Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞直木賞特集 Amazon Cloud Drive SOS0816 Amazon MasterCard nav_flyout_biss Trade-in ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 敬老の日 真夏の健康アイテム特集 防災・防犯ストア Kindle Amazon MP3

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.5
60
5つ星のうち3.5
価格:¥7,640+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

VINEメンバー2012年2月5日
普段、iPodで音楽を聴いています。
いいヘッドホンを使えばiPod直挿しでも音は良くなると思っており、
自分はポータブルアンプを使う必要はないかなと考えていました。
ですが、「iPodのイヤホンジャックからの出力ではパワーが不足してしまうので、
ヘッドホンによってはパワーを発揮し切れないことがある」という話を聞いてから
ポータブルアンプというものの存在が気になり始めました。
「ポータブルアンプを、音楽を劇的に変える『魔法の箱』だと信じて買うとガッカリする」ということが
ネットのレビューを見てるとあちこちで書かれていたので、
そんなに劇的な変化があるわけではないのなら、初めてのポータブルアンプということもあるので、
あまり高価なものに手を出さない方がいいかと思い、低価格帯のアンプを探し、このE6に辿り付きました。

iPodのDock部分とアンプを接続するには、別売りのFiiO L9が必要なので、こちらと合わせて購入しました。
L9よりも先にE6が手元に届いたので、まずは
iPodのイヤホンジャック→E6→ヘッドホン
という形で繋いで聞いていました。E6を挟むことによって変化があったかというと、正直よく分かりませんでした。
E6にはイコライザがついていて(フラット、イコライザ1、イコライザ2、イコライザ3)
イコライザによる音の変化は楽しめるけど、それ以外特段変化はないように感じました。
音量調整ボタンを押してみても、あまり音量が変化せず、音量調整ついてる意味あるのかな、と疑問に思いました。

そしてL9が到着したので、iPodのDock→E6→ヘッドホン、という形で接続して聴いて見ました。
・・・ものすごい爆音がヘッドホンから流れてビックリしました。
アンプ経験者からすると失笑モノでしょうが、
Dock接続すると、iPodの方のボリュームコントロールとは関係なく一定の音量が出力されるような仕様になっていて
アンプの音量調整ボタンの方で丁度いいボリュームに調節するという使い方になるんですね。
イヤホンジャックに繋いで使っていた時、音量がしっかり取れなかったので自然と+ボタンを押しまくってしまっていたようで
その爆音設定にしたままDock出力で再生してしまう・・・・・・というミスをやらかしました。
びっくりして心臓がバクバクする状態のまま、E6の音量ボタンの−(マイナス)を押しまくって丁度いいボリュームに調整して、改めて聴いてみました。
劇的に変化があったかというと、やはりそれはないんですが、イヤホンジャックに繋いでいた時よりは確かに良くなったように感じます。
ATH-M50やHD25-1IIなどのヘッドホンを使う際、以前は「ヘッドホンが頑張って、何とか鳴ってくれてる感」のようなものがあったのですが
アンプを介してDock接続すると、ヘッドホンが余裕を持って思い切り音を鳴らしてくれているような安心感のある鳴り方をしてくれます。
音全体の厚みが一枚増して、音そのものの明瞭感もアップしたように感じます。

本体そのものの仕様ですが、PCとUSB接続することによって充電することができるようになっており、iPodの電力を余計に消費することはありません。
前述の通りイコライザがついており、いくつかのパターンで音を楽しめます。
一つ目のイコライザは低音が相当ブーストされ、その他の音が奥に引っ込んでしまうようです。
二つ目のイコライザも低音がブーストされていますが、一つ目と比べると丁度良い強調のされ方で、クラブのようなサウンドを楽しめます。
フラットに比べると音ひとつひとつの輪郭・クッキリさは失われますが、元気な音楽をノリ良く楽しむのには最適だと思います。
三つ目のイコライザは曲全体の音量が抑えられて小さな音になります。どういう時に使うのかよく分からないので、この点は他の方のレビューを参照下さい。
私は普段はフラットで音楽を聴き、テンションを上げて音楽を聴きたい時はイコライザ2を使うようにしています。
イコライザの他にホールド機能がついており、ポケットやカバンの中での誤作動を防げます。音量調整ボタンも押しやすい配置です。
プラスチックのクリップが二つ付属しており、これを使えばポケットや服や鞄などに、現行iPod nanoの要領で挟むことが可能です。

アンプ初心者目線でレビューさせていただきました。
アンプもヘッドホンと同じく、上を見ればキリがない世界のようです。
より高価な製品と比較した時に、このE6がどの程度優秀なのかは分かりませんが、
「初めてポータブルアンプを買う」「とりあえずイヤホンジャックからじゃなくてDockから音を取りたい」
という人にとって、コスト面を考えれば大変お勧めできる製品だと思います。

(追記)
電源を切っていても、しばらく放置しているとバッテリーが空になってしまうようです。
フル充電の状態でどの程度放置すると空になるのか、ちゃんと調べてからまた追記しようと思います。
2コメント2件| 116人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年4月3日
ブルーレイレコーダーのアナログ音声出力レベルが低かった為、安価で購入できる据え置き型のステレオアンプを探していました。
出来れば電源をUSBから供給したいということで本製品にたどり着きました。
他のレビュアー様も記載されていますとおり、本製品はUSB充電しながらの利用が可能です。
モバイル利用を前提としている本製品ではボリュームレベルのゲイン度合いは大きくないですが私の使用目的には十分でした。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年7月2日
Fiio E6はたしかにポタアンとしてはそこまで秀逸な製品ではありません。音の変化は感じられるし、コスパの面からみてポタアンの入門としては最適ですが、単体でのメリットはせいぜいそれぐらいでしょう。まぁ4000円ぐらいの製品なんですから、そこまですごい音を求めるほうが無理という気もしますが。

しかし、E6は他のポタアンとつなぐことである真価を発揮します。

それは「音量調節機器」としての機能です。

たとえば、このような経験はないでしょうか。
今の音よりも大きい音で聴きたい。だけど、これ以上プレイヤーやポタアンの音量を上げるとうるさすぎる。あるいは音が割れて聴くに耐えない。そんな時にE6が大活躍します。

私は、Walkman NW-A867→Fiio E12→Fiio E6→ckm1000とつないで聴いていますが、Walkmanの音量を1つ上げたときを「プラス1」とするなら、E6は「プラス0.2」あるいは「プラス0.1」での調節が可能です。加えてE6をはさむことで音の割れも防ぐことができます。

これはどういうことか。簡単に言ってしまえば「最高に心地いい音量で聴ける」ということです。

音質はもちろん大事ですが、音量も同じぐらい大事だと私は考えます。ただ、なかなかこの「かゆいところ」には手が届かない。しかし、そこでE6を使えば自分にとって理想の音量で聴ける。この素晴らしさに触れたときは本当に感動ものでした。

特に、E6がいまいちだったから違うポタアンを購入した、今はE6はホコリをかぶっている、そういう方にこそ是非試していただきたい。

長々と駄文を失礼致しました。しかし、このポタアンを愛するものとしてはE6を「ダメな製品」と見てほしくはないのです。

このレビューが少しでもお役に立ちましたら幸いです。
1コメント1件| 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年6月8日
音質は向上したとは思えないですが、この製品のポイントはそこではないと思います。
・音量の超微妙な調整。
・操作1つでその曲に合ったイコライザーを設
定できる。
・サイズ的に全く邪魔にならないので、キーホ
ルダー感覚で軽く使える。
・音質は向上はしないが、劣化するわけでもな
いし、ノイズも感じられない。
これらの機能で、3335円なら十分の性能でと思います。「そういえばあったな」っといった感覚で、楽しめる良い製品だと思います。
また、イコライザーを簡単に変更できるという点でも、自分の好きな音を見つけるためのアンプ入門機としても、もってこいだと思います。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年7月6日
他の方のレビューを拝見して、出力の低いファイルをボリュームアップする目的で買いましたが、予想以上の効果で満足しています。
ボリューム最大にしても良く聴こえずに音割れしていたファイルでも、ボリュームがブーストされるので、ボリュームを落として良い音で聴けました。
ファイル自体をPCソフトで増幅する方法も試しましたが音が割れてしまってダメでした。
なお、イコライザーは3種類あるみたいですが、いまいちピンときませんでした。おまけみたいなもんです。
この金額ならダメ元で試す価値はあると思います。
なお、音質向上については当方は全く素人なのでわかりませんが、「音量向上」だけは確認できました。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年8月14日
充電してみたら
赤いランプが点灯ではなく点滅を始めました。

説明書にも使用感ブログにも点滅する、という説明はないので不安でしたが、
一晩充電して試してみたところ結局充電はされておらず、
「モバイルバッテリーで充電しながらじゃないと使えない」状態でした。
これから返品交換をしようと思いますが、他のレビュアーさんの感じだとだめなんだろうなあ。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年7月30日
今回購入したのはヘッドフォンアンプE6だ。

私はアンプには知識がなく初心者なので、レビューの評価が高いこの製品にしたが、
購入して、充電し始めた途端、赤いランプが高速で点滅しだした。

仕方がないので、電源をつけて、(充電したまま)コードをさすと、綺麗な音が聞こえてくる。
音質的には非常に満足。
アンプでこんなに変わるのかっ?
って感じ。

しかし、充電器を外した途端、音もランプも消え、動作しなくなった。
充電が足りないのかと思い、1時間充電したが、症状は変わらなかった。

これでは、充電器に刺したままでないと使えないので、ポータブルアンプとしての役目を果たせていない。
たまたま不良品を購入してしまったようだが、

これから購入しようとする人は、時折このような製品があるので、気を付けてほしい。

音質はいいのに、もったいない・・・
1コメント1件| 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月25日
このアンプはアンプの事はよく分からないが今聞いている音にもっと低音が欲しいという方にとっては買うの検討するのをオススメします。
が、このアンプに高音域や中音域のクリアでスーッと音が抜けていく様な感じを求める方にはオススメしません。
何故かと言うとこのアンプの良さは低音域をより強くするためだけに作られた様なアンプだからです。このアンプには3種類の音の変化ができますがその3種類の音変化は元の音または少し低音域が強くなったかの微妙な違い等です。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年11月12日
抜群の軽さと携帯性、十分な性能、価格の安さを併せ持つ超オススメ入門機です。自分もポタアンが初めてで、安くて評判の良いE6を買いましたが、正解だと思っています。

音質が上がるかと言えばそうではなく、あくまで今持っているイヤホン・ヘッドホンの性能を引き出すくらいの能力に留まると思いますが、それで十分です。3000円でそれ以上求めることは不可能でしょう。音質を上げたい場合は高いヘッドホンを買いましょう。

また既知の事実かもしれませんが、イヤホンジャックからの接続はお勧めしません。iPhoneやiPodを接続したい場合はライトニング端子で接続しましょう。Fiio L3やLightning30ピンアダプタを使ってE6に接続しましょう。アンプとイヤホンの真の性能がわかるはずです。

追記
E6の偽物についての情報を元に、分解して調べてみたところ今回購入したものは(恐らく)本物でした。ただ、分解して基盤を見てみたところ大体は本物と似た基盤なのですが、USBポートに絶縁体が付いていなかったりイヤホンジャックの見た目がHPの写真とは違っていました。電源&EQスイッチも電源マークの表示しかなかったり、少し斜めっていました。一応基盤が似ていたり、バッテリーの横にスポンジが付いたりしているなど正規品とほぼ大差ないので本物ということにしておきます。(もしかしたら新旧問わずバージョンが違うのかもしれません)
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年3月11日
E6を購入する上で一番心配だったのが、前情報で偽物が
多く出回ってるということです。

なのでamazonのカスタマーサポートで偽物だった場合は
交換してもらえることを確認して購入しました。
保障に関してはamazonだけでなくマーケットプレイス
すべてに対応してくれるそうです。

ちなみに、amazon内で販売した同製品で並行輸入品があるのですが
そちらは偽物だったらしく、散々なレビューが書かれています。

本物かどうかの確認方法は正規輸入元のオヤイデ電気のホームページ
に記載されています。

(※以前のレビューでオヤイデ電気のURL張ったら消されたので、
気になる方は検索して見つけてください)

他の特徴として、本物はパッケージの横に偽造防止の印刷がされている
バーコードが張られています。

性能としては、昔よくカセットプレイヤーで流行った重低音回路を
期待してたのですが、それほど強いものではないです。
イコライザーが3種類用意されていまして、基本は2番目のBASSが
強いものをメインに使うと思います。

プレイヤー(PCやTVの音源)とE6の音量バランスに関しては、
プレイヤーの音を消してE6の音量を調節してホワイトノイズが
不自然に聞こえない程度にしてプレイヤーのボリュームを上げると
バランスの良い状態になります。

PCで使う場合は、USBで充電しながらヘッドフォン端子に繋いで
使うことができます。私としてはPCで使う場合USBの方から音が取れる事を
期待してたのですが、できないようなので少々期待外れでした。
音はあくまでアナログのジャックのみになります。

iPodなどで使う場合は、
「オヤイデ電気 Fiio iPod/iPhone/iPad専用ドック・オーディオケーブル 5.5cm L9」
を使ってドックコネクトから使うと綺麗な音がとれますが、
音量バランスに関しては完全にE6での調整になります。
iPodの音量をゼロにしても普通にE6から聞こえます。

迷ってる方も多いと思われますが、人気の製品で
すぐ品切れになるので、お早めに購入されるのがベストと思います。
保障もしっかりしてますので、仮に偽物でもちゃんと対応して
くれるそうなので心配はありません。
0コメント| 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)