Androidアプリストア ETAward 芥川賞直木賞特集 Amazon Cloud Drive SOS0916 Amazon MasterCard nav_flyout_biss DVD Blu-ray Bargain 2016summer Amazon_meets_LAST ファッション Fire HD 8 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト手土産グルメ・スイーツ コンディショニングサポートストア コーヒーストア Kindle Amazon MP3 ゴルフ初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.8
69
5つ星のうち3.8
価格:¥900+ ¥490 発送
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年6月25日
個人的には最後まで楽しんでプレイできた
ただ前作からの使い回しが多い上にストーリーでも既視感のある演出が多く、もう少し開発期間を延ばして作り込んで欲しかったと思う
ストーリーでは絶望感や危機感を強く演出できているが、4.5章の議事堂襲撃などシリアス感を優先し過ぎたために粗が目立つ箇所もあった
それでも似たり寄ったりながら色々と工夫してる所はあるので一部ダンジョンの使い回しが気にならなければ楽しめると思う

キャラメイクは声優の追加と新職業、カラバリのおかげである程度は自由度が上がった
特に良かったのはプレイヤーキャラの職業の転身が楽になった事と、ネーミングやキャラデザの変更が出来るようになったこと
おかげで色々なキャラを気軽に試せるようになった

それと、この2020-2をやっておけば前作の2020をプレイする必要は無い、みたいなレビューもありますが決して真に受けないように
ストーリーやキャラ設定に力の入っている作品なので、本作から手を出すのは非常に勿体ない
置いてけぼりになる所もあるので感情移入もしづらく単純に楽しめないと思う
0コメント| 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年7月21日
悪い点は散々あげられている使いまわしが多いという事
その点に関しては擁護できないです。
前作からの使い回しが非常に多い、というよりコピペじゃねえかと言ってしまいそうになるレベル。

またトリックスターの弱体化もいただけない。
前作では強かったのですが、今回は普通に使えるレベル。
サクリファイスという技も弱体化して、面白みのない技に。
前作ではキャラロストだったのに対して、今作では戦闘離脱、その戦闘中は復帰できないという物に。

以上のように調整が加えられて無難な内容になりました。
良し悪しは個々の感性ですが、私は残念に思いました。

良い点はバランスが絶妙な事。
ドラゴンは相変わらず殺しにかかってきますし、準備を怠ればボスに惨殺されます。
また考えなしに攻撃していれば簡単に負けますし、雑魚でも死ぬ場合があります。
緊張感のあるバトルが多いです。
少しエンカウント率が高いかなとは思いますが、そこは御愛嬌という事で。
ストーリーは、前回倒したドラゴンが復活したというところから始まります。
主人公は前作でも活躍したムラクモ13班、前作のラスボス戦でのダメージによってレベルダウンしているという設定。
つまりレベル関係の引き継ぎはありません。
代わりにアイテムをゲットできます。
「ガトーのバンダナ」「チョコバー」
これでわかる人はわかるでしょう。
当たり前のように残虐な表現が出てきます。
人が死ぬのは当たり前、溶けるわ焼けるわで散々なことになります。
仲間だろうが、無名キャラだろうが命の保証はありません。
1コメント1件| 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年4月24日
前作も随分楽しんだので、今作発売の情報以後、ずっと楽しみにしていた作品でした。
メインシナリオは一通り片付き、その期待は裏切られなかった……とは思うのですが、幾つか気になった点が。

同じ東京都内での物語である以上、ある程度は仕方ない事なのかもしれないですが、マップの使いまわしが多い。
また、帝竜(ボスクラスのドラゴン)さえも使いまわしが半数近くは言ってるのは正直どうかと思います。
どいつが、とは申しませんが、倒した後の悪あがきすら同じような事やってきたやつがいますし……。

あと、シナリオのざっとした流れも、概ねは前作を踏襲してしまってる感じがあります。軋轢、和解、絶望、立ち上がり……。
まぁそれが魅力だと言えばその通りですし、自分もそれが好きでやってはいるのですが。

ただもう少し、マップにしろ帝竜にしろ、目新しさが欲しかったな、と思います。
自分がヘタレなだけかもしれませんが、雑魚戦でもスキルを乱用しないと行けなくなるくらいバランスが辛口になっていたりと、前作から比べて楽しめる要素が多いだけに、逆に残念でした。
ある――かどうかは不明ですが、次回作があれば其方にも期待したいと思います。
0コメント| 96人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年3月17日
始めてレビューを書くので拙いところもあると思いますがご了承ください。私は2020 Ⅱからセブンスドラゴンをプレイしてみました。こちらのレビューを見る限りⅡから始めても大丈夫だろうと思ったからです。メインストーリーをクリアした今、後悔しています。ちゃんと2020 Ⅰ からプレイしとけばよかったなと。ところどころ私みたいな新規ユーザーは置いてかれるようなところがありました。また、私自身が予想していたより面白い物語だったのでスゴイショックです。これから、セブンスドラゴン 2020 をプレイする人は是非とも Ⅰ からプレイしてほしいです。
0コメント| 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年6月11日
前作が割と面白かったので、今作もプレイしました。
一言で言えば、タイトルの通り「前作の完全な焼き直し」です。
登場人物などに多少の違いはあれど、ストーリーは全く同じ。
マップや敵もほとんどが前作の使い回し。
拠点が都庁から国会議事堂に変わっただけと言ってもいいです。
キャラクター作成も、職業が1種、外見が1種、カラーバリエーションが外見ごとに2種追加されただけ。
目新しいと言えるほどのものは何もありませんでした。
前作の素材を利用して、制作費を抑えて可能な限り儲けようという姿勢を強く感じました。
それでもRPGとして最低限の面白さは維持してるので☆3です。
ゲーム内のNPCが3部作がどうこうという、メタな発言をしていましたが、
もし3作めも同じような内容なら、今度は購入に慎重にならざるを得ないでしょう。

※追記
もう一つ気になったのは、初音ミクの存在感の薄さ。
前作同様、ゲーム中でクエストをこなすと初音ミクバージョンのBGMを使用出来るようになりますが、
今回も役割はそれだけ。専用の部屋まで用意されながら、ストーリーに全く関わらず、
プレイヤーと共に闘うことも、親密になることもなく、まともなセリフすらありません。
せっかく「アイドル」という職業を新設しておきながら、初音ミクがその要素と全く絡まないのは手抜きでしょう。
発売前のCMなどでは初音ミクとのコラボを前面に出していたのだから、もう少し頑張って欲しいと思いました。
0コメント| 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年5月6日
前作のマップ、敵、ボス、味方の覚える技、システム・・・ようするに、ほとんどを使い回してる印象を受けました。

「またこいつかー」みたいな感じばっかりで、ワクワク感とか全然無いです。
RPGでこれはどうなんだろうなぁ・・・
0コメント| 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年8月10日
ネタバレがお嫌いな方はご注意ください。

前作を2周した直後に今作をプレイしました。
ちなみにこちらの評価を読んで、相当ひどい出来であることを覚悟して買いました。
裏ダンジョンはまだですが、メインのストーリーをクリアしての感想です。

そう悪い出来ではありません。
確かにマップ・帝竜の使いまわしはありますが、「それらが復活した」という設定なので、そんなに不自然でもありません。マップの半分以上はオリジナルで、帝竜にいたっては復活するのは3匹だけです。
まあ、「その設定自体が、もう手抜きなんだよ!」と言われてしまえばそれまでですが。

基本的に、やることは前作とまったく同じです。
ダンジョンに入って、雑魚竜を倒しつつ、奥を目指します。DZで会議を招集して(=改修です)、本拠地のフロアを整備していきます。その合間にクエスト攻略です。
私は作業ゲー馬鹿なので、これらになんの抵抗もなくプレイできましたが、そうでない方は前作を前編、今作を後編だと考えてみてはいかがでしょうか。
前作の1年後という設定であるため、出てくる人物も見知った顔ばかりです。と同時に、前作にあった「現実的なまでに救いようのない展開」「表現がグロい」といったふたつの意味での残酷さもまた共通しています。

ちなみに、システム面での改善も多少されています。
私は、ミニマップを中央にどん!と表示させるのが好きなのですが、前作では戦闘終了後やマップ切り替え時にすぐ右上に戻ってしまうので面倒でした。今作では×ボタンを押さない限り、戻りません。
クエスト攻略時にも、次に話しかけないといけない人物や行かないといけない場所に、ミニマップ上で「!」が表示されるようになっています。全マップをしらみつぶしに歩き回る必要はありません。
各職業のスキルも数が増えています。「秘奥義」という、奥義その2とも言える技も覚えます。
BGMのDIVAモードへの変更の仕方も、説明書にちゃんと書いてあります。

全体を通して言えることですが、「内容を深く理解するには前作プレイが必要」「作業ゲー好き以外には苦痛かもしれない」という理由で星をひとつ減らしました。
「前作はおもしろかったけど、これは評価が低いから」という理由でプレイをためらっている方は、ぜひご自分の目で確かめてみてください。
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年5月10日
職業が増えた。
 各キャラのカラーリングが3タイプから選べるようになった。
 猫耳キャラが、シナリオの途中から選べるようになった。

 ……のに、パワーダウン。前作ほどの勢いはなかった。
 声の使いまわしが多かったり、キャラのカラーリングが「なんでこの色?」的なのしかなかったり(何故サムライ男子に黒髪は選べないの?)、何より、前作から1年後…要は1年しかたってないってのに、またレベル1からスタートとかどーゆーこっちゃ! とか、序盤から死亡フラグが透けて見えるキャラがいるとか、職業増えたってアレか! ミクちゃんいるのにか! とか色々色々……前作にちょこっと上乗せしただけのよーな新規感の無さと手抜き感にガッカリです。

 というかホント、前作の1年後に前作の主人公達を引き戻すなら、レベルは多少落ちてもいいから、せめてスキルとか武器とかは引き継がせてくれよ! ただただ弱くなりましたっつって、新規サブキャラどもにバカにされるという展開はどうかと思う。
 すごくすごく期待して待ってたぶん、がっかり感が半端ありません。
0コメント| 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年10月2日
セブンスドラゴン全シリーズプレイ済です。
全シリーズに対するレビューになるかもしれません。
BGMは初代のフレーズを取り込んだものもあり、シリーズをプレイしてきた人にとっては懐かしいと感じる一面もあったと思います。
キャラクターデザインも、ジョブは減ったものの、声が選べるようになったり、内容が現代風になったこともあり、個人的には楽しめました。
しかし、初代で世界観やキャラ設定がしっかりしていたのに、2020以降でそれらを中途半端に壊すような設定になっていたのが少し残念に感じていました。
これなら、2020と2020-IIは、DSのものとは全く別個のものにして欲しかったです。
一部ネタバレになりますが、初代(DS版)で倒した初代の人竜戦士タケハヤと2020で登場するタケハヤとの関連や、やはり初代で倒したはずのニアラがまたラスボスになっているのは何故か。
DS版から登場していたアイテルやエメルを再登場させているのですから、この辺りの設定をもう少ししっかりさせて欲しかったです。
2020-IIでは他の方のレビューがある通り、ダンジョンの使い回しが目立っており、わざわざ2020の続編を出す必要があったのかと感じます。
2020-IIのシナリオが初代の続編として出ていたら、ストーリー的には過去(昔?)に倒したはずの竜や帝竜が復活したのは、神竜フォーマルハウトの仕業だった‾となって、まだ続編として納得出来たのかなーと思います。
個人的にはかなりハマったゲームなので、残る神竜3体が登場するような更なる続編が出てほしいと思っています。
0コメント| 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年5月14日
裏ボス攻略してクリアをしたので、簡単にレビューを。

プレイ時間は人によって誤差はあるとは思いますが概ね40〜50時間といった所です。
RPGとしては平均的ながら、所謂クエスト・おつかい的要素は控えめでその多くの時間はダンジョン攻略・戦闘になります。キャラクターの掘り下げはあまりなく立ち絵も少ないので、そういった所を重視する方は注意です。
逆に歯応えのある戦闘が好き、ストーリーは添えるだけでいい、といった方には最高のプレイ環境です。

肝心の内容ですが、正直新規プレイヤーには優しくない所があります。
所々にある無印や前作の小ネタを楽しめない・分からないとおいてけぼりです。
ルシェ・ニアラ・タケハヤ・マリナといった単語一つ一つを、何よりフードの女関連のもしかしてなミスリードを楽しむためにも、最低でも前作プレイ推奨です。

しかしストーリーは焼き直し感が凄いので肩透かしを受けたプレイヤーも多いかと思います、ダンジョン・帝竜の使い回し・基本的なストーリーの流れ、等々。
新規にお勧めしにくい上、前作経験者は飽きがきてしまうかもしれません。

ここまでネガティブ寄りな意見をあげましたが、評価の高い点も多いです。

特に戦闘関連は職バランスが素晴らしいです。所謂死に職・劣化職は存在せず、どの職でも楽しい戦闘が行えます。ハッカー×3のような変態プレイをしなければ詰みといった状況はあり得ません。
また、変な言い方ですがちゃんと死ねるのも良い点です。何とはいいませんがふざけんなアホか的なストレスフルなエネミーもいませんし、戦術の組み立てを考える余地があります。
レベルを上げて、装備を整えて、ボスの傾向を把握して戦う、シンプルではありますが、それがやはり一番楽しいと言うことを教えられました。

他ゲーでありそうで無かったchangeも素晴らしいです、能力はそのままに名前・グラフィック・ボイスを変更できます。
このキャラは死んだ、弟子だ、妹だ、といった妄想が捗ります、やたらボイスも多いですし最高の機能ですね。

上で焼き直しと言ったストーリーですが、別に悪いというわけでもありません。
最近ではありがちな敵にも理由があって,,,なんて事はなくドラゴンはひたすらにゲスく、絶対に許せない敵として揺らがないのは良いです。
シリーズ恒例の千人砲・ハラワタといったトラウマポイントも完備しており、その辺りはやはり胸にくるものがあります。

総評としては間違いなく面白いのですが、万人にお勧めできる作品ではないと言っておきたいです。
前作プレイヤーで、それをとても楽しみ、13班ともう少し一緒に戦いたかった、そんな方に向けた最高のファンディスクがこの作品です。
0コメント| 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

カスタマーサービスが必要ですか?こちらをクリック