Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞直木賞特集 Amazon Cloud Drive SOS0928 Amazon MasterCard nav_flyout_biss DVD Blu-ray Bargain 2016summer Amazon_meets_LAST ファッション Fire HD 8 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト手土産グルメ・スイーツ コンディショニングサポートストア コーヒーストア Kindle Amazon MP3 ゴルフ初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.8
46
5つ星のうち4.8
星5つ
38
星4つ
8
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0

お客様の評価(クリア)この商品を評価する
他のお客様にも意見を伝えましょう

レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2012年5月8日
5D2と60Dに買い足して購入しました。 D800と5D3を候補に購入を考えましたが、レンズ資産などを考えてこちらにしました。
素人レビューで申し訳ありませんが、同じように悩まれる方もいらっしゃると思いますので、参考になれば幸いです。

※良かった点
【AF全般】
 個人的に一番嬉しかった事は、AFの歩留まりがかなり改善された事です。
 5DmarkIIと比較して、中央も中央以外の測距点も精度が間違いなく向上しています。
 またクロスセンサーの測距点が多いので、対応レンズの場合クロスセンサーのみでの測距モードも実用レベルで安心感があります。
 (他にもサーボAF時に ピント精度重視〜シャッター重視の配分設定、縦位置横位置撮影時のAFポイント自動切り替え等 細かなAF設定が出来るのは嬉しいです。
 ただ、左右の最端測距点がクロスセンサーで無い点だけは少し残念です)
  
【画質】
 5D2と比較して、jpgの感度は低感度時の同ノイズで一段以上改善されています。RAWは、一段くらい・・・かな?と思いました。
 ISO100〜6400前後までを同ノイズ量で比較すると一段分と感じますが、ISO6400〜の超高感度撮影では二段以上改善されているようです。
 また画質は5D2より「すっきり」「クリア」という印象を受けます。DIGIC5+の影響かjpgで「キレ+線が僅かに太くなった」印象です。傾向は5D2と若干違います。
 
【メカ】
 静音シャッターが予想以上に静かです。役に立つシーンは多いと思います。
 ファインダーは見やすいです。スクリーン交換が出来ないのでMFだけ使用なさる方は正直厳しいと思いますが、メインがAFの方はMF時にLV撮影すれば問題無いと思います。
 ミラーショックが改善されています(5D2比較)。 メニューの設定項目は5D2と比べ、かなり増えましたが、変更&設定しやすいです(Qボタンでの項目スキップ等)。 
 動画、ライブビュー撮影へのアクセスが簡単になりました。(ボタンの配置が良くなってます)

【細かな配慮】
 5D2ユーザーが改善して欲しいと思っていた細かな点が殆ど改善されています。CFカード外側のガタつき改善&ラバー加工、レリーズタイムラグ&レスポンスの向上、ダブルスロット、AF精度&AFポイント
 モードダイヤルボタンのロック機構等 5D2ユーザーの声をダイレクトに反映していると感じます。最初から改善して5D2を発売して欲しかったと感じる部分もありますが、5D3を使っていて
 スチルカメラとしての不満らしい不満がシンクロ1/200位しか見当たりません。うまく表現出来ないのですが、今までのキャノンカメラと何か違った・・・渋さみたいな物を感じます。
 
※ちょっと残念な点
【操作性に関して】 
 再生時に写真の拡大を「拡大ボタン+ダイヤル」で行うのはダイヤル操作時にカチカチと音が鳴ってしまう為、ダイヤル操作を別のボタンへ割り振りが出来るようにして欲しかったです。
 設定でフォーカス合焦部に一発拡大出来ますが、徐々に拡大する従来の感覚に慣れているので、静かにチェックしたい場所でも音が気になります。
 またMFをLV撮影で拡大して行う際、拡大(虫眼鏡)ボタンのアクセスが悪いです。これはSETへの割り振り設定が可能なので、右手の単独操作でMFのLV拡大表示に切り替える事も可能ですが、
 RATEボタンが一等地に存在する必要性を感じない事や、ファインダー内水準器がシャッター半押しで消えてしまう為使い勝手が悪い点等を考慮すると、操作性には改善の余地があると思いました。
 
【画質は確かに少し良くなったけれど・・・】 
 デジタル故の我侭ですが、5DmarkIIと比較して低感度撮影での画質向上をあまり感じません。
 高感度のノイズに関しては比較的シビアな方なので、5D2ではISO=1600までが許容範囲だったのに対し、5D3ではISO=3200に許容感度が広がった事は進化と言って良いと思いますが、
 若干クリアな画質に変わったものの低感度時に、3年分の進化を画質では感じられませんでした。寧ろDPPで使用可能になったDLOの方に進化と驚きを感じます。
 画素は必要十分ですが、撮影後の露出補正時にダイナミックレンジが少し粘れたらな・・・と思う時があります。
 
※D800と比較して  
 5D3とD800は、ほとんどのアマチュアカメラマンにとってフラッグシップに近いモデルだと思います。なので逆に
「ISO設定やピント精度はじめ、この機能はニコン3年前から・・・」「シンクロ1/200 USB2.0 UHS-I非対応・・・」などと素人ながらの意見を感じる点もあります。
しかし5D2の絵を気に入っていた自分にとっては、AFやSS低速限度設定等の細かな不満点を解決してくれた5D3を非常に気に入っています。

メカとしてのD800は触った雑感、マウント移行を本気で考えるほど完成度の高いものでしたが、購入にあたって試し撮りをした写真をモニターで比較すると
『失敗を恐れず新しい絵に踏み込むならD800,失敗を許さないなら5D3。』
曖昧な表現で申し訳ありませんが、この様な印象を持ちました。  
とりあえず等倍で確認するという方は、D800の等倍での手振れやデータの大きさ、レンズの描写力などがネックになるかもしれません。
5D3はデータハンドリング、高感度、AWB、連写含めてバランスの高いカメラだと思います。

個人的には、スペックやメカとしてのカメラの出来栄えはD800に分があると感じますが、安心感や安定感の高いカメラは5D3だと思います。
失敗を恐れずに挑戦することもカメラの醍醐味ですから、D800にはそういった楽しみ方が合う様な気がします。
5D3は「99%のカメラマンがフィールドを選ばずに撮ることの出来るカメラ」なのではないでしょうか。
 
これまでのキャノンの戦略と違い、目を引く派手さはAFと動画の高感度位しかありませんが、実際に使うと噛めば噛むほど味の出るカメラです。
色々と書かせて頂きましたが、オールラウンダーなカメラですから購入後に後悔される方は非常に少ないと思いますよ。
最後にMFオンリーの方、動き者をあまり撮らない(中央AFだけで構わない) という方は5D2を購入されてレンズを追加された方が満足されるかもしれません。
0コメント| 290人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年4月3日
<フルサイズ撮像素子の実力>
 EOSは、フィルムKISS III、KISS デジタル N、X2、7Dと使ってきて、これで5台目になります。KISSデジタルでデジタル一眼に目覚め、7Dで連写の楽しさを知り、この5D Mark III でフルサイズ撮像素子のパワーを見せつけられました。

<7Dを超えるオートフォーカス>
 オートフォーカス(AF)の食いつきは7D以上に良いです。5D Mark III を買って試し撮りをしている時に、急に被写体が現れてとっさにシャッターを押したのですが、撮りたかったターゲットにきっちりピントが来てました。操作ダイヤル、ボタン、メニューは7Dに似ていて難しくはないです。イメージモンスター7D をフルサイズにしたのが 5D Mark III だと感じました。私はストリートダンスなど動く人物を撮ることが多いのですが、食いついたら離さないAF + 最高毎秒6コマの連写があれば通常の撮影には必要十分です。「フルサイズを使いたいのだけれど、7DのAFを知ってしまうと5D Mark IIのAFでは物足りない」と感じている方にお薦めです。

<素人受けするJPG画像、玄人受けするRAW画像>
 これまで使っていた撮像素子がAPS-Cサイズの機種は、「撮って出しのJPG画像」と「RAW画像をソフトで現像した画像」にたいした違いはありませんでしたが、この5D Mark IIIでは大きな違いがあります。この機種のJPGし画像は、明るくて素人受けするけれども階調表現が少なく細部が表現できていません。ある意味「肉眼で見たまま」なのが、この機種のJPG画像です。JPGは、ややこしい操作が不要で、明るくて派手な画像なので新興国のお金持ちには非常に受けることでしょう。
 RAW画像は違います。Adobe Lightroom 4.1RC でRAW画像を現像してみたのですが、JPG撮って出しでは写っていなかった電線や雲が鮮明に現れます。階調表現は豊かになるのですが、少し暗めの地味な画像になります。写真好きの玄人は「肉眼では見えていなかったものまで写っている」RAW画像を使うべきでしょう。RAW画像はJPG画像の数倍の容量になりますので、amazonで64GBのSDXCメモリーカードを追加注文するハメになりました。5D Mark III は高価なCFカードと比較的安価なSDカードのダブルスロットになっているので助かります。
Transcend SDXCカード 64GB Class10 永久保証 TS64GSDXC10

<静音シャッターで周囲の人に気配りを>
 静かな場所では、デジタル一眼の大きなシャッター音が気になります。写真を撮っている人には快適な音かもしれませんが、周囲にいる無関係な人には不快な音かもしれません。この5D Mark III にはシャッターに静音モードがあります。静音モードでは、わずかにシャッター音がしますが本当に静かです。結婚式などでは特に静音シャッターが役立つはずです。静音連写モードもあります。

<動画の連続撮影で4GBの壁を超えた>
 デジタルカメラには動画撮影機能がついています。一般のデジカメは、カタログに「連続撮影時間 最長29分59秒」などと書かれていても、フルHD画質で録画すると10分程度で録画が停止します。動画ファイルのサイズが4GBになり、それ以上は録画できなくなるのです。これが4GBの壁です。メモリーカードには4GB以上のファイルが記録できないのです。5D Mark III は、動画のファイルサイズが4GBを超えると、動画の続きを新しいファイルに書き込んでいくので、カタログに書いてある通りの「連続撮影時間 最長29分59秒」が実現できます。ちなみに、動画の連続撮影時間が30分以下に制限されているのは、EUの規定で30分を超えるとカメラではなくビデオ機材になり、関税などで不利な扱いを受けるからだそうです。

<いつ買うべきか>
 デジタル一眼レフも他のデジタル機器と同じで時間が経てば値下がりします。高級デジタル一眼レフのシリーズは3年に一度ぐらいの頻度で次の機種がでます。5D Mark III は、前の機種 5D Mark II から3年4ヶ月後の発売です。5D Mark II のamazonでの販売価格は発売時の価格の6割ぐらいまで下がっています。発売時(2012年3月)は30万円台前半だった5D Mark III も2,3年すれば同じ率、おそらく20万円台前半まで値下がりするでしょう。
 でも、撮りたいものがあるなら、その時に買うべきです。今、撮りたいものがあるのなら、すぐに買うべきです。撮り逃した瞬間は、永遠に戻ってきません。
1コメント1件| 240人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年8月15日
これまで2年間、EOSKissX5を使用していました。
私が5DM3を買おうと思った動機は、より質の高い写真が撮りたいと思ったことはもちろんですが、
見栄もあったことが事実です。撮影の場所取りをするような所に並んでいるカメラは、どれも、
そこそこのカメラです。またフォトサークルに所属していると、みんな、ある程度のカメラを持っています。

そこで私は、EOSKissのような入門機ではなく、持っていても胸を張れる、中級機以上のカメラを持ちたい
という見栄が働き、一念発起して購入することにしました。

レンズキットで両機の価格差は、約30万円。それに似合った写真が撮れているのかと聞かれると、
正直、何ともいえません。それくらい、最近のカメラは、どれも性能が良いということでしょう。
EOSKissで撮った写真でも、これまでフォトコンテストで、幾度となく入賞しました。
高(中)級機を使って、写真が劇的に変わるのかと聞かれれば、現時点では、私の答えはNoです。

最近特に思うのは、写真の質は、カメラ本体より、レンズの質に依存する割合が高いということです。
APS-Cでも、キャノンのF2.8の単焦点レンズをつけたときの画質のすばらしさは、本当に感動ものでした。
同じレンズを5Dにつけた場合、APS-Cで撮影した場合と、特に変わりはありません。
カメラ本体に金をかけるか、レンズに金をかけるかと問われれば、もちろん両方に金をかければ鬼に金棒
なのでしょうが、どちらかと言われれば、レンズに金をかけた方が良いのではと感じています。

5Dは、高感度撮影での画質の良さ、視野率、シャッターチャンスの強さ(AF精度)、防滴、画質等すべての
性能において、EOSKissとはもちろん比べものになりません。他のレビューにもあるように、このカメラが
すばらしいものであることは間違いないと思います。

しかし、決して見栄で買ってはいけないカメラであると思います。このカメラは、カメラを知り尽くし、
趣味・ライフスタイルの中で、このカメラをどのように使って行くのか考えをしっかり持っている人が持つ
べきカメラだと思います。

誰しも、写真をやっていくうちに、より良い(高い)カメラがほしくなるのは常です。
長年写真をやっていて思うのは、良い写真を撮るためには、いかに良い場面(シャッターチャンス)に巡り会えるか、
そのためには労を惜しまず、いかに、こまめに足を運ぶことができるかにかかっていると感じています。
後はそれが作品(被写体)になると感ずる感性を持っているか、その次がレンズ、そしカメラの性能になると私は感じています。

同じシャッターチャンスに巡り会え、同じ構図で撮るならば、入門機より高級機が勝るかもしれません。
いろいろ書きましたが、「良いものは、一生の宝」という言葉もあるように、このカメラが私の宝となるよう、
知識・技能をさらに磨くとともに、感性を高めて、より質の高い写真を撮っていきたいと感じているこの頃です。
3コメント3件| 353人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年5月23日
5D Mark IIと1D Mark IIIを使用しており、5D Mark IIIを追加しました。動画機能は使用しないので、静止画で使用した感想です。

<外観について>
7Dのような外観です。5D2ではむき出しのプラスチックだったカードスロットカバーはラバーに覆われてフィット感が増し、かつカバー部分がグラつく事もなくなりました。とても良いです。

<撮影について>
・AF精度と性能の向上は素晴らしいです。AIサーボで愛犬を撮影してみましたが、AFはしっかりと動きに追従してくれます。
・約6コマ/秒の連写、CF保存ならISO400、L-FIneで60コマ弱連続撮影できます。CFとSD個別に別画質を記録する場合は連続撮影のコマ数は激減します。L-Fine、RAWの画質設定だと連続撮影は7コマほどです。
・7Dと同様にボタンのカスタマイズがある程度できるので、自分の撮影スタイルに合わせたボタン設定ができます。ある程度ですが・・・。その中でもワンショット⇔AIサーボの切り替えの設定は、結婚式の披露宴など、光の変化が激しい状況で撮影する時に便利。いくら高感度とは言っても暗闇の中ではAF補助光無しでAFは機能しないので、暗闇の中での新郎新婦のピント合わせに外部ストロボのAF補助光を使うためワンショット、光が当たって動き出したらAIサーボとボタン一つで切り替え可能になるので撮影に専念できます。
・高ISO感度画像は低ノイズです。私の用途ではISO6400くらいまでは使える画像でした。5D2や1D3ではISO1600くらいまでが限界だったので絞りとシャッタースピードの設定に余裕ができました。

<画像処理について>
EOSシリーズの新機能ですが、PCで行えばいいので、今のところあってちょっと便利だなと思うくらいです。使い続けていれば便利になるのかな?
・多重露出撮影機能が追加されたことで、PCなしで画像の重ね合わせのイメージを確認できます。処理は結局後でPhotoshopで行いますが。
・レーティング機能は撮影の合間の待機時間に画像の選定ができ、後の整理の時間を短縮できます。画像をMacのApertureに読み込んでますが、レーティング情報も反映されるので画像整理が楽になりました。

5D Mark IIIはとてもバランスの良いカメラだと思いますが、1D系に備わっている「測距点連動のスポット測光」がないのが残念でした。
この機能があれば、撮影が更に楽になるのにと思ってしまいます。
同時期に発売のライバル機、Nikon D800は「測距点連動のスポット測光」が備わっており、他の機能も含めてD800と比較してしまうと5D Mark IIIは少々色あせてしまうので★4つです。
0コメント| 81人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト500レビュアー2014年8月29日
EOS 5D mark IIIにするか、EOS 6Dにしておくか、とても悩みました。
6Dは下位グレードとはいえ、5D mark IIIよりも優れている点があります。

6Dのメリット
・安価(5D mark IIIの約半額)
・軽量(5D mark IIIより180g軽い)
・GPS機能(撮影地点を記録できる)
・Wi-Fi対応(スマホに画像を送れる。スマホからカメラをコントロールできる)

しかし、5D mark IIIの高性能なAFシステムに
上記の「6Dのメリット」以上の魅力を感じ、5D mark IIIを購入しました。

6DのAF測距点11点(クロスセンサーは中央1点のみ)に対して、
5D mark IIIは全61点(うちクロスセンサーは最大41点)です。

6Dよりもクロスセンサーが多いので、
多くのAFポイントで精度の高いピント合わせが可能になり、
構図の自由度も高まりました。

それまで使っていた5D mark IIのAFは、
キヤノンのサービスセンターで精度を調整してもらっても
大口径レンズの絞り開放付近(f1.2やf1.4)でピントを外すことが多かったのですが、
5D mark IIIにしてからはピントが合う確率が格段に高くなりました。
特に中央以外のAFポイントの精度は、圧倒的な違いがあります。

6Dの倍近い価格の上位機種は、私には分不相応のようにも感じたのですが、
人物や動物など動きのある被写体を撮影するときには、
これまで撮影できなかった写真が撮れるようになり、とても満足しています。
0コメント| 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト500レビュアー2013年7月26日
初めてのフルサイズを手に購入するにあたり、同じキャノンの6Dと比べた上で、本機を選びました。実売で10万円ほど違うわけですから、こちらのほうがカメラとして上なのですが、果たしてその価格差に見合う価値が、購入者にとってあるかというのがポイントです。

スペック的には地味ですし、競合するニコンのカメラのほうが良いように表面的には見えます。またキャノン6Dのほうのメリットとしては、軽量、Wi-Fi機能、GPS機能があります。

しかしやはり、実際に使ってみて、キャノンらしい敷居の低さ、使い勝手の良さはそのままに、機械としての満足感がひとつ上でした。初めてのデジイチを、フルサイズで、というならキャノン6Dも十分ありですが、APS-Cからフルサイズへということなら、5Dでないときっと後悔すると思いました。

日進月歩のデジタルカメラですが、やはり2度とない、かけがえのない時間、空間を切り取る道具として、カメラを考えたときに、安価になるのを待つという選択は賢明でないように感じました。
0コメント| 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月15日
7D MⅡを購入しました(動きの有る物を撮っている為)、ミラーの大きさが小さく驚きました、決まった時の絵は満足できる物です、APSは初めてだったので動きの有る物には満足しています。
しかしフルサイズは万能です、一眼レフカメラをこれから購入しようと思っている方にはおすすめです、私はずっとフルサイズのフィルムカメラを使用していました、やはりデジタルもフルサイズカメラが良いと思います、今はスポーツ、野鳥は7Dで使い分けています。
今回はレンズキッド(24-105)を購入しましたが手持ちのレンズとダブります(24-70 F2.8Ⅱ)使い分けていますが、24-70mmF2.8は常用です。
これからカメラを購入するならフルサイズで良いレンズを使って下さい、40年以上撮りまくっている私の推薦です、お金との相談、モデルチェンジ等有りますが、後悔しないと思います、又IS機能い頼らない事をお勧めします、レンズカメラの重さもなれる事。
大判、35mmフィルムからデジタルに使用した感想です。
1DXⅡが出ますが私はアマチアなので5DⅢを使い切ります(しかしフィルムカメラは良かったシャッターチャンス、決定的瞬間等デジタルでは死語に成ってしまった)
0コメント| 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年8月20日
よい点
1、カタログ記載重量や以前持っていたEOS5D1やEOS40D・50Dに比べEOS5Dmark3は重量バランスを改善されているのかわからないが軽く感じました。
2、じっくりと狙う動かない被写体は立体的に撮影でき満足のいく写真を作ることができる。(カエルの写真を参照)
今一つかな?と思った点
1、照度不足+電車などの動く被写体の合わせた条件の場合ピンボケを量産してしまう。(電車の写真)
2、連射撮影のときEOS6DやEOS80Dに比べバッファーオーバーになり易く連射が止まる。
review image review image
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年4月16日
 これまでデジタル一眼は、D60から始まり7DまでAPS-Cサイズをメインで使用してきましたが、やっとフルサイズで満足できそうな機種だと感じ購入しました。1Dmark3も途中使用しましたが仕事で使うこともあり、2台体制では重量、二桁機とのバッテリー相互性がないことから7D×2台を選択していました。
 5Dmark3にしてから、暗いところでの耐性に優れたセンサーであり、シャッターのフィーリングもよくAFも7D以上に食い付きがよいので、すべてにおいて自分が所有したこれまでのデジタルカメラの機能を上回る性能で満足しています。ただ、レンズを選ぶカメラであり、やはりLレンズ、もしくはUDレンズを多く使用して解像力を持った高性能のものを選択しないと、せっかくの高画質が宝の持ち腐れになるので出費も増える?!事になります。
 望遠側がフルサイズではAPS-Cより稼げなく7D並用して使っていますが、操作性おいて然したる違和感はなく、シャッターフィールもどこか似通っていて使いやすいです。ただ高機能過ぎて、いろいろ考え過ぎると撮影時に戸惑うこともあり、贅沢な悩みですが少し機能を省いて6Dではなくmark3Jr(ジュニア)を、20万円程度で出してほしいものだと個人的には感じます。
 自身のテクニックでなく、このカメラを使ったことでクォリティーが上がった写真を撮影できることは悪いことではないのですが、やはり道具は使いこなせて“なんぼのもん”。道具に使われないよう日々機能や撮影テクニックを再度考えさせられる機会を得て、そう言った意味ではこの5Dmark3は自分にとって非常に優れた刺激的なカメラだと思っています。
 ただひとつ、Nikonの高性能高級カメラのシャッター耐性はプロに尋ねると50万回は楽勝と話していましたが、キャノンは???これまで40D、7Dシャッター交換を3度ほど経験しています。使い方にもよるでしょうが、普及機中級機でももう少し安心感のある持った感じ、触った感じ、使った感じを製品に反映させてもらえたらと思いました。いろいろ思うところありですが、購入して間違いではなかったカメラではあり満足度もこれまで購入したデジカメの中でNO1です。
0コメント| 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年6月3日
60D,7D,5Dmark2と使っています

今回、ステップアップと思いmark3を購入いたしました。

レスポンス、新機能、シャッター音、感度、AF最高です

mark2のしっくりした描写も大好きですが、シャキっとしたmark3は今迄もっていたカメラの良い所を統合したカメラだと感じました。

じっくり歩きながら想像しながら愉しく答えてくれるカメラだと思います。

mark2からの期待が大きかったのに、、と 様々な評論がありましたが

綺麗な画像にとても嬉しく思いました! 

長く大切にされる方にもおすすめします。
0コメント| 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)