Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞直木賞特集 Amazon Cloud Drive SOS0816 Amazon MasterCard nav_flyout_biss Trade-in ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 出前半額キャンペーン 真夏の健康アイテム特集 防災・防犯ストア Kindle Amazon MP3

お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2014年1月28日
送られてきたのは中古品でした。
既に開封されており中の包装もシワクチャ。
発信器の電池蓋のビスも4か所中1箇所はナメテおり、緩めるのが困難でした。
モニターのディスプレーもうっすら傷が。
説明書には発信器を付属のビスかマジックテープで固定すると書いてありますが、どちらも入っていませんでした。
電池が入っていた袋もシワクチャなので新品かどうかあやしい。
この店は取り付けできなかったら買い取りみたいなサービスがあるようですが、そのリサイクル品でもまわされたのでしょうか。
新品が欲しい方はこの店で買わない方が良いです。
1コメント1件| 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年11月3日
取付けマニュアルをマニュアルを見ますと、単三(単相3線式)の場合、 分電盤のブレーカー付近にセンサー2個を取り付けるように写真が掲載されておりますが、その写真には2個のセンサーの取り付け方向が間違えていると思われます。
電線をを覆うようにセンサーを取り付ける際、止めるクリップは2個とも右もしくは左側に統一して取り付けるはずが、写真では、センサーの向きが相向(1つが右側でもう1つが左側)になっており、2個のセンサーの電力を合算しなければ、ならないところ、打ち消しあってだと思いますが間違った電力が表示されてしまうようです。(個人的な見解)
実際に、写真どおりにセンサーを取り付けてモニターに表示された電流値と、電流を計測するテスター(クランプメータ)で計測した電流値の差が大きく、このままでは使えない状態でした。
(取り付け時にも気になった)センサーを取り付け方向を同じ方向にしたところ、テスターとほぼ同じ程度の数値になり、良好な状態になりました。
モニター側の電圧設定を100Vに変更しないと間違った電力が表示されるみたいです。
1コメント1件| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年8月10日
とにかく多機能でここでは書ききれないくらいです。なので、箇条書きで良いとこ悪いとこを書いてみようと思います。
良いところ
・画面が大きいです。上半分は現在に使用量(電流・電力量の瞬間値)ですが少し離れても見えます。
・時間を区切って電気単価を設定でき、かつそれをもとに費用の計算もこの機械がやってくれます。使用量なんかより金額!っていう方に良さそうです。
・パソコンに接続してデータを転送すれば、より細かいデータとしてグラフで見れます。一番細かい軸だと数秒に1回のデータまで保管してあるようで、一般人にはここまでしなくても・・・というくらいちゃんと測定記録されています。
・発売元のメール対応が親切

悪い所
・時間帯別電気単価の設定はじめいくつか設定する項目があるのですが、どれもクセがあるというかなんとなくやりにくいです。直感的でない、良く言えば機械的だという感じです。付属のソフトしかり
・USBデータ転送中に終わったのか始まったのかなにも表示しない。
・測定器からは電波でデータを飛ばすのですが、受信距離はかなり短いです。自宅ではメインの分電盤が屋外外壁のため壁を隔てていますが、直線距離で3m以上はなすと通信ができなくなるようです。なので設置場所がかなり限られてしまいます。
・背面スタンドの角度が浅過ぎて安定性が低いこと
・バックライトが無いので夜間確認は厳しいです。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年5月18日
個別の小さなコンセント電力計は持っていたのですが全体を見るところまでは出来ませんでした。
この商品はブレーカ(配電盤)につけるので全体の消費電力がほぼリアルタイムで見ることが出来ます。
これで節電できるわけではありませんが車の燃費メータと同じで楽しみながら節電意識の向上が期待できます。

少し気になった点。
1.商品パッケージは一度開封してありました。
   これらは日本で動作チェックを行った形跡と思いますが
   商品管理上、ポリ袋の使いまわしからクシャクシャとなっているのはいかがなものか?
   リユース品とは思いませんが客に不信感を与えます。

2.カレントセンサが予想以上に大きい。
   配電盤の中に入りきりませんでした。
   穴をあけるのも面倒なのでしばらくは配電盤の蓋を外したままで使ってみます。

その他
木造だと1階に取り付けて2階のリビング、1階の玄関、寝室とどこでも電波を受けることができました。
これは非常に便利で出かける前に各種切り忘れを防いでくれます。

少し古めの電子機器の待機電力が予想以上に多いのにびっくり。
外出時こまめに電気を切るクセをつければ数ヶ月で費用は回収できそうです。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年5月17日
リアルタイムで電力消費が見れるのは面白いです。
うちはかなり電気代が高いのでどこが電気を食ってるのか調べたくて購入しました。
ワットチェッカーもあるんですが、コンセントが裏の方で差し替え出来なかったりするのでこれは重宝します。
ただ、やはりセンサー部分がちょっとデカイですね。
ブレーカーからのケーブルに余裕が無いと取付は結構厳しいと思います。
フタが閉まらなくなったりします。うちも無理矢理取り付けました。
もうちょっと小型化出来ないものでしょうか?

あと本体とPCを繋ぐのにUSB3.0端子を使ったら認識してくれなかったです。
USB2.0だとあっけなく認識しました。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月17日
自分の家でどのようなプランの電力が向いているのわからなかったのでそれを調べるために購入しました。
1分ごとの電力量を長期間計測できますので時間帯別プランの中から最適なものを見つけて契約変更したいと思っています。
ただし、過去データを分析するにはCSVデータをexcelで分析しなくてはならないので少し面倒です。
付属のソフトでその位できるといいのですが残念です。
過去データが分析できないことは書いてありませんでしたので購入してからわかりました。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年4月22日
我が家の分電盤は2次側にスペースがありましたので、比較的簡単に取り付けできました。
今まではコンセントにつけて電力量を測るもので測定していましたが、コンセントを介さない電気機器もまとめて測定できていいですね。
電波も1階の分電盤から2階の自室まで直線で6mくらいですが、問題なく届いています。
一番遠い部屋でも10mくらいで、壁がありますが問題なく届いています。
電力見える化本舗さんに受信モニター部だけ増設したいと相談したら、別売で提供してもらえるそうです。
必要に応じて増設するのもアリですね。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年2月22日
梱包状態は完璧です。欠品無し。

メジャーでセンサーが入るか測ってみて、センサーを含めると2cm程の余裕しかありませんでしたが、意外にも簡単に取付け出来ました
。(一旦ブレーカーから配線を抜いて嵌め込む覚悟でした。配線の抜き差しは有資格者の作業です。素人さんは触らずに電気屋さんに依
頼してください)
本体と送信機の同期は簡単。取付け説明書は写真付きで簡潔丁寧です。

無線ですが、電波は途切れることなく計測しています。(4~6mの範囲)
付属のソフトは、本体からUSBでデータを取り込んで単純に数値とグラフ表示されます。また、電圧と力率が設定できます。
月別・日別・時間別とリアルタイム(15分更新)が表示されるだけですが、それを見てどう管理して節電に繋げるかです。

この機器は、電圧を任意の数値に設定(固定)し電流の変化を捉えて電力(皮相電力)を測ります。本体は力率をまったく考慮せず「1.0」なので、実使用電力量(電力会社のメーター値)より、かなり多め(一か月で30Kwh以上)に出ます。そのため、本体右下に表示されている積算電力量は、誤差が酷過ぎて目安になるかどうか疑問。(実際より大きい数値が出ているので問題ないと言えば、そうでしょうし、そんな事より「節電が目的」なら関係ありません)

電力見える化本舗のソフトからでCSVファイルを取り出す際、ソフトに設定された力率と電圧を考慮した数値が出力されますので、0.8か
ら0.9程度に設定しておくと無難だと思います。(その辺りは臨機応変に。あくまで「簡易測定器」ですから)
実電圧と力率が計測出来れば完璧でしょうが、この価格だと無理でしょう。
出力される数値は参考程度の値ですが、リアルタイムに使用電力が見えるので、いつもより電力使用量が多いなと感じたら、家中を点検
するとかすれば節電効果はあると思います。

我が家では深夜帯でも250w程度消費していました。待機電力等が積み重なった結果なのでしょう。
本体後ろにある足ですが、もう少し倒せないものかと思います。バックライトはありません。
本体の操作が少し煩雑です。電流が測れないというレビュー見ましたがちゃんと測れます。電力量表示にしてADUSTボタンを押せば電流表示になります。

使い方によって節電意識は高まると思います。
日毎・時間毎の電力使用状況が判れば対処できますからね。
節電が上手くいけば、半年~1年あれば投資額を回収出来るかもしれませんよ。
心配なのは、電池の寿命(4~6か月)くらいなものです。

一日や月毎、時間毎の使用電力ピーク(多少の差)が判るので契約アンペアを抑えたい人や下げたい人には便利な商品でしょう。
リーンエナジー社付属や「電力見える化」ソフトでも判ります。
電力使用履歴を知りたい場合は、リーンエナジー社のソフトが便利です。(過去に遡れてウィンドウを複数開けて比較可能です)
電力見える化本舗とリーンエナジー社のどちらからでもCSVファイル取り出せますのでエクセルなどの表計算ソフトでデータ管理も可能
です。(CSVファイルは「電力見える化」ソフトが便利です)

ライセンスキー入力は、コピペは通用しません。面倒でも手入力してください。

「見える化サイト」でデータベースのバックアップと復元方法が示されていますが、タクスマネージャーのサービスで「theowl_be」を
停止しますとあり、バックアップまたは復元してPCを再起動しても、このサービスは停止したままの状態もあります。この状態ではデー
タを読み込んできませんので、タスクマネージャーを開き手動で開始を選択しなければなりません。

ソフトの料金単価は固定(22円/Kwh)ですが、「見える化本舗のQ&A」に単価設定方法の記載があり、それを利用すれば変更できます。
東京電力の従量料金制には対応していませんので、苦肉の策として、過去最大使用量の請求額(基本料金+従量料金+燃料調整費+再エネ賦
課金+消費税)で割って、それを1Kwhの単価としています。(東電従量Bで32円25銭)で設定しました。(これは定期的に見直す必要があると思います)
電力使用量がそれより低ければ本体に表示される請求されると思われる金額は実請求額より安くなると思います。(従量制に対応してな
いのだから仕方ありません)
(過去最大の使用量をその総請求額で割ると、1Kwh当たりの単価が出ますので、それ合わせて設定しました)

データはCSVで出力されます。日時と1分毎の電力のみなので、そのままではピポットテーブルやグラフで利用出来ません。(データの加工が必要になります)
設置して数日間使用し、データを集めましたけど、一日の電力使用傾向が判って便利です。
電池交換時は、日時設定をやり直して同期を取らねばならないので、その間のデータは欠測します。(メインブレーカーを切って電力ゼロにしておけば影響はありませんが、切る必要もないでしょう)

本体とPCをUSBで接続してしばらくするとデータファイル「be.db」が更新されます。(メーカーサイトに書いてあります)
他のレビューで「データ転送の完了が判らない」という事が書いてありましたが、ファイルの「更新日時」が接続した時刻になればデータ移行完了です。(予め、データベースが保存してあるフォルダを開いておくと便利です)

「見える化」ソフトの15分更新が待てない人は、ソフトを再起動すると最新のデータを拾ってきます。PCに高負荷が掛かるという理由で15分更新みたいですが5分更新でも問題ないと思います。

(2015/3/25追記)
本体がやってる事は、家全体の「電流測定」のみ。
電力会社の検針票が来たので突合せました。2月17日検針で、見える化は2月22日設置。3月17日に電力会社の検針が来たので、17日から22日までは推定で電力量を算出しました。検針票との誤差は、約2Kwh程度でした。
本体からCSVファイルでデータを取り出せますが、そのデータは「見える化ソフト」に設定した電圧と力率を加味したデータとなっておいますので、電圧102V力率を0.95にして取り出しました。
これで大体電力会社に近い数値になりました。季節が変われば力率も変わるでしょうから、どの程度の誤差があるのかは現段階では何も言えません。
少なくとも、本体に表示されている数値は皮相電力であり実際よりも多めの数値だという事は言えます。
実際より大きい数値だとしても、これを減らす努力をすれば節電になるのですから、検針票と比較する事は、あまり意味のない事だと思います。
データのバックアップですが、本体とPCを接続してデータを取り込み終了次第しておくと良いです。たまにデータがあるのに取り込んで
こないという事がありますので。
そんな時は、バックアップしたファイルでデータベースファイルを上書きして過去に戻し、USBと再接続し取り込むしかありません。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年2月11日
タイトル通り。どこで電気代がかかっているかが判断できるので節電には役立ちます。
PCに直接繋がないといけないので星-1。なお、PCがないと効果-80%です。

11/2追加
モニター部が故障しましたが、早急に交換品を送っていただきました。サポートは非常に安心できます。

2016/5追加
新品(?)に交換されたにも関わらず、また同じ故障が発生しました。保証期間も切れています。こうたびたび故障すると商品の信頼性が疑問です。中身は中国製でしょうし・・・。機能的には良いのですが、安心して購入はできません
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年3月6日
電力モニタ:
モニタの機能としては満足です。
ただ液晶のコントラストが、別の(温度計の)ものと比べると、劣ります。少し見えにくい。

見える化ソフト:
最初から、月単位、日単位(当月)、時単位(当日)の棒グラフと、前日の時単位の折れ線グラフが表示されるのは、本家(OWL)のソフトと比べて良いですね。
ただ、リアルタイムのグラフがこちらにないのが残念ですね。
それと、表示がウインドウを広げても大きくならないところも残念なところです。

数か月データを集めて表示してみると、また違ったところが見えるかもしれません。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

他のお客様はこれらの商品もチェックしています


カスタマーサービスが必要ですか?こちらをクリック

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)