Androidアプリストア Amazonファミリー 本を聴くオーディブル Amazon Cloud Drive SOS0916 Amazon MasterCard nav_flyout_biss DVD ファッション Fire TV stick おせち特集2018 コンタクトレンズストア DIY・ガーデニング 電気工事士試験特集 Kindle Amazon MP3 ゴルフグローブの選び方ガイド STAND BY ME ドラえもん



レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年5月19日
直近で購入したら、台湾製がきました。二回購入しましたが全て使えませんでした。もうこれは買いません。粗悪すぎでした。SONY商品に乗り換えます。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年12月5日
ディーガ、通るという事だったのでセールで購入。
何度試しても、レンズクリーナーをバンバンかけてもノー。
日にちを変えてもノー。
ソニーのディスクでやってみたら通った。
TDK使える方に差し上げたい。
0コメント| 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年9月8日
今までTDKの超硬シリーズを使っていてパーフェクトだったので、高額だが全幅の信頼を置いていた。しかし、使用6枚目にして、映画は途中までしか録画されない上、ダビングも削除もできない不良ディスクに出会ってしまった。以後はTDKといえども信用できなくなった。
0コメント| 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年3月17日
スタイル名: 20枚スピンドル|Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
最近なにかと話題の多いTDK。
国内のメーカーですが、この製品の生産国は中国です。
日本の生産技術と品質管理下で製造されているのでしょうから
この際、生産国はどうでも良いのかもしれません。
まずは価格が安いということが有り難いです。

TDKのディスクは超硬という差別ポイントを持っています。
その名の通り、ディスクに特殊コーティングがされており
見た目も光沢があり、安物のディスクと比較してみても
表面がとてもつるつるしています。
あんまりディスクの記録面を触る人は居ないと思いますが
無頓着な人は平気で触るみたいです。
レンタルディスクなんかを借りると、当たり前のように
ディスクの記録面が汚れているので、指で挟んで扱う人が
結構いるのかもしれません。
ディスクの読み取りや書き込みのエラーは、ハード本体に
原因があることも多々ありますが、ユーザーによるディスクの
扱い方も一因であると思います。
本製品は、そんなユーザー側によるリスクを最小化する意味で
「超硬」という付加価値がついています。
実際、記録面はとても硬く、傷や指紋が付きにくくなっているので
小さな子供が居る家庭などに良いのでしょう。

使い勝手ですが、特にエラーが出ることもなく良好な結果です。
なによりも50GBという容量に満足しています。
繰り返し記録ができるBD-REなので、傷に強いというのは
使っていて安心感があります。

将来的にBDがスタンダードになってくると、ディスクの耐久性が
問われる時がやってくると思います。
今はまだ一般的ではありませんが、車載ナビにブルーレイ対応が
当たり前になってきた時に、過酷な使用条件に耐えられる製品が
生き残ってくるのではないでしょうか。
そんな時に傷、汚れ、紫外線に強いというのは大きなメリットになるでしょう。

安心して使えるおススメの商品です。
0コメント| 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年6月28日
我が家はSHARP製のBD-SP1000を使用していますが、最初に使用する時は
いつも何の問題もなく録画できます。
長いドラマとかだと5~6話ずつまとめてBDに書き込んでいくのですが、後半になると
たいていエラー表示が出るので1話ずつしかダビングできません。
もっと長い期間(半年以上)経つと書き込むことすら出来なくなるので、最近では
全話録画してから一気にBDへ落とすようにしています。
それでも再生できなくなったDiscも中にはありましたし、一気に50話以上を
編集するのは大変なので、今後はPanasonic製だけ購入することにします。
CSやスカパーは無料で録画しているわけではないですし、苦労して50話録画して
編集してダビングしたのに全部消えたらショックなのでリスクの高いDiscは
使えないと思いました。(同じ環境下でもPanasonic製はそういうことは一度も
ありませんので、多少の価格の高さにかえられないかなと)
普通のよりも Amazon.co.jp限定の方が駄目になる頻度が高かったような気が
します。(今まで80枚使っての感想ですが、今後は買わない決心をしたところ
でしたので今更ですがレビューしました)
0コメント| 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年6月27日
録ったものを削除したら、番組タイトルは消えず残時間がちょっと増えた
(その番組時間の半分くらい)だけでした。再度削除しようとしたら、削除が
選択できなくなっていて、結局使い捨てとして使うことに。それが10枚中4枚です。
他のディスクもそうなったらと思うと削除できません。REを買った意味がないです。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2013年3月30日
スタイル名: 20枚スピンドル|Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
東芝REGZA RD-BZ810とRD-BZ710で使っています。まだ半分ぐらいの使用ですが今のところ全く問題なく使えています。
容量が大きいのと繰り返しの使用が可能なので見たら消す予定の映画やドラマをDRモードのままダビング録画しています。
CSのドラマなどはDRモードでシーズンすべてが1枚に入る場合があり、ハイビジョン放送で容量を食う場合でも1枚に10話は入るのでとても便利です。
映画も2〜3作品入れておくことができるのでとてもコストパフォーマンスが良い製品だと思います。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年7月26日
体感的には3枚に1枚くらい録画した映像にブロックノイズがはいってしまう。だいなし。なんだこれ。最悪。
このシリーズ何十枚と買って来て、最近ようやくとり貯めてたものをチェックしはじめたらブロックノイズ入りまくってる盤がすごく多いのにびっくりです。ひどい。こんなのが許されるのか。
本当に欲しい映画は録画じゃなくブルーレイとか買えってことか。
相性とかあるのかもしれませんが。ディーガです。ねんのため。
あーあ。楽しみにしてる録画にブロックノイズ入ってるとほんとうにガッカリするんですよね・・。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2013年4月4日
スタイル名: 20枚スピンドル|Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
書き換え可能なBD-RE 二層タイプ。
BSデジタルの30分番組だとおおよそ10本ほど格納できる…といった話はおいといて。

パッケージをよく見ると、「ソフトタイプのCDポケットには入れるな」といった趣旨の注意書きが書いてある。
コーティングの硬さに定評のある「超硬」シリーズだが、やはり細かい傷には弱いようだ。
スピンドルケースで買う際には、薄型のプラスチック製CDケースも買っておいた方が無難かもしれない。

実際に録画したビデオを焼いてみた感想だが、どちらかというとあっさりとした絵作りで、同シリーズのDVD-RWに傾向が酷似している。
万人向けといったところだろうか。
もっとこってりした色傾向が好きな方は、マクセルなどを選んだ方が満足度は高いかもしれない。

いずれにしても、多少落とした程度では全く擦り傷などつかない安心感には代えがたい。
書き換え型のメディアだが、長期保存を念頭に置いているなら、買って損はないのではないだろうか。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2013年4月9日
スタイル名: 10枚|Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
パナソニックのDIGAで10枚トラブルなく録画・再生できました。
パッケージに原産国 中国、事業者名 イメーション株式会社と明示されていて好感が持てます。
常用している同じTDKのBDーR 25GB 4倍速(台湾 イメーション)でトラブルが起き
たので心配だったのですが超硬はグレードが違うので品質管理が良いのかもしれません。

録画にあたっては機器のファームウエアによって差があるらしいのですが表示される時間からすると
2.3〜2.8倍で処理されていたようです。

長時間録画ができて繰り返し使用が可能で防汚にも優れていることから大切な映像の保存から頻繁に
使用するテレビ録画など便利に使えるとおもいます。
0コメント| 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)