Androidアプリストア Amazonファミリー 本を聴くオーディブル Amazon Cloud Drive SOS0516 Amazon MasterCard 車&バイクの雨対策 nav_flyout_videogame ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV stick お中元ストア リニューアルキャンペーン ペットの防災特集 Kindle Amazon MP3 スイミング 今田x東野のカリギュラ

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.1
260
5つ星のうち4.1
エディション: 通常版|変更
価格:¥898+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2016年2月6日
暇な方向けのソフトですね!パット見た内容では解りにくいし行き詰まったら答えヒントが無いのでしっかり本を読んでどうにかなるような感じではないので三章からは本気モードです!!
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月12日
デルタも考えたのですが試すのにお手頃価格の無印にしました。楽しく遊んでいます。やはりやってみるとパワーアップしているデルタをやてみたくなります。
爽快なゲームでスカッとします。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月24日
中古で安かったので購入しました。

一応、ストーリークリアまでプレイしましたが、
同じ敵と何回も戦わせられること、
そしてほとんどの状態異常が
「十数秒動けなくなる」というものが
手抜き感を感じました。
同時に、敵が強すぎるためレベル上げ作業を
しなければとても先に進めないのが面倒くさかった。

しかし、面白いと感じる部分もある。
戦闘は緊迫感があるし、戦略を考えて戦わないと
倒せないというところが面白さにつながっている。

敵が強くて倒せないのが面倒と感じる反面、
敵が強いから戦略を考え倒せた時の喜びも大きい。

ストーリーは、途中から先が読めてしまう感じで
少しだるさを感じた。

デルタの方はストーリーがもう少し長いそうだが
個人的にこれ以上クリアまでが長いとさすがに途中で
放り投げそうなので、こっちを選んで良かったかなと思っている。

安いしね、中古なら。

あと、オンラインはオンラインチケットが必要です。
中古の場合、チケットが入っていても使用済みの可能性が
高いのでオンラインをプレイしたいなら別途PSNで購入する必要があります。

自分は最初から最期までオフラインプレイです。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月16日
この複雑な気分と言うのは、評価項目ごとの点数に開きがある為、こういう言い方しかできなかったのです。
まず私はこの時期に買う前に、トウジの開発スタッフの方がこのゲームの構想を楽しそうに話していたのが印象に残っています。設定を聞く限りでは硬派な感じがしましたし、禁呪や生贄などのシリアスな設定はいかにも面白そうなフレーバーでした。

それから数年。VITAが手に入ったので、今この時期に評価する事となりました。

・すべての服装がクソダサい
・ゲームが単調で何回も同じものを狩る必要がある
・進行も単調
・「死にたく…ないんだぜぇ」なめとんのか
・魔物の設定が真実なのか疑問。(複数のキャラが固有ストーリーのある魔物になっている不思議)

言いたいことは色々ありますが、特に思った事。
ストーリー面に関しての不満として、両親が魔術師でありながら、将来に子供である主人公(過去の記録)に対して英才教育を施さなかったのかという点が不思議で仕方ありません。将来は人殺しが必然となるのにもかかわらず、どうして彼の両親は、絶えず罪悪感を抱くような「素直」で「やさしい」子供に育てたのでしょうか・・・?
この不思議が強すぎて、お話で主人公が悩んでいてもどこか滑稽です。だれかこれに気が付かなかったのでしょうか?それとも最後にどんでん返しがあるのでしょうか?
いえ、例えあったとしても、これまでのモヤモヤや事実ですし、そんなクリアのタダ一瞬の為にあるような枷となる設定はいらないでしょう。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年3月10日
詳しい点に関してはほかの方が書いているので、略式で。
まず、世界観・確かに少しダークファンタジーなだけあり、暗いイメージです。
ですが、かなり抑えられているのでそこまで怖いイメージ等はないかと。

また、ストーリは人間臭く胸が熱くなる物、悲しげな物、様々あり暗いイメージも気になりません。

アクション部分は、モンスター毎に魔法の組み合わせを変え、派手に戦ってみたり自分なりの楽しみ方が出来ます。
魔法の基となる素材集めも、軽快に出来る為ストレスを感じずに楽しみながら出来ます。

最後に
新機軸の狩り…面白い!
0コメント| 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年3月8日
※MHP2G、MH3、MH3G、MH3GHD、MHP3、MHF経験済み
本編8時間 体験版2/28〜1週間ほどプレイ

この作品が気になって値下がりしたVITAを購入。CMで使われる「狩り」と言う言葉のせいでどうしてもMHのイメージを引っ張ってしまうが、恐らく既存MHファンへ「へーこんなゲームあるんだ」と気づかせるキッカケを与えるためのマーケティング上の戦略で、本作の本旨ではないと思った。実際にプレイしてみて、最初の方に出てくる「人殺し」というワードが「狩り」という言葉を全面否定している。

プレイしてすぐに感じたのはたとえキッカケであってもそんなワード不要だったんじゃないか?と思うほどの作品の完成度。端的に「遊べば分かる」と言う感じなので下記レビューにも「まずは体験版を!」という声が多く見られるが私もVITAを所持している人については概ね同意。体験版から更に改善されたのが製品版なので、体験版で「ありかな?」と思った人間なら手を出して損は無いと思う。

ただ、今回の(恐らく)メインターゲットになる「これまでVITAをもってなかった人」には導入のハードルが若干高いだろう。そういう人は動画サイトなどで感覚を掴んでもらえればと思う。個人的には数年に1度レベルの「当たり作品」だと思うし、VITAを買ってよかったと思った。「面白いから是非いろいろな人に遊んで欲しい、普及して欲しい」と柄にも無くレビューにまで筆を執ってしまった。
※ただ、恐らく(特にグラフィックが)人を選ぶ作品ではあると思うので注意。

■本編
追体験という形式で本を読みながらストーリーを追う本作は「ストーリー⇒討伐⇒(救済or生贄)⇒ストーリー(分岐)」と言う形で読み進める形になっている。ストーリーの部分はフルボイスとエフェクトが利いていて、続きが読みたくなる仕掛けが上手い。また、本という形式なので「ページを戻せばやり直しも利き、殺してしまった人物を再度救済することも可能」というのはコンプマニアも安堵だろう。実に上手く考えたと思う。ストーリーは古き良きラノベと言った感じで、個人的には某ロー●ス島戦記のようなほど良い感じのファンタジーと人間くさいドラマを感じた。また、本編のほかにサブストーリーもあり、長時間楽しめる予感はする。

■マルチ
主に体験版での経験だが、タダでさえ面白いストーリーに輪をかけて面白いのは既存の「狩りゲー」ジャンルと同様。生贄や代償魔法の設定がまた良く、自己犠牲を伴う攻撃も他者を犠牲にした攻撃も可能であると言うのはプレイする人間のエゴが良く出るため面白い。下手だからマルチは敬遠……という初心者を救済するためか、死んだ後も敵を弱体化させたり、残りのHPをチャットで伝えたり「役に立てる事」があり「傍観しているだけ」とならない事に感心した。

■良い点
全般的に良いのだが、システム的に初心者にも上級者にも良いと思ったのは「縛り」がしやすい事。たとえば右手だけにレベルを貯めて行くと攻撃力は上がるが、紙の様に薄い装甲とHPで戦い続けることになるし、レベルの減退を使えばLV1の状態のままラスボスに挑む事も出来る(おそらくいつかやる猛者が出てくるだろう)。
この仕様は普通に使えば「勝てない!」と思った敵でも時間をかけてレベルを上げて再挑戦すれば倒しやすくなると言う事。過去の狩りゲーと違って「腕前+レベル」なので、根気があればいつかはクリアできると思う。

■悪い点
これはレベルとトレードオフなので仕方ないのだが、魔法の強化やレベルの再構築には、相応の時間がかかる。また、魔法の強化は倍々ゲームで重ねていく作業なので、3段階にするには 1+1⇒2 2+2⇒3……となっていくため、自分の理想に行きつくためには相応の時間が必要になる。無論、そうじゃなければゲームじゃないのだが、ストーリーが良いだけに次に進みたいと言うジレンマと戦うのも大変だろう。
とりあえず、やりたいようにやって、満足してからジックリやりこむのが良いのかもしれない。そういう意味ではDL版を買うのもアリだと思う。

■結論
なまじ「狩りゲー」なんて言葉を使うから興味喚起者が混乱するのだが、要するに「落ちものパズル」の代名詞で「テトリス」が台頭してる時代に、おなじく「落ちものパズル」といいつつ「ぷよぷよ」が登場したのと同じで、確かに一言で纏めたら同じジャンルなのだが全然別の魅力があるゲームである。
だからMHと比べて上下がどうのという事は無くて、これはこれで確実に面白いし、かつてPSPを「モンハン専用機」と呼ぶ人がいたように、本体と一緒に買わせるほどの魅力があるソフトだと思う。それもあって、VITAを持っていない人は特に「情報を知る」という意味で変な固定観念は捨てて、公式サイトなどで雰囲気を先に知ったほうが違和感無く楽しめると思う。
0コメント| 698人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年7月9日
他の人のレビュー信じないほうがいいですよ
モンスターハンターと全然違います
ストーリも、つまらないです
友達と、ボタン連打してモンスター倒すとかが好きな人は、面白いかも
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年3月10日
とにかくダークな世界観やストーリーが素晴らしい。
登場する魔物には、詳細な生い立ちと「なぜこうなってしまったのか?」という設定があり、
倒したあとも「可哀想すぎるので救済」とか、「こいつは同情の余地はないので生贄だろ!」など
こちらの感情もゆさぶられます。

アクションは苦手なので(慢性的に涙不足ですw)、
コツコツ供物を合成して、文献読んで…とちまちま進めていますがしばらく遊べそう。

世界観はダークですが、ゲーム中表現はそこまで過激ではないので、グロいの苦手な人も大丈夫です。
とにかくちょっとでも興味を持ったら、ボリューム満点の体験版を落としてみることをオススメします。
続編に期待!
0コメント| 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年5月22日
超魔法バトルアクションという割には・・・・
ほぼ遠距離から魔法を当てて、魔法の使用回数を回復して更に攻撃していくスタイルです。
ワンパターンになので、自分は他の狩りゲーよりはまりませんでした。
0コメント| 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年3月7日
まず、最初に、公式では"狩り"と書いていますが
これは普通想像するような狩猟という意味での"狩り"では無いと言っておきます。
ハンティングなどではなく、むしろ対象を暗殺・抹消したりするようなイメージで
既存の狩りゲーと比べても見ての通り、非常に暗く、陰湿な話が多いです。

ですが、個人的にはこのゲームの非情とも言えるシステムが他の類似作品との差別化という意味でも◎だな、と思いました。
以下、気になった点や抑えておきたいポイントなどをピックアップ。

【 ここは注目したい点 】

・一番独特とも言えるのは魔術ベースの戦闘システムで、やはり「救済」「生贄」システムでしょう。
 どちらも仲間が戦闘不能になった時に使えるコマンドで
 前者は"復活させて戦線復帰"。後者は"犠牲とすることで強烈な技を放つ"というものです。
 たとえば、ボスと戦闘中、まだまだ序盤で死者が出てしまった場合は前者。
 あと少しでボスが倒せそう!でも手持ちの魔力などがもうない!!そんな時は後者で一発逆転を狙う、というような感じ。
 生贄による攻撃は文字通り仲間を犠牲にするだけあって物凄い威力なので、この辺の駆け引きが非常に重要になってきます。
 仲間の命も駆け引きの要素にするのも新しい協力の形の一つとして、これはとても良いシステムだと思いました。
 (魂をゆだねて戦いを任せられる相棒、ってのはある意味究極の信頼関係なんじゃないかな、とも思ったり)
 また、生贄は敵にも行うことができ、雑魚敵は自身の防御or攻撃の強化。ボスクラスのモンスターは「救済」or「生贄」によって物語に変化が生じてきます。
 同じコマンドなのに、対象によって作用や影響が違ってくるのもなかなか良いところですね。

 また、魔法陣を描いて結界で敵を封じ込めたり、移動できない巨大なゴーレムでの攻撃、
 更に仲間を回復&支援したり、遠距離からの絡め手、敵の状態把握、禁術よる強烈な攻撃など、
 攻めるだけでもかなりの手段&方法があり、戦略的な駆け引きやプレイヤーによる役割分担がかなりハッキリ分担化&されているのもポイント。
 こういった要素は自分は従来の狩りゲーではなく、むしろFF11などのMMORPGを彷彿とさせました。

 
・次に洗練されたデザイン、そして豊富な魔物などによる世界観もやっぱり注目したいところです!
 BGMはクロノでお馴染みの光田氏担当で、ゴシックな雰囲気の世界に非常にマッチしています。
 魔物もかなり設定が深く作られており、ファンタジーでお馴染みの魔物でもかなり独創的なデザインと世界に基づいた設定がされています。
 ゲーム開始から既にラスボスの直前。狩りに行くのも拠点を使っての移動ではなく、本を使っての過去の追体験。
 本の日記でラスボスを巡るストーリーが語られていくというなかなか異色の展開です。
 また、世界設定や魔物の由来がわかる読み物がかなり濃い内容になっていて読み応えあるのも◎
 造形の設定までかなり気合い入れて作ったソフトであることが容易に伺えますね。

 また、今作はケルベロスやフェニックスなどのモンスターも全て"元は罪を犯した人間"という話なので
 それを「救済」するのか「生贄」にするのか・・・パッケージ以上になかなか悲しく重い話がメインになります。
 CEROの通りかなりグロテスクな描写も多いので、正直そこは人や年齢を選ぶと思いますね。

【 その他細かい所 】

・無料体験版も配信されているので、迷ったらまずコチラ。(ただし容量が約1GBあるので注意)
・キャラメイクは可能です。ただし、ゲーム開始直後に作るワケではないので注意。性別や顔、髪、服装など一通りいじることはできます。
・Vitaの機能によるSS撮影ももちろん可能。
・魔物の種類がものすごい豊富です!数もさることながら、やっぱり似たり寄ったりなものがいないのは面白いですね。
・ボタンの入力による攻撃がシンプル、且つ多彩ですが動作はサクサクでストレスフリー。
・武器&魔法合成でのやりこみ要素もかなりのもの。(種類もさることながら、かなりやり込めます)
・レベルの概念が存在します。攻撃・防御とありますが、アクション苦手な人もこれで若干カバー可能できそうです。
・ソロでのプレイでもNPCが存在するので遊べます。(ただし、オンラインマルチがやはり盛り上がりそう)
・タッチ操作が一部のイベントで存在しますが、戦闘では基本不要です。

現段階のVitaのアクションゲームではかなり良好なアクションゲームだと思います。
ゲームとしての楽しさはもちろんですが、
とにかく新しい可能性を挑戦的に表現している点を自分は一番評価したいところですね。

「ダーク&オカルティックな世界観でも大丈夫」

「ちょっと変わったハンティングアクションをやってみたい」

こんな方に特にオススメしたいソフトだと思います。
繰り返しますが、迷ってる方は無料体験版をまずやってみることをオススメします。(なお、ごく一部で製品版と動作が違う模様)

--- 2013/3/14 補足 ---

一応の区切りとして、本編のイベントが全て終わりました。
そこそこ寄り道もしつつ、所要時間はおよそ50時間。
アクションが上手で本編だけ追うにはもっと時間かからないかもしれません。
ラストもなかなか良い演出が多く、個人的に満足のいく作品でした。
勿論クリア後のハードな追体験も多いので、これからも末永く楽しめそうな感じです!

システム面に関しては、最初こそ「無傷でクリアしないとレアな報酬が貰えないのはちょっときつい!」など思っていましたが
実際やってみると、良い報酬をもらえるようになる要素は多数存在します。
倒すまでの時間、状態異常にする、カウンターを上手く利用、弱点属性&部位を攻める、部位を破壊etc...
刻印という一種の防具のようなものでもフォローする要素があり、
工夫すればボロボロに食らってても最高評価は取得可能。
また、最高評価でない一歩下の評価でも確率こそ下がるものの報酬は全て獲得可能です。

NPCの数もかなり存在し、声などは多少バリエーションが乏しい感があるものの、
魔法はみな特徴がよく出ていて、グラフィックでも個性的な面々も多く、育てたりする要素があるのも良かったです。

マルチでの動作もなかなか良好です。
マルチでは報酬などは各々の行動のみが反映され、
よくある「仲間が足を引っ張ったせいで!」というので報酬が悪くなる、ということがないのが個人的に◎でした。

総評として、荒削りな部分も多少あるものの、発想・システム共にかなり斬新なハンティングアクションでしたね。
まだまだ伸びしろを感じる作品なので、次回作やDLCを含め、今後の展開にも期待です!
0コメント| 225人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

他のお客様はこれらの商品もチェックしています

¥4,380
¥3,989
¥2,280

カスタマーサービスが必要ですか?こちらをクリック