Androidアプリストア おもちゃ 157回芥川賞直木賞 Amazon Cloud Drive psm Amazon MasterCard 2016 Suzuka 8tai Road race nav_flyout_videogame ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV stick 福島県フェア 暑さ対策アイテム特集 ホームギフトストア Kindle Amazon MP3 マリンスポーツ フェイス サイバー犯罪特捜班

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
775
5つ星のうち4.2
スタイル名: スタンダードモデル|変更
価格:¥3,973+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

<※2016.8.6、Windows10 無償アップグレード/Win10 Anniversary Update後のクローン実証を経て小改訂>

主に起動ドライブ(WindowsXP、Windows8.1、Windows10でのブートHDD)を定期的にクローンする目的で使用しております。
その他、テレビ録画機(東芝REGZA)の外付けHDDのクローン実績もあります。 
購入~使用開始からはや数年、順調にクローン実績を積み上げてくれています(^^)

付属の英文マニュアルがあまりにも簡素なので、初めて使うときはどのような状態になれば正常なのか、あるいは異常なのかがわからず操作に戸惑いましたが、一度それがわかってしまえば使い方は超簡単です。

ご新規さんの助力になればと思い、クローンの手順をかいつまんで書きます。

1.ケースに電源ケーブルだけ繋ぐ(USBケーブルは抜く)

2.ケースにHDDドライブを挿し込む(コピー元:1番、コピー先:2番)

3.電源を入れる

4.ドライブのモーター起動が安定した頃合いをみてCloneボタンを3秒ほど押す
(※ドライブの機種によってはモーターが待機状態(停止)になる場合がありますが、動作が正常ならCloneボタンを押せばモーターは自動で再作動します)

5.4つのランプが点灯し、点滅が左右に行ったり来たりしはじめるとクローン開始

6.行程の進行25%ごとに左から順にランプが1つずつ常時点灯していく

7.クローンが終了すると四つのランプがすべて点滅し、ドライブのモーターが停止する

8.電源を切って終了

・・・以上です。

クローン所要時間ですが、旧世代(2008〜2010年頃の)7200回転の1TBドライブでだいたい3時間くらい、2016年現在の最新7200回転1TBドライブだとおよそ二時間でクローン終了します。(※送り手・受けてどちらか、あるいは両方が5400回転のドライブの場合は回転数差に比例し同容量でも+30〜35%程度多く時間がかかるようです)

(※拙宅測定では、WD製5300回転の3TB→3TBで7.5時間、同2TB→2TBで6時間くらいかかりました)

HDDを脱着交換する手間こそかかりますが、慣れればほんの十数分のHDD交換作業で(クローン作成時点まで戻ってしまうとはいえ)完全な復旧が可能なので、安心&確実&効率的で気に入っております♪

※クローンに使うHDDはまっさらの新品ではなくても問題ありません。残っているデータを消さずにそのまま上書きしてもクローン結果に支障なく、パーテイションなども消さずに上書きしても、コピー元のドライブのパーティション設定などが問題無くクローン完了します。

※コピー元よりコピー先のHDD容量が大きい場合、各パーティションサイズはコピー元に準じて設定され、領域未設定の空白部分ができるようです。

※コピー元より小さい容量のドライブへのクローン作成はできません
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

★ご注意★

当レビューの最後に記した当方でのトラブル事例でもそうですが、どうやらSATA端子接点に問題がある個体があるようです。 初期不良で電極がショートして端子を焼損するという最悪の事例がAmazonレビューでも報告されていますので、購入後の初回使用時はSATA端子に異物が入り込んでいないか、端子に破損などがないか、よく確認した上で、大事なデータの入っているHDDをいきなり使わず、まずは破損してもかまわないHDDでお試しいただくほうが良いとおもいます。

初期不良無しと判断された後も、SATA端子に異物が入り込んでいないかなどに注意を払いつつ使用されることをおすすめします。一応、異物防御のシャッターはありますが、完全密閉されているわけではないですので。

★★★★★

【使用に際しての要注意点】

1★挿すHDDの種類によってはかなり高熱になりますので、とくに夏季の使用時には要注意です。
7200回転のHDDの場合、一台でもかなりの熱さになり、二台挿しするとさらに熱量倍・・・;;;
さすがに触れないほど熱くなったりはしませんが、機器の寿命を気にするなら扇風機の風を当てるなどしたほうが良いと思います。

5400回転のHDDの場合は、夏季でもエアコン使用中の部屋ならほんのり暖かい程度の発熱量なので、さほど冷却に配慮せずともよさそうです。

2★OS起動ドライブではない、データ保存用ドライブのクローンについて。

OSの入った起動ドライブのクローンは排他利用(オリジナルとクローンを同時に接続しない)が前提になるとおもうのであまり問題にならないのですが、データドライブの場合は一つのパソコンに複数同時に接続する機会も多いと思います。 しかし、クローンで複製されたHDDは双方とも文字通りのクローン(ドライブ署名など、なにもかもが同一)であるため、Windows8などではオリジナルとクローンを同時に接続しようとするとシステムに拒否(強制オフライン)されてしまいます。

おそらくはシステム上での錯誤・混乱を避けるための防御的措置なのだろうとおもいますが、これを解除し両方とも認識させるにはHDDタイプを変換(MBR←→GPTなど)する方法しかありません(領域開放&再フォーマットでは「署名」が変わらないようで、認識しませんでした)。当然これをやるとHDDのデータはすべて消えてしまいます。

パソコンが複数あれば、それぞれ別のパソコンに繋げばひとまず問題回避できますが、ひとつのパソコンで双方のデータの並列化・差分解消などをしようとするとかなり面倒なことになりますので、オリジナルとクローンとを同時に一つのパソコンにつなぐ用途を前提にするなら、データドライブのクローンは実施せず、時間はかかってもそれぞれ別個のドライブとしてOSで通常のデータコピーをしたほうが良いと思います。

※PCにつないで外付けHDDケースとして使った場合、スロット1→スロット2へのデータ転送レートはだいたい最大65MB/秒くらいです。PC内蔵HDD(SATA)相手の転送速度は100MB/秒超に達することもあるので、クローンではなくデータコピーをする場合はこのケースの1→2スロットでやるのはあまり効率的ではないようです。(ちなみに、同ケースを二台用意、それぞれUSB3.0接続し、ケース間でファイルコピーした場合の転送レートは100MB/秒超に達します)

3★Windows8、Windows8.1、Windows10の起動HDDドライブのクローンが可能ですが、あらかじめ承知しておくべき事がひとつ。

Win8・10の場合、クローンで作ったHDDでパソコンをはじめて起動した時に、なぜか起動中にパソコンが強制シャットダウンされたり、再起動したり、エラー修復が始まったり、再起動を促すメッセージ入りのブルー・スクリーンになったりします。(HDDが変わったことによるOS認証絡みの原因?)

それが起きるのは初起動時だけで次の起動からは再発せず、そのまま長期間使用していても後々トラブルを起こすようなことはいちども経験していないので深刻な問題ではないと考えて良いと思いますが、これが起きることを知らずにいるとかなり不安な気分を引きずることになると思うので、Windows8・8.1、Windows10の起動ドライブをクローンする人はあらかじめ「初回起動は失敗しても心配に及ばず」と念頭にいれておいたほうがよいでしょう。

【使用中のトラブル経験について】

症例1★
購入して初めて使ったとき、理由はよくわかりませんが電源を入れても挿したドライブが起動しない(モーターが回らない)という状態になりました。

この状態でクローンボタンを押した場合、四つのランプが点滅もせず点きっぱなしなり、クローン行程も始まりませんでした。 で、いちど電源を切ってドライブを挿し直し、再度電源を入れたらドライブが動き出し今度はうまくクローンできました。

症例2★
モーター起動に問題なく、ボタンを押してクローン行程もひとまず始まるのですが、途中(開始直後だったり終了間際だったり、発症するタイミングは様々です)でLEDの点滅がフッと消えて完全消灯してクローン中断してしまうことがときどき生じました。

ランプが消えてもドライブのモーターだけはまわりっぱなしです。 どうやら電源はONのまま、信号線の接続が(接点不良?)切れてしまったためクローンが中断されるようです。 この場合は電源をOFFにして、ドライブを挿し直して接点不良が改善されさえすれば、最初から手順をやりなおせばクローンできます。

上記2件ともどうやらSATAコネクタの接触精度がけっこうアバウトなのが原因のようです。

しかしながら、この症状を認知したばかりの頃は「使っているうちにケース&HDD双方の端子の電極が摩耗して、症状の発生頻度&重篤度がどんどん増してしまうのでは?」と、心配していました。 が、数年使用継続してみると、むしろ逆に発生頻度は減少して最近ではほとんど発生しなくなりました。なんとも不思議なものです(^^)ゞ

症例3★
当ケースを二台同時にPCにつなぎ(双方ともUSB3.0)双方のHDD1スロットに1台だけHDDを挿し、エクスプローラでケース1号のHDDからケース2号のHDDへ大量のデータが入っているフォルダを一気にコピペしようとすると、途中でケース2号(受け手側)が強制オフライン(USB接続の遮断)が生じてしまうことがある。

USB接続は遮断されてもケースのHDDのモーターは動作したままなので、電源スイッチは切らずにケースもしくはパソコンからUSBケーブルを抜く、とハードウェア的にも接続が解除されたと認識し電源が待機モード(OFF)になりますから、そこで電源OFFすればOKです。

送り手と受け手を逆にしてみても同様の症状でしたが、PC内蔵SATAドライブから各ケースへの同様のコピペをした場合はまったく問題はおこらず・・・。

※パソコンがUSB3.0対応第一世代のやや古いものなので、マザー側のUSB3.0制御チップまたはドライバの問題の可能性もありますが、事例として報告しておきます。

いずれの症状も初体験のときは電源や接続を切るとき「死」を覚悟しましたが・・・、今のところ毎度最悪の事態(クラッシュ)は回避できています。この程度では壊れないものなのか、たまたま幸運が重なっているのか・・・は定かではありませんが(^^;
14コメント14件| 1,408人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年12月1日
買って良かったです。
どんなHDDでも、OSごとクローンが出来ます。
時間もファイナルハード15等よりも倍速いです。
断念なのは、コピー先が元よりも、大きくないと出来ません。
1TBの場合、保険的に160GBのHDDにバックアップというのが出来ません。
でも重宝しております。
壊れたら、また同じものを、買います。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト1000レビュアー2016年12月9日
外箱は日本語ですが、なぜか説明書は英語のみです。4つあるLEDランプの見方も英語で書かれているので、英語に強くない自分はその微妙な表現がわかりませんでした。本当にクローンコピーが進行しているのか?不安でしたが、YouTubeに正常にコピーが進行している場合のLEDの点灯パターンを載せてくださっている方がいますので、そちらを参考にしました。
正常にクローンが作成され、製品としてはとても良いと思います。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年4月25日
以前は、OSの入ったHDDを交換する際に、パソコンに新しいHDDをつなぎ、EaseUS Disk CopyなどでクローンHDDを作って交換していましたが、近頃は不具合の情報等も多いため、当製品を購入しました。
新しいHDDが古いHDDの同容量以上であれば、HDD(2.5インチまたは3.5インチ)の中身をそのままCOPYしてくれるので、悩まず、失敗もありません。
また、USB接続の外付けHDDスタンドとしても使えます(ただしHDDがむき出しですが)
使う機会は少ないのですが、複数台のパソコンをお持ちの方は、合わせて用意しておくことをおすすめします。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年6月29日
DMR-BZT750の内蔵HDDの挙動がおかしく、診断にてHDD異常が見られたために購入しました。
使い方は簡単でHDD1に元のHDDを挿し、HDD2に交換用新規HDDを挿入、ボタンを長押しするだけでクローンが始まりました。

結論から言うと無事DIGAにて使用可能になりましたが、
途中何度もHDD2のLEDが赤く光り、HDD内部のすべてはクローンできませんでした。

英語の説明書しか入ってなく、ネットで検索しながら原因を探しましたがどうやら元のHDDの不良セクタがコピーできず、エラー時のスキップ機能がないため、同じところで止まっていたようです。

仕方がないのでHxDにて頭2GB手動コピーをしようとHxDにて読み込んでみると2GB以上すでにクローニングが完了していたため、
そのままDigaに仮組し、フォーマットすると無事に使用可能になりました。

今回は何とか無事に使用できましたが、HDDの損傷具合によってはこの商品ではクローニング不可みたいです。
次回の為HDDが問題ない時にもう一つクローンを作成しておこうと思います。

また、今回は上記の為の利用でしたが、PCのHDD交換等にはお勧めです。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2016年1月18日
いろいろトラぶっている方もいらっしゃいますが、健全なHDのクローンを作るだけなら専門的な知識などなくても、簡単にHDDのクローン作製が出来て便利です。

また、HDのデータ完全消去機能も便利です。

価格も安く、ぜひ一台持っておくべきアイテムだと思います。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年4月7日
女の私でも簡単です
バックアップソフトでバックアップを取るより 1T買っても5000円くらいでHDDを買えるので
まるごとHDDをコピーした方が簡単だし確実です。
1か月に一度 寝る前にセットしてバックアップを取っています。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年7月19日
外付けhddが良く故障するのでこちらにした。外付けHDDでは内部のHDDを選択できないので故障にへきへきしてきた。大きさは大きいがHDDを選べて簡単にバックアップできるこのスタンドをメインの記憶装置に位置づけした。
ーー>通常は通電しっぱなしですが、たまにパソコン再起動するような使い方です。2か月経過で2度 再起動で認識しない事が発生した。このスタンドの電源オンオフでパソコンが認識するのでこのスタンドの不具合と思う。使用中なので返品もできずこのまら使う。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年7月8日
スロット1も2もデーター転送でエラーが出るようになったり電源onにしてもPCが認識しなくなったりと、使えない状態になりました。
HDDをフォーマットしないと~とかたまに出たりしだしたので、使うのを断念しました。(何回かON・OFFするか違うPCか違うグレードルで繋繋ぐとHDDは認識するので助かりましたが・・・)、残念。
最低でも4000円以上する値段なら4~5年は使えないと辛いですね。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年3月30日
大分たまってきたバックアップ用のハードディスク整理のために購入しました。購入の決め手はPCレスでクローン作製及び削除ができること。マニュアル(英語のみ)によると削除方式は「0の書き込み1回」のようです。手順も極めて簡単。HDDを挿して、USBケーブルを接続しない状態でERASEボタンを3秒押し続けるだけ。ERASEボタンは押し間違えのないようピンで押すタイプが背面に設置されているなど気もきいています。さっそく3TB HDDの削除を実行してみたところ1回目はなぜ途中で止まってしまったようですが、2回目以降は順調に複数のHDDのデータ削除が完了しました。PC<=>HDD、HDD<=>HDD間のデータの移動にも大活躍、USB3.0なのでPCの外付けドライブとしても快適に普段使いできそうです。次はノートPCのシステムドライブ換装(HDD=>SSD)を実行したいと思います。

次モデルに向けた期待:
単体でCheck Disk等もできればさらに良いですね。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)