Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞&直木賞特集 Amazon Cloud Drive psm Amazon MasterCard Drive_Recorder nav_flyout_videogame CPplus2017 ファッション Fire HD 8 Fire TV stick ホワイトデーギフト特集 2017 年末年始ダイエット特集 猫の日ウィーク猫用品タイムセール Kindle Amazon MP3 ウィンタースポーツストア バチェラー・ジャパン

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
397
5つ星のうち4.2
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2013年7月9日
買う前は、家族で使うときに、ウェルネスリンクに個々人でデータをアップロードしないといけないのか、代表で誰か一人がやればいいのか、そもそも複数人がアップロードさせてもらえるのかが不明でしたが、題名のとおり、1台のスマホで4人分まで、アップロードできるようです。
やりかたとしては、
まず、1台のスマホに専用アプリをインストールし、個々人がウェルネスリンクにアカウントを作成しておきます。
次に、スマホの専用アプリでまず1人目の人がログインし、この体重計とリンクさせます。
そして、1人目の人はスマホの専用アプリからいったんログオフして、続いて2人目の人のアカウントでログインします。(同一スマホにおいて。)
その状態でふたたびこの体重計とリンクさせる、ということをして、
以下くりかえし。
ログオフ'3人めログイン'体重計とリンク'ログオフ'4人めでログイン'体重計とリンク'ログオフ'スマホの持ち主のアカウントでログイン'運用開始
という具合。
これで、スマホの持ち主が、体重計とリンクしたタイミングで、4人全員のデータがいっぺんにウェルネスリンクにアップロードされます。
ちなみに、電源OFF状態で、載ると、自動で電源ONになり、数秒で測定され、体格から自動で誰なのか判断してくれるので、基本は載るだけです。
めちゃくちゃいい。
オムロンさんこのへんの説明をもっとされたらいいのに・・・
0コメント| 75人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
今までタニタの体重体組成計を使用していましたが、毎日の体重等をハダカでメモ書きし続けるのはぼくには無理のようで、かなり飛び飛びに計測していました。が、本機が来て俄然、状況が一変しました。

まず、事前に『ウェルネスリンク』にユーザ登録をしておくと良いです。これには身長とIDとパスワードといった基本情報のみの登録になっています。到着して開けてみてまず感じたのは、『デザインがかっこいい』でした。この機器を『ウェルネスリンク』に追加で登録すれば準備OKです。使ってみると操作方法も直感的でカンタン。ぼくのような無精者にピッタリです。つまり、毎日毎日体重とかの数値をメモ書きし続けるなどという、面倒なことは嫌な性分な人にピッタリで、最初およそ40秒で、『カラダスキャン』を完了し、そのデータを通信機器を使って自動取得し、データを『ウェルネスリンク』に送ってくれます。機器には4人まで登録できます。データは登録者全員が一括して送付されるようです。

以後は、乗るだけで本人を識別し、時系列的にデータを自動記録し、『ウェルネスリンク』で管理できるようになります。そこでグラフ化したり、目標体重に対してのコメントをもらえます。無料のデータ保存は現在6ヶ月間のようで、未来永劫自分のデータを残したい場合には、毎月350円で『プレミアム』というのに入ることになります。6ヶ月間続いたら『プレミアム』に入る、というのが良いと思います。

もう一つ感心したのは、家族は各々IDを持って、『ウェルネスリンク』に参加するという考え方です。つまり同じ機械を使用していても、各自で自分のデータを管理することになるので、知らせたくない体重の推移など、家族にも知られること無く使うことができるのです。この段階で、『もう既に、今まで使っていたタニタのよりいいじゃない』と思いました。何しろカンタンなので続きそうです。単に体重だけでなく、体脂肪率や骨格筋率や基礎代謝まで推移を知ることができるのが良いです。頑張って続けて、続いたら『プレミアム』に入ろうと思います。

1ヶ月使用した感想を追記します。本機を導入してから、単純に『体重』ということだけでなくて、様々な数値がどういう状況で何時に変化するのか、についてすごく興味を持つようになってきました。つまりWellness LINKを使っていると自動的に時刻は取得されるので、朝と晩に食事前に計測し、その差は何なのかを考察するようになりました。特に夜と翌朝の体重差とそれ以外の数値の変化に注目するようになってきました。つまり『寝ている間に減る体重』とは何か、という疑問です。

結論から言うとそれは『水分』ということになります。人間の体は60兆の細胞からできていて体重の60%は水です。つまり体重及びその数値を適正化する以前に『水分管理』をする必要があるということになります。一般に、食事の重量は800gで、その80%は水分です。もしも、水分が50%以下なら食品はパサパサで食べられません。つまり、食事のたびに体重が800gずつ増え、そのうちの640gが排出される。これが3回繰り返されます。

そして人間は一日に体重の1/30の水分を最低とる必要があります。つまりぼくの体重を73kgとすると2.433kgとなります。そのうちの640g×3=1.920kgを食事から取得するので、残り最低512gの水分が必須ということです。

ポイントは800g以上毎回の食事で摂らないことと水分を必要分以上取得し排出することにある、とぼくは考えました。

そして排出するのに必須なのはヨーグルト、食物繊維、水分、そしてご飯なのが分かってきました。特にご飯は、胃で消化されると、粥状になって小腸を流れて大腸まで水を届けてくれるという重要な働きがあります。逆に言えば、ご飯がないと小腸までしか水分がいかない、ということになるのです。

この水分管理が完璧にコントロールできたあと、各数値を個別に良化する方策を導入してみたいと思っています。
0コメント| 105人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
体重オーバーしているので、パソコンで体重管理というか、「毎日乗るのが続けられるもの」をと思い購入しました。
Wi−Fiのものもありますが、高過ぎます。2万円くらいします。こちらはスマートフォンをかざすだけで通信できるので同じくらい気楽です。

現物を見ると、筐体は薄く上面全体がガラスで、高級感があります。

設定はスマートフォンやパソコンでするので、体重計に電池を入れても、電源は入れないでおきます。
電源を入れてしまったら、上部の中央のボタンを3秒以上押して電源を切りましょう。
(側面左のボタンでもオフできます。ほっといても3〜4分くらいで切れます。)

単体で使うなら、もちろん、電源入れて設定します。変わっているのは重力補正用に住んでいる地区を設定することです。
50g単位で測れる精度の高いものです。4人分登録できますが、取りあえずは1人分でOKです。

自分の場合はスマートフォンでなく、タブレットのNexus7を使いました。
Nexus7はNFCの通信機能をもっているので使えました。

パソコンなら別売りの専用通信ケーブル(USB通信トレイ HHX-IT3)が必要です。ケーブル長は1mほどです。価格は¥ 891で安いです。

スマートフォンなら無料のアプリをダウンロードしてインストールしておきます。ケーブルは不要です。
アプリの最初の起動時に設定画面になります。

精密なので、足の安定しない畳の上では正確に測れません。
自分は「板の間」に置きました。

ウェルネスリンク(管理サイト)は、4月1日から管理がドコモヘルスケアに統合されますが、サービスはそのままです。体重管理は待ってくれないので、そんなことは気にせず、がんばりましょう。

自分は、いつもの寝間着姿で朝起きたとき(軽い)と寝る前(重い)の2回測っています。忘れてしまっても気にしません。2〜3日おきに転送しています。これなら長続きしそうです。転送しなくても単体で体年齢やBMIが測れます。
0コメント| 61人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年3月14日
色: ホワイト|Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
カラーはホワイトですが、実際見ると清潔感がありよかったです。ガラス天板と透明電極なので非常にスタイリッシュでおしゃれな外観です。反転液晶の画面は大きくて立ったままでも見やすく表示されます。

電源は単4型アルカリ電池を4本(お試し用電池が付属)で「マンガン電池や充電式電池は使用しないでください」と注意書きがありました。4人が1日1回づつ測定し、1週間に4回転送を行った場合、約6か月測定できるとの事です。なお、電池を交換してもデータやメモリーは保持されるとの事で、再設定せずに済むのでよかったです。

ちなみに、体重計の測定範囲は2Kg〜135Kgまで、身長の登録は100.0cm〜199.5cm、体脂肪率・骨格筋率の測定は6才以上から、内蔵脂肪レベル・体年齢は18才以上からが対象となっています。

電池を入れると、住んでいる地域設定(重力加速度の補正のため)と、日時の設定(データ管理のため)、生年月日・身長・体重の各個人データ(体重体組成のため)の入力で初期設定が完了します。(重力加速度の設定できる地域はは日本国内のみとなっています。)

初期設定後は、この体重計はいつでもすぐに測定できるように定期的に自動で精度補正(0Kg補正)を行ってるとの事で、普段使っていない時に立てかけたり上に物を乗せたりしてはいけないとの記載がありました。うちでは今まで洗濯カゴとか乗せている時があったので乗せないように置き場を変えました。これを守らないとゼロ点がずれてしまうので注意が必要です。

電源は乗ると自動で入ります。切る時は天面にある足で操作可能なボタンを3秒以上の長押しか、3分放置でも自動で切れます。すぐ切りたいときは側面にある小さいスイッチを押すとすぐ切れます。操作感も問題なく概ね良好です。

本体のメモリ−に記録される測定値は30回分までで、ウェルネスリンクに転送しない場合、古いデータから上書きされます。今はガラケーで運用していますが、ガラケーのアプリはデータ転送のみで管理などはできませんし、スマホのようにパケット定額にしていないと、その都度通信料もかかります。

別売のUSB通信トレイは比較的安価ですが、せっかくのFeliCaポートもオムロンの機器以外には使えせんし(もちろん他社のFeliCa読み取り装置もオムロンの機器の読取は不可)、ディズクトップPCなので、データ転送の都度体重計を持ってくるか、PCの近くに体重計を設置するかのどちらかになります。結局、利便性を考えれば、やはりFeliCa(もしくはNFC)付きのAndroidスマホを使用するのが一番かと思いますが、やはり対応環境を広げるためにも、SDカードスロットの装備、またはWi-FiやBluetooth等で通信できるとなおよかったかと思います。

また、ウェルネスリンクは、オムロンの管理するサーバーに(無料コースでは)6か月分まで記録・管理の他にアドバイスやメッセージがあったり掲示板やイベントなどもありかなり有意義で価値あるサービスですが、できればPCにもローカル保存・管理できるソフトもあればいいと思いました。

全体的には、洗練された外観・乗るだけの簡単測定・自動認識・測定データの転送機能・Webでのデータ管理・お手頃価格など、新しい体重計のスタンダードとして十分に魅力的な商品だと思います。データの転送や管理の選択範囲がもう少し増せば、さらに強力な商品になると思いますが、現状でも十分おすすめしたい商品です。
0コメント| 58人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト500レビュアー2015年2月13日
購入後1年半たちました。私の場合、水曜、土曜の週2回の測定をグラフ化しています。
ウェルネスリンクの折れ線グラフを見れば体重の増減が一目瞭然ですので、自然と食事量の制限ができて、あまり短期間の体重の変化にとらわれずに、直期間にわたる無理のない体重管理ができるようになりました。

★体重計として良い点としては、

・50g単位で測定できます。100gの違いを正確に知ろうとしたら、秤の目盛りの単位は50gは必要でしょう。

・体重計に乗るだけで自動で電源が入り、前回と今回の測定データを同時に表示しながら、7項目の測定が自動で行えます。

・赤ちゃんやペットの体重も50g単位ですので十分正確に測れますし、抱いて体重計に乗るだけで自動的に重量差を計算して表示してくれます。いちいち自分で引き算しなくてもよいです。

・薄型コンパクトで大き過ぎず小さ過ぎず、人が乗るのに丁度良い理想的な大きさです。これより大きい必要もなく、逆に小さいと乗りにくく使いにくいでしょう。

・デザインが良い。上面が全てガラスなので汚れや傷が付きにくく、また上面のガラスが本体のプラスティックと密着していますので、隙間にゴミが入り込むこともありません。液晶も黒地に白文字なので見やすくて高級感があります。

・電源は単4電池4本ですが電池の消耗は少なく、私の場合1年以上交換無しです。

★欠点としては、

・立て置きで保管していて、使う時だけ横にする使い方には不向きです。この体重計は定期的に自動で校正が行われます。

・体重計を使う人の中に自分と同じ体型の人がいると、体重計が人を混同してしまい使い難いです。少人数家庭用でしょう。

・パソコン用の通信パッドは別売です。通信時は遠隔無線ではないので、機器を近づける必要があります。また表示内容等の詳細をカスタマイズ(7項目の測定結果の内の任意の項目だけを選択して表示)したい時は、ウェルネスリンクへの接続が必要です。

★結論、

50g単位で測定できる高精度な体重計で、デザインもスタイリッシュで通信管理機能もあり、価格もこなれて5千円以下なのですから、買って損はないと思います。体重のグラフは、測定結果をメモしてエクセル等に手入力して表示するやり方でも良いのですが、この体重計は過去半年程度の測定結果を内部に記録していて、ウェルネスリンクに接続すれば過去の測定結果もまとめて転送表示してくれますので、毎回自分で記録する必要もなく、長期間の体重の維持管理にはたいへん役立ちます。

体重のグラフが3回連続右肩上がりだと、最近食べ過ぎだと強く意識させられますし、体重が自分が理想とする体重になった後も、定期的にグラフを確認することで上下の変動範囲内を維持することができます。1年ほど経つと、時には上下の変動範囲内を逆に下に突き抜けて、痩せ過ぎなので少し多めに食べて良いと感じることもあるようになりました。
0コメント| 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年8月21日
今までは手書きで体重・体脂肪の管理をしていましたが、これ便利ですね。
オールブラックのデザインもお気に入りで数字が白浮きするのですごく見やすいです。
しかし・・・
購入前はTANITAを使っていました。
処分前にTANITAとオムロンで測ったら・・・
・体重はどちらも同じ。
・基礎代謝はオムロンの方が+32。
・体脂肪はオムロンの方が+5・5!!!
・年齢はTANITAよりオムロンの方が+10歳。
なんと言う事でしょう・・・
測る場所も同じで、もちろん人も同じなのに・・・
比較でこれだけの差があるとビックリです。
体脂肪や基礎代謝や内臓脂肪など信憑性はどのくらいあるのでしょう・・・
何年も体重管理してきたつもりだったのに
なんかショックです。
0コメント| 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年11月23日
現在は、HBF-254C(オムロン 体重体組成計(ブラック)OMRON カラダスキャン HBF-254C-BK)という商品があり
iPhone、Andoroidともにデータ転送ができるようですが
お持ちのスマートフォンがAndoroidであればこちらで十分です。
アプリを起動してかざすとデータが転送され、グラフで表示されるので体重の変化が見やすく、簡単に記録できます。

私は、見た目がかっこいいのでブラックを買いましたが指紋や汚れ、ほこりが目立つというデメリットが使って気づきました。
なので、汚れが気になる方はほかの色をお勧めします!
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年11月8日
しばらく前にダイエットを頑張っていたのですが、最近緩みがちに
なり、またダイエットをやろうと思い、そのサポート用としてこの
体組成計を血圧計といっしょに購入しました。

以前はタニタ製のBluetooth対応体組成計を使用していたですが、や
や古くなり、対応しているケータイやスマホも使用しなくなったこ
ともあり、計測結果の記録がメンドーになってきていました。

そこで、今回はオムロン製に切り替えました。オムロンは「ウェル
ネスリンク」というサイトがあり、体重その他のデータを記録・保
存・閲覧が可能で、おサイフケータイやNFC対応スマホなら、体組
成計から各種データをスマホへワイヤレス転送でき、そのままウェ
ルネスリンクのサイトへ自動転送・記録もできます。今回は、その
メリットに惹かれて、この製品を購入しました。

本体は、最近の体重計・体組成計らしく、割りとスマートなデザイ
ンです。購入したのはボディカラーがブラックの製品でしたが、樹
脂製の表面のせいか、足の裏の跡や指紋などがかなり目立ちます。
ホワイトのボディカラーにすればよかった、とやや後悔してます。

際立つのはかなり軽量なことです。マニュアルだと本体重量が1.7kg
とあり、タニタ製の体組成計が3kg以上あったことを考えると、相当
軽く感じます。ただし、本体を支える四辺の低い脚がちゃっちくて
振るだけでカタカタと不安げな音をたて、すぐに壊れそうな雰囲気
で、ちょっと心配になります。
ちなみに、電源は付属の単四アルカリ電池×4本です。

使用感のほうですが、体組成計は身長や年齢などのパーソナルデー
タを体組成計に登録するのが結構面倒なのですが、この手の作業は
スマホから「ウェルネスリンク」アプリからでも登録できます。ア
プリで個人データを登録したら、おサイフケータイ対応機種などで
本体中央部におサイフケータイの受信部をあわせるだけで通信でき
ます。個人データもいっしょに体組成計に登録されて、なかなか
便利です。

が、体組成計とスマホとの位置合わせがシビアで、数cmズレただけ
で通信エラーになることもあります。
体重などの測定は、一度設定を終えてしまえば、電源OFFの状態か
ら体組成計に乗るだけでスタートします。すごく簡単です。

ですが、いきなり体組成計に乗って測定するとかなり誤差がでる
ことがあります。これは「0kg補正」ができてないかららしいです。
この体組成計は、使用していないときでも常に床などの硬くて平ら
な場所に置いておかないと、測定基準値がズレてしまうようです。
このため、立てかけていたり、体組成計の上に何かをしばらく置く
と0kgの基準点が狂ってしまうとのこと(マニュアルに記載がありま
す)。このため、「0kg補正」作業をしてから測定するようにしない
と、重すぎたり軽すぎる測定結果がでてしまいます。

なお、「0kg補正」は硬くて平らな場所に置き、電源ONで5秒待つだ
けです。が、普段体組成計を立てかけている私には一手間余計に
かかります。

体組成計には、体重以外に体脂肪、内臓脂肪レベル、骨格筋率、体
年齢、基礎代謝、BMIなどの情報が表示されます。が、意外と切り替
わりの速度が速く、ちゃんと見るにはボタン操作で再表示させたり
しないと見づらいかもしれません。

また、その体脂肪などの情報ですが、意外と高めに表示されます。
以前使用していた3年ほど前のタニタ製体組成計と比較すると、体重
こそほとんど同じですが、体脂肪率や基礎代謝などの数値がかな
り高く、タニタ製の数値を信じきっていた私にとって、体年齢が
+15歳になったりするのでヘコみました。
この手の基準はメーカーや測定機器によって異なるのでしょうが、
ここまで違うと何を信じて良いのやら…
ちなみに、スポーツクラブの業務用測定機器では、タニタ製に近い
数値がでています。

●まとめ
測定値の記録・保存が楽になると考えてこの製品を購入しましたが、
測定の前に一手間あったり、データ転送も思ったほど簡単ではなか
ったり、体脂肪率がちょっと高めに表示されたりと、ちょっと以前
と勝手が異なり、少々戸惑っています。
また、指紋が目立つボディカラーや、ボディ材質がやや安っぽいこ
となどもややガッカリした点です。
が、機能などは数万円クラスの体組成計とほぼ同じで、実売が7千
円前後というリーズナブルさは、大きく評価してよいとも思って
います。
数年前のタニタ製品は2万円くらいしましたので。

オムロンのウェルネスリンクのサービスが有用と思える方には、この
商品も悪くないと思います。
1コメント1件| 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月24日
美しいデザインなので、ついつい乗ってしまいます!(笑)
去年の夏から使い始めて、先日電池が切れました。(付属の電池ではない家にあった新品の電池を使用)
使った後に結構長い間表示されつづけるので、やっぱり自分でちゃんとOFFしたほうが良さそうです。
電池を入れ替えた後には、もう一度地域などの設定が必要なんですね。(個人データは大丈夫)
よくわからないでそのままにしていたら、夫の個人データと判定されて直し方がわからなくてちょっと苦労しました。

Android機を持っていないので手入力で管理していますが、ウェルネスアプリが使いにくいです。
ほかのアプリを使っていますが、せっかくこの体重計ならではの骨格筋率が活かせず残念…。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年11月7日
自分と妻の体重管理用として購入。
ウェルネスリンクに初めはスマホで登録しようとしましたが、携帯の機種が古いせいかエラーが出て登録断念。
PC用のUSB通信トレイを急遽手配して1人目はスムーズに登録、2人分の登録をするのに手こずりましたが
他の方が書かれているレビューを参考にして何とか登録完了したので、やはり誰でも簡単に登録出来る
説明書の添付があればと便利と思いますね。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

この商品を見た後にお客様が購入した商品

ベストセラー • 最低価格

高評価


カスタマーサービスが必要ですか?こちらをクリック

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)