Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞直木賞特集 Amazon Cloud Drive SOS0816 Amazon MasterCard nav_flyout_biss Trade-in ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 出前半額キャンペーン 真夏の健康アイテム特集 防災・防犯ストア Kindle Amazon MP3

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
38
5つ星のうち4.2
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

映画の銀河鉄道999版となっていますが、宮武一貴氏デザインの999版ではなく、
それ以降の零時社の板橋克己氏のデザインが元になっているようです。
板橋版はエンジンが外側に開いたワイドなデザインで、ここは好みが分かれそうです。

スケモメーカーのハセガワ製ですから、接着剤を使用し塗装するのが望ましいですが、
成型色で色分けがなされており、デカールを貼るだけでもそれなりに仕上がります。
パーツの合いは良いのでストレス無く組みあがるでしょう。

私が最も気になった部分は細部のディテールに省略が多い点です。
艦橋頭頂部左右の2本のバッタアンテナ、艦橋左右のレーダーのカドの突起や
大コンピュータドーム台座左右のインテークのカドの突起等、
松本メカでお馴染みの槍状に尖ったディテールがことごとく省略されています。
例えばバンダイの場合は子供向けを前提にしている商品が多いためか、
安全対策で尖ったパーツはカドを丸めたり、角ばった加工をしてある事がありますが、
(バンダイのアルカディア号もキャプテンハーロック号に改称された後の再販では
尖った部分が意図的に丸められているようです。)本製品は大人向けであり、
本来ならシャープで薄く繊細なパーツ形成は飛行機のハセガワの得意分野の筈なのに、
これら細部の省略は残念であるとともに理解できません。

※次元航海版としてリリース(マイナーチェンジ)されたドクロ艦首のアルカディアは、
艦橋トップのバッタアンテナが新規パーツとして追加されているようです。
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年11月17日
組み立てると長さが約32cmくらいで新世紀合金のアルカディア号やスーパーメカニクスのアルカディア号とほぼ同じ大きさ。特徴なのは上から見たときのエンジンノズルが外側にせり出し、ボリュームがあります。モールドが細く浅いので下地処理や塗装が厚くなると消えてしまいそうなので注意。キャビンの窓はクリアパーツになっています(艦橋の窓はクリアパーツではありません)。ナイフ型衝角(ラム)は接着しないので付けたり外したり出来ます。各所のディテールは個人の好みに分かれるかと思います。甲板やキャビンの成型色がこげ茶色(濃すぎるかな…)になっているので素組みでもいけると思います。残念なのは三連パルサーカノンの砲身が個別に動かないのと、レーダーの所にあるV字アンテナがありません。細いパーツには突き出し用のダボがいっぱい付いていますので切り取るのに注意が必要。プラモを作ることが好きな人以外のオジサン世代だと手間や技量を考えると新世紀合金か完成品がお勧めかもしれません(小遣いに余裕があればですが)。バンダイさんのヤマト2199と比べるとバリュー的にちょっと負けていますが、良い出来だと思います。特典としてボックスアートのA3ポスターが付いています。個人的には30年前にバンダイさんから出た1/1000のアルカディア号(全長約40cm)が迫力があり、砲身も個別に動くし、ちょっと手を加えるだけで、充分今でも通用する程、良く出来ていて好きですね。
以上こんなレビューですが参考になればと思います。
0コメント| 57人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年9月8日
私にとっては滅多にないことです。(怠け者なので購入して箱を開けただけでしまい込んでしまうことが多いです)商品到着した日から組み立て始めてわずか一週間で完成。デカールを見たとたんに、これは私には使えないと思いました。手書きの方が早いと思い、最初にキャビンの彫刻の塗装から始めました。フラットブラウンで全体を塗装した後コッパー(タミヤXF-6)で唐草模様を塗り、あとゴールドやホワイトで(デカールの色を参考に)塗っていきました。

この塗装一見難しく見えますが要は根気です。スキルではありません。面相筆の先っちょに塗料をつけ、チョンチョンと色を置いていくという感じでいけます。この作業に二日間。

次に全体の塗装ですが、説明書に書いてある色では明るすぎると思ったので、ダークグリーンとオリーブグリーン(いずれもフラット)で塗り分けてみました。筆塗りの方が良いと思います。ランナーに付いている状態のままざっと塗っていっておいて、後を組み立てながら補修塗装です。タミヤカラーのフラットは種類が多いですが色調はいまいちですね。私の住んでいる田舎ではこれしか売ってませんので仕方ないのですが・・・。さすがのAmazonさんも送料無料とはいかないようで(^^;)

色調や艶の程度を思い通りにしようとすると、自分で調色するしかないのですが、調色皿を買うと洗うのに薄め液を多量に使うので卵の入っているプラケースを使って、後はそのままプラゴミへ、というのが私のような貧乏モデラーの知恵です。

そういえば昔はフラットベースなどという気の利いた物はなくて粉歯磨きを使っていました。戦車の模型などが完成したときは部屋中にハッカの臭いが立ちこめて・・話がそれました。

フラット塗料に限ったことではないですが筆塗りですと塗装面が均一に綺麗になることはありませんが(私の腕では)これが、このようなカテゴリの製品ですとかえって良い効果をもたらします。ほどよくウェザリングがかかったような仕上がりになります。重量感が出ます。負け惜しみではありません・・Trust Me・・

気をつけなければいけないことはバリ取りを確実にすることです。神経質過ぎるぐらい綺麗にバリを削っておかないと後の行程で部品が合わなくなります。仮組でパチンと合わないときはまず間違いなくどこかにバリが残っています。部品の精度が良いので少しのバリでも問題を起こします。

もう一つ気をつけたいのはE部品が二つあることです。(全く同じものが二つ)私はこれに気がつかないで「あれ、E-何々が一つ足らない」と焦りました。説明書の部品割りにはE部品×2と書いてありましたが・・・今まで、こんな部品割りを見たことがありません。

久しぶりにHASEGAWAの製品を作ってみました。以前の航空機や、ウォーターラインシリーズなどであまり良い印象がなかったのですがこの製品は満足しました。

ボックスアートはあまり塗装の参考にはなりませんがさりとて説明書の色指定はさらに参考にはなりません。その分自分の想像力などを働かせてみるのも楽しいですね。
0コメント| 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月8日
ガンプラに比べて圧倒的にパーツが少ないけど、接着剤がめんどくさいけど
流し込みのタイプの接着剤がおすすめです。

デカールは水転写式なので楽々、後部の部分は組む前に貼った方が貼りやすいです
僕の場合
後部の金色の部分だけデカールでドクロは手描き

二日で出来ました、まだ三日前に届いたばかりです
色は塗ってません、ドクロだけパールホワイトを缶スプレーしました

後、スミイレですが…めんどくさいのでウォッシングしあげにしました
簡単フィニッシュでもそこそこの出来になります(`・ω・')
review image review image review image review image
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年7月19日
皆さんが詳しく述べられていますので、一寸違った観点も含め簡単にレビューします。

1.老眼に優しい。
 細かい(細い)パーツも有りますが、概ね大きく楽チンです。
 大きい事は良い事だ!!

2.パーツ数が少ない。
 サクサク組み立てられます。墨入れも大丈夫。
 只、デカールで元(時間)を取られます。ズバリこのデカールは老眼に堪えます。(笑)

3.嵌合も良いぞ。
 結構良いです。
 メカコレシリーズとは違います。(笑)
 スナップオンほどでは無いにしろ、それなりにカッチリ合います。
 只、「何で此処が?」と云うパーツ割の部分が数か所有ります。 

3.このスタンド、凝ってるのかな?
 パッと見「お〜ぉ」ですが、いざ(アルカディア号を)乗っけてみると「う〜ん」になります。
 一寸バランスが悪いので、使用する場合はウエイト必須かと。

4.砲塔何とかならなかったの?
ちゃっちぃです。単なる差し込みです。このままだと浮いちゃってます。
 此処こそ何とかならなかったの!? とボヤく事間違いなし。(笑)

それなりのアルカディア号(マッコウクジラ)を、「安く簡単に」と云う方にはお勧めできるかな?
結構満足感はあります。
0コメント| 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年11月19日
松本漫画そのままのディティールのモデルです。『松本インテーク』も全て開口されフィンもウスウスなので、バンダイ製品を穴を開けるだけ開けて断念した理想のモデルがここに有ります。
バンダイの宇宙船ばかり作って来た人にとっては製作に注意が必要で、バリやパーツのめくれが多かったり、パーツ裏の突き出しピンや金型の凹みからくる盛り上がりを丁寧に処理する事で綺麗に仕上がります。仮組はしっかりとやりましょう。
接着剤には流し込みの『Mr.セメントS』をオススメします。パーツの溶けが少ないのでディティールを損ないません。

星2つ減の理由は先ず、箱がデカ過ぎます。
箱を開けた時のがっかり感は酷くて中身が半分しかありません。バンダイのぎっしり感とは雲泥の差です。
もう1つはやはりバンダイの1/1000に比べて小さい事です。40cmを超える大型モデルを知る40〜50代には物足り無さを感じます。

この製品単体での評価は星5つですが、バンダイとの比較で星2つ減となりました。

最後に、1/1000アルカディア号や1/700アンドロメダ等の大型モデルの偉大さを再確認している近頃ですが、1/1000アルカディア号の再販を切に願います。そしてこのハセガワモデルを参考にディティールアップしたいと思います。
0コメント| 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年5月26日
私はプラモ初心者レベルなので製作に悪戦苦闘しましたが、何とか完成。
塗装も敢行しました。
こうした経験から、難しすぎるプラモではないと申し上げます。
元のパーツの色も設定に近い色ですので、素組でもそこそこ満足できる気がします。
ただ、せっかくのアルカディア号ですので、ここはひとつヤッタラン副長になった気持ちで楽しんでつくってみてはいかがでしょう。
他の方のコメントにもありますが、プロポーションや艦橋の形状は、現状の立体物の中で最高ではないかと思います。
特に艦橋といいますか、司令塔部分が、999映画版に準拠した造型であり、納得できます。

不満なところは…ディスプレイ台の高さのおかげで、有名どころのアクリルケースではわずかな差で収納できないことです。
あとは、私は後で気づいて「しまった」と思いましたけど、旗の装着は最初から穴のあいたパーツにしておいて、旗を選ばない作り手にはその部分を埋めるパーツを用意するという工夫が欲しかったです。

全体的には満足してます。
久しぶりにプラモづくりの楽しさを満喫できました。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年3月24日
この型のアルカディア号は何種類かの商品を見ましたが、この商品が間違いなく最も美しい造形をしていると思います。作るのも難しいレベルではないと思います。部品が色分けされており、無塗装で仕上げても充分な見ごたえの出来にできます。欲をいえばディスプレイ台の高さが高すぎるのと(写真で見たときには高さや角度が自由に変えられるのかと思いました)艦橋のてっぺんの2本のアンテナ状のパーツが省略されているのが残念です。私はディスプレイ台を低くなるように加工して、艦橋のてっぺんのアンテナ状のパーツは針金で自作して取り付けました。
0コメント| 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年10月17日
 ハーロックとケイのCG版映画(賛否の分かれるアレ)のフィギュアを購入しました。フィギュアディスプレイの迫力を増すためこのプラモを購入して天井から吊って飾るつもりです、CG版アルカディア号とかなり違いますがアルカディア号と言ったら髑髏の下っ側からナイフが飛び出てお構いなしに敵艦に突っ込んでいくこの形が正統派で馴染み深くまたかっこ良くも有ります。今年51歳になるクソジジイですがプラモは高校生ぐらいまでシャコタン改造ハコスカなんかの族車をノーマルからスプーンを炙ってオーバーフェンダーをこしらえたり、当時出始めのタミヤの霧吹きみたいなエアブラシで塗装したり懐かしい思い出です。今ならDREMELのリューターフルセットもあるし(無い部品はコレで自作)、コンプレッサーやダブルアクションのエアブラシも持っているので久しぶりのプラモ作りですが、素体は安いこのプラモを出来合いのナンタラ合金製程度には完成させられるでしょう。CG映画でアルカディア号にまとわりついていたダークマターの雲は墨染めした真綿にエナメル線を通してLEDで発光させればうまく表現出来そうです、ガキの頃は出来なかったことも今ではホムセンや100均あたりで(amazonもあるしね)材料が揃えられるいい時代になりました。ボチボチ1ヶ月位かけて完成を目指すことにします。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年4月21日
本製品で五作目となるクリエイターワークスシリーズですが、私が組み立てたのはこのアルカディア号が初めてです。
感想は、以下のとおりです。

良い点
     ・各パーツの精度が良い:部品の合わせ目に、隙間や段差がほとんどできません。取り付け角度もぴったり決まります。
                      特に船体と甲板の接合精度は感動ものです、隙間が全くできないので、塗装してから取り付けても
                      違和感がありません。
     ・部品点数が少ない:物足りなく感じる方もいらっしゃると思いますが、部品の合せの良さも手伝ってすぐに形になります。
                   また、組立が楽な分塗装などに力を注ぐことができます。
     ・シャープなモールド:翼やアンテナの先端などがとてもシャープに成形されていて精密感があります。
                   表面のモールドも、ハセガワらしい繊細なモールドで、これを浅すぎると感じる方もいらっしゃるかも
                   ですが、私はこのぐらいで充分な深さだと思います。
残念な点
     ・デカールが貼りづらい:後部船体の茶色の部分に、結構な量のデカールを貼るようになっているのですが、
                     モールドになじませるのが困難です。(説明書にも軟化剤を使用してねと書いてます)
     ・スタンドがちょっと・・・:やたらと高さがあって正直不安・・・(私は台座に重りを仕込みました)、それにこのデザイン
                    なんか微妙な気が。
 以上、少し気になる点もありましたが組立やすい、良い製品だと思います。接着剤を使ったことのない方や、塗装したことのない方も
ぜひ組み立てて、そして塗装してみて欲しいと思います。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告