Androidアプリストア Amazonファミリー 本を聴くオーディブル Amazon Cloud Drive SOS0916 Amazon MasterCard summer_Bike DVD ファッション Fire HD 10 Fire TV stick おせち特集2018 コンタクトレンズストア DIY・ガーデニング 秋のガーデニング用品セール Kindle Amazon MP3 自転車・自転車用品 STAND BY ME ドラえもん

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.7
3
5つ星のうち4.7
星5つ
2
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
価格:¥82,080+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料

レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2017年6月19日
当方、フィンガースタイル専門。
ソロギター曲をピアノ音などで弾けたら楽しいと思い購入した。
使用ギターはストラトキャスター

■ピックアップ取り付けについて
弦とピックアップの距離が重要らしく、
高さの調整(ボディとセンサー部の間に付属のスペーサーを挟んで両面テープで固定)
に多少時間がかかったが、それ以外はスムーズに行うことができた。
センサー部はボディに両面テープ固定だが、今のところ演奏中に外れるなどの状況には当たっていない。

■音色について
どうしても使い物になる音源とならない音源があり、使用する設定次第となるが・・・
全体的に質はかなり高いと感じた。
しかしどうしてもアコギの音は不満が残る・・・バンドに入ってストローク弾きなどなら使えそうだが。
ピアノやチェロ、フルートなどは専門外なせいもあるが「おお!」と思う質感であった。
プリセットが360種類あるため、この中から好みの音を探して微調整するだけでいい音が作れる。
ただし、それっぽく鳴らすにはやはり手元の技術が必要な様子。
特に不要弦をミュートし、単音をきっちり鳴らす練習が必要。

■レイテンシーについて
単音弾きや、ベース音+メロディの演奏であれば全く気にならなかった。
しかし、多くのソロギター曲のように音を次々重ねるスタイルでは、
処理が追いつかないらしく、音がすぐに「詰まってしまう」
遅延し始めたと思ったら音が止まり、その後溜まっていたものが一気に放出されてカオスになる。
しかし、日によってこの度合いも違うことから、ハードウェア的な要素(熱?)も絡んでいるようだ。
ひとまず、バンドに入って使うならよいが、ソロギターでの仕様には期待しない方が良い。
なお、エレキサウンドはそれらしいモノマネ音はたくさん作れるが、
突き詰めるなら普通のエフェクターを使ったほうがよい。どうしてもモノマネの域をでない。

■操作性について
大きなディスプレイのお陰で非常にわかりやすい。
しかし、最初だけはどこにどんな設定項目があるのか覚えるのが大変。
慣れてしまえばダイヤル操作の快適さもあり、非常に良好と感じている。

■設定項目について
あらゆるパラメーターを思い通りにできる。
特にコントロール周りは優秀で、ピックアップ本体のボタンやエフェクター本体のスイッチに様々な機能を割り当てられる。
自分はピックアップ側のボタンをパッチリストのバンク変更から、パッチの変更に切り替えて使用している。
こうすることでプリセットを一つずつ確認して好みの音を探すときに、ギター側の操作だけで済むようになる。

しかし、自由度の高さは逆に問題になることがある。
そんな設定があったのかよ・・・という場面が少なからず出てきてしまう。
例として・・・
設定上2種類の音源とギターのモデリング音、そしてギター本体のピックアップ音の合計4つの音を重ねられる。
ここからギターのモデリング音をoffに設定変更して保存しても、次に開いたときには、onになってしまうということがあった。
どこをいじっても改善しないため途方にくれていたが、
最終的にエフェクター側のCTLスイッチにこの音色のon・off機能が当てられていたためと判明。この設定、すぐには見つからないのです・・・
慣れればなんてこともないのだが、なれるまでが大変。

■初期不良について
付属ピックアップにて、エフェクター音声とギター本体のピックアップ音声とを切り替えるスイッチが有る。
これにより、「エフェクトのみ」、「両方混ぜる(MIX)」、「ギター本体のみ」という出力の仕方ができるのだが、
「ギター本体のみ」にした時だけ、音が出ない。
MIXではギター本体の音が出ており、設定にも問題が見つからないことから、明らかな初期不良である。
しかし基本MIXで使っており、エフェクター側でギター本体の音だけにすることもできるため、泣き寝入りすることにした。
なんといっても、取り外し→梱包→交換→取り付けというプロセスを想像すると面倒くさすぎたのである。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年3月21日
このGR-55にはVG-99にも使われたモデリング技術が使われているのでギターのモデリング部分が今までのギターシンセとは大きく違う点である。今まではギターの音はKGピックアップでGKとギターを切り替えで単体もしくはブレンドさせて出力だったけれど、これはパッチの中にギターとシンセを混在できる。エフェクターやアンプもGT-10ばりの音が出るのでこれとGKピックアップの付いたキターさえあれば大抵の使い方には対応可能である。シンセ部分は以前のGR-33で感じたピッキング時のアタック感が前に出すぎるという感じは無くピッキングで弾いているのに鍵盤や吹き物が自然な出音で鳴っていた。フレーズループ機能もあるので使いようによってはヴィクターウッテンの一人ベース楽団のような面白いこともできる。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年9月4日
20年ぶりに ギターシンセ買いましたが 技術の進歩はすごいです。 ちょっと弾きこなすのは難しいですが 面白いです。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告


カスタマーサービスが必要ですか?こちらをクリック

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)