Androidアプリストア クリスマスおもちゃ特集 クリスマスに贈りたい本 SOS1216 Amazon MasterCard nav_flyout_biss nav_flyout_videogame ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV おせち特集2018 大掃除特集 DIY・ガーデニング 大掃除特集 Echo Kindle Amazon MP3 ウィンター HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル シーズン4

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.5
2
次の犠牲者をオシラセシマス ~死と絶望を乗り越えて~ (限定版) - PSP
エディション: 限定版|変更
価格:¥2,400+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料

2011年12月19日
基本、同じ話の視点違いだとか、相変わらず短いとか、皆さん一様に突っ込みつつも、もう手法として慣れたのか諦めたのかスルーが基本となっているようですが…

同『BOOST ON』の『たんていぶ』はコミカルな探偵物なので多少推理物としてはアレな展開であったとしても容認の範囲なのですが、見るからにシリアスかつハード展開の『次の』がロジックで詰められないのは果たしてどうかと思わなくも無いです。
展開上どうしたって誰が誰に投票したのかは計測出来ないです、それでも前作で全員の役回りが予測しきれないままに(そりゃ予測はしたが作中での確定は出なかったし、アレとアレが)終わったのに比較すれば落ち着きはよかったですが、消化不良の感はあります。

シリアルキラーやXが複数の意味の人物を指してる違和感の一部は少々解消されましたが(後から無理やりぶっこんだんじゃねぇの?と正直見えてましたけどね)次の作品ではキレイさっぱり消化してくれるのか、あまり期待しないで待ってます。

分割作品の側面なのかもしれませんが、まっとうな推理物として挑むとグーで突っ込みたくなるので細かいロジックは考えない方がいいかもしれません。いや、探偵の役回りなんだからまったく考えないのも駄目だけど。

とはいえ前作と同じパターンでトゥルーエンドが出ると思ってやると無駄なローラー作戦に陥ります。まさかそこがそれですか畜生とか思いましたがこのオチは好きなので見て欲しいですね。

それにしても素直に評価出来るのがD判定に相応しい処刑シーンのえげつなさのみってどうなのか、内容は『○○○○○○○』と同じなのにこっちのがエグくてグロいってな。

これだけ文句を言いつつも次作も買う予定ではあるんですが…これだけは言わせないで欲しいですね。
「なんだ、ただの『シークレットゲーム』の劣化版か」
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2011年12月11日
■3部作(というか3作それぞれで主人公視点が違うクローズドサークルADVの第2巻。
前巻をプレイ済みだと引き継ぎ要素があります(冒頭の説明からすると「キーワード」が新しく増えるようです)。

シナリオ…正直第1巻と内容同じで主人公(視点)だけ違う作品だと思っていたのですが(途中までは)、途中から徐々に違う展開になっていきます(途中まではまんまと騙されましたね)。
今回の主人公は第1巻とは打って変わって女性の「浅川楓」が主人公(副主人公「笹木美紀」)なわけですが、彼女は冷静かつ聡明なこともあって非常に気持ち良くプレイ出来たかな。
そして(第1巻をプレイしていれば分かるし、この巻からゲームを始めてもすぐ分かることの為軽くネタバレしますが)第1巻とは主人公の"役職"が違う為、全く違う展開・物語の進行方法になっていて新鮮な気持ちでプレイ出来たし、第1巻より楽しさがかなり増していた印象。
今作で情報の少なかった第1巻の謎が大方明らかになっていきます(Xは誰なのか等)。
まぁ正直第1巻から(主に消去法で)推察していた通りでしたけど(やはりあの人物の正体が○○だったかとか)。
不満点は個人的に「あのキャラは死んでほしくなかった」というのがやはり一番大きいですかね。
正直なところその時点では評価☆1にしようかとも思ったほどです(マジできつかった;)。
しかし、展開含め全体的に見るとよく出来ていたと思います。
作りの甘い箇所(矛盾、突っ込み所、ご都合主義とも言う)もちらほらありましたけど、第1巻より正統にパワーアップしている感は確実にしました。

キャラ…「ブーストオン」の特徴というか、相変わらず良いです。
キャラと声優さんの声も全くと言っていいほど違和感なく噛み合っています。
女性キャラは可愛く魅力的なのばかりですし、男性キャラも多種多様で良いと思います。

音楽…今回はOPテーマが一新されています。
前作も中々良かったですが、今回のは個人的にはさらに好きですね。
イントロからしてカッコ良く、さらに洗練されたサウンドが心地良いです。
BGMは新曲も幾つかありましたが、まぁ良いか悪いかで言えば良いかな?って印象でしょうか。

システム…最初「あれ?このゲームってスキップってなかったっけ?」って思ってましたが、オートモード(「セレクトボタン」。割と丁度よいスピードの印象)を1回使用した後で使えるんですね(やや面倒)。
まぁスキップの使い勝手自体は悪くはないといった感じですけど。
というか、既読スキップなら「アナログパッド」の「選択肢スキップ」を使った方が遥かに楽です(選択肢だけじゃなく「キーワード」を用いた会話のジャンプ(その会話する「キーワード」を選択した後、それを用いた会話が終わるまでに飛ぶ)にも使えて中々使い勝手が良いです)。
他各種機能は中々使い勝手は相変わらず良い感じです(セーブやロードも長くないし)。
不満なのは相変わらず「キーワード」を用いた人物捜索会話パートがやや面倒くさくて若干だるいことでしょうか。

総評…今回は途中までは1巻と展開がほぼ同じなのでそれまでは緊張感が薄いですが、途中から全く違った展開になり面白さが一気に増していく感じです(まぁ相変わらずというかボリュームは少なめなのが残念ですけど)。
後半は"衝撃"の連続で緊張感もかなりありましたね("処刑"が流石R18という位本当に怖いです。てか前作より恐い)。
因みに今作からプレイしても楽しめると思いますが、個人的には前作から続けて一気にプレイした方がより楽しめるかな、と思います(引き継ぎ要素他、前作の主人公「昇」関連のラブコメ要素も感情移入出来ると思いますし)。
逆に今作をプレイしてから前作をプレイするのはやめた方が良いかと(ネタバレしてるので面白さが激減する印象)。

そうそう、言い忘れましたが(細かいですが)注意点が1つあって、「ターン6の途中から「つむじ・はるか」両名に「!」(イベント発生)マークが付くイベントは、それが付くまでにつむじ・はるかと会話済みでそのあと他のキャラ全員と話してしまうとスルーして進行してしまい見られないので気を付けて下さい。

P.S.因みに3作の主人公たちで3作目の主人公たちだけ明らかに異なる点があります。
それと第3巻のタイトルから考察すると…さて、どういう終わり方になるんでしょうね。
他主人公等から不安要素もありますけど、どう料理(昇華)してくれるか…実を言うと3作目が一番楽しみです(期待外れにはしてくれるな)。
言いたいことは他にもありますけど、さらに長くなるのでこの辺にしておきますm(__)m
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告


カスタマーサービスが必要ですか?こちらをクリック