Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞直木賞特集 Amazon Cloud Drive SOS0816 Amazon MasterCard 洗車グッズ特集 Importsale ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 真夏の健康アイテム特集 防災・防犯ストア Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.9
14
5つ星のうち4.9
星5つ
12
星4つ
2
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
スタイル名: 61鍵|変更
価格:¥78,979+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料

お客様の評価(クリア)この商品を評価する
他のお客様にも意見を伝えましょう

レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年2月11日
バンドで使用してます。25年前の名器M1が重くてさすがに搬送に耐えないので買い替えです。

大きなディスプレイで、クールな外観。質感もプラスチックぽくなくてなかなかです。ただ、本体が薄い上に、背面がより薄く見えるデザインで、その影響でロゴも小くなるのが、客席側に向かう面なだけに残念。もうすこしキーボードの存在感を客席側に主張して欲しかった。KORGロゴのRの穴が青く光るのはライブで映えそうと思いましたが、実際に使ってみるとほとんど気づかないようなおもちゃのギミックでした。まあ、遊び心は評価します。
 サイズや可搬性ですが、25年前のM1からの買い替えなのでおよそ半減の7kgで運搬も快適。ただ、最近のこのクラスよりは若干重めです。その分、見た目の質感はあります。M1からは半減しましたが、やっぱり実際に運ぶと重いです。でも、これ以上軽くすると演奏時の感覚も悪くなると思います。実際、これでも相当演奏感が悪くなりました(まあ、鍵盤タイプがM1より廉価版になりましたけど)。

 さて、肝心の音色・響きですが、M1も存在感があり、バンドにも埋もれない存在感のある音と評判でしたが、レベルが違う。さすが25年の技術進歩。バンドに埋もれないと言いながらもM1は当時からやっぱり埋もれがちで(レコーディングはいいのですが、ライブだと埋もれてしまう)、フレーズを重視すると持続せずアタックだけになるし、逆に持続音は音間を埋めるけどどんなにアタックを強調してもフレーズが聴こえない。で、両者の音色を重ねると、音程感も音間も満たせるけど重くなる。KROMEすごい!。ソリッドですっきりしてメロディーもよく聴こえるのに、どっしりと存在感もあり、持続音で音量が減衰しても音程感は残るので、完璧!。

 音色に関しては、プリセットは非常に多いけど、いろんな検索方法があるし、ライブなど頻繁に使う音色はユーザエリアにコピーして使いやすく配置できるので、選択するのは快適です。ただ、ピアノやオーケストラ楽器を中心に生音系が不必要に多くて、いわゆるシンセ音が少ない(生音シミュレーション力が技術力の証明なので理解はできますが、はたしてどれだけの人が名前も聞いたことが無いような金管・木管・弦楽器等を必要とするのか?)。その上、シンセ音も、いわゆるアナログ・シミュレーションが少なく、あっても生音系と同様にタッチセンスが必要で、シミュレーション元のように音色や音量を保とうとすると、弾き方を変える必要があります。ソリーナやオーバーハイム、プロフィットみたいなプリセットは少ないので、ポップスやロック系のバンドにはプリセット数ほど使える音はないです。いろいろ音を出してみて「お!、スゲー!」とは思うけど、バンドで使える音は少ないです。といって、プリセットからエディットしようにもパラメータが多すぎて難しい。基本的にプリセットを使う形になります。一から作るのはよっぽどの経験者でないと不可能。アナログ・シンセの考え方はそのまま通用しますが、パラメータの数がアナログシンセだと畳の大きさになるほどの数なので、タッチレスポンスの感度を変えたいだけでも、生半可な知識では思うような変化は得られず、どれだけの数のパラメータをどう変えればよいのかさっぱりわかりません。かつてのように音色ライブラリの販売もしてないし、雑誌でも紹介してないので、自分で頑張るしかありません。そういえば、コルグのサイトでM1とTRITONの音色ライブラリが無償提供されています。ちなみにどっちも本物そっくりです。M1のは電源を切るとPCM音源が消えるので使い物になりませんが、TRITONのはすごくいい!。ROCKやPOP的で、個人的にはライブで使ってる音色のほとんどはTRITON音色です。技術の優位性を強調したいメーカーと、それを使う側の認識のずれですね。。。

キーボードのタッチですが、まあ10万円レベルのものです。軽い、ストロークが短い、奥が押しにくい・・・
特にストロークが短い(支点から力点が短い)という点は、
タッチセンスのある音色で(ほぼあるけど・・・)グリッサンドすると音量が小さくなるという問題があります。
そのなかでは、可もなく不可もなく。

残念なのが、電源ジャック関連で、これは最悪です。ACアダプタ関連がひどいです。アダプタをつなぐ本体側の端子ですが、ゆるゆるで 抜けたり バカになりそうで心配です。抜け防止のコード引っかけパーツがあるのですが、これ自体がコードを痛めるばかりか、これで固定しても、端子の締め付け自体が弱いので抜けることがあります。もっと問題なのが、ACアダプタ本体(長方形の駆体)にACコードをつなぐ端子(コンセント側)で、すぐ抜けてしまいます。あまりに簡単に抜けるので、私は保障外にはなりますがボンドで固定しました。ACアダプタにすれば本体は軽くなるかもしれませんが、どっちみち必需で、本体に内蔵されているか外出しで持ち運ぶかの違いだけなんだから、むしろ本体に内蔵してがっちりとした電源端子にしてほしかった。

 同じ意味で、ヘッドホンジャックもミニ端子で前面配置というのは耐久性の面で心配。これらは家に据え置くのならまだしも、スタジオやライブで持ち運ぶ機会が多いと心配です。本体も大きく、セッティングもステージは大掛かりで煩雑なので、是非標準ジャックでがっちりとしていて欲しかった。私は心配なので(実際に神経質になるほど頼りない)、キーボードアンプ側の標準サイズのヘッドホン端子しか使いません。

操作性に関しては、特にライブで使う際には、コンビネーションモードにおける多重キー・スプリットやタッチセンス・スプリット等の組み合わせによる音色の振り分けの自由度は他社にない優位性です。台数を持ち込めない私としてはこれはすごい機能です。もう、これが無いと、もう1~2台のキーボードを並べる必要があります。ただ、これも問題があって、プログラムでは何ともないのですが、コンビネーションの時に音色切り替え時にタイムラグがあり 音切れが発生します。どれだけスムーズにボタンを押そうと、ペダルスイッチを用いようと、タイムラグがあります。M1ではこんなことは無かったんですけどね。

不満の大半は、プリセット音色の傾向と端子系の耐久性と音色切り替え時のタイムラグのみ(鍵盤は、この価格だとどこも同じ)。それ以外は大満足です。
音色は、頑張れば逆に微細に調整できるのですが、やっぱりパラメータが多すぎるかな。これでもアナログシンセ経験者ですが、全然思ったようにならない。
端子は、、、ひ弱すぎますね。もう、今まで経験した最悪から桁を超えている。
10万レベルでたかが数百円のヘッドホン端子とACジャックをケチるだけで随分、価格以上の安っぽさを感じてしまいます。

でも、全体としては完璧です。軽いし価格も10万円を切っており、夢のようです。
不満点はありますが、価格を考えて満点にしました。
0コメント| 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年4月1日
−このシンセの位置づけ−
KROMEは、プロ用のM3の廉価版であるM50の後継機です。

−何が違うか−
音源システムは基本的に同じですが……
1. デザインが普通に
M3もM50もデザインが変なので敬遠する人が多かったんですが、まったく普通になりました。
2. オシレータ(同時発音数)がM3と同じ120に
M50の80に対してかなりよくなりました。
3. 大容量波形に対応
これに伴い、ピアノ、エレビ、ドラムキットの音が超高音質になりました。

−ゴージャスすぎるピアノ−
このシンセの売りはピアノの音が素晴らしいことです。
88鍵あるすべての鍵盤の音を8段階の強さでサンプリングした波形を、一切省略せず収録しています。
他のシンセでは、たとえばループ処理といって、ピアノの音を伸ばすために同じ波形を(音量を下げながら)繰り返し継ぎ足していく、というような処理を駆使して、少ない波形からピアノの音を捻出しているのですが、このシンセはそんなことしません。この効果は大きく、演奏により複数の音が混ざると音の干渉による複雑な響きの変化が生じ、決して平坦な鳴り方にはなりません。
また、ダンパーによる共鳴音も収録しており、これがかなりうるさく響きます。
その結果、従来のシンセではありえないような複雑な響きが出せます。
ただし、打鍵の強さによる音色の無段階変化は達成していませんので注意が必要です。なんとなく無段階変化っぽい、という感じです。音に敏感な方は気づくでしょうし、イライラすると思います。

−足りないところ−
廉価機ですので幾つかの機能がありません。
1. サンプリング非対応
2. レコーディング非対応
3. USBオーディオ出力非対応
特に3はひどいと思います。PCで音楽製作をされるつもりの方は、かなり不便だとあらかじめ承知しておく必要があります。
それから残念なところ。
4. 鍵盤がへたり気味
これはたいへん神経質な方にとっては大問題ですが、ほとんどの方は気にならないと思います。

−ピアノの音の調整−
そのままだと面白くないので以下の目標に合わせてピアノ音を調整したいと思います。
A. ターゲットはシューマンのトロイメライ
B. 無段階音色変化の達成
C. タッチ次第で柔らかい音が出せるように
方法は簡単です。
(音色名 KROME Grand Piano → Traumerei Piano)
1. OSC1 Setup の 3 以外すべて OFF に
2. 1 で残した 3 の音域を広げる(指でタッチして広げられます)
3. Filter1 Mod. の Velocity を +90, Intensity を +10 に
4. Write する
さらに、KROMEのピアノは1音に4オシレータを使いますので同時発音数は30音となるところ、節約して倍の60音にしたいと思います。
D. 同時発音数を60音に増やす
1. Basic/Controllers の Osillator Mode を Single に
2. Routing/IFX - Routing の Bus を IFX1 に
3. Routing/IFX - IFX Setup の 1 を On に、値を 173 PianoBody/Damper (Duble Size タブにあります)に
4. Routing/IFX - IFX1 の Sound Boad Depth を 0 に、Damper Depth を 20 に、Tone を 40 に
5. Write する
0コメント| 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年1月30日
買ってしまいました。
音色メモリーで3GBと、前代未聞の他を圧倒する音質です。
特に鍵盤系の音色はシビれますよ。
2基のアルペジエーターを使えば、一人でピアノ、ベース、ドラムのバンドサウンドを同時に演奏することも可能。

さらに、シーケンサー部にピアノエディッタを搭載しています。
これは上位機種のkronosにもなかった機能でして、作編曲をする際に強力です。
現段階で最高の選択でした。
0コメント| 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年6月17日
机の上になんとなく音源なしMIDIキーボードを置いていたが楽器として使うにはPCを介入させた
あげく再生デバイスが占有されてバックで音楽再生もできず、結局スタンドアローンで音が出た
ほうが便利なような気がして、ついでに鍵盤多めということで本機を購入しました。
机において使っています。

巷で言われているとおり鍵盤に高級感がなく、戻るときにぺなぺなと貧乏くさい音がなります。
でもこれは音を出して弾くかヘッドホンを使えばまったく気にならないです。
奥は押せませんが、それほど弾きにくさは感じませんでした。

ただしこの73鍵は少し変です。61鍵モデルの下に1オクターブ分追加しただけです。これが微妙に
使いにくいです。楽器の中心(ディスプレイあたり)にCのキーがあるのが普通で慣れていると、本機は
それがAbです。いつも弾く音が少し右にある感じで何か変です。
楽器を弾くときに自然に座る位置と鍵盤が合っていないということですね。
1オクターブ上にトランスポーズしても低音側が足りなくなり、やはりしっくりこないです。
だれだこの仕様作ったのは。

電源は外部ACアダプタで、これも貧乏くさくて残念なところです。アダプタモジュールとコンセント間の
コードはアースつきの極太い硬いケーブルで、直流になる前と後でケーブルがあまりにもバランスが
悪く、安っぽさ爆発でした。アダプタを本体に内蔵するか、肩の力を抜いてアース
なしのやわらかい適当なケーブルにするかのどっちかにしてほしかったです。

音はピアノが売りのようですが、まあ、ヌケのよいさっくりした音だと思いました。
(デフォルトのKROME Grand Pianoを使用)
ステレオ感があってゴージャスな感じがします。
その他の音は、まあそれなりで、ドラムの音は結構いいと思いました。
アフタータッチがないので、シンセ系の音を弾いているときに物足りない気分になります。
全体的にDAWソフト付属のプレイバックサンプラ的なシンセよりもいい音が出ているように思います。
KROMEにつんでいる音源についてはM3搭載のものと同じだということで信用できるとおもいます。
INTEGRA-7直系!とかよりも、中身はM3だといわれたほうが安心できる気がします。おまけで
KARMAもつんでほしかった。

そのほかの機能、特にシーケンサについてはコルグのビデオマニュアルで大体わかるかと思います。

あとは、DAWからVST音源のように使うことができる機能があるのですが、私の環境ではVSTとして
扱うことはできたのですが、そのときに本機の鍵盤をMIDI入力としてDAW側で使うことはできなかったです。
Sonar X3(64bit)です。

起動時間は50秒ほどです。ちょっと長いですが、ぎりぎり許容範囲内です。
タッチパネルの反応速度がとても速く、だいぶ前に使っていたKORG i30のタッチパネルより100倍快適です。
カラーで発色もきれいです。

まじめに使うこともあるかもしれないオモチャとしては十分すぎる機能です。
鍵盤の音域以外は満足しています。

ローランドのFAシリーズや、コルグM3中古と迷いましたが、決め手はデザインのシンプルさです。
掃除がしやすそうだったので。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年5月22日
音色が様々にあって、色々と楽しめる。
キータッチもハンマータッチで心地よい。
音はアンプ次第で決まるだろうけど、良い音がします。
この値段で、この機能は嬉しい。
軽くて移動しやすいのも良いな。
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年10月12日
ピアノアクションの88鍵盤装備PCM系シンセサイザー。
2012年暮れに購入、以来飽きもせず毎日の様に楽しんでいます。

特にピアノのデータ容量が大きいだけあって、ピアノ音はとてもよいです。ペダルを踏むと残響音も出るのはシンセとしては上出来。
アルペジオパターンやドラムのパターンも結構凝ったものが沢山入っていて楽しめます。
ピアノ鍵盤にしては軽量なのでセッティングも楽。
比較的大型のLCDで視認性も良いし、タッチスクリーンの反応もまずまず。

エフェクトやシーケンサーも凝ったものが装備されてます。
ただし使い勝手から言うと操作の階層が深かったり、複雑だったりするので、操作に迷うことも多いかな。

鍵盤品質は個体差があるみたいですが、ガチャガチャと音が出るものがあります。
私の固体は随分音が大きい様です。
個体差、及び人によって感じ方が違うので評価は難しいですが、人によっては残念に感じるかもしれません。
(私は放置しましたが、気になる方は保証期間内なら無償で交換or調整対応してくれると思います。)
ピアノアクション鍵盤としてはローエンドのものなので、一般のデジタルピアノの代替えとして使いたい、とか、
鍵盤のタッチに五月蝿い人は、実物で確かめた方が良いです。
(上等の鍵盤を搭載しているデジタルピアノに比べると、どうしても劣る。)
ただ、この価格帯で88ピアノ鍵盤を搭載したオールインワンのワークステーション型シンセは、今の所他社を含めて選択肢が少なく、ローエンドのピアノ鍵盤であっても、通常のシンセ鍵盤よりは弾きやすいので、なかなか貴重な存在ではあります。

私は発売直後に購入したのですが、初期のファームウェアには色々バグがあり、稀に発声が抜けたり、MIDI遅延がひどかったり、という事に悩みましたが、最新のものは解消されている様です。

良い面悪い面含めてこんなところでしょうか。星は4.5、という所ですがハンパは付けられないので0.5オマケです。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年3月11日
やっばり電気物は進化してます。
10年ぐらい前に倍以上の値段で買ったkorgより全然凄いです。
パソコンと一緒ですね。
鍵盤一箇所だけカタカタ異音がしたのでメーカーにて引き取り交換してもらいました。
もちろん無償ですぐに代わりの物も確認して貰い対応はバッチリでした。
0コメント| 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年3月22日
ミュージックワークステーション欲しさにRoland FA-06、YAMAHA MOXF6と比較し迷いましたが、本機購入しました。
PCM音源容量3.8GBの凄さはやはり本物です。Youtubeの解説動画を参考にしましたが、ピアノ、エレピ、そしてドラムの音色が圧倒的に良いです!
アコースティック系とシンセ系の音色バランスも十分優れています。
また、キーを押さえるとスタートするドラムトラック&アルペジオパターンの豊富さと瞬時にパターンを切り替えられるタッチパネルの操作性が素晴らしいと思います。
さすがKORG!最高の満足度でおすすめです。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年9月6日
さすがKORGといった音色がたくさん入っています。
生音系は少なく、シンセサウンドが豊富に入っている印象です。
ピアノやエレピ、オルガン、ドラムの音色はビックリするほど高品質なものが入っています。

コンビネーションモードでのオートアルペジエーターとドラムトラックを使うと、本格的なバッキングが生成されるので即興演奏がとても楽しくできます。

ボーナスサウンドとしてM1とTRITONの音色がダウンロードできるのもうれしいです!
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年5月15日
値段がリーズナブルなのに最高の音色と音色数、本体全体は車のバンパー(ウレタン)製で少し安ぽいかな。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)