Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞&直木賞特集 Amazon Cloud Drive psm Amazon MasterCard Drive_Recorder nav_flyout_videogame CPplus2017 ファッション Fire HD 8 Fire TV stick ホワイトデーギフト特集 2017 年末年始ダイエット特集 猫の日ウィーク猫用品タイムセール Kindle Amazon MP3 ウィンタースポーツストア バチェラー・ジャパン

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.8
5
5つ星のうち4.8
星5つ
4
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0

お客様の評価(クリア)この商品を評価する
他のお客様にも意見を伝えましょう

レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2013年5月13日
CASIOの2012年発売機種、Privia PX-150/PX-350に対応した三本ペダルです。PX-150には白と黒の2種類のカラーがありますが、どちらでも使えるグレーのカラーになっています。なお2011年以前の発売モデル(PX-135など)をお持ちの方はSP-32をお買い求め下さい。

形状を見ての通り、別売りの純正専用スタンドであるCS-67PWE(白)またはCS-67PBK(黒)と組み合わせることを前提とした商品になっています。中央部以外は浮いた形になり接地面積は少ないので、CS-67Pを用いずペダルのみで使うのはちょっと無理です。何らかの手段(ガムテープとか……)で床に固定すればCS-67P以外のスタンドで使えないこともないかも知れませんが、お勧めできません。
なので、この商品を使う場合は必然的に、電子ピアノを据え置きで使うことになります。PX-350と組み合わせれば、音色数がやたら豊富な据え置き電子ピアノが完成しますし、PX-150と組み合わせれば、デザインとスピーカー径とスライド式カバー以外は、据え置き型のPX-750と同等スペックのピアノになります。ステージ用に使っていた電子ピアノを家でも使いたいという方や、音色豊富なPX-350を据え置きで使いたいという方、あるいはいずれスキルや予算に余裕が出てきたら三本ペダルを買い足す予定でPX-150を愛用している方には、よい商品だと思います。標準付属ペダルであるSP-3と違ってダンパーのハーフペダルに対応しているのも、積極的に選ぶ理由になると思います。

ただ、PX-150本体と同時購入で本ペダル(+専用スタンドCS-67P)をセットにしてフル装備にするなら、最初からスタンドとペダルがついているPX-750を買った方が、総合的な値段もあまり変わらないし、スピーカーの性能も良くなるし、ピアノカバーを買い足さなくても最初から蓋がついているし、ペダルユニットも本体同色だしと、色々お得だと思います。PX-150には「スタンドから取り外して本体だけ持ち歩くことも可能」というメリットもありますが、電子ピアノ本体と専用スタンドCS-67Pの取り付けには6箇所のネジ(プラス溝ネジ2箇所、蝶ネジ4箇所)を使用するので、「気分次第で気軽に取り外して別の部屋で使ったり」するには若干敷居が高いです。その他にもデザインの違いや、若干のサイズ違い(PX-150の方が縦横高さいずれもコンパクトで、更にPX-750には本体下部に出っ張りもあります)もあるものの、これはメリットやデメリットと言うよりは好みの範疇かと。私はPX-150、CS-67Pと同時購入してしまったのですが、購入後になってから「持ち運ぶこともあるかと思ったけど全然そんなことなかったので、やっぱりPX-750にしておけば良かった……」とちょっぴり後悔中です。

本商品ことSP-33ペダルユニットは、ペダル部分が金属、その他のバーなどは無塗装マット仕上げのプラスチック製で、高級感とは無縁の無骨な外見になっていますが、個人的にはあまり気になりませんでした。旧機種であるSP-32のレビューには、うまく固定できなかったという報告もあり、実際取り付けてみたところ最初は失敗して宙に浮く形になってしまったのですが、ペダルを踏みつつ両端を押さえつけながら固定することで、若干地面に押しつける形でガッチリ固定することができました。ですので、組み立てには二人以上で作業した方がよいでしょう。なお、一度スタンドに取り付けてしまうと、ネジを隠すためのキャップの取り外しが困難だったりして、傷を付けずに分解するのは容易ではありませんでした。特にCS-67Pの転倒防止金具の位置決めに迷っている方などは、設置前によく熟考して組み立てることをお勧めします。
1コメント1件| 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年10月14日
私はpx150の本体のみを所有しており、スタンドは他社製の物を使用しています。購入当初はペーペーのピアノ初心者であり、付属の一脚ペダルのみでも練習曲を弾くことが出来ていました。しかし弾く曲が増えてくるにあたり三脚ペダルつきのピアノにすれば良かったと後悔するようになりました。
このペダルを見つけたのはそんな頃で、これ単体で本体と接続でき、長いバーも分解できると知り飛びつきました。どの程度分解できるのか、分解後もまともに使用することが出来るのかと半ば賭けでした。実際に触ってみると、とても簡単に分解でき、かつペダル部分を奥のバーまで切り取ったようなコンパクトなサイズになったので他社製のスタンドにも収まりました。
分解後はガタツキもなくそのまま使うことも出来なくはありません。ですが基盤が丸出しであり油もたくさん付いているため、ケース等を自作するのをオススメします。
この商品のお陰でこれまでよりももっとたくさんの曲を楽しめるようになりました。同じような悩みを持っている方は是非DIYにチャレンジしてみるといいと思います。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年10月23日
このペダルはクラシックの曲には絶対必要だと思います。pX160や360など持ち運べる11キロのピアノでストリングレゾナンスのはCASIOデジタルピアノだけです。レスポンスも繊細、しかしなぜかペダルだけは1本ペダルはハーフダンパーに対応しておりません。
ところでこの商品は専用の据え置きスタンドでしか使えないということはありません。ただし他の方はおっしゃるとおり長いバーがついているので、分解しない場合必ず4本足スタンドできれば、奥行きの幅がピアノの同じくらいが良いです。
床がフローリングなら奥のスタンド足にペダルのバーを密着させればガンガン踏んでも動きません。ヤマハの4本足スタンドはテーブルの奥行きあるので、ペダルがかなり奥にあるので無理と思います。わたしはアマゾンでダイコン社の4本足スタンド買ってバッチリです。最後にCASIOさんXスタンドで使えるボックスがた3本足ペダルユニット作ってほしいです。ハーフダンパー使えないと軽いピアノがもったいない。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年6月13日
PX-A100RDを所持しております。ハーフペダルに対応しているのはSP-33だけということで、専用スタンドは持っておりませんがこちらを購入しました。
専用スタンドを使わないと安定しないとの他の方レビューがあり単体購入は不安でしたが、裏側にある銀色のネジを外すことでペダル部分のみ簡単に取り外しが可能です。ペダル部分のみですと平らな状態であり、且つ滑り止めが付いているので特にずれることなく使用出来ました。
ただし取り外すことで基盤の一部が見える状態になり見栄えがあまり良くないことや、故障の心配がデメリットとして挙げられます。私の場合は3本ペダルをコンパクトに設置出来ましたので満足のいく結果となりました。もちろん機能も問題ありませんでした。
自己責任での作業が必要となりますが、スタンドを持ってない方にも十分おすすめ出来る商品だと思います。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年8月22日
良かったよ。設置も簡単にはだったし、直ぐに届いて助かりました。やっぱり、Amazonは便利。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告