Amazonファミリー 芥川賞直木賞特集 9000 Amazon MasterCard Wintertire TradeIn ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV バレンタイン特集2018 コンタクトレンズストア インテリアスタイルガイド Echo Kindle Amazon MP3 ウィンター SING/シング【通常版】(吹替版)



2016年2月29日
 家族全部揃うと7人で、それぞれスマホを使うと誰かがWiFiから締め出されてましたがこれを取り付けたら改善されました。
設定もそれほど面倒でありませんでした。
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年10月24日
家庭用の無線APと比べると速度、安定性共に全然良いと思います。
PoEに対応しているのでケーブル回りもスッキリします。
11acには対応していませんが、インターネット回線がフレッツ光のマンションタイプなので問題ありませんでした。
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年10月24日
今回、有線から無線LANに切り替える為に購入しました。
離れた部屋でも電波が飛ばせるので有効利用させてもらってます。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2018年1月8日
以前の機器が壊れてしない困っていましたが、正月の忙しいと時に、予定通り商品が到着して大助かりです。新年を新しいWi-Fiで通信できました。
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2014年5月6日
機能的にはまったく問題有りませんが、アダプタがすぐに壊れてしまいました。はずれ機種だったのかな?
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2016年3月18日
すぐ到着して満足です。商品も素晴らしく、40人ぐらいが普通にアクセス出来ています。
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2015年4月19日
10名以上が住む家に3台を設置しています。総接続台数は20台以上がつながっていると思います。
POE対応、SSIDに紐付くタグVLAN対応で、設置やセキュリティの確保が容易いというメリットが有るのですが、それ以上に放っておくという本来の使い方がかのうな安定性が最大のウリだと思います。
POE受け側の有線LANのとなりに、有線LANがあり(POE非対応)、ここから有線でつなげるのも大きなメリットです。

2017年1月17日追記
2台のWAPS-APG600HではRC壁を上手く越えられないため、3台目を購入したところ、3台が干渉するのか(チャンネルは手動で固定)、週何回かの頻度で30分程度不安定になります。残念ながら、サポートに聞いても理由はわからず。一台をELECOMのアクセスポイントに置き換えて2台に戻すと、何ら障害がなくなりました。何が起きているのでしょうね。
とは言え、昨年秋ごろ(購入後1年ちょい)から速度の低下や安定性の低下が生じ、ELECOMも同じ症状。どれだけいじってもリセットしてもダメなので、旧世代ながら評価の高いNECのWR8700Nをヤフオクで1台1,000円程度で10台ほど導入して置き換え。今は見違えるほど安定しています。
acが欲しくなったら、Netgearもいいのですが、米アマゾン人気No.1のUnifiの技適対応を待って置き換えとします。少なくとも、バッファローとELECOMを使うことはないでしょう。
1コメント1件| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年12月3日
最新の高速無線規格には対応していませんが、とにかく接続が安定しています。
ヤマハのNVR500とセットで使っており、今まで一度も無線が切れたことはありません。

なお別売りのACアダプター WLE-OP-AC12が必要ですのでご注意下さい。
1コメント1件| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年1月26日
自宅の1階と2階を結ぶ無線用に購入しました。個人用のエアステーションを使用していましたが、それほどの頻度ではありませんが、場所によっては弱かったり遮断されることもあって、思い切って法人用の本機を購入しました。現在購入してから非常に安定した通信が行えています。
0コメント| 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年10月26日
この商品群の売りは無線LAN接続機器間のセキュリティを確保したり、VLANを構築して来客用スポットを作ったりといったところにあると思います。
類似機種で価格がだいぶ違うので比較しておく必要がありますね。
http://buffalo.jp/products/catalog/network/compare_wireless_business.html

電波強度については、業務用だから強いということはありません。いたって普通です。
電波干渉規格がありますので、規格内で出力するわけですから一般用と変わらないのです。
ただ、POE給電を生かすと、設置場所に自由がきくようになるので、設置場所とアンテナの向きで改善することはあります。
天井など遮蔽物の少ないところに設置するといいですね。

無線LANで複数のネットワークを組めるわけですが、gとaはそれぞれ独立して設定することになります。
aとgそれぞれにマルチSSIDを組めます。
マニュアルで気になったのは、aとgで定義すると、プライバシーセパレーターが利かなくなるというくだりがあったのですが、本当なんでしょうか。ちゃんと検証していませんが、どうもそのような感じがします。
300系の機種と違うのは、aとgを同時に使えるところなのですが、セパレーターが利かなくなるとしたら、どうも意味がない気がしてしまいますが・・

2つあるイーサポートのそれぞれは同一IPアドレスなのですが、非タグでVLANIDを割り振って一致したポートから通信できます。
無線LANを独立して使うにはよさそうにも見えます。
たとえば、それぞれのポートを別のルーターにつないだり、複数インターフェースを持つルーターに分けてつないだりということをすればいけます。

単純にふつうのコンシューマ向けルーター直下にアクセスポイントとして設置しマルチSSIDで無線LANを分割しても、ルーターでルーティングされてしまうので、プライバシーセパレーターが機能しないのとほぼ同じことになります。

私は他社のタグVLAN対応ルーターと併用してVLAN設定を試みましたが、無理でした。
このアクセスポイントと相性のよいスイッチでVLANに分割していなければいけないとするとお試しで買うにはちょっと・・・ですね。
L2スイッチを使わないような小規模ネットワークではこのアクセスポイントを使う意義はほとんどありません。
社内に複数のアクセスポイントを置きたい環境では好適でしょうね。
小規模事業所で顧客向けフリースポットを提供したいという程度ならこれを使うよりは、コンシューマ向けの無線ルーターの方が自由が利くと思います。

個人的には、イーサが2ポートあるので独立してIPアドレスを振ったり、VLAN毎のインターフェースが定義でルーターに認識させることができるかと思ったのですが、それは無理のようでした。
結局、期待した使い方はできなかったのですが、これは製品が悪いわけではないですし、普通のアクセスポイント+マルチSSID自体は使い道があるので、評価は「普通」としました。
0コメント| 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)