Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞直木賞特集 Amazon Cloud Drive SOS0816 Amazon MasterCard nav_flyout_biss Importsale ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 出前半額キャンペーン 真夏の健康アイテム特集 防災・防犯ストア Kindle Amazon MP3

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.6
52
5つ星のうち4.6
価格:¥16,571+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2011年11月1日
広角レンズで手軽に天の川やオリオン座を撮ってみたい方には
凄くお勧めの機械です。
天の川を入れた星景写真を撮るためには、ある程度長い露光時間が必要になるのですが、
三脚固定撮影ではどうしても星が流れてしまいます。
通常、それを解消するために赤道儀と言われる、星を追尾する機材を別途用意して
星を撮るのですが、このO-GPS1にあるアストロトレーサー機能を使えば、
ペンタックスの手ぶれ防止機能を利用してセンサーを傾け追尾してくれます。
赤道儀と比較すると、追尾性能は劣りますが、あらゆるアングルで撮影可能です。
たとえば、カメラを地面に置き前方に昆虫、後方に満点の天の川と言った写真が撮れます。
実際に、MFレンズを使用し、露光中に絞りとピントを変え、ヤドカリと砂浜、天の川といった
今までは撮れなかった写真を撮られている方も居ます。
天体写真を撮るには物足りない追尾性能ですが、星景写真には十分すぎる性能です。
GPSログも優秀で、どの方向をどの視野で撮影したかまで確認することが可能です。
その際には、フリーソフトのGeoSetterというソフトで確認すると良いです。
ただ、少し大きいのと、後ろのLEDが青色だという点が悩ましいところです。
もう少しコンパクトでLEDが赤色だったら、かなり嬉しかったです。
0コメント| 50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
この製品をK-5やK-r、645Dのシュー部に装着することで、GPS位置情報を写真データに添付することが可能になる。GPSの感度はとても良く、コールドスタートでも5分もあれば現在地を掴むことができ、カメラを3軸それぞれにシェイクするキャリブレーションを行うことで地磁気センサーの情報も加わって、高度をふくめた3次元位置情報を利用できる(このキャリブレーションは少し手間がかかるが、精度のためなので仕方がないし、利用前には必ず実施した方が良い)。

シューおよび電池部(単四電池1本:製品には付属しません)には簡易防水パッキンが設置されているので、K-5と併せればWRレンズと組み合わせてのアウトドア環境での利用にも心強い。3次元位置情報に対応した状態であればGPSによる高度もデータに含まれるので、登山中に撮影した写真の位置情報を活用することもできる。
ただしホットシューの上にタバコ箱半分程度の大きさの当ユニットが乗る形になるので、落下や衝突などで負荷がかかると当機のシュー部分から折れてしまいかねない心配がある。また、この筐体は艶ありのプラスティックなので擦り傷には弱く、しかもファインダーの覗き方によってはおでこが軽くぶつかるかもしれない。

この製品を購入しようと考えている多くの方はアストロトレーサーの利用を考えているだろうが、ポータブル赤道儀ほどの鮮明な点像にはならなかったので、星像の撮影を主目的に考えている方にはお奨めはできない。
画角に関わらず撮影時間が短くなるほどに星像が流れる率が高くなる傾向にあるようで、200mm等の望遠レンズを載せれば当然ながら追尾可能な時間が短くなるため、結果的に流れてしまう写真が多くなっている。もし望遠レンズで星雲や銀河を撮影しようと考えているならば赤道儀を利用するしかない。残念ながらこの製品と現状のファームウェアでは対応できないだろう。
しかし50mm以下の広角系レンズをのせ、十分に長時間の露出がとれるような光害の少ない地域であれば、比較的容易に天の川まで写し取れる星野撮影ができるので、登山等のアウトドア活動のついでにちょっと星野を撮影してみたいという用途であれば、軽量な装備で済むのが嬉しい。その場合もヘビーな三脚に載せる必要はなく、(さすがに撮影途中に動くのは望ましくないが)地面に転がしておいてもきちんと写せていることに驚きである。
なお星を撮影する際には、この当機の精密キャリブレーションを実施すること、レンズの無限遠をきちんとだしておくこと(PENTAX DA18-135mmF3.5-5.6ED AL DC WR(フード付) DA18-135mmF3.5-5.6ED AL DC WRのように距離指標のないレンズでは予め遠いところへAFをした上でMFにする等の工夫が必要)および適切な露出時間を設定すること(どの感度で何秒開ければ適切かといった情報はカメラからも当機からも一切提供されない)が重要になる。

ちなみにアストロトレーサー撮影は現状ではインターバル撮影ができない。1ショットごとにメニューから「撮影開始」を選択してOKを押し、さらにシャッターボタンを押し込んでやる必要がある。K-5とWRレンズであれば防滴なので屋外に放置したままでも大丈夫だと目論んでいただけに、この点は思わぬ誤算であった。改善に期待したい。
0コメント| 68人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年1月30日
澄んだ夜空にあるオリオン座に500mmのレンズを向けて作動させれば紫色の星雲がくっきりと写りますし、2‾300mmくらいのレンズをアンドロメダ座の方に向ければ、大星雲がモノの見事に写ります。
たしかに特に望遠系を使うと、流れる写真が撮れてしまうこともしばしば。
でも、どうせデジカメ。失敗してもすぐ確認できますし、次への挑戦はすぐに出来ます。
逆にこのユニットのスイッチを切って普通に望遠で数十秒露出をすると、実は見事に動作していることがよくわかります。
この値段とこの手軽さで全く知らなかった世界を体験できる。
ペンタックスさんありがとうという言葉しか浮かびません。

あと、GPSによる位置と撮影方向記憶が便利で、わたしは通常撮影時でもこのユニットを常にオンにしています。ご参考まで。
0コメント| 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年1月14日
ポラリエも赤道儀も要らない撮影が可能。他社にはない唯一のアクセサリ。その上電子コンパスまでついている。
ただ、贅沢を言うならキャリブレーションにもっとこう…簡単な方法はないだろうか(笑)
煩雑な作業では決してない、カメラをxyz軸(?)を主軸として回転させるだけの作業。(カメラを回転させる動作も転落させないか少しだけ不安だ)そして天体撮影といえば山岳。極寒の雪山でキャリブレーションに失敗した時はそこそこストレスだったりした。
あとは山岳を出前に入れた撮影をすると少しではあるが天体を偏差的に追尾しているせいか山岳風景がボケてしまう。これこそ最も贅沢な夢物語の話だが選択的な追尾なんて機能もいつか…などと思ってしまった。
なんにせよ夢がある製品ではある。
使用感としては設定は私の様なド素人でもできる楽チン設定だった(バルブ露出モードにした時から天体追尾ONにするワンタッチ設定とか)。星景撮影を手軽に撮れるモノにしてくれると感じた。ペンタックスユーザーでもっと星を撮りたいと思っているなら一度は手にとって損はないと思う。
次世代があるならば是非とも期待したい。
全くレビューに関係無い余談ですがペンタックスK-3とO-GPS1は-20℃の世界でもしっかりと機能しておりました。極地の調査隊がもつと言われるだけのことはありますね。
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年1月21日
星の写真を20年ぶりに撮った。K50+50mmですが、星雲がよく写りました。ラブジョイ彗星が来ていることを知らずに、プレアデス星団の写真を撮った後に、端っこに写った緑色の尾を引いているは何だろうとネット検索して知った次第です。晴れた日にもう一度撮影しようと思います。8000年周期だから、これが撮れただけでも価値があったのかなと自己満足しています。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月16日
アストロトレーサー機能はまだ使っていません。
アストロトレーサー機能を使わなくても、これを付けておけば写真に位置情報が付き、
パソコンで後で見た時どこで撮ったか記録が残るので、重宝してます。
前に使っていたコンデジはGPS内蔵でしたが、それよりずっとこちらの方がGPSの捕捉は早く、
カメラの電源オフでもGPS切れないので便利です。
ちなみに、カメラの電源オフ時はGPS側は省電力モード?になっている感じです。
なので、撮影始めたら、ずっとGPS側はオンのまま使っています。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年12月28日
スッキリ晴れた日にはオリオン大星雲やアンドロメダ銀河などを撮影しています。
他社のカメラではこの値段では出来ない芸当なので是非使ってみて欲しいと思います。

※この機能で撮影した写真を添付しました。
PENTAX K-5 & BORG71FL
review image review image
0コメント| 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年2月8日
これは便利!普通の三脚があれば、いつでもどこでも天体撮影できますね。偶然に綺麗な星空にめぐり合えたとき役に立ちます!
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月13日
購入して半年ほどK-50で使用しています。

主に広角から50mmで使っています。非常に簡単な操作で星像を点に出来るので重宝します。
キャリブレーションがうまくいかない時もありますが、撮影準備前に電源を入れてしばらく置いていたら、キャリブレーションがうまくいく場合が多いです。

特に星座を撮るなど、(景色を含めず)星だけを撮影する場合は効果的です。
ないとダメというわけではないですが、あると手軽に星の写真が撮れるのでオススメです。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年10月4日
ペンタックス(リコーになったが)のカメラは、メジャーではないです。しかし、この『OーGPS1』のおかげで、ペンタックスから離れずによかった、K5Ⅱsを購入してよかったと、心の底から思いなした。キャリブレーションの煩雑さも、他社製品への優越感に変わります。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)