430DWの評価とは直接関係ありませんが、購入経緯です。2010年以来CC-RD400DWを使ってきましたが、ナイロンタイが経年劣化で切れてスポークに巻き込んでしまいました。その際にセンサーゴムパッドを紛失したため、キャットアイのサポートに連絡したところ、120円分の切手を貼った返信用封筒を送付すれば無償で譲ってくれるとのこと。送っていただいたセンサーゴムパッドとナイロンタイで再びセンサーを取り付けましたが、ケイデンスの測定は問題ないもののスピードの測定が不安定になりました。電池交換とリセットを行いましたが症状は変わりません。スポークに巻き込んだ際にセンサーを損傷したようです。CC-RD400DWには満足していたので当初はセンサーだけ購入しようと思いましたが、AmazonでCC-RD430DWが思いの外安く売っていたので買い換えました。他社製品も検討しましたが、センサーゴムパッド紛失の件でキャットアイのサポートに好感を持ったので再びキャットアイ製にしました。ケイデンスを上段表示できるようになったので、買い換えて正解でした。
review image
0コメント| 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月12日
GPSやPCに取り込んでまでガチャガチャやりたく無いし、6万もガーミンで払うなら他の事にお金使うし、でも練習などの目安にとこの辺りのを選択して買う人が多いかと思います。
自分も買って最大に後悔しているのが、(時間ないし距離)と(心拍と回転)とが同時に見れない事です。
レースでなくても、練習でも、ここまで踏ん張るなど時間か距離での目標を設定すると思いますが、時間か距離見るのに何度何回もクリックする必要がある、うっとうしい。 今時どれだけ小さな液晶かと思わず笑う位小さいかな。 とりあえずサイコンがと言う方もV3がええです、+5千円位だし、安価なら思い切ってスピードのみ。
2万もと思うならもっと出してガーミン買った方が後でヤフオクでもそこそこ売れるので結果的に安価。
画面設定とか決めれれば最高なサイコンになるのに。どうもCateye製品は値段相応と言うか今1歩何か足りない、それを補うには上のモデルを変えと値段が上がる、そこまで出すならGPSも欲しいと結局値段相応のガーミンになる。 モデル減らして一機種の機能を充実させれば良いのに中途半端な商品が多く取り扱い説明書読まないと選べない。
個人的な感想ですが、競技引退しているしMtbなので指標として使用するには足りています。
0コメント| 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年6月11日
今まで持っていたサイコン(距離、スピード)と同じ大きさで、ケイデンス、心拍数も測れるなんてすばらしい。
素人レベルだからいらないと昔は思ってたけど、最近はヒルクライムに興味がでてきて、ケイデンス、心拍数は必須だと思いました。
まだ1回だけど、ガンガン走りたいとおもう品物です。セッティングは1時間くらいかかったかな。説明書は図解があるのでなんとかわかりますが
説明文が少ない。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年5月4日
使いやすく、セットの操作も簡単でよかったです。
フレームの形状によるのかもしれませんが
たまに センサーのタイラップがずれて計測不能になります。
ずれないようにする為 テープで止めたり等の仕掛けをした方が
良いようです。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年9月16日
取り付けの問題もあると思うのですけど
ケイデンスの数値が読み取れていない事が時々ある。
磁石が弱いのか距離が遠いのか不明だが、微妙に無線を飛ばす部分を
調整すればまた読むようになる。
多分自転車に左右される部分だと思う。

心拍計の方は他の電波の影響で使えない地域がある。
私の場合は寝屋川から枚方近辺(淀川CR)になると心拍数が120から
微動だにしない。

まあ、その辺を考慮しても星4つと言う事なので十分に満足しています。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年12月19日
ケイデンスとハートレートを固定ローラーで使いたくてこのシリーズを買いました。初めて後輪部分のセンサー取り付けでしたが簡単に出来ました。センサーとの受信も説明書(ネットにて日本語説明のDL)通りに進めると簡単に出来ます。
一番最初のマッチングは説明書をよく読んで気を付けて行ってください。
小さい割に数字も見やすく良いと思います。測定内容は順番に回るのでスイッチを好みの画面まで押さなくては成らず
走行中は気を付けなけれはいけないと思います。
本体が小さいので取り外しの時にけっこう堅いので気を付けて脱着をしないと飛ばします。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月7日
自分はローラー台用につけて使っています。心拍数を気にしながらケイデンスを落とさない様にトレーニングしたりといろいろトレーニングに役立ちます。
自転車によって?ケイデンスが読み取りにくい場合は、自分は自転車のクランクにゴム板(ホームセンターで購入)を貼ってマグネットをセンサーにギリギリ近づく様に取り付けてケイデンスが読み取りやすい様に使用しています。
高機能の為、高価であるけれどその分満足感は高いです。使っていれば買って後悔することはまず無いでしょう。予算に余裕あるなら使ってみる事をおすすめしますね。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年8月21日
以前使っていた同社の有線のサイコンから付け替えしました。
マグネットは前のサイコンのものを、位置をずらすだけで使えました。
取り付けは配線がいらないので、有線のものよりかなり早く簡単に取り付けできました。

本体がとても小さいので、老眼のため数字が見にくいかなぁと思っていましたが、とても見やすい液晶画面で問題なしです。
本体のスペースと電池寿命の関係かもしれませんが、バックライトが付いていればいいなという希望を込めて、星4つとさせていただきます。

心拍計のセンサーはポラールの方が着け外ししやすいです。
ですが価格を考えると十分満足できるものです。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年7月18日
2014 CAAD X DISC5に付けています。設定方法も各国語で書かれた大きな説明書ではありますが、なんとなく理解できました(完全日本語マニュアルのストラーダスリムの方が説明書としては解りよいかもしれませんが)。シクロクロスの幅広フレーム&クリアランスの広いフォークなので、リアのフレームにセンサーを装着するこちらのタイプを選びました。センサーは、ケイデンスセンサー部とスピードセンサー部がひとつのセンサーキットになっており、キャノンデールのリアに装着したところ、スピードセンサーをフレームに沿わせた状態で反応する位置にセンサーを固定すると、一方ではケイデンスセンサーとマグネットのクリアランスが広すぎてケイデンスを反応させることができませんでした・・ケイデンスとスピードセンサーを同時にクリアランス調整するのがわりとシビアでした(スピードだけであれば比較的早めに位置出しできました)。

※ケイデンスセンサーはクランク裏に装着しますが、CAADXのデフォルトクランク裏の形状が流線型となっており、スピードマグが最も読みやすい位置にセンサーを付けると、ケイデンスマグネットをクランク裏の流線型部分に装着しなければならず(というか出来ない・・)、かといってクランクの平な部分(軸寄り)にマグを装着するとセンサーをタイヤに近づけなければならず、タイヤと接触の危険が..。裏面が真っ平らではない特殊な形状のクランクなども注意が必要です(が、ゴムのシムなどを咬ませるなど、工夫でクリアランスはなんとか)。フレームやクランクの形状によっては手間の掛かるタイプのセンサーではあるな、と感じました。

別途、ストラーダスリムも購入しましたが、あちらはフロントセンサーなのですが、クリアランスの広いシクロのフロントフォークでもきちんと反応してくれました。こちらはシムは咬まさず、付属のものだけで付けて反応してくれました。430DWよりもセンサーとマグネットのクリアランスが離れているのですが、マグとのスキマが遠くても反応してくれました。取り付け位置もフロントフォークの中段ほど。しかしストラーダスリムはアナログワイヤレスなので混線の心配が。430はこの心配はなさそうです。それと、ストラーダスリムは不具合情報も聞かれるので、しばらくは430と併用してみます。
1コメント1件| 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年8月6日
セッティングがやや難しく何かの拍子にデータを拾えなくなるときもありますが、機能・価格ともに満足しています。
心拍・ケイデンスの管理ができ、トレーニングに大いに役立っています。
特に心拍数がわかることで負荷の大きさが分かるようになったのは自分の中で大きな収穫でした。

セッティングのコツを幾つか書かせて頂きます。
■強力なネオジウム磁石を購入しましょう!
同梱されているものよりかなり拾いやすくなり、セッティングに余裕を持たせることができます。
100均で購入できると思います。
サイズはケイデンス用に円形のもの10~14mm(ペダルシャフト径よりやや小さく), スピード用にはごく小さいものが良いです。
スピード用をホイールに取り付ける為に、[自己癒着テープ]も用意してください。
■先にケイデンスのセッティングをしましょう。
ケイデンス用のマグネットをペダルシャフトの裏側(内側)にセットします。
これでクランクにタイラップを巻かなくても済み、見た目も非常にすっきりします。
表品画像にもある通り、センサーゾーンが表示されているので、ペダル軸とその部分を合わせます。
そしてケイデンスセンサー部分をフレームやや外側に傾け付属のキットを使いチェーンステイに仮止めします。
このときに、タイラップの結び目箇所をフレーム内側上部にすることで見た目よく仕上がります。(説明書とは違いますが…)
動作テストをし、しっかりケイデンスを拾えるようならば本留めしてしまいましょう。後の作業がらくになります。
■後はスピード用のセッティングを頑張りましょう!
自己癒着テープで留めるのに少々手間取るかと思います。まず位置を決める為に簡単に固定してから2重巻きしてください。
これで多少の衝撃・ホイールの高速回転にもビクともしないと思います。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告