Androidアプリストア Amazonファミリー 新生活におすすめの本 Amazon Cloud Drive psm Amazon MasterCard nav_flyout_biss nav_flyout_videogame CPplus2017 ファッション Fire HD 8 Fire TV stick ホワイトデーギフト特集 2017 年末年始ダイエット特集 猫の日ウィーク猫用品タイムセール Kindle Amazon MP3 ウィンタースポーツストア バチェラー・ジャパン

お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2013年4月29日
今まではMedia Centerで見ていましたが、Windows 10にはMedia Centerが付属しないためやむを得ずTV TestとEDCBを導入しました。
Media Centerは標準のIMEを使ってくれないので検索がしづらかったり、OSを再インストールすると録画データが再生できなくなったり(別のPCと認識されるため)とストレスフルでしたが、TVTestとEDCBを導入したらかなり快適です。また、チューナーもソフトも問題なく動作しています。ただし、導入には非常に苦労しましたが・・・・・・。満足行くまで動作するのに3日くらいかかりました。
でも、ほとんどのソフトはインストール不要なので、フォルダを丸ごとバックアップしておけばPCを購入したり再インストールしても比較的簡単に再構築できるかと思います(パスを変えたり、ランタイムを入れるくらいはしないといけないと思いますが)。

大変なのは最初だけなので、頑張ってください。
0コメント| 61人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
この製品をMediaCenterで使う以外にはいくつかの「お約束」がありますので、購入の際にはWebで情報を調べる等が必要になります。が、本製品はPCI Expressに搭載でき、なおかつロープロファイルにも対応しているのと、分波器を追加する必要がなくスッキリしているのが便利です。PCI Expressが1本しかないMini-ITXマザーに載せてもよし、MicroATXマザーに2枚刺し(その場合はドライバ等に別途調整が必要になります)してもよしでしょう。

注意事項
・B-CASカードが付属しないので地デジのみであれば青色、BS/CSも利用するのであれば赤色のカードが必要です
・ドライバは付属しませんが、メーカーの公式ページよりダウンロードできます
 WindowsXP(32bit)からWindows8(64bit)まで幅広く対応しますが、Windows2000以前では利用できません
・アンテナ接続口は地デジとBS/CSに各1つしかありませんが、内部で分岐して各2チューナーの計4チューナーです
 また、効き具合(減衰具合?)がレジストリの値で調整できるブースター回路を内蔵しています
・パラボラアンテナへの給電機能は備えていますがデフォルトではオフになっています
・地デジを単品で見る・録るだけであれば内蔵B-CASスロットにカードをさせば問題なく利用できます(USBリーダーは不要です)

事前にいろいろと準備しなければならないものの、ツールを開発されている先人様たちのおかげで他の同様有名製品と同じぐらいには扱いやすくなっています。手持ちの環境では安定性にも問題がなく、本製品のドライバに起因する再起動時のトラブル等は起きていません。

現状では在庫も潤沢なので、これから環境構築を考える方にはお薦めできる製品だと思います。標準的な状態で割り切って使うなら(次々と新しい機能を試してみたいと考えないならば)、ツール類の導入もそう難しくはないですし、Webで調べた内容が理解できる方なら取扱いは容易でしょう。

(追記)
参考に現在のスペックを追記しておきます。Core2DuoE6850(3.0GHz)/ Intel DG45ID / RAM2GB / WindowsXP Pro の環境ですが、特にDropもなく普通に2番組同時録画できています。オンボグラなので再生の際にちょっとCPU負荷が高い(40-60%)かなという程度です。

(追記2)
Windows8pro(64bit)にインストールしてみました。使うバイナリは32bitのままなので旧環境からの丸コピ移行でも問題ないはずですが、アプリのバージョンによってはトラブルが起こることもあるようなので32bit版の最新のものにそれぞれ更新しました(手に入らないツールもあるようで、まったくのゼロから新規にセットアップする方は整えるのに苦労するかもしれません)。
今のところ休止・スタンバイも問題なく動作しています。新しいログイン画面やMetroのスタート画面、スタートアップ動作との相性が良くないところはありますが、それは仕方のないところです。

リアルタイムでTVを見ないで録画に使うだけであればとりあえずはハードウェアのドライバ、視聴用ドライバ、EDBCのセットアップさえできれば大丈夫だと思います。録画したTSデータはWin7以降であれば普通にメディアプレイヤーでも視聴できますね。
0コメント| 117人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年5月3日
PT2が値上がりする中で、視聴 and/or 録画するだけなら同等の機能を持つこちらの品にひかれて購入しました。
多少の設定は自分で行う必要がありますが、wikiを見れば特に難しい作業もありませんでした。
最初は某IOデータ製品を購入して使っていたのですが、数ヶ月で地デジが見れなくなってしまって何をやっても改善ならず。
最初からもっと情報を入手してこちらのような製品を購入すべきでした。。。
まだ改善の余地はある品ですが、ハードとソフト面でもアップデートはされてますし現時点で自分の環境ではコストパフォーマンス抜群の最高のチューナーボードです。

また、今まではチューナーボードにB-CASカードを挿す場所がPCの背面にきてたのが、この製品には内蔵カードリーダーが搭載されているためカードがPC内に収まりスッキリして嬉しい限りです。
今も内蔵カードリーダーに挿して問題なく使ってます。

注意しなければいけないのは、内蔵カードリーダーを使用する方法が2種類あり、プラス外部のカードリーダーを使用する方法の詳細があるので、そこだけよ〜く読んで設定すれば大丈夫です。
ネット上で「設定が終わっても画面が暗いまま、S値がどんどん上がってくだけ」って人が多いみたいですけど、必要なiniファイルを作成してフォルダに入れてないだけの人が多いみたいですね。
wikiにある、”PLEX内蔵カードリーダの使い方は、M2方式またはFakeWinSCardの記事を読んでください”というところから飛ぶ詳細がのってるリンクのページをよ〜〜〜く読みましょう。

※追記 2016/1/4
何年か使用しても、今のことろまだ何も問題なく使用出来ています。
もちろんPC裏からチューナー本体にB-CASカードを内蔵させて使用しているので、すっきりカードも内部に収まっています♪
0コメント| 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年6月10日
既にPT2で録画機を構築していたのですが録画したい番組が増えてきたのでこれを購入・増設しました。

結果、ある1つの問題を除いては正常に視聴・録画できています。
問題というのは地デジのある1局のみが正常に視聴できなくなってしまったということです。
PT2の地デジチューナー側のみ、こちらのほうでは見られるのですが・・・
これがこのチューナーカードに起因するものなのかわかりませんが、とりあえずそんなに見たい番組がある局ではなかったので今のところはそれほど不便なく使えています。

導入の方法や使い勝手についてはPT2とほぼ変わりません。
PT3も近々発売されますがしばらくは品薄状態が続くでしょうからこちらを選択するのもいいかもしれません。

追記:2014/2/13
その後、更に追加購入しましたがBS/CSが全く映らないというトラブルが発生しました。
ネット検索で調べるとどうやら内部ブースターによって信号が増幅されすぎているのが原因ではないかということになりました。
そこでアッテネーターという信号を減衰させる部品をケーブルとコレのソケットの間に挟むと見事に映るようになりました。
この現象は同社のPX-Q3PEでも同様に発生するようなのでPLEX製のチューナーカードを導入予定の方はアッテネーターも一緒に購入されることをオススメします。
あと、付属のカードリーダーも使えない場合が多いようなのでUSB接続のICカードリーダーも用意したほうがいいかと
0コメント| 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月26日
ピクセラのVista時代のチューナーからの買い替え。V2.0やQ3PEと悩みましたが情報が多いこちらにすることにしました。

導入はかなり面倒ですね。知ってましたが。wikiに書いてあるとおりに導入。手間取りましたが無事環境を構築できました。Win10環境は無いのですが、試しに入れてみた評価版のWindows10では問題なく動作。

またこれもwikiに書いてあるのですが、本製品はデフォルトで地デジの受信感度を自動調整する制御になっているようです。自動であれば特に気にしなくてもすぐに視聴環境を整えることが可能なのですが、安定して動作させるためには、増幅・減衰・あるいはパススルー制御に固定する必要があるようです。
自宅はケーブルテレビであり受信感度が足らないなんてことは考えにくい環境です。なので増幅する必要はない。むしろ減衰させないと強すぎることすらあるようです。なのでドライバに付属のレジストリファイルで減衰設定に書き換えました。この製品を購入された方は一通り視聴環境を整えた段階で環境に合わせ必ずこの作業を行ってください。

皆さん仰っていますが、視聴に必要なソフトウェア・ドライバなどは付属しません。全部どこかからダウンロードする必要があります。また色々とアレな製品なので、今このレビューを書いている瞬間入手可能だったソフトが、ある日突然リンクが切れて入手困難になることも普通にありえます。
本商品を買う前によく調べて、必要であれば前もってソフトウェアをダウンロードしておいて自分のパソコンにアーカイブしておくのも手だと思います。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年6月12日
●「PCで録画できれば満足!」
→このチューナーはオススメできません。ほかに簡単にできるチューナーがあります
●「パッチを実行したり、iniファイルやregファイルを弄ったことがない!」
→苦労すると思います
●ハードディスクには十分な空きがありますか?
→1時間録画で7GBぐらい必要です

2016年6月現在
・OS:Windows10_64bit ,CPU:i5 4670,GPU:GTX660
・視聴は地デジのみ
・TVTest0.90:デコーダ「Microsoft DTV-DVD Video Decoder」
・BCASは内蔵スロット仕様:M2方式
・「地デジ感度調整ツール」はバイパスモード
・一画面表示のCPU使用率15% GPU35%、二画面時CPU25% GPU30%(なぜ?)
その他、必要だったもの
・B-CASカード
・このチューナーを挿すときに「ネジ、マイナスドライバとプラスドライバ」
・録画用に3TBのHDDとSATAケーブルを購入

PT3が高騰していたのでこちらを購入しました(現在こちらも高騰しているようですね)
このボードの設置は簡単にできました
挿すところが一つで多分問題なくできると思います
BCASカードを挿す向きは青い(赤い)方がPX-W3PEのラベルが張ってある方にする

まず躓いたのが「デコーダ」です。
TVTest_0.7.23にはバグがあるため、Windows7以降だと「Microsoft DTV-DVD Video Decoder」が利用できない場合があります

そこで3つの方法があります
①パッチをあてる
TVTest_0.7.23用にバグを修正するパッチ(TVTest_0.7.23fix)があるのでそれをすれば問題なく視聴できます
②別のデコーダを用意する
既にほかのものがあるならそれを、そうでない場合でも
ffdshowなどフリーのデコーダはネットにたくさんあります
注意:信用できるサイトでのみダウンロードしてください
③最新のTVTestを自前でビルドする
ビルドは普段プログラミングをしている人なら何の問題もなく(数分で)できますが
そうでない方はその環境を作ることがまず大変だと思います

TVTestの導入が済んで次に躓いたのが「受信感度が悪くほとんどのチャンネルが見れない」です
初心者にありがちな初期不良と思いましたが
TVに挿しても同じく見れないので別の要因だと気づきました
原因は、古いビデオデッキを通してアンテナケーブルを挿していたためでした

「直接アンテナ線を挿すとすべてのチャンネルが見れなくなりました」
原因は、ブースターでした。アンテナ部のブースターと室内のブースター
の両方で信号を増幅していたためでした。さらに「地デジ感度調整ツール」で増幅設定してました
室内ブースターを停止させ、「地デジ感度調整ツール」でバイパス設定にすることで
28~30dBで表示されるようになりました

一時諦めかけましたが、無事に見られるようになってよかったです
この機器で視聴できるのかどうかを確認するためにも、まずはTVTestという視聴ツールを
なんとしてでも導入しなければなりません
それができて初めてこの機器が正常に機能するのか、配線はうまくいっているのか確かめられます
wikiなどのを見て根気よく説明を読むことをお勧めします
専門用語が出てきてよくわからないからと一つでも工程を飛ばしちゃうとうまくいきません。
飛ばさず着実に書いてある通りにやると成功すると思います

長々と書きましたが、通常は上記のような面倒な事がなく
比較的スムーズに導入できると思います
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年1月28日
地デジチューナーとしては当初IO-DATAのGV-MVP/XSWを買ったのですが、ソフトウェア(mAgicTV Digital)が動作せず、PT2&NTT-ME SCR3310-NTTComを購入しました。その後こちらのPX-W3PE REV1.3を購入し、現在PT2とこのチューナーを同時使用(地デジ4チューナー×BS・CS4チューナー)しています。B-casカードはGV-MVP/XSWに付属のものを使用。視聴録画にはTVTest TvRock(ver0.9t8)を使っています。今のところ予約録画失敗はありません。
このカードは他の方が書かれているようにPT2が入手しにくくなった現在、それに代わるベストチョイスだと思いますが、導入に関してはPT2と同様にいくつかハードルがあると思います。自分が思うに、

1.自分のパソコンに取り付けられるか(自分のパソコンのスロット形状が解っていないと付けられません)
2.B-casカードをどこで入手するか
3.ソフトウェアの導入
4.問題が起きたときの解決方法を自分で探せるか
があがると思います。

1.に関してはご自分のパソコンの取扱説明書の「機器を増設する(?)」とかの場所をみてPCI-Express×1(設計上×4、×8などでも可のはず)があるか確認するか、パソコンの側面を開けて実際に確認する。

2.ネットで探すとPT2だとかなりグレーゾーンなので伏せられていることが多いと思いますが、このチューナーはWindows Media Center用でもあるので、「Windows Media Centerで使いたいのにカードがついてなかった」とB-casカード会社に問い合わせれば有償で問題なく送ってくれると思います。

3.ネットで収集するしかありません。チューナーのドライバーは製造元のサイトにあります。IO-DATAやバッファローなどのチューナーでしたら、インストールCD-ROMに従ってインストールすればいいだけなのですが、そのようなものは存在せず自分で一つ一つインストール(フォルダを作って入れるだけですが)し、自分にあった設定をする必要があります。Windows Media Center は使っていないので解りませんが、TVTestやTvRockなどはキーワード検索するといろんな方が備忘録を書かれていますし、ウィキもあります。人によって書かれていることが微妙に違うことがあったりするのでいろんな人のをよく読んでみた方がいいです。

4.ネットで同じような症状を解決された方のブログなどを探し、参考にして試してみるしかありません。私もOSを64bitに入れ直したときにはうまく動作せず1日つぶれました。

やったことがない方はハードルが高く感じるかもしれませんが、誰でも最初はありますので何事も経験です。「案ずるより産むが易し」だと思います(責任は負えませんが)。
0コメント| 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2015年11月21日
 すでに、Ver.2が販売されていますが、自分の環境的に使えるかどうかわからなかったので、従来型の
Ver.1.3にしました。

 スロットの都合で動作確認のみですが、メディアセンターの入った、通常のWindows7を使っていて面
倒じゃなく使いたい(録画・再生のみでよい)方はPBDAドライバで使えば一番簡単だと思います。
 USB接続のW3U3やS3U2に比べ、内蔵式のためやや面倒に感じないでもないですが、手順さえ正しけ
ればそんなに難しくないでしょう。ただ、大手メーカー製じゃない他の製品同様、B-CASカードの調達か
ら始まる物語であることをご了承ください(笑)。
 私はケーブルテレビにて使用中で問題ないのですが、アンテナでの受信状態によりかなり左右される旨
の話もあるようです。また、現在メインで稼働中のPT3のド安定ぶりが素晴らしいせいか、ややその陰に
なってしまった感アリでちょっと損してるかもしれません。
 ただ、カードリーダーが内蔵なので、その分だけ安上がりに済むかも。安定して使えれば、PT3にもそれ
ほど見劣りしないかな、と思うので、☆は4つとしておきます。
H.28年3/25追記…以前、Windows7・32bit機でPBDAドライバ使用にてメディアセンターによる視聴は確認
できたのですが、今回BDAドライバとTVTest & TVRockによる視聴・録画も安定してできることが確認でき
ました。PT2との同居による8チューナー環境で使用中です。BSカードはすでに設置済みのPT2視聴用に用
意したカードリーダー経由で可能でした。
 ただ、ちょっと気になった部分としてケーブルテレビでの使用について、メーカーサイトでは「同一周波
数パススルー方式、周波数変換パススルー方式に対応して います。誠に恐縮ですが、トランスモジュレーシ
ョン方式には対応しておりません。ご使用中のケーブルテレビ会社にパススルーであるかをお問い合わせく
ださい」とありました。うちもケーブルですが、PBDAドライバ使用では映せたので、電波には問題なかった
のでしょう。
 しかしその後、部屋を引っ越してから受信できなくなり、ユーティリティの設定を増幅(アンプ)にしたの
ですがダメで、結局手持ちのブースター(日本アンテナ製 VB33CU)を接続し、やっとのこと映りました。
 それでも他のチューナー(PT2、3、W3U3、S3U2)に比べて感度が低い印象でした。アンテナ線を分岐で
使っているから、という可能性もありますが、それなら他のチューナーも同様のはず。また、これらの他のチ
ューナーは最初からブースターなしで使えています。
 念には念を入れて、安定動作を期するためにブースターの増幅をを結構大きめにして使っています。そんな
こともあって、ちょっと他のチューナーに性能的に譲る部分があるのかな、と勘ぐってしまいます。
 なので、☆4つの評価でしたがもう一つ下げて☆3つとしたいと思います。
 しかし、こうして手を尽くした後は安定してくれているので、手に入れやすさや価格、実働させるための
手間等を天秤にかけて納得できるなら買いと思います。今はPT2と同じTVRockの制御下で、どちらという
こともなく使えていますから、自分としては満足です。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月15日
PT3を買おうとしていましたが、生産終了となってしまい手に入らなかったのでこちらを購入しました。
Windowsでも動きましたし、Linuxでもある程度の知識があれば使うことができます。
Linuxドライバはkernel 2.6系のみでサポートが終了しているので気をつけてください。
例えば、CentOS6では動きますがCentOS7は2.6系ではないので動きません。
また、LinuxドライバではLNB給電が使用不能なので必要に応じてLNB給電を他の機器、もしくはアダプター等で行う必要があります。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
今まではHDDレコーダーを使っていたのですが、色々導入や設定で苦労しそうな事を覚悟の上で、PCでの録画、それも素人には難しいとされる機種のこれを購入しました。

この機種はネットで色々検索したり、設定や弄る事が苦にならない人、もしくはその時間が取れる人じゃないと厳しいかも知れません。ですが、それを乗り越えた先には、家電のレコーダーでは到底無理な、とてつもなく複雑な録画予約の条件等が、簡単な操作で出来るようになる、夢の環境が整います。録画する事自体、番組を探す事自体楽しいと感じさせるほどの機能が実現出来ます。

内部二分配なので、配線もスッキリしたまま、地上波×2、BS/CS×2の録画が出来るので、時間が重なった番組でも二番組まで録画できるので非常に便利です。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)